FC2ブログ

H22.6.5 北横岳~蓼科山

私は、H17年10月から山バッチを集めています。インターネットでも山バッチを集めている方のホームページを見るのが楽しみです。6月5日・6日に第2回 山バッチ展が行われるというので是非 行きたいなと思っていたら ラッキーなことに5日仕事が休みでした。どうせ行くなら以前  H19年に北横岳~双子池~縞枯山を歩いた時 北横岳ヒュッテが休みで山バッチが買えなかったし H20年1月に蓼科山に登った時 バッチを買えなかったので どうせ山バッチを見に行くなら北八ヶ岳を歩こうということで北横岳~蓼科山まで歩きバッチを購入しました。

ピタラスロープーウェイ乗り場ーロープーウェイ山頂ー坪庭ー北横岳ー天祥字寺原ー蓼科山荘ー蓼科山山頂ー女神茶屋蓼科山登山口

N師匠 私 1人で行くつもりでしたが 私と同じように山バッチを集めているN師匠に八ヶ岳に行くことを当日夕方に話すと N師匠も行くと言うことで行ってきました。
5日1時にピタラスロープーウェイ乗り場駐車場へ着き寝ました。計画では 山バッチ展は、ピタラス山頂ロープーウェイ駅の2階で10時から開催されるため 早朝に歩き始めてピタラス山頂から蓼科山まで行きピストンしようと思っていました。

6時 ロープーウェイ駅(登山口)出発 本当は5時に出発する予定でしたが・・・。
RIMG0180_convert_20100606221822.jpg

ロープーウェイ上空には雲がかかっています。曇りかちです。6人の男女のグループがテント泊装備で先に出発しました。ここを歩くには2回目です。
RIMG0181_convert_20100606222335.jpg

タカネサクラ バイカオウレンが咲いています。

7時20分 山頂ロープーウェイ駅 N師匠が眠そうです。案の定 「ここで おろかな」と・・・。あともう少しなので北横岳まで歩くことをすすめます。N師匠 ここは初めてだそうで珍しく写真を撮っています。

坪庭から北横岳方面 
RIMG0191_convert_20100606223929.jpg

坪庭を通過してからはハクサンシャクナゲロードです。まだまだ蕾は小さいです。開花時期は7月から8月だそうです。日当たりが悪いところはまだ残雪が残っています。

8時20分 北横岳ヒュッテ 煙突から煙が出ていて 「今日は買えるよ」と思いました。バッチを購入
私は、蓼科山に向かいます。N師匠は違うコースを歩くようでここでひとまずわかれます。師匠が 蓼科牧場へ車を回してくれると言ってくれたのですが バッチ展へ行くのにロープーウェイ代がいるのでことわり16時~17時頃ピタラスロープーウェイの駐車場へ降りることを話します。N師匠は 蓼科山から蓼科牧場か女神茶屋登山口に下山したら車を回してくれると言ってくれたのですが このときは、「大丈夫!山バッチを見たいのでまた ロープーウェイ山頂駅に戻る」と言いわかれました。
RIMG0211_convert_20100606222838.jpg

8時43分 北横岳山頂 ガスガス 向かいの蓼科山が見えません。
RIMG0215_convert_20100606232200.jpg

ここから亀甲池に向かい降ります。北斜面なのでまだ雪が残っています。どこを歩けばいいのかなと思っていると踏み後がありました。雪は固く歩きやすいのですがだんだん下っていくと斜面が急になり凍っているところもありました。
RIMG0219_convert_20100606233740.jpg

9時55分 亀甲池 このあたりから青空が見え始めてきました。
RIMG0225_convert_20100606234028.jpg

10時17分 天祥寺原 天祥寺原に出てそこを左に曲がります。少しまっすぐ歩くと蓼科山方面に向かうべく右に曲がります。この頃には 青空がでて蓼科山もはっきり見えました。
RIMG0241_convert_20100606234742.jpg

蓼科山への登山道は蓼科山荘に近づくまで展望はありません。ガレ道です。
登りながら考えます。蓼科山からまたロープーウェイ頂上駅に戻るのにバッチ展も見たいので16時くらいまでには戻りたいけどなんだかここまでくるのに疲れてしまってせっかく戻っても17時過ぎてしまうような気がします。蓼科山頂上には行かず山荘で戻るか・・・・どうしましょう。

11時55分 蓼科山荘 ここに10人ほど休憩していました。
ここまでくるとあともう少し 頂上まで行きたくなってきました。山頂でN師匠に蓼科山の登山口まで車を回してもらうよう電話をすることにします。しかし 携帯電話のアンテナが立たないです。山頂で電話することにします。

12時33分 蓼科山頂ヒュッテ ここでバッチを購入
明日 八ヶ岳の開山祭があるのですが2010年の開山祭のバッチも1日早いですが店内に並んでいました。

頂上はすぐそこです。岩場を歩くと頂上です。頂上では 今日登り初めから蓼科山荘に着くまでに会った人数より3.4倍以上の人が頂上からの展望を楽しんでいました。
RIMG0262_convert_20100608153112.jpg

右から天狗岳・赤岳・阿弥陀岳・権現岳・編笠山・西岳
RIMG0264_convert_20100608143224.jpg
南アルプスも 仙丈岳・甲斐駒岳・北岳が見えました。乗鞍岳か御嶽が見えてました。
H20年1月に 蓼科山に登った時は、雪と岩 空の色といった風な単色の風景でしたが 初夏のこの時期 色が鮮やかです。四季それぞれ風景のよさがあります。

頂上でやっと携帯電話のアンテナが3本たちました。電池の量がわずかなので急いでN師匠に電話をかけますが留守でんにつながります。メッセージを言いメールも送信してとりあえず女神茶屋へ降りることにします。もし師匠が この電話につながらなかったら女神茶屋からピタラスまで歩こうと思いました。
ゆっくり山頂の展望を楽しみたかったのですが今日の目的は 山バッチ展を見ることなので13時 下山始めます。

この女神茶屋からの蓼科山へののぼりは、平ー急登ー平ー急登ー平ー急登ー山頂といった登山道です。はじめの下り始めは、15分で100m降りるといった風で45分で300m~400m標高をざげます。H20年に歩いた時 下山時 2度目の平らな登山道を歩いていてもう急斜はないだろうとスノーシュを装着したら最後の岩が露出した急斜がありスノーシューをはずすのが面倒で笹の生い茂る急斜を降りましたが歩きにくかったです。

RIMG0275_convert_20100608145340.jpg

オオカメノキの花がたくさん咲いていました。
RIMG0279_convert_20100607195206.jpg

最後の平坦道のカラマツ林 笹林 青い空がきれいでした。

15時 女神茶屋登山口 到着 駐車場に師匠の車がありました。ホッ 安心!
N師匠は、私と分かれてから双子池に下り林道を歩き縞枯山荘を通りロープーウェイ駅に戻ってきたそうです。
バッチ展を見て ロープーウェイで降りてきてここへ車を回してくれました。

さて 私もバッチ展を見に行きたいのでロープーウェイ乗り場へ戻ってもらいます。師匠のバッチ展の感想は、「たくさんあった」とあっさりと話していました。バッチを集めている方々のホームページで見ているバッチがずらっと掲示板に1個づつ張られています。百名山を集めたもの 2百名山 3百名山を集めたもの 花のバッチを集めたもの 今年で第56回になりますが八ヶ岳開山の記念バッチを集めたもの テーマはさまざまです。年代のものもあり色からして年期が感じられました。
私が興味をもったバッチは、鈴鹿や台高のバッチです。御在所岳や竜ヶ岳 大台ケ原ののバッチはありますが 釈迦が岳 鈴鹿7マウンテン 高見山 大杉渓谷(桃の木小屋)等のバッチもありました。今は、きっと売られていない地元の山のバッチは、見ていても飽きることがなかったです。
それから この展示会でバッチを提供している方の1人の恵那山バッチのエピソードも興味深かったです。その方は、恵那山の近くに住んでみえる方で 初めて購入したバッチが若い頃 子供達(生徒さん)を連れて登った恵那山のバッチだそうです。記念に その時一緒に行った子供達(生徒さん)みんなに その時買った恵那山のバッチをプレゼントしたそうです。それから何年かたち 奥さんに違うデザインの恵那山のバッチをプレゼントしてもらいました。 また自分でもインターネットを通じて違うバッチをしり 今は3種類のバッチを持っているそうです。恵那山に先日登ってバッチを購入できなかった私はその方の恵那山のバッチのエピソードが興味深かったです。たぶん3種類恵那山のバッチはインターネットで見たのですがその中でも私が気に入ったバッチがその方が子供たちと登られた時に買われたバッチだと思うのです。
それから 今年歩きたい山のバッチ 歩けたらいいなと思いながら眺めました。
私が会場に着いたのは4時前で観覧している人も少なく主催者の方と少しお話しできたのですが 師匠が車を回してくれて 駐車場で待っていると思うとゆっくりと時間をかけてみていることもできませんでした。1回目は、横浜で開催されたようですが またきたいです。今度はじっくり見たいし購入した時のエピソードなんていうのも聞けたらいいです。
RIMG0294_convert_20100607000238.jpg
スポンサーサイト



by つくだにちゃん  at 15:39 |  山登り(八ヶ岳) |  comment (4)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments

あらら

つくだにさんこんにちは。

こりゃまた超ニアミスですね(笑)
私は日月と蓼科を眺めておりましたよ~。

しかし、山バッジ展なるものがあるとは・・。
by 長次郎 2010/06/09 17:28  URL [ 編集 ]

北横岳と蓼科山

 つくだにさん、こんばんは。
 北横岳と蓼科山の2つ一遍に登るとは欲張りですね。私も両方に登りましたが、別々でした。

 蓼科山は09/5/26、北横岳は10/2/21に登っています。初夏と真冬という極端な季節ですが、いずれも天候には恵まれました。
by kitayama-walk 2010/06/09 22:40  URL [ 編集 ]

Re: 長次郎さん

長次郎さん
私も 長次郎さんのレポートを見てあらら・・・と
思っていました。
蓼科山から見る南八ヶ岳もよかったですよ。
つくもちゃんに 会いましたか?



by つくだに 2010/06/10 14:22  URL [ 編集 ]

Re: kitayama-walkさん

kitayama-walkさん

蓼科山 北横岳を登るのは2回目ですが季節が違うと山の雰囲気も違いますね。

蓼科山山頂でもっとゆっくり過ごしたかったです。

翌日 休みだったらツクモちゃんも見たかったです。



by つくだに 2010/06/10 14:51  URL [ 編集 ]
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

つくだにちゃん

Author:つくだにちゃん
FC2ブログへようこそ!
重いザックは担げない弱力 歩くペースは遅い虚弱な自分ですが山登りは大好きです。これから登る山 今まで登った山など思ったこと 感じたことを綴っていきます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター