FC2ブログ

H21.11.26 迷岳

今まで 山の会の山行場所に 自分が1度も登った事がない「迷岳」は何度も挙げられていましたが天候不良でなかなか行く機会がありませんでした。 自分が休みの今日 晴れマークでもあり しかし1人で行くのは台高の山は なんか不安! 師匠に連絡すると自宅出発が用事があり7時30分くらいにしか出れないとの事 登山口に着くのは9時は過ぎてしまうけどそれでも山行時間 大丈夫なのかなと不安になりましたが1人ではないし まぁそれでもいいか ということで行く事になりました。

庵ノ谷コース 登山口ー大熊谷の頭ー柚子ノ木平ー迷岳(ピストン)

N師匠 自分

  迷岳へのコースは、布引谷コース 唐谷コース 飯盛山尾根コースがあります。それぞれ迷岳までの山行時間(登山口から迷岳まで)布引谷コース(?) 唐谷コース(3時間5分) 飯盛山尾根コース(3時間15分)です。
今回 N師匠が選んだコースは、庵ノ谷コースです。以前(と言ってもここ最近のことではないらしい)このコースを白倉山へ歩いたそうです。庵ノ谷の林道をダム沿いの道より20分近く上がってきたが ここ最近のことではないのでどうも登山口が見つからないらしいです。そうしていると師匠の車が 4WDでないのですべりあがっていきません。師匠は、「この林道が以前より伸びて もう登山口は越したのかも・・・」と言い出しました。車も登らないし少し広い道に駐車しそこからまずは林道を登ることにしました。
9時30分 出発
15分ほど林道を登ります。ここらあたりの植林は 厳重に鹿よけネットが張りめぐられています。師匠の以前の記憶を頼りに「登る方向は、あちらや」ということで人様の鹿よけネットの扉を2回ほど通らせていただき植林の中を尾根に向かい登って行きます。車は2台 停まっていましたが植林の中を歩いていても人が歩いた形跡があまりありません。しばらく 登っていくと尾根に出ました。この尾根は登山道です。マーキングもしてあるし歩きやすいです。とりあえず尾根に出た場所を 折れた木を置き下山時にわかるようにしました。尾根を左に向かい歩きます。
RIMG0233_convert_20091126212610.jpg
やっと 歩きやすい尾根歩きです。
ヌタ場
RIMG0237_convert_20091126212951.jpg
10時45分 尾根を歩き出して30分ほど歩くと大熊谷ノ頭に着きます。ここは 迷岳方面と白倉山への分岐です。南方向を見ると 白倉山・古ヶ丸山が2つ並んでいます。RIMG0239_convert_20091126213813.jpg
ここから迷岳方面へは まず下ります。迷岳は、あそこだと思うと下ったり登ったり・・・ということが3回ほどありました。落ち葉を踏み ブナ林の中を歩きます。木々の葉はすでに落ちていますが 日が差し込み 青空も木々の隙間から垣間見れて気持ちいいです。

こんな木もあり可愛そうです。
RIMG0259_convert_20091126215955.jpg

あちらこちらにテン場にいいところがあります。しかし水場がないなぁ。
RIMG0263_convert_20091126220331.jpg
力強いな ブナの木
RIMG0273_convert_20091126222824.jpg

 
11時35分 柚子の木平 ここが迷岳かなと思うと「柚子の木平」の標識があり
RIMG0269_convert_20091126214812.jpg
目の前に山が見えます。
RIMG0272_convert_20091126215006.jpg
最後に下って登ったら迷岳に着きました。
12時10分 迷岳
頂上よりスメールがみえます。スメールに下山する道 宮川村に下山する道がそれぞれマーキングされています。次回は 飯盛山尾根コースで歩きたいです。
昼食を食べます。水場があれば本当にいいテン場です。
12時40分下山
帰りはもときた道を戻ります。大熊谷ノ頭を声目印の尾根より右に植林地を下ったのですが登りと違うドアを通ってきたら白倉山の登山口がありました。師匠 「ああっ!ここや!ここや!」 以前 登った登山口だそうです。登山口より少し下に車を置けるスペースがありました。私達が車をとめた場所よりもう少し上に上がってきた所でした。しかし林道はススキが伸び放題であまり車もここまでは着ていない様子。そして車を置いた場所から少し登ったところで木が倒れていてどっちにしても通れなかったのです。
RIMG0293_convert_20091126221741.jpg
この扉の右側から登っていくそうです。
RIMG0292_convert_20091126221914.jpg
林道を10分少し歩き車の置いてある場所に戻りました。
台高の山もいいです。
スポンサーサイト



by つくだにちゃん  at 22:29 |  山登り(台高) |  comment (6)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments

奇遇ですね

 つくだにさん、こんばんは。
 実は、私も11/23に迷岳に登ってきましたよ。私が登ったのは、オーソドックスなルートで、登りは飯盛尾根コース、下りは唐谷コースでした。飯盛尾根コースは、噂のとおり、急登が連続するワクワクコースでした。

 7時40分にスタートし、山頂まで3時間ほどだったことから、もう少し足を伸ばして口迷岳までピストンしてきました。この稜線はブナなどの自然林が素晴らしいところでした。
by kitayama-walk 2009/11/27 23:59  URL [ 編集 ]

Re: 奇遇ですね

kitayama-walkさん 本当に奇遇ですね。
私 kitayama-walkさんのホームページをみて今までに迷岳には行ってみえないんだなと思っていたんです。もし行ってみえてレポートがあれば参考にしたかったのです。稜線は、ブナ林が続き落ち葉をふんで葉の落ちたブナの木の隙間より日の光や青空が見えて気持ちよかったです。次回はkitayama-walkさんの歩いたコースを歩きたいです。


by つくだに 2009/11/29 20:20  URL [ 編集 ]

効率のいいおいしいコースでしたね

このコース、私も一度歩いています。
すばらしいブナ林と二重山稜が印象に残っています。林道は災害になると通れなくなるので、大丈夫なときに行っておきたいですね。
台高は5月までに、池木屋山、桧塚、総門、三峰山が取材予定です。池木屋山は雪が降る前に行っておきたいのですが。
by 隊長 2009/11/29 23:14  URL [ 編集 ]

Re: 効率のいいおいしいコースでしたね

隊長さん 本当に「効率のいいおいしいコース」そのとおりです。
ブナ林 二重山稜の中を歩いたのが気持ちよく 今日も迷岳に行って来ました。
今回は、登りは、飯盛山尾根コース 下山は唐谷コース 口迷岳まで足をのばしてきました。
隊長さん また山行計画あれば教えてください。しかし取材も兼ねてとなるとなかなかゆっくりと歩いておれないし天気によっても突然 山行場所が変わるということもありますね。

by つくだに 2009/12/01 18:42  URL [ 編集 ]

取材計画

取材予定はまた、幕営メーリングリストに書き込もうと思っています。取材の時は撮影に手間取るのでコースタイムが遅くなるので、ご安心ください。先月から降雪の多い鈴鹿を先に片付けようと集中的に歩いています。12月は台高を中心歩く予定です。
by 隊長 2009/12/01 21:28  URL [ 編集 ]

Re: 取材計画

私も勤務が休みなら是非参加したいのでまたメーリングリスト楽しみにしています。

by つくだに 2009/12/02 19:52  URL [ 編集 ]
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

つくだにちゃん

Author:つくだにちゃん
FC2ブログへようこそ!
重いザックは担げない弱力 歩くペースは遅い虚弱な自分ですが山登りは大好きです。これから登る山 今まで登った山など思ったこと 感じたことを綴っていきます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター