FC2ブログ

H21.8.28~29 西岳・権現岳・赤岳・阿弥陀岳 2日目

昨夜 19時に就寝 2~3時間は寝ましたがそれから目がさえて眠れません。山頂部で何の遮りもないこの権現の小屋 風も強いです。それから0時をすぎまたうとうと眠っていきます。私の山行時の睡眠パターンはいつもこうです。日常の生活では 不眠という言葉には無関係で バスでも電車でもよく眠れるんですが・・・。 4時に携帯のアラームをセットしました。予定では、キレット小屋まで昨日行くはずが権現小屋までしか歩けなかったので今日は、少し早く起きて歩こうと思っていましたが当たり前ですが誰も起きる様子なく(小屋の朝食は5時30分です)まだ暗いし風も吹いているし・・・。行動を起こすのに勇気がいりましたが小屋の御主人さんが朝食の用意をしだしたので私も準備を始めました。
4時50分 御主人に挨拶をして出発 外はガスガス。しかし太陽は出だす様子もありません。
ハシゴをおり鎖を使い降りていきます。ガスガスの中1人で少し緊張します。薄日はさしてきますが残念ながらガスは取れず、天気がいいときに周りの山々をみながら歩きたいコースです。下ったり少し登ったり巻いたりしながら高度を下げていき樹林帯を歩きガレ場を下りまた樹林帯を下っていくとキレット小屋が見えました。ガスガスの中でも 終盤のコマクサが咲いていて見入ってしまいます。
RIMG0186_convert_20090905084313.jpg

6時30分 キレット小屋 到着すると小屋から「おはようざいます。どこからみえました?」とたずねられました。小屋に何かバッチがないか見に行きます。小屋の中は新しく木の匂いがします。なぜか阿弥陀岳のバッチ1個と開山記念バッチしかありませんでした。小屋の方は「頂上小屋のほうがたくさんあるよ」と言われここでは購入しませんでした。後でここで買っておいたらよかったなと思うことになります。
ここのテン場は 小屋のすぐしたあたりにあってよさそうな場所です。これからすすむ道を見上げると丁度 人が歩いています。この前の斜面(山)を登らないと赤岳には着きません。太陽がのぼり日がさしてきてますがガスは晴れず。うっすら見える山を何度も見上げては少しづつすすみます。
樹林帯からガレ場へ変わっていきます。
登っていく人より下っていく人に何人か会いました。白いペイントを目印に石を落とさないように歩く 膝の悪い私は今回 ここを登りにしてよかったです。下りにするとたくさん石を落としてしまうかも知れません。しかし 出会う方 案外 すばやく降りていきます。
RIMG0216_convert_20090905085459.jpg

RIMG0223_convert_20090905085922.jpg
岩場を出ると稜線へ 
RIMG0232_convert_20090905090253.jpg
小天狗 大天狗 ここをはじめて歩き八ヶ岳の尾根が少勉強できたような気がします。交通の便からしてあまり東側の尾根は名前をきくのみで今まで知りませんでした。
RIMG0242_convert_20090905090528.jpg
赤岳 もうすぐです。
RIMG0252_convert_20090905090924.jpg
9時15分 赤岳頂上 頂上には休憩されている人が4,5人いました。これから行く阿弥陀岳のバッチを購入するため赤岳頂上小屋へ行きました。しかし赤岳のバッチしかなかったです。あーキレット小屋で 阿弥陀岳のバッチを買っておいたらよかったです。珍しく今回はバッチの購入なしです。
RIMG0255_convert_20090905082620.jpg
赤岳より下り文三郎尾根と中岳への分岐を中岳方面にすすみます。ここからは初めての道です。
中岳に登る手前 ケルンがあり、ここらあたりにもコマクサが咲いていました。下を見ると行者小屋が見えます。
RIMG0267_convert_20090905091455.jpg
中岳頂上
RIMG0274_convert_20090905095426.jpg
中岳より再び下り阿弥陀岳へ ここからはザックをデポしてほとんどの方は登られていましたが私は頂上から下るので背負って行きます。阿弥陀岳への登り途中で下を見下ろすと人がたくさんいました。
RIMG0283_convert_20090905091746.jpg
12時25分 阿弥陀岳頂上 360度展望はいいはずなのですがガスガスで見えません。しかしやっと阿弥陀岳にこれて満足です。
RIMG0286_convert_20090905081809.jpg
西の肩から見た阿弥陀岳
RIMG0294_convert_20090905092048.jpg
ここからが大変でした。急でガレている為 足をすべらしながらロープをつたい降ります。気をつけても石が落ちてしまいます。誰もいなくてよかった。このはじめのハイマツ帯の下りが大変でした。権現小屋でこのコースを紹介したけど登りはのぼりでコースタイムが長く大変だと思うし下りはガレていてそこを降りるのは大変です。
RIMG0296_convert_20090905092544.jpg
最初の1時間ほど下ると傾斜も緩やかになります。緩やかですがこのコース長いです。
途中から樹林帯に入ります。ふと見ると天狗岳から硫黄岳の山が見えました。西岳方面はガスがかかり見えませんでした。
RIMG0298_convert_20090905092829.jpg
下り誰にも会わず熊が出てくるんじゃあないかなと思い歌を歌いながら歩きました。この道しかないと思いながらもなかなか着かず途中心配になりました。sanaeさん御夫婦よくこのコース 登りで歩かれすごいなと何度も思いました。それも2回(1回目は積雪期で途中でテントを張ったそうです)
舟山十字路の標識が見えました。右を見るとゲートと車が見えました。
16時55分 駐車場 雨がポツリポツリ降ってきました。テント泊装備にてテント・シェラフ使用せず はじめはこの計画 達成できるのか不安でしたが長く時間はかかりましたが無事帰ってこれました。権現小屋から赤岳に歩いた時にガスガスだったのが残念です。また八ヶ岳のいろんなコース歩いてみたいです。
お風呂を探し もみの湯につかりました。夜間料金で300円 湯上りに牛乳を飲むとおいしいし空腹が満たされます。しかし帰り 眠かったです。途中のSAで3度仮眠休憩とりました。自宅に帰宅したのは4時でした。
スポンサーサイト



by つくだにちゃん  at 10:26 |  山登り(八ヶ岳) |  comment (8)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments

こんばんは

つくだにさん、こんばんは

八ヶ岳は、まだ、赤岳、横岳、硫黄岳にしか、登ったことありません。
今年は、東側の、杣添尾根から、横岳へ行きました。

つくだにさんの、このルート、いつか歩いてみたいと思います。
八ヶ岳の北の方も、歩いてみたいと思っています。

八ヶ岳、もう少し、名古屋に近いといいのだけれど…。
by クロオ 2009/09/10 02:31  URL [ 編集 ]

Re こんばんは

クロオさん いろんな山に歩かれていますね。レポート読ませていただきました。山によく歩かれているクロオさんですが北八ヶ岳はまだでしたか。北と南はまた雰囲気が違いますね。こちらから行くとどうしても南八ヶ岳には西側からの登山口から登る方が便利ですね。このコース 阿弥陀岳からの下り気をつけていて必ず石を落としてしまいます。御小屋尾根は、途中からなだらかですが長く感じました。
by つくだに 2009/09/13 10:42  URL [ 編集 ]

No title

このコースは歩いていないので興味深く拝見しました
少し違った八ヶ岳が味わえそうですね
その後は荒川三山ですか!
最近の山行凄いですね
凄い行動力に脱帽です
僕は先週、笠に行ってきました
笠新道、やっぱ降りに使うべきでした 登りに使ってクタクタになりました 
by じんじん 2009/09/13 15:14  URL [ 編集 ]

こんばんは

みなさん、こんばんは。
いきなりの八ヶ岳、これフェイントですね。
まいりました。
それで次が荒川三山。やり放題ですね。
それで私は超久し振りに槍に行ってきました。日帰りも考えましたが、ひと月ぶりにテント泊したかったので。
槍のレポート完成しました。
荒川三山のレポート楽しみですね。
12日は南も雨だったのでは。
by 隊長 2009/09/13 22:51  URL [ 編集 ]

Re  じんじんさん

いえいえ じんじんさんこそ笠ヶ岳ではまたまた天気がよくいい山行だったようですね。笠新道 テント泊装備では私は、本当に早く発たないと日が暮れてしまいそうです。でも笠ヶ岳から双六・カガミへの分岐までの道は変化に富んで面白いですね。荒川岳・赤石岳の山行 最後の日だけが天気が崩れましたが2日目は朝から夕方まで360度の展望でした。こんなことも珍しくよかったです。じんじんさん 隊長さん りんちゃんなどレポートが更新されているととても楽しみであり又刺激を受けます。次回は連休 北アルプスですか?レポート楽しみにしています。
by つくだに 2009/09/15 19:30  URL [ 編集 ]

Re こんばんは

隊長さん 笠ヶ岳 双六岳の日帰り山行はホントすごいです。槍ヶ岳は 日帰りも考えたそうですがテント泊だったので少し安心しました。これ以上 日帰り山行をされるとなんか手に届かない人のようで御一緒に山行していただけないかと思い心配です。しかし天候もよかったようですね。私は槍ヶ岳には北鎌尾根からはもちろん登ったことはないですが他のルートでは槍平からは歩いたことないんです。今回の山行では 夜になるとガタガタ震えていました。アルプス山行も今年は終盤ですね。
by つくだに 2009/09/15 19:40  URL [ 編集 ]

No title

つくだにさん、こんばんは。
遅ればせながら拝見しました。
このコースをお一人で歩かれたのですか?しかも往復の運転、すごい!拍手拍手ですv-221
以前私も一人で編笠と権現に行ったとき、権現小屋で赤岳からキレットを歩いてきた単独の女性と会った事があります。そのときはキレットが未知のエリアだったのでビックリしたものです(^^ゞ
ガスが多かったようですが、展望が得られてよかったですね。この時期はまだコマクサも見られるのですね♪
どうもお疲れ様でした。
リンクどうもありがとうございます^_^;
by sanae 2009/09/22 23:36  URL [ 編集 ]

Re sanaeさん

sanaeさん 訪問ありがとうございます。sanaeさんのホームページにも御夫婦でコメントいただきうれしかったです。sanaeさん御夫婦の山行レポートは、写真も多く詳しく書かれてあるのではじめての山でも情報がえられ自分がいけるか いけないかの判断もでき助かります。レポート 参考にさせていただきます。時にはメールさせていただくこともあるかもわかりませんがよろしくお願いします。
by つくだに 2009/09/28 09:04  URL [ 編集 ]
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

つくだにちゃん

Author:つくだにちゃん
FC2ブログへようこそ!
重いザックは担げない弱力 歩くペースは遅い虚弱な自分ですが山登りは大好きです。これから登る山 今まで登った山など思ったこと 感じたことを綴っていきます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター