FC2ブログ

H22.8.13 西駒ケ岳 (桂小場より 展望を眺めながら・・・)

8月12日・13日は、連休でした。しかし 北アルプス方面は天気がいいことないようです。たとえ1泊2日山行でも 行きたい山はたくさんあるけれど 南アルプスとなると歩きたいコースは、2泊3日以上の日程コースなので1泊2日でどこへ行こうといろいろ考えていて「甲斐駒ヶ岳~早川尾根」を歩こうと思っていたら 台風発生!のため山を歩ける日が1日だけになってしまいました。どこへ行こうと考えてみたら 以前よりロープーウェイを使わず木曽駒ケ岳(西駒ケ岳)を歩きたかったので行ってきました。


桂小場ー大樽小屋ー西駒山荘ー駒ケ岳(往復)

単独 木曽駒ヶ岳をロープーウェイを使わず歩くコースはいろいろあります。木曽福島から登る「福島Aコース」「福島Bコース」上松から登る「上松Aコース」駒ヶ根高原側から登るコース そして今回 自分が歩いた桂小場からのコース。今回は、駒ヶ根高原側ではないコースを歩きたかったので桂小場から歩きました。他の福島コース 上松コースは、桂小場コースよりコースタイムが長いし 聖職の碑の碑をみたかったのでこのコースを歩きました。今回 桂小場の登山口に 木曽駒ヶ岳を西駒ヶ岳と書いてあったので西駒ヶ岳と記載します。

しかし 13日の天気 晴れ!というほどの天気ではないのです。単独山行より誰かと歩きたいなという思いもありましたがこういうときは 山へいく!という意志もきちっと確立されていないのです。前日 18時になりN師匠を誘ってみるのですがあいにく明日は仕事とのこと。師匠に「行ってくるわ」と話し。私の山へ行く意思が確立されたのです。

桂小場に着くと車は2台駐車していました。まだ暗いな。もう少し寝ようと4時50分に目覚ましをかけます。アラームがなりましたが駐車の車は、動く気配なし。もう少し横になっているといつの間にか 私の車の横に車が1台とまり出発準備をされています。私も準備しました。


5時30分 出発
この頃 車が2台ほどやってきました。登山口から駒ケ岳までのコースタイムは、5時間50分 今日は、日帰り装備でリュックも重くないのでと思いたかをくくっていました。甲斐駒ケ岳を東駒ケ岳というのに対し伊那側からは木曽駒ヶ岳を西駒ケ岳というそうです。ここでの標識も西駒ケ岳を書いてありました。
DSC00193_convert_20100815141441.jpg

少し歩くと「ぶどうの泉」という水場があります。おいしかったです。家で水を持ってきましたがここの水と入れ替えました。

6時50分 野田場 
ここも水場です。ここの水もおいしかったです。

登山道から大樽小屋まで600mほど標高をあげます。歩きはじめは笹が生い茂っていますが 歩いていくとこんなきれいな歩きやすい道となります。標高は上がるのですが歩きやすい道です
DSC00200_convert_20100815143839.jpg

7時50分 大樽小屋
DSC00201_convert_20100815143149.jpg
内部です。大好きな薪で焚くお風呂の匂いがしました。
DSC00202_convert_20100815143507.jpg

30分ほど歩くと6合目 ここから胸突き八丁で歩きやすい土道から岩 木の根混じりの登りに変わります。しかし大きく開かなければならない登りではなく私の小股歩行でも歩ける登りなのでそれほどえらくはなかったです。しかし蒸せます。

9時 津島神社 
DSC00211_convert_20100815145456.jpg
岩の中に「光苔」がありました。
DSC00210_convert_20100815145805.jpg
ちょっと幻想的です。
DSC00212_convert_20100815151649.jpg

9時43分 胸突の頭
ここからは、西駒山荘まで高低差のない歩きです。
9時53分 分水嶺からみる行者岩です。展望が見えるっていいなぁ。
DSC00224_convert_20100815151230.jpg

アサギマダラに会いました。
DSC00227_convert_20100815150738.jpg

10時20分 西駒山荘が見えました。ひっそりしています。
DSC00230_convert_20100815150432.jpg
西駒山荘のあたりには、コマクサが咲いています。この辺りには 以前はコマクサが群生していたそうですが絶滅してしまい再びここへ植生したそうです。少し 時期が遅いコマクサでした。
DSC00233_convert_20100815225837.jpg
ここからは、360度景色を楽しみながら歩けます。雲が多い日でしたが 南アルプスも見渡せたし 御嶽 乗鞍も雲の合間に見えました。もちろん これから向かう西駒が岳への稜線がみえ最後の馬の背辺りが手ごわそうです。宝剣岳 中岳も見えます。
DSC00239_convert_20100815230741.jpg
10時45分 遭難碑
DSC00241_convert_20100815231201.jpg
遭難碑より少しなだらかに鞍部へ下ります。そこから100m登り再び平坦な道を歩きそしてまた100mほど登り最後に少し登りきると西駒が岳頂上です。8合目辺りが 鞍部で濃ヶ池への分岐辺りです。桂小場からここまで歩いてきましたが追い越していった方2人しか会いませんでしたが ここからは頂上からこちらへ歩いてきて濃ヶ池を経由して歩く方がみえここからはにぎやかです。
濃ヶ池
DSC00251_convert_20100816000059.jpg

宝剣岳 中岳の姿が大きくなってくると頂上が近いです。
DSC00253_convert_20100815235620.jpg

12時40分 西駒ヶ岳頂上
DSC00258_convert_20100815232759.jpg

さすがに頂上にはたくさん人がいます。最後の馬の背が胸突八丁よりききました。南アルプス方面を眺めてお昼を食べている人 宝剣岳を眺めている人 さまざまです。
頂上から見る宝剣岳がかっこいいなと思いました。しかしカメラを向けるとガスの中でした。
DSC00264_convert_20100815233649.jpg

滞在時間 30分もありませんでしたが13時5分下山
西駒山荘から 桂小場まで長く感じました。ここからは本当に登山者が少ないため鈴を鳴らしながら歩きました。
今回 花はあまり撮らず景色ばかり撮っていました。やはり景色がみれるっていいなと思いました。登りに飲んだ水場で帰りも水を飲み18時に桂小場へ到着 しっかり看板も立っていて迷うことはなかったですがやはり薄暗くなってくると心細くなってきます。
しかし日帰り装備でリュックは重くないのに時間がかかってしまいました。私はこんなものかなと思い帰ってから他の方のレポートを読んでいたら皆さん もっと早いです。宝剣岳を回ってきたのに私より行動時間が随分短い方もいて大腿強化しようかなと考えてしまいました。しかしながら歩きたかったコースが歩けて満足です。変化に富んだたのしいコースです。また機会があれば他のコースも歩いてみたいなと思いました。中央アルプスも広いなと感じました。
スポンサーサイト



by つくだにちゃん  at 00:03 |  山登り(中央アルプス) |  comment (4)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments

変化球きまる

こんばんは。
ただでは転ばないつくだにさん。
いきなりの変化球は、打者を翻弄させてくれますね。今回はなかなか渋い山行でしたね。しかし、あなたの今回の山行は大正解だったみたいですね。14日の南アルプスは風雨が激しく、白峰三山の縦走は、散々でした。と冗談を飛ばしているみたいですが、マジすごい状況で、昨年の表銀座を思い出しました。何度も耐風姿勢を強いられ、ハイマツや岩に掴まったことか。一年一度は必ず、反省の山行がありますね。これに懲りずにまた次回もがんばります。はい。
by 隊長 2010/08/16 21:43  URL [ 編集 ]

Re: 隊長さん

隊長さん お帰りなさい。
西駒が岳の稜線から 南アルプスをみては隊長さんの山行はどうだろうと
思っていました。

> 何度も耐風姿勢を強いられ、ハイマツや岩に掴まったことか。
山深い3000m級の山の中で悪天候 大変でしたね。
うさぎさん 体調くずしてませんんか? 

桂小場からの歩きは変化が富んでいいコースです。

私も「台風一過」という言葉ばかり頭に浮かんでいました。
私が下山した時に 駐車場に明日 このコースを登る方がみえて
私ったら「明日は いい天気ですよ」なんて話してしまい 翌日の
天気が悪くって心苦しくなってきました。
白峰三山 いいコースです。また歩いてください。
by つくだに 2010/08/16 22:21  URL [ 編集 ]

お疲れ様です

木曽駒を日帰りですか。結構な距離じゃないですか?
12時間以上の行動時間で、最後は夕闇迫る中の18時着。途中涙目になりませんでしたか? 場所は違えど、僕はなりました。(嗚呼、ネタばらし・・・)
でも充実感はとても高いでしょうね。
by ゆきっち 2010/08/17 23:24  URL [ 編集 ]

Re: ゆきっちさん

ゆきっちさん おはようございます。

もう少し歩くのが早かったらまた違った山行が楽しめるんじゃあないかなと
いつも思うのです。たとえば3日かかる山行でも2日で楽しめるとか・・・。
私は、歩くのが遅いので行動時間が長くなってしまいますが 他の方の
レポートを読むともう少し行動時間は短いんですよ。

やはり 時間が押してくるとこの道であっているのかななんて不安になって
きたりはします。鈴を手に持ちならしながら歩きました。
18時に下山なんて問題ありですね。
今の時期だけにしますね。

私は、昨年 ゆきっちさんが歩いたコースを下りました。
登りは大変だろうなと思っていました。今の時期 このコースを登る方 
ゆきっちさんのほかに見えたのですか?でも このコースも好きです。
レポート楽しみにしています。

by つくだに 2010/08/18 06:50  URL [ 編集 ]
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

つくだにちゃん

Author:つくだにちゃん
FC2ブログへようこそ!
重いザックは担げない弱力 歩くペースは遅い虚弱な自分ですが山登りは大好きです。これから登る山 今まで登った山など思ったこと 感じたことを綴っていきます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター