FC2ブログ

H21.8.14~16 白峰三山 2日目

山行1日目の夜 M師匠は、20時近くになっても話しがとまりません。膝を負傷して初めての山行 登れるかどうか不安の中 北岳の頂上を踏み 3000M近くのこのテント場でアルコールを飲みテントを張りこうやって話ができることがなんともいえずうれしいのだそうです。私達3人は、少々眠気が襲ってきました。しかしこうやってM師匠がしみじみうれしさを語るのをきいていて私もうれしく思いました。

0時頃 起きて空を見上げました。星が一面 光っています。流れ星をみたかもしれない・・・。流れていくのが早すぎてあれが本当のものなのか 錯覚なのかわからないのです。 4時過ぎ起床 上空には雲はありません。空が橙色に染まってきました。5時過ぎにボーコン沢ノ頭?あたりから日が出ました。
RIMG0124_convert_20090821150857.jpg
日の出を堪能し水を補給し出発です。M田さんにも挨拶していきます。M田さん達 日の出を頂上(どこのかな?)で見ていたそうで今 テント場に帰ってきたところでした。M田さん達 今日は農鳥岳にてピストンです。どこかでまたお会いするでしょう。お先に行きます。

5時30分 北岳山荘テント場出発
中白根山から間の岳が見えます。
RIMG0140_convert_20090821151625.jpg

空は快晴 中白根山へと登っていくと北岳はどーんと姿をあらわしています。仙丈岳がなだらかなきれいなラインを描いています。中白根山に近づくにつれて 甲斐駒ケ岳 オベリスクが見え出します。
RIMG0152_convert_20090821153425.jpg

中白根山を越え目指すは間の岳
RIMG0173_convert_20090821153926.jpg
イワベンケイ                         タカネヒゴタイ
RIMG0178_convert_20090821170614.jpg RIMG0176_convert_20090821170243.jpg

7時50分 間の岳 ここの頂上は 広々としています。ここで雑炊をつくり食べました。N師匠はいつもと同じようにダウンしてます。
RIMG0206_convert_20090821101241.jpg

頂上にはたくさんの人がいました。
RIMG0203_convert_20090821101013.jpg

北岳から歩いてきた稜線
RIMG0195_convert_20090821212151.jpg

間の岳から見る富士山 富士山がどーんとしています。
RIMG0211_convert_20090821102012.jpg
塩見岳・荒川岳方面
RIMG0201_convert_20090821154339.jpg 

チングルマ                           ハクサンイチゲ
RIMG0222_convert_20090821171020.jpg RIMG0225_convert_20090821171234.jpg

間の岳より見た農鳥岳 この頃は雲はわいてこなかったのですが 間の岳より農鳥小屋へ下る時 雲がわいてきて農鳥岳を覆ってしまいました。
RIMG0202_convert_20090821095733.jpg

間の岳より農鳥小屋への下り その先には 再び登りがまっています。
RIMG0229_convert_20090821102511.jpg

三国平より歩いて来る登山者もいました。

9時50分 農鳥小屋 ここでオレンジジュース(300円)を購入し飲みました。ここまでN師匠と私 M・K師匠よりゆっくりきたのでここからの登り少し我慢して歩きます。

間の岳は中白根山から見るのとこの農鳥小屋から見るのとは雰囲気が違います。農鳥小屋側は二重山稜なので山肌がごつごつしているようで私は好きです。
RIMG0249_convert_20090821093759.jpg

西農鳥岳に着く直前に 農鳥岳よりピストンしてきたM田さんと会いました。どこで追い抜かされたのかな。間の岳で朝食を食べている時だと思います。空身のM田さん達がうらやましい。

11時35分 西農鳥岳 すでにM師匠 K師匠が座ってまったりしていました。西農鳥岳は、山頂の標識がないんです。
RIMG0261_convert_20090821092947.jpg

ここをまっすぐ歩くと農鳥岳です。
RIMG0267_convert_20090821155101.jpg
ここでもタカネビランジを見ました。
RIMG0263_convert_20090821165714.jpg

12時30分 農鳥岳 ここでは360度ガスで真っ白でした。ここから間の岳・北岳を見たかったです。
ここから下降点までなだらかに下ります。花もたくさん咲いていました。

13時40分 大門沢下降点 ガスに覆われていましたが4人ほどの男性が広河内岳に向かっていました。
RIMG0287_convert_20090821092011.jpg
タカネツメクサ
RIMG0285_convert_20090821165337.jpg RIMG0282_convert_20090821165118.jpg

13時55分 大門下降点より降りる
はじめは一緒に降りていましたがそれぞれペースがあり自分のペースで降りました。M師匠はテント場に16時過ぎに着いたそうです。河原までは木の根 石などで急坂でした。農鳥小屋から間の岳の登りとか農鳥岳ピストンというのも大変だと思いましたがこの下りを歩くのも大変だと思いました。河原を越えたあたりから下りや登山道が歩きやすくなりました。テント場に着く前に2つ橋がありました。橋といっても5Mもないくらいなんですけど・・・。1つ目の橋は、木の橋 2つ目の橋は鉄のパイプの橋 私は、1つ目の橋は、滑りそうで下の沢に降りて渡ったんですが2つ目の橋は渡りました。テント場で皆はどうしたのかきいたら M・N師匠は、1つ目の橋は渡り2つ目の橋は沢に下りたそうです。K師匠は、2つとも渡ったそうです。
RIMG0289_convert_20090821164644.jpg

17時30分 大門沢テント場に到着 M師匠は16時過ぎに到着しテントを設営してくれていました。もう膝は完治していますよ。私が着いた時 M師匠とK師匠はビールにて乾杯していました。大門沢小屋の水は無料 おいしかったです。テント場は満杯 私がテント場に着いてから20分ほどしてN師匠がテント場に着きました。夕食の用意ができた時に雨が降ってきました。その日は、夜ずっと雨がすっていました。その日ももちろんM師匠 8時をすぎても話しが続きました。
スポンサーサイト



by つくだにちゃん  at 21:24 |  山登り(南アルプス) |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments

やとお天気がよくまりましたね

南アルプスの盟主、白根三山、花も多いし、おおらかで雄大な雰囲気がいかにも南アルプスらいいですね。まだ歩いていないところをつなげていくのも面白いけど、いい山は何度も登って見るのもいいと思います。なので北岳は毎年候補に挙げていて、今年もキタダケソウの時に行きましたが、今度は少し時期をずらせていこうと思います。
今年のアルプスもいよいよ終盤ですね。前半は天気が悪かったので、後半に期待しましょう。
by 隊長 2009/08/22 17:50  URL [ 編集 ]

Re: やとお天気がよくまりましたね

隊長さん 今回 白峰三山縦走し 花も楽しめ私はこれが見たかったのよという展望が次々楽しめ
今年の夏は 天候も悪くなかなかアルプスの山行もいけませんでしたが この山行ですごく満足感が
得られました。

北岳 いい山ですね。今年は、白山にしろ白馬岳にしろ また行きたいと思う山に出会えました。

8月も天候が落ち着いて皆さんもいろんな山に山行に行かれレポートを書かれていて私も行きたいと刺激になります。「今年は、この山にいくぞ」という初めの計画とは大いに変更ありましたがそれもありです。 後半天気がいいことを祈ります。



by つくだに 2009/08/23 10:18  URL [ 編集 ]
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

つくだにちゃん

Author:つくだにちゃん
FC2ブログへようこそ!
重いザックは担げない弱力 歩くペースは遅い虚弱な自分ですが山登りは大好きです。これから登る山 今まで登った山など思ったこと 感じたことを綴っていきます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター