FC2ブログ

H22.9.18~19 早月尾根を経て剱岳 1日目~西側から剱をのぞむ~

9月18日~19日 N師匠と天狗山荘から唐松岳へ不帰のキレットを歩くか早月尾根から剱岳山行を予定していました。西穂~奥穂縦走の時にそのことをじんじんさんに話すとじんじんさんも参加することになりました。行き先は、早月尾根から剱岳 まだそこを歩いていないM田君 RINちゃんもご一緒することになりました。

しかし 先日 西穂~奥穂を歩いた時 バテましたので今回 健脚組みのじんじんさん M田君 RINちゃんと合同ということで私は 少々緊張気味。ドタキャンしようかなという思いがわいてきましたが今回 私は、食事担当ということでドタキャンは許されず。N師匠と私達は、自分達のゆっくりペースで歩こうと開き直り参加しました。


18日(土)
駐車場 6:20 ~ 登山口 6:29 ~ P1000 7:11 ~ P1200 8:00-08 ~ P1400 8:43-9:00 ~ P1600 9:17 ~ P1800 10:13 ~ P2000 11:20 ~ ひょうたん池 11:34-50 ~ 丸山 12:30 ~ 早月小屋 12:35

19日(日)
早月小屋 5:00 ~ P2400 5:38 ~ P2600 6:21-30 ~ P2800 7:17 ~ 剱沢分岐 8:06 ~ 剱岳 8:12-55 ~ 早月小屋 11:50-12:20
P2000 12:58 ~ P1800 13:45 ~ P1600 14:26 ~ P1400 14:37-55 ~ P1200 15:27-35 ~ P1000 16:11-20 ~ 登山口 16:45

じんじんさん M田君 RINちゃん N師匠 私
17日 21時30分に集合 N師匠の車にて東海北陸道を走り富山へ。東海北陸道 高山より先は初めての走行です。18日 1時頃 馬場島に到着 駐車場には数台 車はとまっていましたがまだまだ駐車スペースあり しかし朝 目を覚ますと駐車スペースがないくらいぎっしり車がとまっていました。3連休ですから・・・・。

18日 
6時20分 駐車場出発しテントサイトを通り抜け登山口へ
この 石碑の写真 早月尾根のレポートを読むと必ず見ました。今回 実際 見れました。
DSC00654_convert_20100923093556.jpg

丁度 登山口は標高760mくらい 以後200m標高が上がると標識があります。
DSC00655_convert_20100923094115.jpg

一息 登ると道が平坦となり再び登ると平らな標高1000m地点に着き、そこにベンチがあります。登ってまず第1回の休憩をとるのにいいところです。そこからは15分ほど平らな道を歩きます。15分ほど平らな道を歩いていると ここが3大急登の早月尾根っていうことを忘れてしまうくらいで遊歩道のようです。日本三大急登といえば 飛騨山脈・烏帽子岳へのブナ立尾根、赤石山脈・甲斐駒ヶ岳への黒戸尾根、上越・谷川岳への西黒尾根 、北アルプス三大急登 といえば剱岳の早月尾根・烏帽子岳 (飛騨山脈)のブナ立尾根・笠ヶ岳の笠新道・燕岳の合戦尾根 と言われています。その三大急登と言われる 西黒尾根(以前厳剛新道を下山)、笠新道(以前下山)は登りとして歩いていませんが、今回の早月尾根は、登りでも下りでもお初の尾根です。長い尾根って距離はあるけど 登ったり平坦な道があったり変化に富んでいて楽しいと思っていましたがこの平らな道15分ほど歩いた後 ほぼ登り一辺倒でした。

1200mに着くまでに巨木が見られました。隊長さんのレポートによるとこれが立山杉と言われる巨木なんだろう。

DSC00661_convert_20100923103230.jpg

先頭を歩くM田君 RINちゃん 登りが続くのでほどよいところで休憩をとってくれます。以後 標高200m登ることに休憩をとることにしました。なるべく道の先を見ず 下を見て 1歩1歩小股で登ります。先日の西穂~奥穂の歩きに比べるとちょっと調子がいい!余力十分というほどではなくスロウペースではあるけどハァハァと息が切れるわけではなく立ち止まってしまうこともないのでちょっと安心。どこまで続くかな?
1400mを超えると猫又山が現れました。それに続き赤谷山 白萩山 赤ハゲ 白ハゲが見えます。
DSC00673_convert_20100923165502.jpg

標高1600m 1800mの標識は実際の標高より低いと思います。M田君 RINちゃんには、今日の行き先は、小屋までなので先に行ってもらいます。

標高2000mで早月尾根まであと1km 池がありその中におたまじゃくしが泳いでいると思いきやそれはサンショウウオでした。手に取り眺めるとひょこひょうこしてかわいいです。

DSC00684_convert_20100923125010.jpg

この池を過ぎざれた岩をロープ伝いのぼり少し行くと丸山 見晴台のような場所でガスの中に赤い早月小屋の屋根が見えました。

12時35分 早月小屋到着
DSC00689_convert_20100923124436.jpg

M田君 RINちゃんはすでにテントを張ってくれて小屋の前の椅子に座りつまみを用意しビールを飲んでいます。テント場には何張りかのテントがすでに張られていて今回 5人用のテントが張れてよかったです。今日は、小屋の宿泊者も多いようで楽しみにしていたおでん ラーメンの営業はしていないようです。テントの外に座り皆でビールを飲む。つまみをあぶり食べる。まだまだ時間はあるのでマッタリ飲んだり話しをしたりして過ごしました。

DSC00687_convert_20100923124748.jpg

ガスがわいてきて少々 肌寒く感じテントの中に入り夕食の鍋を作り食べる。途中 雨が降ってきたがいつの間にかやみ夕日が見えました。大日三山 富山の街 海が見えました。

DSC00700_convert_20100923123240.jpg

剱岳方面を眺めます。ブロッケン現象で歓声が上がっているが剱岳は見えそうで見えません。険しい小窓尾根を見ながら明日の剱岳の対面を楽しみにしました。

DSC00696_convert_20100923123726.jpg

DSC00694_convert_20100923124048.jpg
スポンサーサイト



by つくだにちゃん  at 17:03 |  山登り(北アルプス) |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments

No title

お疲れさまでした
僕も今日は時間があったのでレポ書きました。
つくだにさん、僕は決して健脚ではないですから、ご安心を・・・
でも、2日とも晴れてよかったですね。 憧れの剱岳の山頂からの展望、最高でした。 時間が許すならあと1時間は居たかったです。
早月尾根はやっぱり3大急登のひとつと言う実感が今湧いてきました。 と言うのも筋肉痛(ふくらはぎ)が未だに治りません。
階段の上り下りが大変です。
また、一緒にのぼりましょう!
by じんじん 2010/09/23 17:59  URL [ 編集 ]

Re: じんじんさん

お疲れ様でした。

> 憧れの剱岳の山頂からの展望、最高でした。 時間が許すならあと1時間は居たかったです。
私も同感です。時間が許されているなら何枚でも同じ写真をとり展望を眺めていることでしょう。

早月尾根から剱岳 ずっと行きたかったけど今まで何かきっかけがなく行けなかったコースです。
今回 行けてよかったです。

今回は、久々 M田君 RINちゃん じんじんさんとテント泊 楽しかったです。ありがとうございました。




> お疲れさまでした
> 僕も今日は時間があったのでレポ書きました。
> つくだにさん、僕は決して健脚ではないですから、ご安心を・・・
> 早月尾根はやっぱり3大急登のひとつと言う実感が今湧いてきました。 と言うのも筋肉痛(ふくらはぎ)が未だに治りません。
> 階段の上り下りが大変です。
> また、一緒にのぼりましょう!
by つくだに 2010/09/23 21:22  URL [ 編集 ]
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

つくだにちゃん

Author:つくだにちゃん
FC2ブログへようこそ!
重いザックは担げない弱力 歩くペースは遅い虚弱な自分ですが山登りは大好きです。これから登る山 今まで登った山など思ったこと 感じたことを綴っていきます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター