FC2ブログ

H21.12.20 ヌタハラから檜塚

21日は、山の会で「檜塚」へ山行の予定でした。しかし参加者は、N師匠と私だけ 丁度 隊長さんがこの日にヌタハラから檜塚へ行かれるというので私達も参加しました。

檜塚というとマナコ谷登山口からしか登ったことがなく、5年振りです。今回 隊長さんが計画をたてたヌタハラからは歩いたこともなくそれも楽しみでした。霧氷を楽しみにしていましたが霧氷どころか寒波で初雪 新雪どっさりの中を檜塚まで歩いてきました。

ヌタハラ林道駐車地(8:53)~林道終点(9:44)~作業小屋(10:14)~不動滝(11:10)~稜線(12:39)~桧塚1402.0m(13:10)~(13:30)昼(13:50)~標高点1214(14:16)~林道登山口(15:20)~林道駐車地(15:50)

隊長 N師匠 私
6時50分 自宅に迎えにきてもらい出発 集合場所のスメールに8時10分到着 隊長さんと合流し そこからN師匠の車でヌタハラ林道の登山口へ向かいます。ヌタハラ林道と千石林道の分岐よりヌタハラ林道へ少し行ったところで4WDでない師匠の車は スリップして前へ進みません。林道脇に駐車しそこから登山口まで50分ほど歩きました。私達が林道を歩いていると 1台車が追い越していきもう少し先の林道脇に駐車されてました。
 途中 晴れ間も見えましたが途中から雪が降り出し曇ってきました。今年 地元の山で初雪山行です。枝に乗っている雪が花のようできれいです。谷コースへの登山口、尾根コースへの登山口へ向かう林道の分岐まできました。この分岐手前で 先行の方が(後でわかったことですが隊長さんのお知り合いの方のようでした zippさん) 尾根コースの登山口を説明していただきました。隊長さんは、はじめの計画では 谷コースから檜塚奥峰を回り尾根コースで下山の計画でしたがこの寒波で谷コースが凍結し危ないかもわからないとの事で今日は、尾根コースをピストンと考えてみえましたが 先行者のトレースが谷コース方面にあるためとりあえず谷コースに向かい歩くことにしました。谷コースが無理なら尾根コースへ逃げればいいと考えてみえたようです。私達も 周遊コースを歩きたかったし もし無理なら歩けるところまでというつもりでした。
 9時40分過ぎに登山口の駐車場に着くと もう1台車がとまっていました。昨年 この時期に大鉢山から静ガ岳・銚子ガ岳を歩きましたがこのときは銚子ガ岳に向かう尾根の木々にうっすら霧氷がついていました。私のコンデジで撮ると霧氷がついているかどうかわからないくらいでしたが・・・。今年は、スキー場に雪が降らないといわれていましたが寒波でどっさり過ぎるほど雪がふりあちらこちらで被害がでています。同じ時期でも その年の気候により山行を楽しませてくれます。

9時44分 駐車場(谷コース登山口)駐車場より(標高約770mあたり) 夫婦滝がみえました。
RIMG0166_convert_20091223030518.jpg
駐車場の右側斜面より登ります。
RIMG0168_convert_20091223033647.jpg
登山口より斜面を上がると右からの杣道に辿り着き左に斜面を進みます。登山道のテープも見られ大変歩きやすいです。

10時14分 作業小屋 ここで休憩
RIMG0173_convert_20091223034135.jpg

水場をすぎます。そこから谷に向かい歩くのかと思いきやジグザグ登ります。尾根のほうへ向かったり・・・。
植林地から 雑木林に出ました。光が差し気持ちがいいです。そう思うと再び植林地にいります。
RIMG0181_convert_20091223035251.jpg

11時10分 不動滝
先行されたzippさんに ここで追いつきました。不動滝に向かい下に下ります。下のほうは凍っています。しかし 寒いためか電池が切れ交換しました。朝から何枚も撮っていないのに・・・・。これからは慎重に撮らないと上に着くころには再びバッテリー切れになってしまいます。カメラをシャツの中に入れ暖める事にしました。
RIMG0189_convert_20091223035855.jpg

RIMG0188_convert_20091223040045.jpg

谷コースはこのまままっすぐ向かうようでトレースがあり先行者1人いるようですが zippさんの助言もあり 今回は谷コースより変更し尾根に向かい斜面を登ります。本当はきた道を少し戻ると尾根に向かう登山道があります。
新雪の中 斜面を登ろうとするも下が落ち葉の為かずり落ちてしまいます。つかまろうとする木もあまりなく登山道に出たときは歩きやすくてほっとしました。少し歩くと すでにzippさんはターブを張り休んでいました。
ふと気づくと 師匠がポケットに両手を入れて歩いています。先ほどから気になったのですが「手袋 ないの?」と聞くと車へ忘れてきた・・・との事 なんてのんきなの!私だったら気づいた時に言葉を発してしまうのに・・・、。私も持っていましたが隊長さんの手袋を借りることになりました。
ここから先はトレースもありませんでしたが先頭を隊長さんに歩いてもらいマークを目印に尾根に向かい歩きます。当たり前ですが林道を歩く頃は 積雪も10センチほどでしたが 標高をあげるにしたがい積雪もスパッツの高さほどになり深い所では膝くらいまでゴボッと踏み込んでしまいます。先頭を行く隊長さんは、時折私達を待ってくれます。

12時39分 稜線 稜線に出ると所々笹が出ていて風で雪が吹かれるのか歩きやすいところがありました。ここらあたりは、ブナ林が広がっていました。尾根を檜塚に向かい歩きます。
RIMG0192_convert_20091223041836.jpg

13時10分 檜塚
RIMG0196_convert_20091223042518.jpg

今回は 天候も悪いので檜塚奥峰が見える場所まで行きました。
RIMG0200_convert_20091223042822.jpg

RIMG0202_convert_20091223043244.jpg
隊長さんも言われていましたが 樹氷のバックには青い空はありませんが誰も足跡のないこの檜塚 がんばってきたのですごく満足感があります。
RIMG0205_convert_20091223043434.jpg

13時30分 風をしのげるところで昼食 しのげるところと言っても多少なりとも風が吹き 手袋をはずそうものなら手がすぐかじかみ体の寒さより手のかじかみがききました。さっさとカップヌードルをすすります。食べていると 本日2人目の登山者と会いました。その方は、私達がたどった先行者の方で本日 谷コースを歩かれた方でした。「今日は谷コース 歩かん方がいい。自分も少し下へ滑ってしまった」とにこやかに話していました。スノーシューをつけていましたが「今日は スノーシューをつけても歩きにくい」と話していました。いい感じの方で今から尾根コースを歩かれるそうです。一足先に 出発されました。
13時50分 出発

歩いていると 標高も下がっていくためか 風がさえぎられているためか手に暖かさが戻ってきました。下山は尾根道です。1214地点まではだだっ広い気持ちよい尾根道でした。先行者のトレースが途中 行った道を戻ってきたような跡がありました。よく見るとバッテン印がついていていました。

ここからが急坂でした。まるで先日 登った迷岳の登山口から尾根にあがるまでの急坂のようです。途中 ロープもありました。急坂で新雪の下は落ち葉の道なのか私は数回滑り 下るのに私は時間がかかりましたが 隊長さんは、さっさと下っていきます。
15時20分 林道登山口 
RIMG0206_convert_20091223022334.jpg
登山口に出て右に向かいましたが 途中から間違いに気づき引き戻り左に向かい駐車場に向かいます。雪も降って朝より積もっている感じです。
隊長さん 師匠 林道を歩きます。林道駐車場に向かうにつれて雪は解けていました。
RIMG0209_convert_20091223022726.jpg

15時50分 林道駐車地

旺文社・山と高原地図」にはこのコースは書かれていません。ヌタハラからのコースは、谷コース 尾根コースの2つだけだと思っていたら 谷コースから分かれ尾根へ出るコースもあり今回は、登りはそのコースを登りました。しかしマークがしっかりついていて雪のない登山道はどうなのかわかりませんが登りは歩きやすい道でした。家に帰り今日歩いた ヌタハラ~檜塚を検索してみると何件か山行レポートをが書かれていました。レポートを読むと 秋の紅葉のこのコースもいいし青空の下の檜塚の雪景色も大変きれいでした。沢の方がよく歩かれているようです。谷コースもまた歩いてみたいと思いました。
スポンサーサイト



by つくだにちゃん  at 09:32 |  山登り(台高) |  comment (3)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments

谷コースが不明でした

 つくだにさん、こんにちは。
 昨日(5/30)ヌタハラ谷から桧塚に登りました。当初の予定では、不動滝に行き、そこから谷を詰めてヒキウス平に登り、周回して桧塚に戻るつもりでした。夫婦滝展望駐車地から、作業道を進みました。しかし、テープに導かれて登っていくと、いつの間にか桧塚から延びる稜線の近くに登ってしまいました(これはつくだにさんが登ったコースと思います)。つまり、不動滝に下ることなく進んでしまったことになります。つくだにさんは、不動滝までは行かれた、そこから変更して尾根に登ったんですよね。つまり、私は不動滝に下る道(谷コースへの道)が分からなかったのです。どのあたりから下っていくことになるのでしょうか。
by kitayama-walk 2010/05/31 17:00  URL [ 編集 ]

Re: Re: kitayama-walkさん

kitayama-walkさん お久しぶりです。時々 ブログ見ていますが最近 更新されていないのでどうしたのかなと思っていたんです。
話しは変わりヌタハラの件ですが 一緒に歩いた隊長さんにも聞いたのですがGPSのコースをメールでお送りしましょうか?私達が歩いた時は、雪が積もっていて登山道はどうなっているか・・・?先行のトレースのあとを私は2番手に歩いたものですから・・・。もしよければ私のアドレスにメールを下さればGPSコース 添付します。頼りないお返事ですみません。
by つくだに 2010/06/01 13:41  URL [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by  2010/06/02 09:50   [ 編集 ]
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

つくだにちゃん

Author:つくだにちゃん
FC2ブログへようこそ!
重いザックは担げない弱力 歩くペースは遅い虚弱な自分ですが山登りは大好きです。これから登る山 今まで登った山など思ったこと 感じたことを綴っていきます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター