FC2ブログ

H22.9.18~19 早月尾根を経て剱岳 2日目~西側から剱をのぞむ~

夜中にトイレに起き空を見上げると星が出ていました。4時30分に起床
5時テント場 出発
まずテント場より目の前にあるこの斜面を登っていかないといけません。先に出て行かれた登山者のヘッドライトの光が蛍のようにチラチラと見えます。登っていくと 下にテント場が見えました。樹林帯をぬけると大日三山 別山方面がみえつつあります。30分ほど登り 標高2400m付近に着きました。朝1番の登り ちょっとしんどいけどRINちゃんはスタスタと登って行きます。 早月小屋とテント場を見下ろす
DSC00703_convert_20100923192335.jpg

徐々に高度を上げていくと展望が開けてきます。楽しみです。
剱岳が顔を出しました。
DSC00719_convert_20100923193659.jpg

早月尾根から登ると剱岳方面は逆光になりどうしても暗く写ります。
剱岳のシルエット
DSC00722_convert_20100923194215.jpg

標高2600m過ぎた辺りからN師匠が生唾を吐き出しました。本人は「ゆっくり行く」と言います。今回 初めてアルプスでの山行をともにしたRINちゃん達は少し驚いたようですが「いつものことです」と話し先に行ってもらいます。N師匠もここ最近 登山を初めたわけでなく自分が高山に弱いことはわかっているので本人に任せます。天候は悪くないし 今回はピストンなので無理と思ったら引き返すだろうし 大丈夫なら登ってくるだろうし・・・。時々 N師匠の姿を見て手をふり名前を呼ぶと元気に振り替えしてくるので大丈夫でしょう。

大日三山の向こうに白山
DSC00738_convert_20100923195705.jpg

DSC00751_convert_20100923182210.jpg

カニのはさみ 
どうして剱岳には「カニの横ばい」「カニのタテバイ」「カニのはさみ」などカニと称すところがあるのでしょう
DSC00756_convert_20100923180923.jpg

別山側から登ってくる登山者と合流して頂上へ

8時30分 剱岳頂上
DSC00780_convert_20100923173446.jpg

三角点
DSC00778_convert_20100923175159.jpg

猿板さん ありがとう いただいたサブザック 剱岳より立山三山裏銀座の山々から槍ヶ岳まで見渡しています。
DSC00788_convert_20100923173903.jpg

立山三山の辺りに槍ヶ岳が見えました。
DSC00787_convert_20100923174642.jpg

今から源次郎尾根に向かわれるのか クライマーの方 
来年は隊長の姿がここにあるかもわかりません。
DSC00771_convert_20100923175539.jpg

下りの早月尾根 長いです。早月尾根を見て「別山側から登ってきてよかったね」と話す登山者もいました。
DSC00767_convert_20100923180208.jpg

もっと頂上にいたかったです。満足いくだけ写真をとって満足いくだけ展望を眺めたかったですが下山のことを考えるとそうも行きません。

9時下山 
別山側からの登山道 渋滞しています。 
IMG_0995_convert_20100923181631.jpg

DSC00804_convert_20100923200827.jpg

M田君 RINちゃんは一足先に下山
じんじんさん N師匠 私は 途中休憩をはさみ地図を見ながら山座同定します。

11時45分 テント場到着
皆でテントを片付け 昼食としてパンをかじり12時20分下山

途中 N師匠が膝の痛み出現 痛みがなかったら私より下山は早いのですが今回は ゆっくりペースです。
M田君 RINちゃんが 先に進むのですが 師匠の為に 随時休憩をとって待ってくれます。長い下り一辺倒 でこれもまた大変です。200mごとに「ただいま標高○mです」と師匠に伝え下山します。登山口に着いたころは、よくがんばったとえらそうですが師匠をほめたい気分になりました。もちろん自分もほめます。
16時45分 駐車場着
皆が待っていてくれました。温泉に入りラーメンを食べ高速に乗り集合場所へ戻ります。
N師匠と私は、皆さんと別れてから 空腹を感じ 新しくなった御在所SAでトンテキ定食を食し帰宅しました。

今回 私の勘違いで6人テントを分散して持ってもらったり バテたN師匠の荷物を持ってもらいました。スロウペースでいたるところで待ってもらいました。M田君 RINちゃん じんじんさん ありがとうございました。「試練と憧れ」その言葉がじんわり染みてくる今回の山行でした。 
スポンサーサイト



by つくだにちゃん  at 20:42 |  山登り(北アルプス) |  comment (4)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments

今度は北から?

剱岳登山、お疲れ様でした。
僕もむか~し昔、早月尾根から剱岳に登りました。ひたすら長い尾根だな~と言う印象です。
別山方面の渋滞がまたすごいですね。こんな中で夕立でも来たら大変だろうな~。
僕はその後、剣沢~池の平~阿曽原温泉~祖母谷温泉と泊まり歩きました。もう10年前の夏の事です。
長い長い剣沢雪渓の下りに緊張したり、その後の沢沿いの道も残雪と沢の轟音にびびったり。雪渓が崩れそうで危ないとの事で地下の線路を通って阿曽原温泉に行きました。
でも一番印象に残ったのが、池の平小屋の五右衛門風呂から見た八つ峰です。単独登山者は池の平山へ行ってしまい、管理人さんも奥に消えてしまい、八つ峰の眺めを独占してました。
それ以来、剱岳は登ってません。

つくだにさんも今度は北側から眺めて見てはいかがですか?
by ゆきっち 2010/09/23 23:34  URL [ 編集 ]

Re  ゆきっちさん

ゆきっちさん 私もそう考えていたところなんです。2年前に 下の廊下~阿曽原温泉~仙人池~真砂沢小屋とグルリ1周してきた時 天気が悪くて裏つるぎが見えなかったんです。今度 歩くなら池の平で泊まりたいと思っていたんですよ。ゆきっちさんは、歩いたことがあるんですね。五右衛門風呂につかり八つ峰独占なんてうらやましい。
by つくだに 2010/09/23 23:45  URL [ 編集 ]

感動しました!

西穂~奥穂の縦走や剱岳早月尾根踏破など、つくだにちゃんの山行記には大いに感動し、楽しく拝見しました。ずいぶん本格的なコースばかりですね。私なんか、もうトシですので、登山を計画する時は「どのコースが一番楽かな」なんてばっかり考えていますので、頭が下がります。今は登山が楽しくて仕方がない時期でしょうね。今後のご活躍も大いに楽しみにしています。
by ぐっちゃん 2010/09/24 21:08  URL [ 編集 ]

Re: ぐっちゃんさん

歩くのは遅いし体力はないのに皆さんのレポートを読んでいると興味ばかりわいてきて歩きたくなります。
ぐっちゃんさんは、100名山を歩かれそのレポートは、興味深いです。自分が今まで歩いた山のレポートやこれから行きたい山のレポートを読ませてもらったり・・・。そして何よりもうらやましいのは健脚なことです。
歩きたいコース 山はたくさんあります。なかなか自然相手ですので思うようにいきませんがいままでぐっちゃんさんが歩いてみえたように私もじっくり歩いて行きたいと思います。



by つくだに 2010/09/25 20:31  URL [ 編集 ]
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

つくだにちゃん

Author:つくだにちゃん
FC2ブログへようこそ!
重いザックは担げない弱力 歩くペースは遅い虚弱な自分ですが山登りは大好きです。これから登る山 今まで登った山など思ったこと 感じたことを綴っていきます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター