FC2ブログ

H21.10.1 大日岳

 以前 飯豊山の紅葉写真を見て感動し、9月28日から10月1日に計画をたてていた。しかし天候が思わしくなくせっかく楽しみに歩きたい飯豊山 雨の中を歩くより景色を見て歩きたいので今回は中止とした。。9月27日 乗車予定の新潟行きの高速バスを乗車3時間前にキャンセル!この期間 日本各地どこも天気が思わしくなかったが唯一 10月1日は晴れ時々曇り予報 1日で歩ける山 海男さんが歩いた仙丈ケ岳じんじんさんが昨年 紅葉がきれいだったという白山、木曽駒ケ岳をロープーウェイを使わず歩くのもいいし・・・いろいろ候補はあったが今まで歩いたことのない大日岳を室堂から称名滝へ歩く事にした。   少し 前置きが長くなるが 私は、常々 単独テント山行にてやってみたいことがあった。たとえば昼過ぎにテント場に着きマッタリとビールを飲んだり 昼寝をしたり 文庫本を読んだり 散策をしたり・・・という過ごし方をしてみたかった。私の山行計画は まず余裕がない計画そして自分が歩くペースが遅いためどうしてもCT以上に随分時間がかかってしまう。今年 単独テント泊山行は2階しかないがいずれもテント場に着くと夕方でまったりする時間がなく夕食となる。八ヶ岳山行の時は、ちょっとした時間のロスでキレット小屋のテント場間で着けず手前の権現小屋泊となった。9月30日の天気予報は立山は、曇り もし雨が降らなかったら立山三山を歩いてもいいし もし雨なら小屋で本を読み温泉に入りマッタリ過ごそうと思い9月30日はロッジ立山連峰に予約した。9月30日 立山駅の駐車場で6時30分に目覚ましをあわし目を覚ますとあいにく雨 2度寝をしてしまい8時30分に起きたが雨は降っていて今日は、ロッジ立山連峰で 友人にかりた「1Q84」を読むぞと思い出発した。作家が原稿を書くため 宿とするところは鄙びているがどこか品格のある宿。 ロッジの部屋は、山小屋であるので当たり前であるが布団 避難ハシゴしか部屋になかった。作家が宿とする場所とはだいぶ違うが12時前にロッジに着き持ってきたサンドイッチ おにぎりを食べ本を読み出した。途中 持ってきたワイン(安物のワインをペットボトルに入れて持ってきました。) お菓子をつまみ 昼寝をし夕食を食べ温泉につかり本を読んでいたら1冊すべて読むことができなんか充実感を覚え22時30分に就寝した。

ロッジ立山連峰へ歩く途中にて
RIMG0015_convert_20091003180404.jpg
  
10月1日 5時起床 5時35分 ロッジ出発 雷鳥沢テント場にて立山三山を眺めている男性に挨拶をする。立山稜線には雲がかかっていて今日 本当に晴れるのか少し心配になる。
雷鳥坂と大日岳方面の分岐 ここからは、初めて歩く道だ。
RIMG0036_convert_20091003181625.jpg

6時すぎて立山稜線あたりに光が当たり雲も薄くなってきた。
RIMG0046_convert_20091003182113.jpg

地獄谷は絶えず煙があがっている。
RIMG0050_convert_20091003182407.jpg

6時15分 新室堂乗越
稜線を進むにつれて室堂 立山の景観が1画面いっぱいに入り込んでくる。
途中 私より若い女性2人組みが私に追いついた。彼女達は、昨日雷鳥沢ヒュッテに泊り本日私と同じ行程 若いのでペースも早いので先に行ってもらう。

女性2人組み 一足先に奥大日岳登頂です。
RIMG0105_convert_20091003190743.jpg

7時55分 奥大日岳
RIMG0107_convert_20091003190019.jpg
剱岳があまりにもかっこよかったのでセルフで何度か試みる。まぁまぁの出来だった。

右が大日岳 大日岳を左に下った鞍部に大日小屋がみえています。奥大日岳から一旦 ガレ場を下り梯子を下ります。
RIMG0137_convert_20091003192204.jpg

9時35分 七福園
RIMG0164_convert_20091003192548.jpg

七福園より木道を歩く。そして下ると大日小屋 目の前には大日岳が見える。丁度 女性2人組も大日岳に向かうところだ。
RIMG0175_convert_20091003193330.jpg

9時58分 大日小屋 ギターの音がポロンポロン 聞こえてきました。小屋でバッチを購入 小屋から少し歩いたところへザックをデポし大日岳へ出発

10時23分 大日岳頂上
RIMG0199_convert_20091003193941.jpg
頂上にて女性2人組みと話しをする。彼女達は、今まで山小屋で働いていたそうだ。1人は再び他の小屋でバイトをし1人は秋も終わりのアルプスを歩くそうだ。大日平で熊が出るとの情報をもらう。お互い写真を取り合い彼女達は先に頂上を後にした。

剱岳がよく見える。人間で言えばしわの1本1本までも見入ってしまいそうになるほどよく見える。2年前 別山から見た剱岳とはまた違った表情をしているような気がする。
RIMG0190_convert_20091003194646.jpg

奥大日岳と立山三山
RIMG0212_convert_20091003195452.jpg

10時45分 ザックをデポした場所に戻る。私 朝から何も食べていないのです。飴1個をなめたくらい。ロッジで購入したお弁当を半分 食べる。
RIMG0224_convert_20091003195906.jpg

大日平へ下る。称名廊下の下側の光っている建物が大日平山荘 木道があらわれるまで膝の弱い私にとってはつらかった。木道に出てほっとした。しかし時々 山を見上げると紅葉と青い空 山の稜線がきれいで何度も振り返った。今年は紅葉が早い。紅葉を期待してきたがピークは少し過ぎている様だ。梅雨が長く 秋が早く山では冬がやってくる。今年の夏は本当に短かったなと感じる。
RIMG0235_convert_20091003200405.jpg

RIMG0252_convert_20091003202027.jpg

RIMG0260_convert_20091003202323.jpg

木道のベンチで彼女達がお昼休憩していた。にっこり笑い私は、大日平小屋に向けあるいた。
大日平 熊鈴を鳴らし歩きます。
RIMG0279_convert_20091003201431.jpg

13時 大日平小屋着
ベンチに座りさっき食べたお弁当の半分を食べる。あっという間に食べてしまった。少ししゃけの塩分が強く歩いていると喉が渇くがおいしかった。小屋の御主人が不動滝が見えると話され見に行く。

不動滝
RIMG0291_convert_20091003203056.jpg

13時30分 小屋出発 しばらく歩きやすい木道を歩く。しばらく歩き振り返ると立山稜線が見えた。
しかし木道過ぎてからの下りがまたまた膝に堪えた。自分が大日岳から降りてきた時に その男性は登りで出会ったがすでに下山され追い抜かれた。すごいな。
15時 登山口 
登山口近くで女性2人組みの1人の方に追いつかれる。彼女は称名滝を見たことがないので見に行くそうだ。このままバス乗り場に向かったら15時25分の立山駅行きのバスに乗れるが私も称名滝をみたことがなかったので一緒に向かう。彼女は、途中 靴のソールがはずれ小屋で長靴を借り歩いてきたそうだ。長靴は、前につんのめってしまって足が痛いと話していたがそれにしても歩くペースが早いので驚いた。この彼女 自分と同じ三重県出身とのことだった。もう1人の彼女も少し遅れて下山 私達が称名滝から戻ってきたところで称名滝に向い歩いて行った。彼女達とバス停まで一緒に歩いた。
もう1人の彼女は新潟出身とのことで飯豊山に行きたかった私がうらやましがると 飯豊山は、やはり夏がいいよ 平日だったらそんなに込んでいないし 混んでいる小屋をづらすといいよと話してくれた。なんかおしゃべりが楽しかった。小屋の仕事についてももっとききたかったけど立山駅にはすぐ着き「また山で逢いましょう」と言葉を交わし別れた。

称名滝
RIMG0317_convert_20091003210142.jpg
スポンサーサイト



by つくだにちゃん  at 21:13 |  山登り(北アルプス) |  comment (8)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments

お疲れ様

せっかくの4連休だったのに、あいにくの天気で残念でしたね
でもちゃんと晴れ間を縫って山に行くのは、さすがつくだにさんですね
このコース、何年か前に逆から歩きました
大日平小屋ではお風呂に入れましたよ
でも翌日は雨の中、室堂まで歩きました
僕は今週山にいけなかったので
来週は白山を予定しています
by じんじん 2009/10/04 18:00  URL [ 編集 ]

No title

北に、南に、たくさん歩いていますね。その情熱がうらやましい・・・。
飯豊にいけなかったのは残念でした。僕もぜひとも再訪したいところのひとつです。
大日岳はまだ行ったことが無い・・・。計画は立てたことはありますが、のんびり歩けそうなところですね。
by ゆきっち 2009/10/04 23:10  URL [ 編集 ]

Re: お疲れ様

じんじんさん このコース 逆から歩いたのですか?
逆から歩くなんてすごいですね。
私 大日平小屋に泊まりたかったんです。大日平小屋に泊まられた人のレポートを
読んでいたら食事もおいしそうだったし小屋の雰囲気もよさそうだったので・・・。
でも天気と自分の休みの関係上 今回は利用することができませんでした。
私も雨の中歩く根性があったら・・・。
逆コースで歩くと 徐々に立山 室堂の景色が広がっていきますね。それもよかったかも・・・。

私は、この連休は 山の仲間と白馬~朝日岳を歩く予定です。
by つくだに 2009/10/05 10:15  URL [ 編集 ]

Re: ゆきっちさん

ゆきっちさん 飯豊山歩いたことがあるんですか?
ゆきっちさん独特の雰囲気のある飯豊山レポートが読んでみたいです。
大日岳は、のんびり歩けますよ。景色も晴れていたら360度 本当に満腹になるくらい
堪能できますよ。

話は変わりますが ゆきっちさんの今までの山行レポートを拝見していたら赤石岳があり
興味深く読みました。師匠たちもゆきっちさんと同じコースを歩いたのですが途中 豪雨に
あって川を渡れず三伏峠まで歩いたと言っていました。私1人では無理だろうけどいい
コースですね。また 赤石岳方面は歩きたいので興味深く読みました。


> 北に、南に、たくさん歩いていますね。その情熱がうらやましい・・・。
> 飯豊にいけなかったのは残念でした。僕もぜひとも再訪したいところのひとつです。
> 大日岳はまだ行ったことが無い・・・。計画は立てたことはありますが、のんびり歩けそうなところですね。
by つくだに 2009/10/05 10:25  URL [ 編集 ]

私も大日三山歩きます

 つくだにさん、こんばんは。
 私も、10/10-12の予定で、立山三山&大日三山を歩いてくる予定です。台風が通過した後だと思うので、天気も回復してくれることを祈っています。

 予定コースは、初日が室堂-一ノ越-雄山-大汝山-真砂岳-内蔵助山荘(泊)、2日目が別山-別山乗越-剱御前-新室堂乗越-室堂乗越-奥大日岳-大日小屋(泊)、最終日が大日岳-大日平-称名滝となっています。
by kitayama-walk 2009/10/07 19:13  URL [ 編集 ]

Re: 私も大日三山歩きます

kitayama-walksann こんにちは

立山・大日岳の稜線を歩きながら周りの山々 ダム湖を眺めるのもいいですよね。
別山から見る剣岳と大日岳から見る剣岳はまた感じが違います。
師匠に大日岳から見た剣岳の写真の見せたら「優しい感じに見える」と話していました。
kitayama-walkさんはどのように感じられますでしょうか?
内蔵助山荘に泊まられるんですね。なかなか内蔵助山荘による機会がないので
少し興味があります。
私も 3連休は白馬方面に行きます。天気がいいといいですね。
またレポート楽しみにしています。

by つくだに 2009/10/08 13:00  URL [ 編集 ]

こんばんは

大日三山で、お会いしました、雄山でバイトしていた三重県のみなみです。
楽しく拝見させて頂きました。
画像で見ると、剱岳がクッキリ綺麗ですね。
あの後、立山に戻り、裏剱を見て仙人温泉に入って帰りました。
また、どこかでお会いできるかな?
ちなみに、この日記は、知り合いのクロオさんに教えて頂きました。
by みなみ 2009/11/07 19:00  URL [ 編集 ]

Re: こんばんは

みなみさん 訪問していただき本当にうれしいです。
クロオさんのお知り合いですか?クロオさん お顔が広いですね。
本当に感激です!このブログを初めて 山で会った人がこうやって訪問してくださったのは初めてです。私も 裏剱 是非みたいです。そして私も若い時に 山でバイトしたかったです。
またどこかの山で 会えたらいいですね。
御訪問ありがとう。

by つくだに 2009/11/07 23:03  URL [ 編集 ]
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

つくだにちゃん

Author:つくだにちゃん
FC2ブログへようこそ!
重いザックは担げない弱力 歩くペースは遅い虚弱な自分ですが山登りは大好きです。これから登る山 今まで登った山など思ったこと 感じたことを綴っていきます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター