FC2ブログ

H22.5.16 恵那山 (さるやさんの石を救出するために・・・)

5月15日・16日は、連休でした。先週も土日連休でしたし今週も連休でした。予定があったのですがそれがキャンセルとなりどうしようと思っていました。しかし先週末は、仕事も忙しく 帰宅してはバッタンキュー しっかり計画をたてていなかったし 前日の金曜日も頼まれていた15日の結婚式の祝電を忘れていたことに気づき なれないことでいろいろ迷っていたら時間がたち 疲れてしまいこれまたバッタンキューでした。

16日に 気になっていた1年前に頂上に置かれたさるやさんの石はどうなっているのか?そうしてどうせなら恵那山のバッチも購入してこようと思い恵那山に行ってきました。


恵那山には、H17年1月に登りました。その時は広ヶ原からです。雪がしんしん降って当たり前ですが展望も何もなく 避難小屋に泊まりストーブをたいてそのストーブがとても温かかった事を覚えています。
恵那山は、100名山に入っていますがほとんどの人が何故に・・・という思いが多いはずです。三角点のある頂上では展望はなく山自体もどーんという構えをしているわけでもないからです。しかし 上記に書いた私の好奇心のため 今度は 神坂峠(標1569m)の地点より登ることにしました。
神坂峠に向かい車を走らせていると恵那山の頂上付近には雲がかかっています。

6時30分 神坂峠登山口出発 周りガスガスです。この駐車場には、私達の車ともう1台のみです。もう1台の登山者の方は先に歩いて行きました。
RIMG0216_convert_20100517075736.jpg

登山口より色とりどりのショウジョウバカマがあちらこちらに咲いています。鈴鹿の春 再び・・・という感じです。
花は 鈴鹿の山でもみているのに花を見かけると立ち止まってしまいます。
ショウジョウバカマ
RIMG0232_convert_20100517081143.jpg

ヒメイチゲだと思うのですが・・・
RIMG0227_convert_20100517080425.jpg

イチヨウラン
RIMG0236_convert_20100517081553.jpg

RIMG0238_convert_20100517082118.jpg

7時20分 鳥越峠 登山口から

8時20分 大判山

登ったと思うと下りそして歩きやすい平らな道 それがこれから何回か続きます。なかなか1600m~1700m辺りをうろうろ。なかなか標高が上がりません。あと3km辺りから標高が徐々に上がって行ったような気がします。行く先もガスガスです。しかし笹の道・自然林の中を歩き楽しめます。
RIMG0251_convert_20100517102223.jpg

バイカオウレン
RIMG0265_convert_20100517101906.jpg

標高2000m手前から急登です。残雪があり少しひんやりします。
RIMG0273_convert_20100517100230.jpg

10時55分 峠分岐
分岐に来ると前宮登山道から団体さんが歩いてきました。ここから平坦な道を歩き頂上へ
頂上までソウジョウバカマ バイカオウレンが咲いています。

11時20分 避難小屋着 ここでたくさんの人が昼食を食べていました。
RIMG0275_convert_20100517095931.jpg

5年前お世話になったストーブ
RIMG0280_convert_20100517092907.jpg

11時30分 頂上 頂上の三角点に隠されていた おさるさんの石を探しますが誰かすでに救出されたようです。残念・・・。避難小屋に向かい昼食
RIMG0277_convert_20100517083311.jpg

避難小屋の裏の高台から展望を楽しみます。南アルプスの山々が見えます。荒川~明石~聖辺りなのかな?今年もどこかの山を歩けるといいです。

12時50分 出発
13時10分 分岐
残雪の中の急斜面をゆっくり下ります。
展望のあるところで南アルプスの山々を眺めます。
RIMG0285_convert_20100517101409.jpg

下り 何回登り返すか数えることにします。

恵那山トンネルはこの画像の中央付近を通っているそうです。
RIMG0292_convert_20100517092347.jpg

これから下る道
RIMG0295_convert_20100517091949.jpg

今まで下りてきた道
RIMG0300_convert_20100517091537.jpg

ウバナギ
RIMG0302_convert_20100517091157.jpg

右の尾根を下りてきました。あの山は、「巻くよな」と師匠と話していたところ登ることとなります。下りに何回登り返し(登りだと下り返し)があるのかなと思い数えてみると約7回ほど・・・。師匠と話していたのですが 登る時に周りがガスガスでよかったとのこと。
RIMG0305_convert_20100517090438.jpg

気持ちのよい笹原は続きます。
RIMG0309_convert_20100517085640.jpg

車道は見えるがなかなか車道へ下りず登山道は続きます。
16時30分 夕日のさす登山口へ到着
往復13.6kmでした。
uttyさん親子は5時48分登りはじめ 12時57分下山でした。uttyさん syu君 ガッッリ歩きますね。
前回歩いた時は広河原から展望のないまま雪の恵那山を楽しみました。今回は神坂峠から 登ったり下ったり歩きやすい平坦な道を歩き 標高がなかなかあがらず頂上にたどり着きました。周りの景色を眺め 歩いてきた道を眺め歩きました。また前回と違った恵那山を楽しめました。

これから万岳荘に向かい山バッチを購入する予定でしたが閉まっていました。これまた残念!




スポンサーサイト



by つくだにちゃん  at 10:47 |  山登り(中央アルプス) |  comment (4)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments

思い出しました

日記を見て思い出しましたよ、恵那山を。思いつきで登った山だし、山頂の展望の悪さゆえに、また露に濡れた笹を掻き分けて登ったのでズボンと靴がびしょぬれになった残念さから、忘れかけていた山でした。でも写真をみると笹原のアップダウンや大判山から望む恵那山の姿はなかなかの景色だったことを思い出しました。ちなみにsyuに「いつ行ったっけ?」と聞くと「9月6日の日曜日」と即答でしたが。
by utty 2010/05/17 19:54  URL [ 編集 ]

Re: uttyさん

恵那山って元々山頂からの展望はないし100名山と言われるがゆえに印象が薄くなる山なんだと思うんです。私も今回 登るまではそうでした。でも今回 途中から晴れてきて展望もよかったので印象が変わりました。これで中津川からみてもどこが恵那山なのかわかるようになりました。しかし syu君 すごいですね。やはり若い頭は活発で柔軟です。私も 今日 1年前のことを聞かれて「いつやったっけ?」と忘れていました。


by つくだに 2010/05/19 00:23  URL [ 編集 ]

No title

つくだにさん、こんにちは。
さるやさんの石残念でしたね。
恵那山の山頂展望はイマイチですが、私は素敵な山だと思いました。まだ一度しか登っていませんが^_^;
疑問のお花はイチヨウラン(一葉蘭)のようですね。
by sanae 2010/05/23 18:11  URL [ 編集 ]

Re: sanaeさん

sanaeさん コメントありがとうございます。
さるやさんの石は人気がありますからね。東海地方にももっとさるやさんの
石を置いてほしいですね。

私も今回歩いて 恵那山の印象が変わりました。季節が違ったりルートを
変えて歩いたりするとまた違う魅力が感じられますね。

お花の名前もありがとうございます。イチヨウランですか?
イチヨウランをインターネットで調べてみたらその通りだと思いました。
ありがとうございました。これで1つ花の名前を覚えました。


by つくだに 2010/05/23 22:32  URL [ 編集 ]
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

つくだにちゃん

Author:つくだにちゃん
FC2ブログへようこそ!
重いザックは担げない弱力 歩くペースは遅い虚弱な自分ですが山登りは大好きです。これから登る山 今まで登った山など思ったこと 感じたことを綴っていきます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター