FC2ブログ

H21.6.2~3 九重山 2日目

テントの中でうつらうつら眠り再び目を覚ますとポツリポツリ雨が降り出しました。時刻は2時過ぎでした。午前中までは天気はもたないの!と思いながらうつらうつら眠ってはまた目を覚まし5時過ぎに目を覚ましました。雨は、小雨になるどころか今日は、止みそうもない様子。周りの山々を見渡します。中岳付近はガスがかかっていますが三俣山 大船山 平治岳などはガスはかかっていません。パンをかじりテントをたたんでいると昨夜 歌を歌っていた男性もテントをたたみ始めています。挨拶を交わしました。今日は。平治岳を登り平治北登山口へ下山する予定です。 6時20分 テント場出発です。出発時はまだ平治岳にガスはかかっていませんでした。ここの登山道も 黒い泥道で「登山道へ石を置きましょう」の看板が立ててありました。昨日 法華院温泉で 平治岳いいよと話していた女性が「ガスだったら行っても一面のミヤマキリシマは見れないし 周りの山々も見れないのでつまらない」と話していました。何とかガスで包まれないことを祈りましたが樹林帯から出て山の斜面が望める頃になると一面のミヤマキリシマはガスでおおわれ所々ピンクがみられるくらいでした。
こんな枯れ落ちた木にミヤマキリシマの葉がつき花が咲いていました。生命力を感じました。
RIMG0248_convert_20090606220035.jpg
大戸越あたり 斜面を見上げるとガスガス 時折ガスが晴れてはまたガスにおおわれます。
RIMG0249_convert_20090606220712.jpg
大戸越からの登りはミヤマキリシマの中を歩きます。斜面全体のミヤマキリシマははっきり見えなくてもとっざん道付近にさくミヤマキリシマ 天晴れです。
RIMG0273_convert_20090606221404.jpg
大戸越から登りきったところにミヤマキリシマが一面に広がっていました。先に御夫婦が1組登ってみえここが平治岳の山頂ですかときくも標識がありませんし御夫婦もわからない様子 この三角の岩がそうなんではないですかと言われます。御夫婦は、雨もふりガスで展望もないためすぐ下られる様子です。私は、平治岳より北登山口に降りるため目印 標識など探しますが見つかりません。聞こうにもこんな天気の日に 今 ここにいるのは御夫婦が降りられた今 私1人。北口への道は、山頂を通れば簡単にみつかるはずです。ここらあたりミヤマキリシマが一面に密集しているためリュックも合羽も引っかかり歩きにくいです。そんなこんなであちらこちら歩き回りましたが見つからないためもときた道を戻ろうかと思ってふと三俣山を見ると丁度 ガスが流れ姿をあらわしました。そんな時 上方より男性2人組が私に向かい「オーイ オーイ」と読んでいます。私も 展望が見れたこと ここで人に会えた事がうれしく「オーイ オーイ」と答えます男性2人組みもこんな日に人に会えたことがうれしくて赤い合羽を見て思わず叫んでしまったと笑いながら話していました。
ふと 上方を見るとミヤマキリシマ一面の斜面が姿をあらわしました。男性お2人に聞くとあの頂上が平治岳頂上との事 ガスがなかったら簡単に平時岳までいけるものがガスで道がわからなくなってしまいます。
RIMG0303_convert_20090607084304.jpg
ここで何枚か写真を撮りました。ふとあらわれた風景に夢中でカメラのレンズに雨がついているのも気づかず写真を撮りました。後から見て写真に水滴が写っていたり曇っていたり・・・。
RIMG0299_convert_20090607084752.jpg
8時45分 平治岳頂上
RIMG0319_convert_20090607085509.jpg
天候は悪いですが去りがたい思いで下山です。北口への下山道はちゃんとありました。
しかし 下山道は雨も降っているため泥土が滑って非常に歩きにくいです。大船山・平治岳の登山道も泥土でしたが頂上に近づくにつれて泥土もなくなり歩きやすくなっていましたがここは山頂あたりから泥土です。雨が降っていなくても非常に泥で歩きにくそうです。時間はたっぷりあるので1歩1歩ゆっくり下ります。テーピングもしっかりしてあり迷うことはありません。30分~40分歩くと笹原に出ます。時間的にはもっと長く感じました。やっと泥道から開放されたと思いほっとします。ふと見ると平治岳 三俣山がまだ見えます。ここで見るのが最後だろうなと思うと少し感慨深くなってきます。
平治岳
RIMG0327_convert_20090607090717.jpg
三俣山
RIMG0329_convert_20090607091046.jpg
しかしホッとしたのもつかの間でした。また泥道がはじまり今度は 今までより余計 急な道に変わりました。縄があり はしごがありの道 私をこの森から出してくださいと思っていたら標識が出てきました。
10時15分 平治岳北口登山道
RIMG0332_convert_20090607091630.jpg
今から車道歩きです。といってもここは通行を許可された車しか通れない道です。車道は歩きやすいです。一度 反対方向を歩いてしまい再び戻るという事もありました。たまたまそこにいた人に訊いたので方向間違いに気づきましたが誰も遇わなかったらそのまま歩いてしまっていたでしょう。
11時40分 駐車場着 日ごろ 合羽の手入れをしていないためか撥水ができずまたまた雨が衣服まで染みてきて寒かったです。すぐに温泉へ ナビで調べたら長者原の温泉が一番近かったので長者原へ 登山口をみてきました。雨のためかほとんど車はとまっておらず またこちらから歩いてみるとまた違う風景 雰囲気が味わえそうです。
今回 予定としては、1日目は中岳・久住山・三俣山・大船山 2日目は由布岳を登る計画をたてていました。帰りの飛行機は、18時50分だったのでたっぷり時間はありました。でも1日目この九重山を歩き 2日目ももし晴れていたら私は九重山をもっと楽しんでいたと思います。ミヤマキリシマが鮮やかでそれに色づいている山々の斜面がきれいでした。火山群のこの山々のパノラマ景観が素敵でした。前から3日から天気は崩れるという予報だったので残念でしたがそれでも雨の中 平治岳に登ったのは、よかったと思います。テントで泊まりゆっくり九重の山を楽しめました。


 航空券+宿泊費(1泊)+レンタカー代 30800円
 高速船 2400円×2
 ガソリン代 1392円
 高速代   2550円
 法華院温泉代 500円
 バッチ代   1900円
 ビール代(法華院温泉) 350円
 温泉代    500円
 他 行動食 など
スポンサーサイト



by つくだにちゃん  at 10:25 |  山登り(九州) |  comment (8)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments

No title

おおおお。
ミヤマキリシマ 素敵ですね!
なんていうか・・おいしそうです!笑

私も九重に行った時には「法華院温泉」はいりたかったんですが、、
スケジュールの都合で断念しました。

うらやましいです!
by ぽっか 2009/06/08 17:10  URL [ 編集 ]

Re: No title

ぽっかさん ミヤマキリシマ おいしそうですか。
ぽっかさんの九重のレポート 自分が九重へ行くまでに是非 参考にしたいなと
思っていたんですよ。
山に登って温泉っていいですよね。湯で汗を流すだけでも疲れが取れるような気がします。


by つくだに 2009/06/08 21:43  URL [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by  2009/06/15 00:03   [ 編集 ]

No title

僕も昔、むか~しに、九重へ行きました。時期もちょうど同じ頃で、やっぱり写真のように、ミヤマキリシマは満開でした。
また行ってみたいけど、遠いなあ。
by ゆきっち 2009/06/15 23:01  URL [ 編集 ]

Re: Kさん

Kさん 私は案外人見知りをするタイプなんですよ。だからあまり愛想がないんです。特に1人で入ると・・・。そんな時 自然に迷わず声をかけたり行動できたりすると自分でもうれしくなってきます。今回 初めての単独テント泊でしたがテントの中は、気持ちいいです。テントに定着し山を楽しむのもいいなと思いました。贅沢なひと時です。

by つくだに 2009/06/18 01:18  URL [ 編集 ]

Re: ゆきっちさん

ゆきっちさんも 九重に行かれたんですね。九州の山っていいですよね。火山地帯でなんか山が生きているっていう感じがします。 ミヤマキリシマ咲き誇り・・・ 私も実際 そんな九重の山をみれて感動しました。

by つくだに 2009/06/18 01:26  URL [ 編集 ]

ミヤマキリシマ

つくだにさん、お久しぶりです。
ミヤマキリシマが一番良い時だったようですね。羨ましい限りです。
今年は少し開花が早かったようで、12日では遅すぎました(≧ε≦)
満開の大船山はお見事だったでしょうね。
次回は牧ノ戸峠から山の便利屋さんを利用して黒岳の縦走してみては如何でしょうか。
結構楽しめますよ。
by なっきい 2009/06/23 21:36  URL [ 編集 ]

Re: ミヤマキリシマ

なっきいさん 牧ノ戸から黒岳の縦走 面白そうですね。九重山の中にいくつか山があってどの山から眺めるのもきっと雰囲気が違うんでしょうね。今回はミヤマキリシマの時期に行きましたが四季それぞれ景色がすばらしいんでしょうね。また行きたいです。


by つくだに 2009/06/24 22:12  URL [ 編集 ]
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

つくだにちゃん

Author:つくだにちゃん
FC2ブログへようこそ!
重いザックは担げない弱力 歩くペースは遅い虚弱な自分ですが山登りは大好きです。これから登る山 今まで登った山など思ったこと 感じたことを綴っていきます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター