FC2ブログ

H21.7.23~24 白馬二山(杓子岳・鑓ヶ岳 これで白馬三山歩きました) 1日目

白馬(はくば・しろうま)というと百名山 ウインタースポーツ 冬期オリンピック 花の山など名前もポピュラーで誰もが知っている地名です。私もH16年に山の会で白馬岳に登りました。その時のルートは、栂池ー白馬大池山荘(泊)ー白馬岳ー白馬山荘(泊)-大雪渓ー猿倉です。 その時 悪天候で強風 雨の為 ほとんど景色は目にしていません。山荘に着くと天候も悪く散策もできず宴会となります。ですから私は白馬といっても白馬岳しか登っていないし 今まで自分が登ったというのもおこがましいような気がしていました。いつかはまた登りたい そう思っていた山の1つです。このように今まで天候が悪くもう1回歩いてみたい山に 鳥海山 月山 池の平(裏剣をみたい) 甲斐駒ケ岳 、宮之浦岳 永田岳等があります。


今回のコース
 7月23日(1日目) 猿倉ー鑓温泉分岐ー鑓温泉ー天狗山荘(テント泊)
 7月24日(2日目) 天狗山荘ー鑓ヶ岳ー杓子ヶ岳ー村営頂上宿舎ー大雪渓ー猿倉

私の目的は、白馬三山と朝日岳を歩く事だったのですが私の歩くペースが大変遅く今回は、朝日岳はやめました。もっと鍛えないといけないなと痛感した山行でした。

今年は、梅雨明けが遅い!今年は早く梅雨は明けるでしょうという長期予報ではありましたが予報は予報 しようがありません。この時期(夏休みに入り) やはり職場のスタッフも家族旅行などを計画していてなるべく重ならないように そして梅雨は明けているように 高速代1000円が往路または復路で生かせるように等考えて事前に休みは希望はしましたが梅雨は明けていませんでした。

7月22日 
家を17時頃出発 22時過ぎ八方第5駐車場へ到着 猿倉には駐車できる台数が限られていて外の駐車を勧めているようです。八方第5駐車場は、駐車場代もいらないしきれいなトイレもあります。バスも出ています。まだ この時点では朝日岳にも足をのばしたいという思いがありました。 鑓温泉経由で白馬村営頂上宿舎まで行きたかったので 1日目行程が長いこともあり4時にタクシーを予約しました。このときは気づきませんでした。人より歩くペースが遅いなら人より早く出発するのは当たり前ですが行程時間が長いことが無謀だということを・・・。

7月23日
4時駐車場出発 15分ほどで猿倉に着きました。平日のためか 天気がよくないためか猿倉の駐車場には7,8台ほどしか車は停まっていませんでした。準備をして出発です。 以前、猿倉に来たのが5年前 まだ薄暗いしどこから登りはじめるのかわからず洗面をしていた男性に尋ねました。登山届けの提出場所も教えてもらいました。
4時43分 猿倉出発
5時2分 鑓温泉登山口 天気も曇っていてまだ薄暗かったです。
RIMG0005_convert_20090725095245.jpg
30分もすると光が差し込んできました。このあたりは、サンカヨウの実 エンレイソウの実があるくらいであまり花は咲いていません。木々の間から 白馬の山?が見えます。天気のいいうちに早く展望を見たいなと思いました。今日は、テント泊装備なので45分歩き休憩をキチキチとるようにします。あとからばてないために・・・。
6時30分 中山沢
RIMG0010_convert_20090725131643.jpg
左が白馬岳 右が小蓮華山ですか?
RIMG0037_convert_20090725133735.jpg
湿地帯の奥のほうにはニッコウキスゲが咲いていてその手前にはワタスゲが咲いていました。
RIMG0051_convert_20090725140041.jpg
今年見たかった植物の1つ ワタスゲ タンポポの種子のようですが触っても飛んではいきません。綿のようです。
RIMG0052_convert_20090725132821.jpg
湿地帯にたくさんのミズバショウ 花はもう終わっていました。
RIMG0057_convert_20090725140448.jpg
7時57分 小日向ノコル
小日向ノコルを少しすぎると下り道となります。下りきるとあんまり勾配のない道をあるきます。私のあとから来る人は誰もいませんがここらあたりで始めて鑓温泉方面から歩いて見えた方とお会いしました。
ガスの間から杓子岳が見えました。
RIMG0064_convert_20090725135404.jpg
オオサクラソウを見つけました。あたりを探しましたがこの株だけでした。
RIMG0078_convert_20090725135710.jpg
8時52分 サンジロ
目の前の雪渓を渡ります。
RIMG0092_convert_20090725140932.jpg
そこから砂地を歩き目を先に進めてみていると鑓温泉小屋が見えてきました。
RIMG0094_convert_20090725141421.jpg
ここから一直線と思うともうすぐなのですが実は下り雪渓を渡り雪渓を登るという道がまっていました。
ここまでの道 緩やかなコースでしたが最後の雪渓の登りがばてました。
10時30分 鑓温泉小屋
RIMG0114_convert_20090725142203.jpg
最後の雪渓の登りがきいて この温泉でまったりしたい気分です。
RIMG0113_convert_20090725142400.jpg
しかし前に進まなければ・・・。休憩している間にあたりがガスで真っ白になっていました。
ここからは、階段や鎖場があります。鎖場の岩がぬれていると滑りやすいのでそれだけ注意です。
岩場を過ぎてから鑓温泉に向かう方が何人か降りて見えてハァハァとゆっくりえらそうに登る私を見て「まだまだ登りあるよ」「急登だよ」など教えてくれます。でもこのコースを歩いていて本当にたくさんの花に会えました。天気もガスでおおわれたりまたガスがはれたり・・・。花と共に上を見上げると5年前にはみることができなかった白馬山々がみえてすごく満足です。
14時6分 大出原 この先雪渓を50メートルほど歩きそこから右にトラバース 徐々に登り分岐にでます。雪渓を歩ききったところで振り返ると赤の上着を着た男性が下から歩いてきます。確か登山道・ 高山植物の監視員の方で もっと下でその方が下に向かわれている時すれ違い その方に「白馬まで行きたい」と話したような気がします。私との適度な感覚を明け稜線まで着いてこられました。後に稜線にでた時アドバイスをいただくことになります。
RIMG0156_convert_20090725170819.jpg
14時55分 分岐
やっと分岐に着きました。監視員の方が 今の時間から白馬山荘に向かうのは私ののペースだと4時間以上はかかってしまうので天狗山荘に泊まってはどうかと勧めてくれます。天狗山荘に泊まると明日の行程が長くなるし・・・と考えてしまいますがガスも出てきたしせっかく白馬鑓ヶ岳・杓子ヶ岳にいくのなら頂上を踏み景色をみたいので今日は天狗山荘に向かうことにします。監視員の方も天狗山荘に泊まられるそうです。ここらあたりの花を撮りながら向かうことにします。鳥の鳴き声がするなとおもったら雷鳥です。親の雷鳥が私の目の前を忙しそうに歩きます。たぶんその前に子供の雷鳥が道の先を歩いていたので身代わり作戦だなと思いました。稜線に出てからウルップソウがたくさん咲いていますがもう終わりかけなのか花の上のほうのみ花をつけている株が多いです。しかしウルップソウの青色は目が覚めるようないい色ですね。
15時45分 天狗山荘
本日は 私1人がテント泊です。この天狗山荘は、不帰キレットを超えた方 これから超える方の宿泊地となっているのでこの時期天候が安定しないので今日は宿泊者も少ないようです.
RIMG0181_convert_20090725175811.jpg
自炊室 きれいです。
RIMG0183_convert_20090725180159.jpg
夕食を済ませテント場に戻ると雨が降ってきました。天狗山荘にきてよかったです。
7時間半の分岐までのコースタイムが10時間もかかってしまいました。
この後 明日の天気と私の体力と相談し明日の予定をねりました。

今日であった花々
                                 ギボウシ
RIMG0013_convert_20090725180735.jpg RIMG0039_convert_20090725181052.jpg
ヨツバシオガマ                         タテヤマウツゴグサ
RIMG0024_convert_20090725181357.jpg RIMG0026_convert_20090725181609.jpg
キンコウカ
RIMG0029_convert_20090725181859.jpg RIMG0068_convert_20090725182647.jpg
RIMG0061_convert_20090725182329.jpg RIMG0040_convert_20090725182111.jpg
キヌガサソウ
RIMG0072_convert_20090725182910.jpg RIMG0085_convert_20090725183558.jpg
                                 ハクサンチドリ
RIMG0082_convert_20090725183138.jpg RIMG0086_convert_20090725183335.jpg
アオノツガザクラ                       サンカヨウ
RIMG0126_convert_20090725183907.jpg RIMG0127_convert_20090725184135.jpg
ハクサンコザクラ                       ハクサンイチゲ
RIMG0129_convert_20090725184347.jpg RIMG0133_convert_20090725184615.jpg
                                  ミヤマキンバイ
RIMG0112_convert_20090725184911.jpg RIMG0138_convert_20090725185145.jpg
                                 チングルマ
RIMG0140_convert_20090725185357.jpg RIMG0146_convert_20090725185936.jpg
コマクサ                             ミヤマクワガタ
RIMG0165_convert_20090725190304.jpg RIMG0169_convert_20090725190548.jpg
タカネハヤズハハコ
RIMG0170_convert_20090725190810.jpg









 
スポンサーサイト



by つくだにちゃん  at 20:06 |  山登り(北アルプス) |  comment (5)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments

No title

お疲れさまでした
鑓温泉、ゆっくり温泉に浸かってマッタリしたいような所ですね
1日目の天気は良かったようですが、2日目はどうだったんでしょうか? 僕は今週は自宅でノンビリしていました。 夕立はあったものの思ったより天気は良かったので、少し残念な気持ちもありますが・・・
今日は前回のレポを書き、やっと完成する事が出来ました
by じんじん 2009/07/26 17:58  URL [ 編集 ]

No title

白山ですが、平瀬までいきましたが、風雨のために、登山靴も履かずに帰ってきました。
今日は御在所でしたが、体調不良で、難儀しました。
このコースは、1泊だともったいないですよ。昨年は鑓温泉で半日、のんびりとしてました。鑓のカールは花は、なかなかよかったのではないでしょうか?
さて、次はどこへいきますか?きっと、生きた所はいっぱいあるのでは。
by 隊長 2009/07/26 19:33  URL [ 編集 ]

Re: じんじんさん

鑓温泉から出発するのに腰を上げるのに勇気がいりました。本当にまったりしたいようなところです。
がんばって思い出に残るような山行ができた後は、ちょっとその余韻を楽しむようなマッタリしたいような気になります。行きたい山はたくさんありますが やっぱり膝の調子がよくなくて少し安静にしています。
毎日 膝がよくなるよう神様・仏様に祈っています。じんじんさんは 次回どこですか?




by つくだに 2009/07/27 20:19  URL [ 編集 ]

Re: 隊長さん

本当に今回の日程ではもったいないような気がしました。本当は、4連休だったのですが友人が 帝王切開で赤ちゃんを産む日と重なったり あまり天気もいい予報ではなかったので事前に少しモチベーションがあがりませんでした。でも 花もたくさん出会えたしいい山行でした。ゆとりを持ってマッタリ山行もいいですね。


by つくだに 2009/07/27 20:24  URL [ 編集 ]

No title

8月8,9日でじんじんさんと、早月尾根を予定しています。
村営山荘が10時前だったようで、そのまま下山して正解だったと思います。
朝日に向かっていたら途中でビバークになったと思いますよ。
山はいろいろと出合いがあるので、いいですね。しかし最初のテント泊が白馬ですか。あそこは風に強いし、小屋も近いので入門にはいいかもしれません。
私も白馬は3度ほど利用してますが、いずれも雨か風でした。
by 隊長 2009/07/27 22:07  URL [ 編集 ]
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

つくだにちゃん

Author:つくだにちゃん
FC2ブログへようこそ!
重いザックは担げない弱力 歩くペースは遅い虚弱な自分ですが山登りは大好きです。これから登る山 今まで登った山など思ったこと 感じたことを綴っていきます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター