FC2ブログ

H22.9.2.~9.5 西穂~奥穂~前穂 3日目

4時頃 起きました。私の昨日のバテ状態を見て今日は白出沢へおりることをすすめられます。私は、今回 西穂から奥穂を歩くのも目標だったのですがつり尾根からおり(私にとって4つ目の穂高山頂を踏むことになる)前穂の頂上に立つことも目標でした。以前 大キレットを歩いた時 予定としては奥穂からつり尾根~前穂~上高地へ下る予定でしたこれまた私前日 バテていたので白出沢へ下山しました。これは私も納得下山しましたが 体調も戻っているし 今日は上天気! ここまで来て指をくわえて下山ですか・・・・と思い体調は大丈夫だと話しました。「もう穂高にはこれないかもわからん・・・」なんて話し、つり尾根~前穂~上高地へ下ることとなりました。  4時45分 奥穂岳山荘出発 山荘の前には 日の出を見る人 奥穂方面に登る人 涸沢岳方面に登る人が準備しています。奥穂への登るほうを眺めるとチカチカとライトが光っています。
DSC00545_convert_20100911081824.jpg

日の出はいいものです。特に山でみる日の出は、得をした気持ちになり1日何かいいことがありそうな気がします。日の出も下界で見ると 「今日も暑いな」という会話で終わってしまいますけど・・・。
DSC00554_convert_20100911082322.jpg

槍方面
DSC00557_convert_20100911083720.jpg

昨日登ったジャンダルム もう人がジャンダルムのほうに向かい歩いています。
DSC00564_convert_20100911084021.jpg

奥穂岳の頂上に来たのは4年ぶり 以前来たのは H18年のゴールデンウィーク 雪景色と穂高の山々がきれいでしたが今回 こんな写真を山頂でとってもらえてうれしいです。
DSC00567_convert_20100911084326.jpg

天気もよく展望抜群 スゥイングパノラマいいです。
DSC00572_convert_20100911083206.jpg

これから歩くつり尾根 前穂の山々 雲海 南アルプス 富士山もみえます。
DSC00576_convert_20100911082802.jpg

30分ばかり奥穂岳の頂上で写真を撮っていました。
6時 つり尾根に向かい出発です。目の前の前穂を見てどうやってたどり着くのかなと思いました。

こんなくさりのところもありました。
DSC00586_convert_20100911102021.jpg

焼岳 乗鞍岳 御嶽 霞沢岳 上高地見えます。 白山も見えました。
DSC00593_convert_20100911103804.jpg

7時11分 最低のコルの分岐

西側巻いて水平道ぽい道が続いています。
DSC00605_convert_20100911103135.jpg

7時45分 紀美子平 この名前を聞くと以前山の会にみえた紀美子さんを思い出すのです。

8時25分 前穂高頂上 初めて頂場に立ちました。天気もいいし展望もいいしいいところです。
DSC00633_convert_20100911084903.jpg

前穂岳頂上から見るジャンダルム~西穂岳
昨日は、あそこを歩いたんです。なんか信じられません。
DSC00615_convert_20100911104853.jpg

前穂岳頂上から見る奥穂岳~槍ヶ岳
DSC00619_convert_20100911105303.jpg

DSC00630_convert_20100911105709.jpg

本当に前穂岳頂上にはもっといて展望を眺めていたかったのですが後ろ髪を引かれる思いで後にしました。
紀美子平で休んでいる人の人数が増えていました。

11時40分 岳沢小屋
岳沢小屋はこの7月小屋の営業を再開したそうです。昔から穂高を歩いている人には岳沢小屋はなじみのある小屋だと思います。私は、このコース歩くのは初めてなのでこの小屋とも初対面です。きれいな小屋でした。
前穂から下山する人もこれから登る人も一服できるいい小屋です。
DSC00647_convert_20100911081447.jpg

DSC00646_convert_20100912205622.jpg

岳沢小屋から上高地の丁度 中間地点の風穴 自然のクーラーでとても涼しいです。しばらく当たっていてさてと歩き出すとなんか歩き心地がおかしい ソールがはがれかけてきていました。よかったです。山行の終盤で・・。

14時15分 岳沢登山口
登山道の脇に流れている湧き水を飲みました。おいしかったです。
DSC00650_convert_20100911075018.jpg

ここからは、上高地の散策ロードです。標高1500mの上高地でも暑い!観光客の人に混じって歩くのは1人だと恥ずかしいですが1人じゃあないとなんか堂々と歩ける感じがします。

穂高の山々は 地味と派手なら派手 田舎と都会なら都会 みたいなイメージがあります。それでいて岩稜で決してたやすい山歩きとはいえません。地味で田舎好きな私は、派手な都会に来るとすごく疲れ緊張しますが久々に今回 穂高の山から展望を眺めてやっぱりいいなと思いました。もう穂高はこないかもしれない・・・・いえいえまたこれからも歩きたい穂高の山々です。

今回歩いた 西穂~奥穂コース 奥穂にたどり着くのに本当に時間がかかった でも歩きたかった どんなコースなのか 上高地から眺めていた景色からどんな景色が見えるのか 見たかったのです。 つり尾根~前穂も歩けてよかった。この夏初めての北アルプス よかったです。M師匠 じんじんさんんありがとうございました。
スポンサーサイト



by つくだにちゃん  at 23:42 |  山登り(北アルプス) |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments

穂高に行くか

最近、西穂~奥穂のレポをよく見るような気がします。
僕も一度歩いてみたと思っているコースなので、今度チャレンジしてみようかしら。テント泊だとこのコースを歩くのに荷物が重すぎかな?
by ゆきっち 2010/09/20 00:55  URL [ 編集 ]

Re: ゆきっちさん

ゆきっちさんも西穂~奥穂 歩いてみてください。
ゆきっちさんなら大丈夫です。三点確保 ルートをはずさなければ大丈夫です。
テント泊で歩かれる人も見えますよ。でも荷物の軽量化も大事だと思います。
天候のいい日を狙って歩くとまた新しい展望がみえていいですよ。
私は、縦走路をつなぐという目的もありましたがそれよりも 縦走路から
の展望が見たかった、ジャンダルムの上からの展望を見たいなんていう
思いがありました。
ゆきっちさんが歩いた後のレポートも読みたいです。


by つくだに 2010/09/20 19:52  URL [ 編集 ]
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

つくだにちゃん

Author:つくだにちゃん
FC2ブログへようこそ!
重いザックは担げない弱力 歩くペースは遅い虚弱な自分ですが山登りは大好きです。これから登る山 今まで登った山など思ったこと 感じたことを綴っていきます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター