FC2ブログ

H21.4.11 愛知川流域(タテ谷~大瀞)

千種街道~根の平峠~タケ谷~大瀞~ヒロ沢~羽鳥峰の愛知川上流をクルリとまわるコースを歩こうと思い行ってきました。千種街道は、朝明から甲津畑まで続きます。杉峠から甲津畑は、2月に銚子~イブネ山行時 歩きました。この街道 歴史的にも有名です。また昔 人々が生活道として使っていた道として私的にも興味があり是非 歩いてみたかった道ですその道を今回は、朝明からタケ谷途中まで歩きます。愛知川沿いは、昨年秋 七人山テント泊の時 歩いた程度で是非一度歩きたかったところです。しかし 初めてで少々不安もありましたが隊長さんの昨年6月の「山と渓谷」地域研究 No6を参考にし行ってきました。
千種越は、伊勢へと続く商品流通路として発展した道です。「今堀日吉神社文書(いまほりひよしじんじゃもんじょ)」には室町時代の天文(てんぶん)22年(1553年)に、伊勢国の舞田商人が「千種街道を通って真綿(まわた)や苧(お)(あさ)の荷を搬送していましたが、近江国保内商人に押さえられ、峠の宿の善左衛門(ぜんざえもん)に預けられた」ことが記録されています。このことから山深い千種峠に宿があったことがわかりますが、現在地は不明です。この保内商人は佐々木六角氏(ささきろっかくし)の擁護のもと、八風(はっぷう)・千種街道の通行を独占しました。
 元亀元年(げんきがんねん)(1570年)、織田信長は上洛(じょうらく)の帰り、東海道も八風街道も敵対する浅井・六角・一揆勢(いっきぜい)に塞がれ、やむなく千種越に入りましたが、ここで、六角承禎(ろっかくじょうてい)の命を受けた杉谷善住房(すぎたにぜんじゅうぼう)に狙撃(そげき)されたという記録も、残されています


朝明から登るのは2年前に釈迦ヶ岳を登った以来です。2年前に釈迦に登った時に初めて朝明に来たというほど私は、この山域歩いていません。昨年の集中豪雨で崩壊があった様をホームページの写真でみて地図と大幅に変わってしまっているんじゃあないかなと不安でした。しかし今日は、いい天気 天気が思わしくないと不安もさらにましてしまいます。初めての場所を歩くのはいい天気が一番です。
8時50分 朝明駐車場にて500円を払い出発 
RIMG0355_convert_20090413080311.jpg
途中 崩落箇所あり 街道といわれるだけあり道らしき道でわかるのですが途中 テープが見当たらず間違いに気づきます。所々 他の人のホームページに乗っている写真の風景を見ると安心します。
キブシ コビシ アブラチャン ツツジなど 花が咲いています。
RIMG0369_convert_20090413080841.jpg
途中 道を見失い少し戻ると丁度 登ってみえる男性にお会いしました。今日 この道でお会いした1人めの方です。
10時20分 根の平峠着 一息ついていると団体さんが登って見えました。「30~40分で登ってきたわ」と話して見えました。私は、随分 時間がかかってしまいました。
タケ谷に下ります。気持ちいいところです。途中 間違えてコクイ谷のほうへ歩いてしまいます。なんかおかしいなと思いまた引き返します。方向を修正し歩き出すと男性が登って見えました。きくと今度はあっているようで安心 再び歩きます。
RIMG0389_convert_20090413092413.jpg
消えかけてはっきりみえませんがここがタテ谷口への分岐ですね。ここを右手に歩くとタテ谷口方面です。
11時40分 タケ谷出合 対岸へわたります。
RIMG0393_convert_20090413093114.jpg
この付近の標識 年代物です。文字の色も薄くなっていて道はしっかりしていますが初心者の私は不安でした。
途中 橋がかけてあるのですがその橋が老朽化のため渡らずに渡じょうするようにとしっかり矢印がされていたのでついついその矢印に進んでしまいました。
12時30分 大瀞 ここで昼食を食べます。
RIMG0400_convert_20090413082510.jpg

RIMG0404_convert_20090413082732.jpg
上にかかっている橋が老朽化した橋だと思います。
本当はこの沢に降りずにまっすぐ進んだらよかったみたいなのですが降りてしまい対岸にはまた赤テープが見えたため渡ってしましました。ここからは谷を登っていくようでおかしいな おかしいなと思いながら歩いていると中峠についてしまいました。
13時30分 中峠
RIMG0412_convert_20090413084034.jpg
道を間違えた!と思いましたがもう遅い!ここにあがってしまうと半周です。右へ行こうか 左に行こうか 、まっすぐ進もうか迷いましたが右方向 水晶岳方面に行き朝 歩いた千種街道を下ることにします。
14時 水晶岳 進む方向には御在所岳が 後方には釈迦ヶ岳が大きく見えます。
RIMG0420_convert_20090413084322.jpg
下りに歩いた千種街道は すいすいあるけました。行きはこの方向に行ったけどこっちのほうが歩きやすいななど気づきもありました。
朝明駐車場に近づくと高校生位の女子6人が大きなリュックを背負い歩いていました。うらやましいな。しかし 今の自分にテント泊のリュックが背負えるのか少々不安になりました。
今まで水分なんて500mlすべて飲むこともなかったのですが今日は暑く 500ml1本しかお茶を持っていかなかったのでたりませんでした。これからはもっともっていかないと・・・。
家に帰りホームページを見ていると愛知川流域 は沢に入りながら進むのが楽しそうですね。次回はヒロサワ方面を回りたいと思います。
 
スポンサーサイト



by つくだにちゃん  at 10:15 |  山登り(鈴鹿) |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments

No title

冒険心が旺盛で、結構なことです。
やはり一人で初めての道を歩くと徐々に自信が付いてきますね。初めての道はなんだか不安なんだけど、非常に印象深く記録に焼き付きますね。その分味わいも深いと思いますが。地形図を見ながら歩いて、距離感や方向感覚がつかめるようになるといいと思います。
私は金曜日に鈴鹿に帰れなかったので、土曜日は大峰を、日曜日は御池を歩いていました。花はやはり御池ですね。これからも色々と咲き始めます。
by 隊長 2009/04/13 21:28  URL [ 編集 ]

Re 隊長さん

隊長さんも先週は、土曜日、日曜日とよく活動されていますね。この花とあの花を一緒に見たいと思っても花は生き物だから難しいこともありますね。だから何度も足を運ばないといけません。皆さんのホームページを見ていると本当に花が好きなんだなと思います。
今回 愛知川流域を一部分歩いてみました。今まで歩いていないところを歩いてみると自分の中で世界が少しひろがったような気になります。
by つくだに 2009/04/15 19:30  URL [ 編集 ]
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

つくだにちゃん

Author:つくだにちゃん
FC2ブログへようこそ!
重いザックは担げない弱力 歩くペースは遅い虚弱な自分ですが山登りは大好きです。これから登る山 今まで登った山など思ったこと 感じたことを綴っていきます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター