FC2ブログ

H22.7.31~8.2 飯豊の山 1日目

飯豊の山は、前々から歩いてみたかった山です。どうして歩いてみたかったのか・・・。飯豊の山を歩いた方は、必ず「飯豊はいいでー」と言われるからか 花が咲き乱れるからか 紅葉がすばらしいからか 飯豊の山々の稜線のラインがきれいからか やっと稜線にたどり着いたときに見える360度の展望がすばらしいからか そんな情報 写真をみて一度 歩いてみたかったのだと思います。

昨年 秋にも計画をたてたのですが天候が悪く急遽 計画変更となり今回 計画実行となったのでした。
今年は、梅雨がスパッとあがりました。7月下旬は、どうだろうな?思いながら日々を過ごしていました。しかし 山行3日間 すべてガスガスと風で歩いた稜線 飯豊の山々を眺める事はできませんでした。まだ雨が降らなかっただけでもよかったのですが・・・。花には会えましたが、ガスと風の中 ブレブレの写真 こんなんでレポートなんて書けるかなと思いましたが 一応 行程や思ったことなど書き留めておこうと思いました。
公共交通機関を利用し 私の休み3日間+前後の日を十分に活用した計画なのです。


7月31日 中条グランドホテルー(タクシー)-胎内ヒュッテー(乗り合いバス)-足の松登山口ー大石山分岐ー頼     母木小屋(泊)
8月1日 頼母木小屋ー門内岳ー北股岳ー梅花皮小屋ー烏帽子岳ー御西小屋ー飯豊山ー本山小屋(泊)

8月2日 本山小屋ー切合小屋ー三国小屋ー川入


単独 避難小屋泊 休みは、7月31日~8月2日までとりました。30日は、明けでしたので名古屋より13時10分発の新潟行きの高速バスに乗りました。新潟まで1人で運転は、ちょっときついです。高速バスは、眠ったり本を読んだり食べたりできるので私は案外 好きなのですが名古屋までリュックを背負い歩くのが恥ずかしい。山行スタイルで歩く人を 高速バスに乗るまで1人もお会いしませんでした。私は、この高速バス 昨年 佐渡に行く時に乗りました。その時は、23時過ぎに出発したのですが その時も今回も予定時刻より30分ほど早く新潟に着いたので助かりました。しかし道路事情によりおくれたりすることもあるそうです。

30分新潟に早く着いたおかげで20時2分のJRに乗れました。これだと今日 宿泊ホテルのある中条駅に20時38分に着きます。しかしもし定刻着だと22時になってしまいます。中条駅にはタクシーが止まっていましたが歩くことにします。20分ほど歩き中条グランドホテルに到着 明日は4時30分にはこのホテルを出発します。そう思うとどこか駅で仮眠するのもいいかなと思ったのですが 私も女性ですのでホテル泊にしました。 

7月31日 あらかじめ4時30分にタクシーを予約しました。今から向かう 奥胎内ヒュッテから足の松登山口まではこの時期マイクロバスが出ています。第1便は、5時50分発 タクシーに乗らず歩くと1時間10分 利用できるものは利用します。中条のホテルから奥胎内ヒュッテまで40分~50分 今回 この計画をたてるにあたり参考にさせてもらったJOさんレポートによるとその時は8000円弱 今回 奥胎内ヒュッテに到着するまでにもうすでに9000円 タクシーの運転手さんによると タクシー代って5時前に乗車するとその分 割高になるそうです。良心的な運転手さんで9000円でとめてもらいました。降車時 テッシュもらいました。
RIMG0585_convert_20100806082432.jpg


空は 曇り。ホテルで見た天気予報では日本海側にも北海道にも低気圧がいます。今日は、曇りのち雨 明日は晴れ後曇り あさっては曇りという天気予報でした。

5時過ぎ 奥胎内ヒュッテ 
DSC00164_convert_20100806075206.jpg

ここで水を確保 ヒュッテの方に水場ってどこでしょうと聞くとヒュッテの前に 靴洗い場がありここの水もホテルの水と同じですよと言われここでくませてもらいました。ヒュッテの方がコーヒーもありますしトイレも使って下さいと声をかけてくれました。ここだとお風呂もあるし次回はここを利用するものいいかもしれません。奥胎内ヒュッテのマークになっている(ホテルの上のほうに書いてある鳥)この鳥 「アカショウビン」といいしこの鳥の写真をとりに来る人もいるそうですがなかなか出会えないそうです。

5時50分 マイクロバスに12人の登山者を乗せ足の松登山口へ 乗っている時間は6,7分 しかし 助かります。
DSC00165_convert_20100806075749.jpg

6時6分 皆さんにおくれて一番最後に出発
ここの道は 急斜と聞いていましたが本当に急です。しかしこの急斜を登り高度を稼いでいるんです。50分歩き休憩というペースで歩いてみました。曇っているからまだばてないんだ。これでいい天気だったら私 ばてているかも・・・と思いながら歩きましたがそれでも少しでも日が差してくれるとうれしくなってきます。

姫子ノ峰 滝見場 英三ノ峰 ヒドノ峰 イチジ峰 西ノ峰長い尾根を歩いていくだけありいろんな峰を通り歩きます。名前が独特です。

時々展望を眺めます。大石山分岐は、ガスの中です。
DSC00183_convert_20100806081516.jpg

DSC00185_convert_20100806080602.jpg
憧れの飯豊の山ではありますが 虫はどこに行ってもいるものです。服の上からも刺してきます。畜生!  

11時5分 大石山
DSC00189_convert_20100806084413.jpg

しかし しかし ガスガス!デボているリュックもありません。こんな日に えぶり差に行っても・・・。迷わず頼母木小屋に向かいます。ガスガスです。雨は降っていませんが風で露がしけてくる感じです。こんな日は イチデジはしまっておきます。誰も会わない なんか1人だと思うと4月に三嶺~剣山を歩いた時の天気に比べたら全然 不安はないのですがなぜかドキドキしてきます。私って小心者なのです。晴れていたら花がきれいだろうなと思うくらい松の足登山道とうってかわって花が咲いていました。

11時50分 頼母木小屋着 
1組がお昼休憩(この方達は、えぶり差小屋に今夜 とまり 大石ダムに下山するとのことでした) 昨日、御西小屋泊で熊本から見えた4人組が先着 そして私でした。時間的にはまだ先を歩けるけどこのガスの中歩くのはもったいないです。明日は天気なんだから・・・このときはそう思っていました。管理人さんの部屋に3人男性がみえて楽しそうに話していました。管理人室の前に水が管で引いてありビールが冷やしてありました。ビール(700円)を購入 昼食にします。そして昼寝 少し寝て目を覚ますと小屋に到着した人が増えてきました。
朝 足の松の登山口で出会った人は、誰もいません。皆さん えぶり差岳へ行かれたのでしょう。
17時過ぎになり 夕食のインスタントラーメンを作ります。私の夕飯はインスタントラーメン 単独で緊張もあるのかすごく空腹感はなくインスタントラーメンで十分です。それでも普段 お汁は飲まないのですが山行中は、お汁を飲み干してしまいます。2階は10人ほどの団体さん 1階も熊本の4人グループ 単独男性 福島の女性3グループ 新潟の男性2人組 そして私 各登山者が寝るスペースをきちっととりうまっています。
小屋の管理人さんの系列の方が 避難小屋へおしゃべりにみえました。近県から来ましたとはいえ、ここは新潟 福島 山形の3県にまたがる山です。また遠方から来た人もいて話しを楽しみにみえたのです。気さくでいい人です。何度か外に出てみます。ガスガスは変わらず 景色は見えず 明日もこんな天気やと管理人さんが話していました。最後に小屋にやってきた新潟のお兄さんからウィスキーをわけてもらい横になっていたら眠っていきました。 
スポンサーサイト



by つくだにちゃん  at 09:00 |  山登り(上信越) |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

つくだにちゃん

Author:つくだにちゃん
FC2ブログへようこそ!
重いザックは担げない弱力 歩くペースは遅い虚弱な自分ですが山登りは大好きです。これから登る山 今まで登った山など思ったこと 感じたことを綴っていきます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター