FC2ブログ

H21.1.10~12 上高知 スノーシュ散策

ここ数年 1月や2月の連休に山の会の仲間と雪山に行っていました。しかし最近 仕事・体の具合・家族の世話等の理由で参加する人が少なくなりこの1月は行けるのかなと思っていたら K師匠が「この1月はどこか行くの?スノーシューがしたい。計画たてて・・・」という声が出ました。K師匠 2年前にスノーシューを買ったのに今まで使ったことなかったそうです。写真を撮りたいというI師匠の意見も取り入れ「上高知 スノーシュー散策」計画が出来上がりました。 普通 前夜の夜から地元を発ち 朝から歩き出すのですが私が前日の夜に用事があり10日の朝 地元を出発しました。高山を超え平湯にさしかかる頃 N師匠と私は1泊2日計画と思っていたのですが I師匠とK師匠は2泊3日計画と思っていてお互いの計画が思い違いしていることに気がつきました。ガス担当のN師匠も食事担当の私も当然1泊2日用しか用意しておらず 2泊3日に計画変更にするのならガスは購入しないと・・・ということで探しましたが当然 山用のコンロのガスなんて売っておらず1泊2日計画になったのでした。平湯に着いたのが14時頃 それからタクシーで釜トンネルへ 15時過ぎから歩き出しました。
16時過ぎに大正池に到着 本当はもう少し進むつもりでしたがトイレもあるしここでテントを張ることにしました。(本当はここではテントを張ってはいけません) 私達が張っているとほかに3人(この方達は写真を撮りにきたそうです) ここにテントを張られました。
11日(2日目) I師匠が6時30分頃 大正池に写真を撮りに行ったので私もついていきました。焼岳に少し日が当たり湖岸に少し写っていてきれいでした。写真を撮ったのに・・・・あとから確かめたら写っていませんでした。この3日間 天気予報の予想通り天気が悪くって私のお気に入りの風景はそれが1番だったのに・・・。まぁこんなこともあります。またI師匠に画像がもらえたらいつか掲載します。
大正池で撮るカメラマン
RIMG0051_convert_20090112212825.jpg
それからテント場に戻り皆でスノーシューをつけ散策です。
田代橋から見た明神岳 青空が見えたのはこの時まででした。
RIMG0059_convert_20090112203729.jpg
河童橋
RIMG0074_convert_20090112204244.jpg
I師匠は河童橋付近で写真を撮っているとのこと K師匠 N師匠 私は明神まで進みます。
RIMG0082_convert_20090112204616.jpg
嘉門次小屋の横あたりではさるをたくさん見ました。笹を食べていました。
RIMG0087_convert_20090112204912.jpg
明神池にて どの鴨も池に顔を突っ込んでいるところを撮ってしまいました。
RIMG0098_convert_20090112205251.jpg
明神池 二の池
RIMG0104_convert_20090112205622.jpg
帰りは誰も歩いていないところを歩きスノーシューを楽しみました。
テント場に戻ったのが14時40分 帰ってもいいのですがどうもI師匠 K師匠はもう1泊 ここで泊まりたい様子です。食事もありあわせとしガスも節約してもう1泊泊まることにしました。K師匠は、写真を撮るために明日の朝の天気にかけている様子・・・夜中は月が出て焼岳も姿を出していたのですが次の日は雪がしんしんふっててその願いはかないませんでした。私は、そうして帰れるのにもう1泊泊まりたいのかなと思い聞いてみました。周りに誰もいなくてテントに泊まって・・・こんな雰囲気が好きなんだそうです。なんかわかるような気もします。その日の夕食は お鍋の中に おにぎり1個 うどん一玉 もち4個 白菜 お吸い物の素を入れて食べました。それからぜんざい ハムを焼いて食べました。ガス節約のため18時過ぎにはシェラフにもぐりました。
12日(3日目) 朝起きてもしんしんと雪が降り写真撮影も望めないので8時前にテントを撤収 帰りました。
2日目 私達が明神池より大正池のテントを張ったところに帰ってきたら隣に張ってあった3つのテントが撤収されていました。私達も朝 まわって見えた監視員の人に「ここはテント場ではないので今回は、いいですがこれからは正規のテント場に張るように注意を受けました。私達はそれから散策に行ったのでその後 注意を受けなかったのですがまた違う監視員の方があとから見えて「撤収するように でなければ通報するよ」といわれたそうです。3人のうち小梨平に向かわれた方ともう帰られた方が見えたそうですがその帰られた方を乗せたタクシーに私達は、13日乗りました。タクシーの中でタクシーの方といろいろ話したのですが 上高知も今 入山数が増えてきて自然を守るためいろいろ調査をしているそうです。私達が散策していてもトイレをチェックする人 双眼鏡で眺める人 何人かの監視員の方と出会いました。「通報するよ」その注意の仕方もどうなのかなと思ったりもしますが1人がすることに何の影響もないことでも多人数がすることで影響が出たりするし考えさせられました。
スポンサーサイト



by つくだにちゃん  at 20:29 |  山登り(北アルプス) |  comment (6)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments

No title

静かだなぁって思ってたら、上高地へ遠征してたんですね
積雪時にしか行けない大正池から見る焼は最高ですよね もう少し天気が良かったら更に感動したと思います 僕も今年は北アルプスが見える場所でスノーシュー楽しみたいと思っています
by じんじん 2009/01/12 21:57  URL [ 編集 ]

Re: じんじんさん

本当に冬の天気って難しいですね。2年前にも行きましたがその時も 青空はのぞいてくれませんでした。じんじんさんが行かれたときは いい天気でしたね。うらやましい。じんじんさん スノーシュー熱 上昇してきましたね。

by つくだに 2009/01/12 22:48  URL [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by  2009/01/15 00:42   [ 編集 ]

上高地スノーシューハイクいいですね

 スノーシューハイクで上高地でしたか。しかも2泊のテント。羨ましいです。私もスノーシューで歩くこともありますが、日帰りです。泊まりの雪山スノーシューハイクに行きたくて、今、北八ヶ岳を計画しています。
by kitayama-walk 2009/01/18 01:53  URL [ 編集 ]

Re: Kさん

久々に山の会のメンバーとのテント泊でした。リュックを背負って歩いたのは少しの時間でしたので快適でした。私の寝袋は冬用ではないので着込み、ホッカイロを貼り手袋をはきフットシューズを履き帽子をかぶり寝ました。I師匠の寝袋は、マイナス気温も耐えうる冬用なので「暑いくらいや」と話していてうらやましかったです。私にとってはこうやって自然と接することがストレス解消になります。きっと師匠方もそうなんだろうなと思います。

by つくだに 2009/01/19 00:04  URL [ 編集 ]

Re: 上高地スノーシューハイクいいですね

上高地でのスノーシュハイク天気がよければもっとよかったのですが・・・。スノーシューハイク 楽しいですよね。先に歩いた跡があってもわざわざそこをそれて歩いてしまいます。kitayama-walkさんも鈴鹿の山を歩いてみえるので興味を持ちブログ拝見しています。
by つくだに 2009/01/19 00:12  URL [ 編集 ]
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

つくだにちゃん

Author:つくだにちゃん
FC2ブログへようこそ!
重いザックは担げない弱力 歩くペースは遅い虚弱な自分ですが山登りは大好きです。これから登る山 今まで登った山など思ったこと 感じたことを綴っていきます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター