FC2ブログ

H20.12.23 大針山・静ヶ岳・銚子岳

隊長さんが 大鉢山から遠足尾根・静ヶ岳・銚子岳山行を21日予定されたいましたが天候のため23日に変更 大針山から遠足尾根、静ヶ岳から銚子岳は歩いたことがありませんでした。歩きたい度が高まり、年末の予定を考えてみても年末は山にいけないかなと思い 23日仕事でしたが勤務を快く代わってもらいN師匠と共に参加しました。 8時 青川キャンピングのそばに集合 
8時20分 大鉢山に向けて南ルートより登り始めました。
RIMG0483_convert_20081225112728.jpg
登り始めは登山道もわかったのですが道がわからなくなり 途中、急斜の茨 潅木の尾根を歩羽目になりました。とりあえず尾根の上まで登ろうということになり4人が上に向かい登ります。
RIMG0484_convert_20081225113309.jpg
尾根の上まで歩きつくとそこには歩きやすい登山道がありました。少し休憩しました。先日歩いた 孫太尾根から藤原岳 これから向かう静ヶ岳が見えます。そこから登山道を歩き大鉢山頂上へ向かいます。
9時25分 大鉢山頂上
RIMG0496_convert_20081225114030.jpg
これから向かう遠足尾根 先日歩いた孫太尾根でもまゆみの木にピンク色の実がついていました。ここでもまゆみの木がありピンク色の実が冬の景色に少し色をつけてくれます。
RIMG0502_convert_20081225114334.jpg
大鉢山から少し下りそこから急斜面を登ります。そこを登りきるとアセビのトンネルを通ります。入道ヶ岳を歩いたときもアセビロードがありました。アセビロードに入る前にぶなの木がありそのぶなの木の写真を寝て見上げて撮っている隊長さんの姿が少し面白かったです。
10時30分 P700付近
ここから藤原岳・御池岳がどんと見えました。
10時40分 遠足尾根への分岐
ここからの道は竜ヶ岳特有の笹が道の両サイドに見られます。今まで太陽が出て暖かかかったのですが日が翳り始め雲が多くなり小雪がちらつき始めます。先に見えるのは竜ヶ岳です。
RIMG0512_convert_20081225115811.jpg
ホタガ谷からの登山道に出るまでは道がはっきりせず笹を掻き分け歩きます。靴紐も笹に引っかかり両方解けてしまいます。先頭の隊長さんの姿を見失うと後ろをあるいてくれるじんじんさんがナビゲーターとなってくれます。
RIMG0520_convert_20081225120102.jpg
12時 県境稜線分岐点 ここから 静ヶ岳・銚子岳・治田峠に向かい歩きます。
2重稜線となっている。2重稜線のくぼみに水溜りができ池となっている。この2重稜線の雰囲気がまたいい感じです。
RIMG0533_convert_20081225121144.jpg
ここらあたりがセキオノコバあたり 
RIMG0529_convert_20081225121839.jpg
隊長さんと私が2重稜線のくぼ地や池を堪能しているとじんじんさんは先にすたすたと歩いていきます。じんじんさんの「霧氷やよ」との声をきき先を急ぎます。
RIMG0534_convert_20081225122507.jpg
木があり見にくいですが白いのが霧氷です。イワカガミロードを一登りすると静ヶ岳頂上です。
12時55分 静ヶ岳頂上
お昼を食べようと適地を探すため赤テープをたどり稜線を下っていく。この方向が銚子岳の方面かと思いきや隊長さんのGPSで滋賀県側に降りていくことがわかり方向訂正 やはり滋賀県側の稜線は、風が吹きつけ体に当たります。
セキオノコバあたりで20分ほどで昼食をとります。じんじんさんの食べていたうどんがおいしそうでした。私はカップラーメン。汁を全部すすってしまったのでこの先 喉が渇き水をごくごく飲む羽目になりました。
最後の一登り 銚子岳です。
RIMG0543_convert_20081225123516.jpg
14時15分 銚子岳 銚子岳より御池岳が見えます。白く樹氷がついているようです。隊長さん・じんじんさん やはり御池は別格やなと話しています。
RIMG0551_convert_20081225123844.jpg
さぁ 時間は14時30分過ぎ 暗くなる前に治田峠まで歩き林道まで降りなくてはいけません。
15時 治田峠 ここからの下りが手ごわかったです。たくさんの落ち葉の下に石がごろごろ隠されていて滑ったり足をひねってしまわぬ様に私は用心深く降ります。川にたどり着きますが夏の集中豪雨の傷跡がここにもまだ残っています。
こんなところもよじ登りました。
RIMG0556_convert_20081225125813.jpg

RIMG0558_convert_20081225125310.jpg

RIMG0562_convert_20081225125010.jpg
17時10分 駐車場到着 帰り安濃サービスエリアで師匠は、カレーライス、私は豚丼を食べて帰りました。

隊長さん じんじんさん ありがとうございまいた。7人山テント泊・孫太尾根~藤原岳 そして今回の山行 今まで歩いてない鈴鹿の山を堪能できました。来年もよろしくお願いします。

スポンサーサイト



by つくだにちゃん  at 13:13 |  山登り(鈴鹿) |  comment (10)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments

No title

ロングコース、お付き合いしていただき、ありがとうございます。師匠にもよろしくね。
ブログ楽しく読みました。また別の角度から見ているので、つくだにさんらしくていいですね。私も何度でも同じ山に登りますが、その都度各内容が変わってきます。これからも季節を変えてこのコースは歩くと思いますが、また違った書き方をするでしょうね。
勤務日だったようで、私も風邪をひいていて、コンディションは悪かったですが、充実した山行となったことでよしとしましょう。5月くらいまでは鈴鹿に限らず半バリエーションを続けますが、また参加してください。
by 隊長 2008/12/25 22:46  URL [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by  2008/12/26 01:13   [ 編集 ]

じんじん

おつかれさまでした
良く歩きましたね 
この時期、花はないけれど素晴らしい展望が望めるので好きです
今年の最後に御池を計画しています
スケジュールが合えばどうぞ
年末年始9連休のじんじんでした(*^_^*)色付きの文字
by  2008/12/28 15:16  URL [ 編集 ]

Re: 隊長さん

隊長さん 同じ山に登っても 人それぞれ感じること 思うことさまざまで他の方のブログを見るのが楽しみです。隊長さんはよく 人物が入っている写真と言われますが私も人物が入っている写真が好きです。皆さんと御一緒すると何気ない自分の写真も撮ってもらっているので私は後でレポートを見るとまた楽しくなります。また来年もよろしくお願いします。
by つくだに 2008/12/30 16:30  URL [ 編集 ]

Re: Kさん

Kさん いつもコメント ありがとうございます。私のブログ あまり知られていませんしコメントも少ないんですよ。コメントしていただくのは大変 ありがたいです。山はいいですよ。その場所からしか見れない風景 たまたまであった自然の現象 花や沢 滝。満足感もありますがそこにたどり着くまでは、しんどかったり大変だったり・・・。日常生活の中で楽しいこともあるけど 仕事でくたくたになったり、悔しかったり、我慢したり 誰もがそんな思いを少しは持ちながら日々 生活をしているんだと思いますが不思議と山に行っている時は、そんなことにこだわりなくいられます。スポーツは普段しないので山に行って体を動かすのもいいんだと思います。またKさん ブログ訪問してくださいね。
by つくだに 2008/12/30 16:48  URL [ 編集 ]

Re: じんじんさん

じんじんさん 今日(30日)は、御池岳でしたね。御池岳は、今年の2月も途中で敗退しているし雪の時期 行ったことがないので行きたかったのですが 結局 前日まで御一緒させてもらおうか迷っていました・・・。 展望 樹氷はよかったですか?レポート楽しみにしています。
来年もよろしくお願いします。お正月 おいしいお料理・お酒でよい年始をお過ごしください。
by つくだに 2008/12/30 17:06  URL [ 編集 ]

御池岳、行ってきました

結局、ゲートから丸山までは、5時間使ってしまいました。山頂付近の積雪は1mに少し足りないくらいです。まだ雪がしまってないので、スノーシューが必要です。明日からの寒波でまた雪が供給されるので、ますます魅力的になってくると思いますが、難易度はさらに増してくると思います。山頂を往復するだけでも8時間かかるので、散策の時間がとれません。2月のテント泊までには2,3回通いますので、日程があえば一緒にいきましょう。
登りはじめは藤原岳を予定しています。皆さん予定はどうでしょうか?
by 隊長 2008/12/30 22:03  URL [ 編集 ]

Re: 御池岳、行ってきました

雪の御池岳を楽しむのは行程時間・積雪量・天候など考えると大変な事ですね。それゆえに冬の御池岳は、魅力があります。冬の鈴鹿の山も楽しみたいです。来年もよろしくお願いします。
by つくだに 2008/12/30 23:31  URL [ 編集 ]

御池残念

僕は滋賀県側からアタックしましたが、想像以上の雪に鈴北岳へも達することができませんでした
スノーシューを履いていても膝辺りまで沈み難儀しました
これは雪が固まっていないせいもありますが、自分の体重にも原因がありそうです
これで来年の目標が出来ました
もう少しお酒の量を減らし筋トレに励みます 正月3ケ日が過ぎてからですが
登り始めは藤原ですね 了解しました 気持ちよくスタートしたいですね
by じんじん 2008/12/31 11:33  URL [ 編集 ]

Re: 御池残念

冬の御池岳散策は、生易しいものではないんですね。御池を登ろうとする人は、皆 そんなこと承知で途中で断念しても「また今度!」という気持ちになるんですね。自然相手だからそれが当たり前と素直に思えます。よーく覚えておきます。じんじんさんの来年の目標「酒の量を減らし筋トレに励むこと」 
by つくだに 2008/12/31 20:15  URL [ 編集 ]
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

つくだにちゃん

Author:つくだにちゃん
FC2ブログへようこそ!
重いザックは担げない弱力 歩くペースは遅い虚弱な自分ですが山登りは大好きです。これから登る山 今まで登った山など思ったこと 感じたことを綴っていきます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター