FC2ブログ

H21.8.14~16 白峰三山 1日目

昨年の秋 飼い犬に膝の正面から猛突進され膝を負傷したM師匠 今まで何度か山行に声をかけましたが膝の具合が万全ではないとの事で参加していませんでしたが 7月半ば連絡がありました。「今年の夏はどこかいかへんの?」 単独山行だと自分の都合で計画も立てられますが私の勤務希望締め切りも迫っていますし、今から皆に声をかけ計画をたてるのかと思うと少々めんどくさいような気もしました。それに私の膝もいまいちよくなく自分も膝が治るか不安もありました。一応 山の会のメンバーと言っても他7人ほどですがメールにて山行参加をつのりました。日にちは、普段 テント泊大好きなK師匠が完全に休みが取れるお盆に 行き先は、私が以前より行きたかったコースをM師匠にいい そこから選んでもらいました。参加メンバーは、M師匠 K師匠 N師匠 私の4人 行き先は白峰三山に決まりました。 私は、今まで北岳に2度登ったことがあります。1度目は、H14年に友人と 2度目は、H17年にキタダケソウをみるために山の会のメンバーと登りました。2度目に登った時 二股まででばててしまって本当にえらかったです。6月下旬に登ったのですが いろんな花が咲いているのに花を見る余裕 写真を撮る余裕がない!戸台からバスで移動しましたが、広河原にに着いたのが10時前 それから登り始め 北岳山荘に着いたのが18時30分頃 途中 自分の歩くペースが遅く荷物も持ってもらいましたが すごくえらかったのを覚えています。『白峰三山縦走』という言葉は、北アルプスの「裏銀座縦走」「表銀座縦走」という言葉よりも以前に知っていたような気がします。しかし私にとってもう1度 北岳に登る事は、大げさですがすごく大きな壁がありました。今度北岳に登る時は、白峰三山を歩きたい!北岳まできたらすぐ下るなんてもったいないという思いがありました。H17年にキタダケソウを見に来た時 案の定 キタダケソウがあまりわからず(チングルマ チョウノスケソウなどと区別がつきにくかったのです) デジカメの使い方もあまりわからず写真を撮ったので 見れる写真が数枚しかなく、今年7月 隊長さんがキタダケソウをみる為北岳に登った影響もあり もう1度キタダケソウをみたいという思いもありましたが私の心の中は 北岳に登ったらキタダケソウよりも白峰三山を歩くことの方が比重が大きかったです。そんな心境の中 出発となったのでした。

お盆に山行なんて私は初めてです。今回 静岡の地震で東名自動車道の登りの修復が間に合わず
家に13日の18時30分に迎えに来てもらったのですが奈良田に着いたのが翌日の3時でした。バスは、5時30分予定なので眠る時間は短いですが休みます。バス停付近の駐車場が一杯でバス停よりも手前に車を停めましたが大きな駐車場は、まだその先にあったのですね。バスに乗った時に知ったのでした。


5時30分 奈良田出発
RIMG0004_convert_20090817115435.jpg

6時20分 広河原着
RIMG0005_convert_20090817115743.jpg

広河原山荘へ向かう橋をわたりながら北岳を眺めますがガスっていて姿はみれません。

6時35分 広河原山荘にて朝食 6時55分 広河原山荘を出発です。大樺沢を登ります。
沢が流れ歩いていて自然のクーラーのような涼しさです。
RIMG0017_convert_20090817120849.jpg

以前二股でばてたので少し緊張 気を引き締めて登ります。膝も大丈夫かな 少し不安ですが慎重に歩きます。8月も中旬ですがまだまだ登山道脇には花がみれます。
花の写真も 遅れてはいけない・・・と緊張しつつ登り始めはあまり撮れず しかしだんだんリュックを背負いながら下を向くとその後立ちくらみがして(当たり前ですが・・・) これはいかん・・・と思いしゃがみこんで撮ることが少なかったので花の写真は少なめです。

シモツケソウ                          ホトトギス
RIMG0020_convert_20090818234522.jpg RIMG0023_convert_20090818234728.jpg
ホタルブクロ                          クガイソウ
RIMG0025_convert_20090818235136.jpg RIMG0028_convert_20090818235341.jpg
イワオトギリ                                 カワラナデシコ
RIMG0029_convert_20090818235711.jpg RIMG0034_convert_20090818235907.jpg
ミヤマハナシノブ                 ミヤママンネングザ
RIMG0035_convert_20090819000132.jpg RIMG0038_convert_20090819000332.jpg

雪渓が見えました。ここまでまずはばてずに来れました。少し緊張がほぐれましたがまだまだ先は長いのです。
RIMG0031_convert_20090817121455.jpg

9時50分 二股

ヨツバシオガマ                        タカネグンナイフウロ
RIMG0044_convert_20090819000603.jpg RIMG0045_convert_20090819000751.jpg

少し雪の歩くところもありますがほとんど右端の夏道を歩きます。
RIMG0049_convert_20090818065057.jpg
バットレス沢を越した後から 後方の3番手を歩いているN師匠がなんやら騒がしい。知っている人とあったとの事 よくみたらりんちゃんの友達のM田さんでした。友人達4人と来ているそうです。本日は北岳山荘にテント泊 そこから空身で農鳥岳まで歩きピストンするとの事 私達も行き先は同じなのでこれからよく顔を合わしおしゃべりをしました。

ガスがかかり始めた北岳バットレス
RIMG0063_convert_20090818233652.jpg

トウヤクリンドウ                        ミネウスユキソウ
RIMG0069_convert_20090819001626.jpg RIMG0070_convert_20090819001830.jpg

13時5分 八本歯のコル ここから ばてました。このあたりで白いタカネビランジの花が岩斜面にたくさん咲いていました。タカネビランジはこの先 見たのはここと農鳥岳に向かう岩場だけだったように思います。
RIMG0081_convert_20090818233223.jpg

タカネビランジ                        チシマギキョウ
RIMG0077_convert_20090819002121.jpg RIMG0078_convert_20090819002406.jpg

14時 トラバース分岐点 やっと到着 北岳はあと少し 一足先にM師匠とK師匠は北岳山頂に向かいます。私は一休みして向かいます。N師匠は八本歯のコルでも話していましたが山頂には登った事があるので今回はパスするようです。トラバース分岐点にもう少しで到着するN師匠に向かい 「私は山頂に行って来るよ」と話し山頂に向かいます。

キンロバイ
RIMG0088_convert_20090819002748.jpg
ミヤマオダマキ                      ミヤマクワガタ
RIMG0090_convert_20090819003011.jpg RIMG0091_convert_20090819003202.jpg

14時40分 吊り尾根分岐点

15時15分 北岳着 周りはガスで展望はみれませんが 早々と到着していたM師匠とK師匠 私が到着するまで待っていてくれて私の頂上での写真を撮ってもらい一足先にテント場に向かってもらいました。南アルプスの山頂標識 この丸太がいいですね。
RIMG0106_convert_20090818231958.jpg

北岳よりテント場へ 1人で歩きます。吊り尾根にデボしてあるリュックも私のリュックのみです。ガスも周りに立ち込めてきましたが登山道にふんだんに花が咲いていてそれを眺めながらテント場に向かいます。

16時50分 北岳山荘テント場
この日 テント場は満杯状態 ガスってきてはいたけれど夕食はテントの外で食べました。
RIMG0114_convert_20090818231412.jpg
 

スポンサーサイト



by つくだにちゃん  at 00:54 |  山登り(南アルプス) |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

つくだにちゃん

Author:つくだにちゃん
FC2ブログへようこそ!
重いザックは担げない弱力 歩くペースは遅い虚弱な自分ですが山登りは大好きです。これから登る山 今まで登った山など思ったこと 感じたことを綴っていきます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター