FC2ブログ

H22.11.6~7 池小屋山~ナンノキ平 2日目

11月7日
夜中 2回ほど目が覚めました。またいつもと同じように鹿が鳴いていました。そうです。ここは鹿の生きていく場所ですから・・・。10月の霞沢岳山行のとき 徳本峠小屋の方に下山時 「島々への登山道 熊おるかな?」と聞くと「ここは熊が住むところ そこへ人間がきとるんやで熊はおる」と言われました。本当にその通りです。

6時頃 おきました。湯を沸かしカフェオーレを飲みパンを食べました。それぞれ朝ごはんを食べつつ仕度をします。辺りを見渡してみると黄色く紅葉していました。

7時20分 幕営地出発
DSC01308_convert_20101109120743.jpg

今日は、予報どおり空は曇っています。昨夜は たくさん星が出ていたのですが・・・。

このあたり 地図を見ていても(迷)マークが見られます。見渡しのよい林の中を調子よく歩いたりしていると違う尾根に入ってしまいコースを見落とすこともあります。こういうテーピングマークを見ると安心します。
私達もこれから左の尾根に入ってしまい右へ修正したのでした。
DSC01315_convert_20101109155855.jpg

軌道修正のため右の尾根に向かうとこんなきれいな紅葉が見えました。
DSC01337_convert_20101109162358.jpg

この景色をズームアップすると
DSC01338_convert_20101109162757.jpg

DSC01340_convert_20101109164045.jpg

水越 水越から岩稜へとひと登りします。
DSC01349_convert_20101109164438.jpg

DSC01352_convert_20101109164927.jpg

途中 見晴らしのいい岩場に出ます。そこでそれぞれが撮影します。じんじんさんは寝ながらの撮影です。
隊長さんによるとこの辺りの岩はハワイの海底に堆積した地盤が移動してできたものらしいです。石を見てみると幾重の層よりできていて案外もろいです。
DSC01358_convert_20101109165322.jpg

ここからもうひと登りです。
DSC01370_convert_20101109170037.jpg

古ヶ丸山が近づきました。
DSC01371_convert_20101109170443.jpg

ひたすら登ります。しかし周囲は黄色く色づいていてきれいです。隊長さん じんじんさんは 木について本当に詳しいです。
DSC01374_convert_20101109170947.jpg

最後 少し急斜 木の根をつかみ岩をつかみ岩の峰につきました。皆さん リュックを置き姿が見えません。
DSC01377_convert_20101109171857.jpg
 
9時50分 野江股の頭
DSC01385_convert_20101109124111.jpg

DSC01401_convert_20101109172725.jpg

DSC01402_convert_20101109173320.jpg

P1226からナンノキ平へ向かいます。

10時35分 ナンノキ平 地図には載っていないナンノキ平 この木がシンボルだそうです。ここでひと休憩し
後は下りです。
DSC01408_convert_20101109123342.jpg

ここから1000M付近になると青々とした植林帯があらわれ現実の世界に引き戻されたような気がします。
DSC01416_convert_20101109122838.jpg

急斜ではありませんが落ち葉で滑るのに気をつけて下ります。
12時20分 江馬小屋林道終点 
DSC01420_convert_20101109122423.jpg

春・秋の鈴鹿・台高テント泊 私は今回で3回目の参加です。回を重ねるごとにこの楽しさがわかってきました。次回もお手柔らかなテント泊山行お願いします。 楽しみにしています。

帰りは、ふと思い出し金・土・日曜日しか店を開けないパン屋さんに久しぶりに寄ってみました。このパン屋さん12時にOpen 30分もたたないうちにほとんど売れてしまう口コミのパン屋さんです。13時30分でしたが店に寄ってみると1個 残っていました。ラッキーです。
RIMG0008_convert_20101109222900.jpg


飯高の道の駅でお風呂でも寄っていこうかなと思いましたが駐車場に車がいっぱいでしたので寄らず帰りました。
スポンサーサイト



by つくだにちゃん  at 22:54 |  山登り(台高) |  comment (6)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments

正に「錦秋」

「錦秋」と言う言葉がふさわしい風景ですね。こんな中でテント泊とはうらやましいです。僕の小秀山での一泊山行は寒かったし・・・おまけに今年は一度もテント泊をしてないし・・・
あとパンがおいしそうです。天然酵母のパンなんて最近食べたことないや。
by ゆきっち 2010/11/11 01:10  URL [ 編集 ]

素晴らしい紅葉でしたね

 つくだにさん、こんばんは。
 台高テント泊は素晴らしい紅葉に恵まれてよかったですね。私もこの秋台高のテント泊を考えていましたが、ちょっと日程が合わず、次の機会にすることにしました。

 ところで、今回のテント泊のコースは、私も今年の5/2-3でテント泊しています。ただ、最後は迷岳まで足を延ばし、最後はスメールに下山しました。
by kitayama-walk 2010/11/11 01:22  URL [ 編集 ]

Re: ゆきっちさん

秋になり地元の山に戻ってきました。鈴鹿にしろ台高にしろいい山です。
日帰りで行こうと思えばいけるのですが テント泊でゆっくりまったり
過ごすと何倍も楽しみがひろがりますね。
こういう山行 ゆきっちさんの山の楽しみ方ではないでしょうか?

今年は紅葉がきれいと言われていますが 山には行っていてもなかなか
自分がその時に山に行って紅葉ドンピシャ!てことはないですよね。
近場の御在所岳でも今年は紅葉がきれいだそうですがなかなか行けません。

パンは 本当においしいんですよ。お店も小さいし情報も口コミで広まって
いったようです。若い女性が作っているんですけどいい職人さんそして素敵な
生き方をされているなと思います。




by つくだに 2010/11/12 15:35  URL [ 編集 ]

Re: kitayama-walkさん

kitayam-walkさん お久しぶりです。
レポートのほうは楽しみに読ませていただいています。

kitayama-walkさんも5月にあるかれましたよね。その時、1日目
野江股の頭を越えたところまで歩かれていましたよね。健脚ですね。
私は、P1226付近から白倉山~大熊の頭を歩いていないのでまた歩いて
みたいです。

kitayama-walkさん よく山を歩いてみえますね。レポートなど
紹介していただきたいですがなかなかお忙しそうですね。
気長にまっていますね。ダイジェストでもいいですが・・・。


by つくだに 2010/11/12 15:44  URL [ 編集 ]

お疲れさまでした

僕もやっとレポ書き終えました
写真を整理していて、黄葉の美しさを再認識しました
秋の夜長、焼酎や梅酒のお湯割を飲んで、体もポカポカで気持ちよかったです
次回は春と言わず、雪の上でテント泊に行きましょう
ぜんぜん寒くないですよ
by じんじん 2010/11/13 19:00  URL [ 編集 ]

Re: じんじんさん

こんばんは
秋の台高ミニ縦走 よかったですね。
黄葉 きれいでした。風も吹かなかったので夜も心地よかったですね。
こういうテント泊 いいですね。

じんじんさんも隊長さんもよく木の名前 ご存知ですね。
あまりの自分の無知に恥ずかしくなります。
1つ名前を覚えると 1つ頭の中から名前が出て行ってしまいます。


by つくだに 2010/11/15 19:55  URL [ 編集 ]
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

つくだにちゃん

Author:つくだにちゃん
FC2ブログへようこそ!
重いザックは担げない弱力 歩くペースは遅い虚弱な自分ですが山登りは大好きです。これから登る山 今まで登った山など思ったこと 感じたことを綴っていきます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター