FC2ブログ

H22.5.28 雲母峰 (雲母橋から独標尾根をあるく)

以前 蝶ヶ岳~常念岳を歩き対面の山々を見て 燕岳から東鎌尾根・槍ヶ岳を歩きたくなり翌年 そのルートを歩きました。燕岳から東鎌尾根・槍ヶ岳を歩きながら裏銀座の山々を見てまたその翌年裏銀座を縦走しました。どこの山か忘れましたが 山座同定している時に 塩見岳の名前が出てきて まだ登っていなかった私は塩見岳に登りたくなり登りました。このように 山を眺めて次はあの山を歩こうという思いになることがよくあります。雲母峰も4月に馬の背尾根を下った時 雲母峰を見て登りたいなと思いました。
『三重県の山』に紹介されている山で登っていない山も数少なくなりましたが その中の1つでまだ登っていない山が「雲母峰」です。 天気予報では 今日は晴れ! 今日は、雲母峰もからめて鎌尾根を歩けたら・・・・と計画をたてていたのですが 朝 二度寝をし出発が遅れ また現在 高速道路がフレッシュ工事中 亀山から名古屋の東名阪でまだ7時なのに「亀山から鈴鹿まで渋滞○キロ 50分」と表示が出ていました。途中 安濃で高速を下り 下道で鈴鹿へ向かいます。いつも鈴鹿や四日市などインター基点として登山口に向かうので とりあえず鈴鹿インターへ向かうのですが 私 あまり道に詳しくない上に私の車にはナビがないので地図を見ながら向かいます。そんなことをしていたら登山口に到着したのが9時になってしまいました。出発が遅くなってしまったので計画修正です。

9時 雲母橋のはたの広場に車をとめました。とまっているのは 自分の車1台です。「雲母峰登山道2850m」と表示されています。登山道の地図が板に書かれているのですが色がうすくなっています。手入れされた植林地の中を歩きます。この林道 途中から舗装された道になりしばらく歩かないといけないのですが 間違って左に曲がってしまいました。道を探しているうちにお腹の調子が悪くなりしょうがないので登山口にもどり消えかかっている地図で確認し車で宮妻ヒュッテに行きトイレを済ませてから仕切りなおして歩くことにします。9時45分 出発です。
私が戻ってきたとき 1台車が停まっていて男性が出発準備をしていました。私は、先に歩きますがすぐ抜かされてしまいました。

RIMG0322_convert_20100528213517.jpg

舗装道路を10分ほど歩くと登山口があり(ここから頂上まで2230mです)手入れされた植林地の中をつづらおれに登ります。
木々の間から市街地が見えます。今日は、家を出るときも風が強く湿度も高くないので景色がはっきり見えます。
RIMG0324_convert_20100528215545.jpg

つづら折れの登山道を20分ほど登ると 植林地から雑木林にかわります。新緑の木陰の中を歩きます。
RIMG0325_convert_20100529190346.jpg

咲いている花といえばこの種類のツツジのみでした。
RIMG0336_convert_20100529190728.jpg

木々の隙間から雲母Ⅱ峰が見えます。ここで先に行かれた男性が休んでみえました。「今日は下見に来ただけだからここで下山します」と・・・。木々の間からⅡ峰が見えあと「ここを登ると着きますよ」というも「また秋に来ようかな」話されました。その方と少し話しをしてからⅡ峰へ向かいます。

11時15分 雲母Ⅱ峰
ここは入道ヶ岳の頂上のミニチュア版みたいな感じです。四日市の街が見渡せます。ここへつくまでお会いした人は2人 しかしこのⅡ峰で休憩をされていた方が5人見えました。
RIMG0342_convert_20100528220617.jpg

RIMG0341_convert_20100528220929.jpg

この頂上には 母親のこいのぼりが3,4本ありました。お父さんこいのぼり 子供のこいのぼりはどこにいったのでしょうか?
RIMG0338_convert_20100528221919.jpg

11時40分 雲母峰 ここへくるまでに拾った子供のこいのぼりを標識に付けておきました。
RIMG0345_convert_20100528223153.jpg

ここから鎌ヶ岳へ向かいます。標識にこいのぼりをつけた後 鎌ヶ岳へと歩きましたが 雲母峰に向かう道を歩いていました。途中気づき戻ります。
道は アップダウンなく歩きやすいです。咲いている花はつつじだけです。はじめは雑木林の木陰を歩く感じです。しばらく歩くと腰くらいまである枯れた笹の中を歩きます。しばらく歩くと湯ノ山・稲森谷へと鎌ヶ岳へ歩く分岐に出ます。ここまで木々の中をあるく為 展望は見えません。そして花崗岩の砂のような滑りやすい登山道を歩きます。木々の隙間から鎌ヶ岳が見えますがだいぶ近づいてきたような気がしました。以前 馬の背から雲母峰を見たときなんか遠く感じたのですが・・・。しかし馬の背尾根に近づくにつれて風が強く鎌ヶ岳や御在所岳の頂上まで雲が下りてきました。鎌ヶ岳の頂上ではさぞ風が強いだろうなと思います。花は、ここでもツツジのみ シャクナゲの花は登山道に落ちていました。

13時5分 馬の背尾根へ合流

白ハゲより雲母峰と歩いてきた道
RIMG0366_convert_20100529071556.jpg

しかし風が強い!御在所岳・鎌ヶ岳の頂上付近に雲がかかっています。RIMG0362_convert_20100529072630.jpg

RIMG0363_convert_20100529072856.jpg

ここから登山道のわきにイワカガミがまだ残って咲いていましたが風で揺れてなかなかうまくとれませんでした。
RIMG0369_convert_20100529192112.jpg

13時30分 カズラ谷登山道合流
ここから風がよけられると思うとちょっと安心です。カズラ谷の登山道 今は花は咲いていません。

14時55分 カズラ谷登山口 ここから車道を歩きます。
RIMG0372_convert_20100528222543.jpg

15時50分 駐車場へ

雲母峰は、周りの御在所岳や鎌ヶ岳 入道ヶ岳に足が行ってしまいがちで今まで登るのを延ばしていましたがやっと登れました。花の咲く時期に歩くとまた楽しみながら登れそうです。

スポンサーサイト



by つくだにちゃん  at 19:32 |  山登り(鈴鹿) |  comment (4)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments

お気に入りのコースです

僕もこのコースを何度か歩きました。自然林の雰囲気もいいし、植林の中もよく手入れがされているし、おまけに麓では茶畑の広がっているし、お気に入りのルートです。でも最後に登ってから3年も経つんですね・・・。
by ゆきっち 2010/05/29 23:34  URL [ 編集 ]

Re: ゆきっちさん

今回は、少しゆきっちさん的歩き方でした。カズラ谷から車道を40分ほど雲母橋に車をとめた所まで歩きました。久々にカズラ谷の登山道も歩きました。車道の脇に咲いている花を見たり(家に帰ってゆきっちさんのレポートを見て花の名前がわかりました)のんびり歩いてきました。山で見た花が少なかったせいもありますが車道に咲いていた花が新鮮に見えました。


by つくだに 2010/05/30 19:24  URL [ 編集 ]

No title

つくだにさん、こんばんは。
雲母でしたか。最近はコース点検で2回登りました。やはりコース的には、宮妻からがいちばにいね。改訂版で変更しようとおもったけど、結局元通りになってしまいました。
ゆきっちさん、初めまして、先ほどサイトを覗かせていただきました。ちょっと気になったのは、白瀬峠のプレートですね。あれは、2004年12月19日に樹林の回廊のハリマオさんが作成しみんなで設置しました。http://homepage.mac.com/photocb/html/2004/2004_12_19kiwada/2004_12_19.html
なくなってしまったのなら残念ですね。また作らないと。天国にいるそまおちゃんに、なんとかしなさいと言われそうです。
by 隊長 2010/05/30 22:41  URL [ 編集 ]

Re: 隊長さん


雲母峰を見るたび登らないとと思いながらなかなか登る機会がつくれなかったのですがやっと登れました。Ⅱ峰からの眺めいいですね。雲母橋のところから登ったのですが手入れされている植林地を歩いていて 入道ヶ岳の井戸谷コースを思い出しました。
白瀬峠の標識 周辺に落ちているといいんですが・・・。私もお気に入りなので・・・。
by つくだに 2010/06/01 13:34  URL [ 編集 ]
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

つくだにちゃん

Author:つくだにちゃん
FC2ブログへようこそ!
重いザックは担げない弱力 歩くペースは遅い虚弱な自分ですが山登りは大好きです。これから登る山 今まで登った山など思ったこと 感じたことを綴っていきます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター