スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by つくだにちゃん  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

山へ行けない日は・・・

4月末に南奥駈道を歩いて以来 膝が回復しません。今までなら1ヶ月くらいで治ったのに・・・。南奥駈道を歩いた最終日 朝から膝は痛かったもんなぁ。あの時 玉置神社で山行をやめていたら・・・今頃膝も回復していたかなぁなんて反省してみますがいまさらそう思ってももう遅い!5月は 山へ行けず山記事がかけないので3月1日から今までで読んだ本を紹介します。

   

続きを読む »

スポンサーサイト
by つくだにちゃん  at 18:37 |  日常のこと |  comment (4)  |  trackback (0)  |  page top ↑

H24.4.27~29 大峰南奥駈道 3日目(花折塚手前~~熊野川)

4時に出発 まだ暗いですがあと1時間もすれば明るくなってきます。左膝は 痛いな。玉置神社から下山しようか?など考えがよぎりますがゆっくり歩くことにします。再び植林の中の登山道を歩きます。植林の中の道なので危ないところもなく歩きやすくなだらかに登ります。出発してし30分も歩くと花折塚に着きます。再び道路に出てまた登山道に入り そんなことを出発してから2回か3回繰り返し道路にでると世界遺産・大峰奥駈道の記念碑に着きます。

続きを読む »

by つくだにちゃん  at 12:05 |  山登り(大峰) |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑

H24.4.27~29 大峰南奥駈道 2日目(平治の宿~花折塚手前)

4時に起床 身支度をし普段は朝食をとらないのですが今日は 湯を沸かし暖かいコーヒーを飲みパンを食べました。玉置辻まで行きたいけれどCTは、約11時間20分。歩けるかな?とりあえず5時に出発。丁度 朝日が木々のありだから見えました。

続きを読む »

by つくだにちゃん  at 12:48 |  山登り(大峰) |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

H24.4.27~29 大峰南奥駈道 1日目(前鬼から平治の宿)

6時に車止めゲートに着き6時15分出発です。登山道を歩こうと思いましたが下に見える黒谷の吊橋に「通行禁止」なることが書かれています。車道を歩いて行きます。「行ってきます」と手をふり出発。わざわざといっても私が頼んだのですが送ってくれたN師匠に感謝。しかし私の心中 元気に出発したものの本当は心配!というのも太古の辻から本宮まで40数キロ そして最近 山も歩いていないしテント装備のリュックさえも持ったことがないので体力的に心配、そしてそんな中 私が3日間で無事歩けるかが心配等などしかしここまで送ってくれた師匠にいまさら言っても・・・と思い心の中にしまいました。

続きを読む »

by つくだにちゃん  at 18:34 |  山登り(大峰) |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

H24.4.27~29 大峰南奥駈道  ~はじめに~

随分前から 大峰奥駈道を歩いてみたいと思っていました。しかし私の周りにはあまり奥駈道に興味を持つ人がいませんでした。そんな中 スロトレさん ビスターリさんが一括なり分割なりで奥駈道を歩かれました。私は、全道を一度に歩くことは無理だと思ったので分割で歩こうと思いH20年に大普賢から太古の辻まで2日(2回)に分けて歩きました。こうやって少しずつ歩いていこうと思っていましたがそれ以後 歩くことができずにいました。奥駈道を分割で歩くとなると当たりませですが日にちがかかりここら辺りは交通の便が不便で車の回収もタクシー利用となったりして困難なのです。昨年 ビスターリさんがこのゴールデンウィークに南奥駈道と呼ばれる太古の辻から本宮まで歩いたレポートを読み 「あっ この計画いいなぁ」と思いました。

続きを読む »

by つくだにちゃん  at 17:41 |  山登り(大峰) |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
プロフィール

つくだにちゃん

Author:つくだにちゃん
FC2ブログへようこそ!
重いザックは担げない弱力 歩くペースは遅い虚弱な自分ですが山登りは大好きです。これから登る山 今まで登った山など思ったこと 感じたことを綴っていきます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。