FC2ブログ

H21.5.3~5 鳳凰三山 2日目

本日は、鳳凰三山に向かいます。4時30分頃 起床、朝ごはんを食べ必要なものだけもって5時50分には出発。小屋の左横から薬師岳に向かう登山道があります。今日の天気予報は、晴れのち曇り 天気は下り坂となります。空を見上げてみてもどんより雲っています。 早朝は、道も凍っているためアイゼンをつけます。今日も まず登り初めから1時間ほどは樹林帯を歩きます。道はしまっていてアイゼンをつけると歩きやすいです。途中 「富士山がみえた!」と教えてもらいますが空が白っぽくはっきりわからなかったので先を急ぎ稜線からの富士山の対面を楽しみにします。樹林帯から砂払岳の花崗岩か 薬師岳の岩塔がみえます。
稜線にでると富士山をはじめまたまた白峰三山がどーんとあらわれます。
砂払より薬師岳
RIMG0361_convert_20090508055944.jpg
カメラで撮っていた時から気になっていたのですが 撮った写真を確認すると少し暗いです。カメラの設定を 曇りモードにしたんですが・・・・(家に帰って気づいたことですが私のカメラ 曇りモードに合わせても電源を切るとまた設定はオートに戻ってしまうようです。時折 明るい写真もあるのですがほとんど暗めなんです(-_-;))
薬師小屋は、こんな感じでした。
RIMG0364_convert_20090508060719.jpg
7時50分 薬師岳
RIMG0372_convert_20090508071002.jpg

薬師岳より観音岳へ歩きます。一番トップが観音岳
稜線右側に秩父山脈 八ヶ岳が見えました。昨日 南御室小屋に泊まられた団体さんに追い越されます。
RIMG0397_convert_20090508061959.jpg
観音岳頂上手前で歩いた道を振り返ります。天気が曇っていたので富士山の姿が周りの空に解けてしまいそうに白いです。
RIMG0413_convert_20090508061413.jpg
9時5分 観音岳 
これから歩く地蔵岳方面 オベリスクが目印です。地蔵岳まで案外 アップダウンがあります。I師匠とN師匠はここまでとの事 K師匠と私はまだ時間もあるのでこれから先 歩くことにします。帰りはこの道少し疲れました。
RIMG0427_convert_20090508062756.jpg
仙丈から甲斐駒まで見渡せます。
RIMG0419_convert_20090508063400.jpg
10時25分 地蔵岳 人がたくさんいます。オベリスクトップ手前あたりまで登ってみます。私は途中 アイゼンをはずしましたがK師匠はアイゼン ピッケルを持って登りました。見ているほうが怖い!
オベリスクから南アルプスの山々を堪能し降ります。そしてテント場に向かい元来た道を戻ります。
RIMG0441_convert_20090508063929.jpg
帰りの道では 今までは全容が見えていた白峰三山 仙丈・甲斐駒ケ岳にもガスがかかっていました。午前中 目標にしていたオベリスクもガスに隠れてしまっています。
今回 ゴールデンウィーク前半いい天気が続いたこと 晴天が続きゴールデンウィーク中 小屋が開き人が入りしっかりルートも踏み固められていることなどより地蔵岳までいけましたがやはり積雪量 天候 また前半でルート跡がわかりにくいと観音岳で引き返される人も多いようです。でも観音岳より薬師方面を見ても地蔵岳方面を見てもとても素敵な景色です。
14時15分 テント場に戻りました。
先に戻っていたI師匠 N師匠が 今夜から雨が降りそうなので今から降りようと言い出します。今夜はテントを張っている人も昨日より少ないです。I師匠はもうすでにパッキングまでしています。テント泊大好きK師匠は 断固反対!私もくたくたでお腹もすいて動きたくありません。さぁさぁ 早いけどご飯を作ろうということでもう1泊するよう事を運びました。
17時までに夕食のカレーうどん おつまみなど食べ終わりました。18時過ぎに就寝しました。
スポンサーサイト



by つくだにちゃん  at 07:00 |  山登り(南アルプス) |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

つくだにちゃん

Author:つくだにちゃん
FC2ブログへようこそ!
重いザックは担げない弱力 歩くペースは遅い虚弱な自分ですが山登りは大好きです。これから登る山 今まで登った山など思ったこと 感じたことを綴っていきます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター