FC2ブログ

H22.5.1 池木屋山 (念願のコースを歩けました)

宮の谷から池木屋山は、ずーっといきたかったコースです。しかし このコースは、危険・転落事故もおきているという事からなかなか歩く機会がありませんでした。隊長さんが 取材のためこの連休に歩くというので、いつ行くのかな 自分の休みとあうといいなとドキドキしていましたが ぴったり天気も自分の休みとも合い参加表明をしました。長いコースですが 隊長さんも写真撮影をしながら歩くと言うので少し安心しました。8時飯高道の駅集合でしたがなぜか7時前に到着し少し車内で寝ていました。飯高の道の駅の駐車場には、三重ナンバーの車は、ほとんどなく関東方面の車が何台か停まっていました。8時に隊長さん到着。隊長さんの新車に乗せていただき宮の谷林道終点へ向かいます。 9時 丁度私達が出発する頃 単独男性 御夫婦が出発されるところでした。御夫婦は奈良ナンバーの車で初めてこのコースを歩くようで過去に滑落事故もあり心配されていました。私も隊長さんが御一緒とはいえ初めてのコースに少し緊張です。
RIMG0001_convert_20100503121425.jpg

RIMG0005_convert_20100503121649.jpg

登山口より10分かからず犬飛び岩 犬飛び岩の説明の看板は年月がたっているなというくらい読みずらかったです。
3mほどの橋がかかっています。谷の両岸は、まさに断崖絶壁。インターネットで見てみると『飯高町郷土史』には、「昔、猟師が大蛇に追われ、命からがら逃げてきたところ、この断崖に出てしまった。後ろには大蛇が迫り、進退極まった猟師は大事な犬を抱いて、思い切って対岸に飛んだところ、かろうじて足が引っ掛かった」と綴られているそうです。
RIMG0002_convert_20100503122213.jpg

蛇滝
RIMG0015_convert_20100503122529.jpg

このような赤い橋が何本もかけられています。
RIMG0017_convert_20100504075440.jpg

新緑がまぶしいです。
RIMG0016_convert_20100504080833.jpg

右岸に谷を挟んで六曲屏風岩があります。
ヒメレンゲ
RIMG0021_convert_20100504081348.jpg

切石河原
RIMG0022_convert_20100504081916.jpg

RIMG0028_convert_20100504082225.jpg

10時 水越谷分岐点
RIMG0034_convert_20100504082513.jpg

高滝 6年前にここまで着ました。
RIMG0037_convert_20100504082841.jpg 板に「高滝61.5m」と表示あり
高滝を見ながら休憩した後 左岸に渡ります。ここから高滝を巻きます。

途中 高滝を近くに見ることができ迫力が感じられます。巻いていくと高滝を下にみるようになります。
RIMG0044_convert_20100504083929.jpg

猫滝まで絶壁にそって道がつけられていて左は谷側になっていてロープも張られています。岩がぬれていると滑りやすいそうです。慎重に登ります。
RIMG0048_convert_20100504085228.jpg

10時50分 猫滝 猫滝の由来は何でしょうか?エメラルドグリーンの滝つぼが猫の目に見立てているからか?滝つぼを猫の顔にみたてているからか?地図を見ていたらヌタハラ谷にもネコ滝がありました。
RIMG0053_convert_20100504085540.jpg

滝を巻く為上へ上へと登りますが巻き終わると平坦な道となり渓谷を楽しみながら歩きます。
RIMG0076_convert_20100504130950.jpg

ドッサリ滝 滝のしぶきがあたりマイナスイオンたっぷりです。
RIMG0095_convert_20100504090000.jpg

12時 奥ノ出合 中央の平らなところがテント場です。ここから池木屋山に向かい急斜を登ります。
RIMG0101_convert_20100504123111.jpg

前方を見ると団体さんです。そういえば宮の谷の駐車所の手前の広い場所にバスが停まっていました。最後尾を歩いている方は隊長さんのお知り合いの方でした。宮の谷の渓谷美を楽しみ 池木屋山までのコース 自分達で歩くと少し心配だけどガイドさんとともに歩き楽しめるとなると人気コースなのでしょうか?皆さん 健脚の方々でした。
RIMG0105_convert_20100504123418.jpg

なかなか左に見える稜線には届きません。池木谷山は、稜線より高いのです。しかし斜面がアケボノツツジのピンク色に染まってきれいでした。
途中 タムシバの花びらの香りがしました。タムシバの花びらを押しつぶすと香ってくるそうです。私は今までタムシバの花は知っていましたが香りまでは知りませんでした。日常生活では、香水とかアロマとか香りについて無縁な生活ですが 自然の中で自然の香りはいいものです。ほどよい香りが広がり楽しめます。花びらを拾ってポケットに入れておきましたが 駐車場についてみると縮んでいて香りは発しませんでした。
RIMG0108_convert_20100504123652.jpg

ここを登りきれば池木屋山頂上です。
RIMG0116_convert_20100504115851.jpg

13時15分 池木屋山
RIMG0118_convert_20100504120249.jpg
頂上では、uttyさんが寝転んで、syu君はおにぎりを食べ私達の到着を待ってくれていました。私達は、滝を楽しみ写真を撮りゆっくり着たのでuttyさんはもしかしたらいないんじゃあないかなと隊長さんと話していたのですが待っていてもらいうれしかったです。uttyさんとは初対面ですが 隊長さんのレポートに登場していますし uttyさんのレポートも読ませてもらっているので初対面とは思えません。uttyさん達は、大股から明神へ 千石山でテントを設営 池木屋山まできました。
RIMG0119_convert_20100504120545.jpg

少し下った所に木屋池がありそこで昼食をとりました。枯れ葉がふさふさして座り心地がよかったです。
RIMG0122_convert_20100504121202.jpg

14時30分 霜降山 
RIMG0127_convert_20100504112034.jpg

左の高い山が迷岳 右の台形状の山が古ヶ丸です。山座同定を楽しみます。
ここでuttyさん達とわかれます。ここから駐車場まで800Mほどくだらないといけません。
RIMG0136_convert_20100504121732.jpg

RIMG0143_convert_20100504122416.jpg

RIMG0147_convert_20100504122116.jpg

15時20分 青空平 ここで休憩し山々を眺めます。
RIMG0152_convert_20100504111536.jpg

16時 コブシ平 徐々に高度を下げてくるとミツバツツジ・アケボノツツジが咲いていました。シャクナゲが咲きかけていました。
RIMG0174_convert_20100504111150.jpg

RIMG0176_convert_20100504110933.jpg

この周囲 2重のネットで囲まれています。H19年に青空平まで歩いた時は、ネットはなかったです。この斜面をおり樹林帯をくねくね降りると駐車場です。
RIMG0178_convert_20100504105711.jpg

17時15分 駐車場へ
歩きたかった宮の谷から池木屋山を歩いてきました。ゆっくり宮の谷を楽しみ写真もとってきました。
最近思うことは、三重県の山もいい!ということです。百名山はないけれど(失礼!大台ケ原は百名山でした。)高い山はないけれど 春の花や奇岩を楽しめる鈴鹿の山々 大杉谷や宮の谷をはじめとする渓谷 自然が残された静かな台高の山々は本当に魅力的です。もっともっと三重県の山を楽しみたいと思います。
隊長さん ありがとうございました。
スポンサーサイト



by つくだにちゃん  at 14:54 |  山登り(台高) |  comment (6)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments

6つ星のハードコースに満足

白山を別当から山頂を往復すると、+1500m、17kmで、今回は、GPSの記録では、+1300m、14kmでしたね。アルプスなどの高山では、平均的なコースですが、三重県内の山では、かなり上位にランクされますね。渓谷美の稜線のブナ林、それに花など、満足度はかなり高い山ですね。わたしも何度か訪れていますが、飽きることのない魅力的な山です。必ず又
登ると思います。
by 隊長 2010/05/04 20:50  URL [ 編集 ]

行かれましたね。

一度お会いしてますが、初めてコメントさせていただきます。
迷岳の飯盛尾根を単独で登られた時につくだにちゃんヤルじゃん!と思いましたが、高滝の巻きも無事登られましたね(^^)。
多分この二つのルートが、三重県側から登る台高の一般ルートで厳しいルートだと思います。

 三重県側から台高ルート、なかなか楽しいところがいっぱいあるんですよ(^^)。
by zipp 2010/05/04 23:08  URL [ 編集 ]

Re: 隊長さん

宮の谷から池木屋山 いいコースですね。

単独でアルプス等の山行に行き 自分は三重県から来たことを話すと「三重県ってどんな
山があるの?」とよく聞かれます。確かに誰もが知っている山は・・・となると返答に
困ってしまいますが 三重県もいい山がありますね。年々そう思うようになってきました。
こんないいコースを歩くことができてよかったです。県内の山のよさを語るには 自分も
歩かないと・・・。私もまたこれからも歩きたいと思います。

by つくだに 2010/05/05 15:08  URL [ 編集 ]

Re: zippさん

zippさん レポート見ていただきありがとうございます。
隊長さんのホームページへのコメントを読んで 本当に台高の山々について
詳しい方なんだなと思っていました。

台高の山も魅力が一杯ですね。
また ヌタハラから谷コースで桧塚へのコースも歩いてみたいです。
またいいコースがありましたら教えてください。



by つくだに 2010/05/05 15:29  URL [ 編集 ]

一日違いでしたね

 つくだにさん、こんばんは。
 私も池木屋山をターゲットにしていました。そして、5/2に宮ノ谷渓谷から登りました。一日違いでしたね。高滝の高巻きがかなり危なかったのですが、何とか無事クリアーしました。

 池木屋山からどこへ行ったのかというと、東尾根を縦走し、江股ノ頭-白倉山-大熊谷ノ頭-迷岳と歩き、最後はスメールに下りてきました。もちろん、一日で歩けるわけなく、P1226付近でテント泊しました。台高のテント泊はなかなかよかったですね。
by kitayama-walk 2010/05/05 22:00  URL [ 編集 ]

Re: kitayama-walkさん

kitayama-walkさん こんばんは。

テント泊で宮の谷から迷い岳まで縦走でしたか?自分が見た山々を縦走されたのを
うらやましく思います。
明神からきて池木屋山で待っていてくれたuttyさんがkitayama-walkさんの歩いたルートを
興味深そうに話していました。
テント泊もいいですね。
花の咲き具合はどうでしたか?またレポート楽しみにしています。
by つくだに 2010/05/05 23:35  URL [ 編集 ]
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

つくだにちゃん

Author:つくだにちゃん
FC2ブログへようこそ!
重いザックは担げない弱力 歩くペースは遅い虚弱な自分ですが山登りは大好きです。これから登る山 今まで登った山など思ったこと 感じたことを綴っていきます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター