FC2ブログ

H21.9.10~12 荒川三山・赤石岳 3日目

昨日の夜の天気予報では 今日は朝から雨 5時頃 目が覚め外に出ると雨はしけて小雨模様なのですが風がきついです。Kさんが 気を使ってくださり天候も悪いので下山時 御一緒しましょうと声をかけてくれました。Kさんは、赤石岳をおり稜線から赤石小屋へ降りるところで標識は立っているのですが迷う方がいるようだし、稜線からはじめの1時間弱が岩礫だそうでそこを心配されているようでした。避難小屋に一緒に泊まり今日 聖岳を目指す予定だった男性も天候が悪いので今日は、椹島へ降りるそうです。その方は下山道に慣れているようでしたのでKさんが途中までご一緒してもらうようたのんでいました。 赤石避難小屋 2階 きれいでした。ここが冬期避難小屋になるそうです。
RIMG0354_convert_20090920104535.jpg

5時45分 赤石避難小屋出発 鉄の桟道
風がきつく展望はなし 下を見ながら歩いていて丁度 顔を上げたら赤石岳の標識の目の前でした。また今度は、ここからの朝日・夕日を見たいものです。風がリュックカバーの中に入り向きにより自分の体が吹かれそうです。赤石小屋へ 分岐から下りるとだいぶ風がおさまりました。
岩礫の急斜面には 夏だったらいっぱい花が咲いているだろうなという余韻を残しつつ花が終盤を迎えていました。夏にここを登ってきたら私だったら花を見てなかなか急斜面だし進まないだろうなと思いました。岩礫の急斜面を降りると今度は赤石小屋まで比較的 なだらかな道です。静岡の男性にお礼をいいここからは男性は自分尾ペースで早く歩いて行かれました。鉄の桟道等数箇所ありました。Kさんは斜面に咲いていた花を堪能しているようです。

富士見平手前から見た赤石岳 頂上付近にはガスがかかっています。
RIMG0377_convert_20090920115341.jpg

7時50分 富士見平

8時20分 赤石小屋
小屋に着いた直後より雨が降ってきました。小屋の方が中で休んで休憩してくださいと言って下さったので朝から何にも食べていなかったのでアンパンを食べました。少したちKさんも小屋に到着 15分ほど休憩し出発です。
RIMG0386_convert_20090920120453.jpg

赤石小屋からの下り道 初めはなだらかでしたが木の根あり石ありの急斜あり 天候が悪くても男女の1組と単独の男性とすれ違いました。樹林帯に入りそれほど雨も降られませんでした。
途中 Kさんが「臭いがする」と言われ熊鈴をリュックから出しました。以前 九州の山で目の前を熊が横切って行った事があったそうです。私には臭いはわかりませんでした。
12時15分 赤石への登山口
RIMG0396_convert_20090920105519.jpg
Kさんも話していたけど もう自分のは足の踏ん張りがきかない・・・と 下を見ると林道が・・・。林道まで降りるのになかなか林道までつかず時間がかかったけど階段をおり登山口に到着
Kさんが私に「ありがとう」と言われましたがお礼を言うのは私の方です。好きな時に写真をとれるよう少し間を取り自分のペースで歩きながらもKさんに御一緒していただき私も不安なく歩けました。

12時25分  椹島着
椹島のベンチでは渓流釣りの方がラーメンを作って食べていました。おいしそうでした。椹島の食堂でKさんにうどんを御馳走になりました。本当は 生ビールくらい飲みたい気分でしたが畑薙からまた車を運転していかないといけないのでそれは我慢!Kさんは。赤石避難小屋の方に 私が椹島に安全に着くよう頼まれたそうです。私が朝食も食べなかったので御心配をおかけしたようです。私は山が好きで単独でこのように山行をしています。無理はしないし他の方の意見も聞く姿勢もあるつもりですが周りの方にはこのように心配をかけているのだと思うと少し考えさせられました。今日も無事下山できてよかったです。椹島の食堂で途中まで御一緒した静岡の男性が雑誌を見ていました。11時に着いたとのこと 私達が御一緒してもらわなかったら10時30分のバスに間に合ったのではと思うとKさんも恐縮していました。

14時 椹島より畑薙へバス出発
帰りのバスでは心地よく眠ってしまいました。駐車場についてKさんにお礼をいい私は白樺荘へ入浴のため向かいます。温泉より出てKさんの車のサイドミラーに お茶とコーヒーをくくりつけ私は白樺荘を後にしました。たぶんあの車はKさんの車だったんだろうな。
高速にのる前まで 豪雨 雷にあいました。山の上は大丈夫かなと思いつつ帰りました。
スポンサーサイト



by つくだにちゃん  at 00:28 |  山登り(南アルプス) |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

つくだにちゃん

Author:つくだにちゃん
FC2ブログへようこそ!
重いザックは担げない弱力 歩くペースは遅い虚弱な自分ですが山登りは大好きです。これから登る山 今まで登った山など思ったこと 感じたことを綴っていきます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター