FC2ブログ

H21.9.10~12 荒川三山・赤石岳 2日目

11日 今日のCTは約8時間30分 4時に起床 4時40分出発 外はまだ暗いですが富士山がうっすら見えます。ライトを照らし気をつけて歩きます。しかし空を見ていると 日の出の時間 数分毎に雰囲気が変わってきます。私のデジカメではきれいに撮れませんですが・・・。
久々のきれいな朝日がうれしくてせっかく早く出たのに二軒小屋との分岐までに丁度展望がよく見える場所があったのでそこで随分 日が出るのを待っていました。
RIMG0142_convert_20090915204011.jpg
朝日で焼けた小赤石岳方面
RIMG0149_convert_20090915205106.jpg
5時55分 千枚岳
RIMG0170_convert_20090915205516.jpg
千枚岳の頂上で先行の方に写真を撮ってもらおうと思いましたが言いそびれセルフで挑戦していたら風でカメラが動いてしまい富士山の前に立ちはだかった写真となりうまく撮れませんでした。3度 挑戦しましたがあきらめ進みます。

千枚岳から見る荒川東岳・中岳方面 千枚岳からは東岳は見えないのかな 左のなだらかな山は中岳・前岳だと思うんですが・・・。帰ってきて写真を見ていて千枚岳から見ると東岳はどこなのかいまいちはっきりしないのです。中央のギザギザが東岳かな?東岳までの道は岩場を登ったり下ったり巻いたり・・・変化に富んだ道です。
RIMG0171_convert_20090917202436.jpg

夏だったらもっと花畑なんでしょう。終盤の花もたくさん見られますがやっぱり花を見ると元気が出てきます。
RIMG0199_convert_20090916201400.jpg

丸山手前で 昨日登山口で会った男性(以下Kさん)に追いつかれます。そこでお互い富士山と赤石岳をバックに写真を撮りあいました。
7時15分 丸山 ここから登りきったところが東岳だと思います。Kさんは、一足先に歩いていかれました。ここからKさんの姿を見ながら(途中からまったく見えなくなりましたけど)歩きます。
RIMG0223_convert_20090917204705.jpg
8時15分 荒川東岳 東岳でもKさんが待っていてくれてお互い写真を撮りあいました。東岳からは急斜面を下ります。下ったところから東岳を見上げました。
RIMG0251_convert_20090917205749.jpg
下りきり見上げると小屋が見えます。この小屋が荒川避難小屋です。
RIMG0252_convert_20090917210232.jpg
9時45分 荒川避難小屋 
私は、朝から何も食べてなかったので避難小屋のベンチに座り昨日 畑薙に来る時買ったおにぎりを食べます。今は気候が涼しいし梅干のおにぎりなので大丈夫です。私は、仕事の時は朝食は、食べるようにしていますが単独山行の時は食べず朝早く出発し それからお腹が空いてきたら食べるようにします。あまり満腹になるともう動きたくなるので・・・。
RIMG0253_convert_20090916200709.jpg
10時5分 荒川中岳 私が避難小屋で朝食を食べていたのでKさんは先に進んでいかれました。写真をとらず悪かったです。
10時10分 荒川小屋と前岳の分岐
前岳を越えると三伏峠へと続く登山道となります。前岳は、2つの平行に走る道の上あたりです。
RIMG0264_convert_20090916195834.jpg
分岐を下っていくと荒川小屋 中央の山は小赤石岳 赤石岳は 隠れて見えません。
RIMG0263_convert_20090916200357.jpg

10時20分 荒川前岳 このときはやっと着いたという思いであまり気にしなかったのですがこの標識の右側 他の方のレポートを読むと切れ落ちているそうです。ここでも写真を撮りあいました。
RIMG0270_convert_20090916195131.jpg
富士山はずっと眺めることができました。前岳から三伏峠(三伏峠はどの辺りなのでしょうか?)そして塩見岳 間の岳 農鳥岳 仙丈岳・甲斐駒岳 鳳凰三山まで見えました。白峰三山を1ヶ月前に歩いたので歩いた山の外観を眺めていました。
RIMG0257_convert_20090917211110.jpg
分岐に戻り荒川小屋に向かい下ります。この斜面は、夏場はたくさんのお花畑のようです。荒川岳左斜面は下っていくとカール底となっています。
RIMG0278_convert_20090919082501.jpg
Kさんが先行し歩きます。
赤い屋根が荒川小屋 そこまで降ります。
RIMG0285_convert_20090919083020.jpg
11時38分 荒川小屋 ここの水場で補給 小屋から少し下ったところにあります。一棟建設中でした。 バッチを見に行きますが荒川岳のバツチは売り切れ!赤石岳のバッチを買ってしまいました。
しかしKさんがいません。水場へ行く時にすれちがったのですが・・・。小屋で何か食べているのかなと思いましたが小屋の食堂にもいません。私はここのベンチに座りパンを食べます。小屋の中からにんにくのいい匂い!これは建設場の方の昼食用なんですね。パンを食べていると小屋の窓から男性の方よりおすそ分けをいただきました。麻婆豆腐です。辛くておいしい!ここでもういたい気になりました。
RIMG0294_convert_20090919083953.jpg
食べ終え小屋を後にします。休んだ後の登りは堪えます。テント場では笑い声が聞こえます。うらやましい。登山道の両脇にはななかまどが・・・。少し登りきると大聖寺平まで歩きやすい平坦な道が続きます。黄色い合羽を着た人いました。Kさんはこの平坦な道で休憩をとって見えましたそこまで歩いていくと「なかなかこないので心配したよ」と梅干と飴をくれました。私もまさかここで休憩とは・・・と思いました。
13時4分 大聖寺平 大聖寺平から見た荒川前岳・中岳・東岳
大聖寺平からは登りになります。このなだらかな道を歩いて次はのぼりか・・・と思うと少し弱気になります。少し登っては休み再び上を見る。そして休憩 そして歩いては休み再び上を見る。そうして歩いたので随分ペースが遅れてしまいました。Kさんの姿は見えなくなりました。しかし登るごとに荒川岳がみえてその山々の間から間の岳・農鳥岳が見えます。登りきったら小赤石岳かと思ったら少し歩きます。
RIMG0314_convert_20090919085005.jpg
15時3分 小赤石岳 Kさんは、私があまり遅いので赤石岳への登りに向かっています。赤石岳はもうひと登りです。
RIMG0332_convert_20090919090039.jpg
赤石小屋への分岐を通りここからはあと少し登りです。ここは下を向きひたすら登ります。
16時 赤石岳
RIMG0347_convert_20090918094548.jpg
登山口で会った男性が頂上に立って待っていてくれました。私がなかなか来ないのでリュックは小屋に置き再び頂上に来てくれたそうです。ここでお互い写真を撮りあい最後にお互いを自分のカメラで撮らせていただきました。山座の説明もしてもらい昨年聖岳~光岳を歩いたことを思い出します。聖岳が赤石岳から大きく見えたし上河内岳がかっこよく見えました。この山を登った時 私は登山道がこの山の頂上から続いていると勘違いしピストンでよかったのですがリュックを背負い登りました。頂上は、ガスがなければ展望がいいそうですがこのときは、ガスで展望がなく登山道を探ししばらく頂上にいたことを思い出します。富士山も今日1日 眺めることができました。

1分で赤石避難小屋へ 明日 天気が朝から崩れるそうで早く着いた人は赤石岳まで降りたそうでこの時間で宿泊者は、私達2人でした。この小屋 今の時期は管理人の方が見えます。受付にて用紙に住所・氏名・電話番号を記入します。必ずこの電話番号には誰かいますか?とたずねられました。管理人さんも宿泊の責任だけでなく登山者が無事下山するまで責任があるのですね。 寒くなり小屋のストーブにあたっていました。昨日は 赤石岳から夕日が焼けたそうです。千枚小屋からは、ガスがわいてきて夕日は見れませんでしたが同じ 南アルプスでも違うんですね。17時頃 男性1人 見えました。この方は管理人の方とお知り合いのようです。静岡の方で明日は聖平小屋で泊まり下山予定とのことでしたが明日の天候が悪いので下山しようかなと話していました。年に1~2回しか山にはのぼらないそうですがせっかくここまで来たのに軽く話す様子に私はもったいないと思いました。しかしまた天気のいい日に登りなおすよなんていうのもかっこいいなと思いました。
管理人の方は今日はいい夕日が見れるよと話していましたが雲が厚く夕日は焼けませんでした。

私は、自炊 通常は入り口の土間で行うようですが今日は少ないのでコタツの部屋でさせてもらいます。カレーチャーハン・麻婆豆腐 なんか辛い物だらけで後でものすごく喉が渇きました。静岡の男性にいただいたじゃこが塩が効いていておいしかったです。


スポンサーサイト



by つくだにちゃん  at 09:38 |  山登り(南アルプス) |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

つくだにちゃん

Author:つくだにちゃん
FC2ブログへようこそ!
重いザックは担げない弱力 歩くペースは遅い虚弱な自分ですが山登りは大好きです。これから登る山 今まで登った山など思ったこと 感じたことを綴っていきます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター