FC2ブログ

H22.12.19 竜ヶ岳 (ダイヤモンドは拝めず・・・)

竜ヶ岳というと三重県在住の私は鈴鹿の竜ヶ岳をパッと思い出しますが インターネットで検索するとそこよりも本栖湖畔の竜ヶ岳 ダイヤモンド富士で有名な竜ヶ岳がまず表示されます。「ダイヤモンド富士」12月から1月にかけて富士山の頂上より太陽が出て 太陽が沈む この現象を言います。ニュースでも取り上げられていて私も以前から興味がありました。今年は、ダイヤモンド富士を見ることも今年の課題でした。 単独山行は、そう気にならない私ですが 冬場の山行の単独は苦手です。12月の勤務がでて22日にN師匠に「行きませんか?」とお誘いしてみます。しかし22日前後は、天気が悪そうです。19日山の会の山行 参加者がN師匠と私しかいなかったので急遽行き先を ダイヤモンド富士を見るため竜ヶ岳に変更しました。

12月18日 20時に自宅を出発し本栖湖畔駐車場に19日1時に着きました。途中 月明かりはあるものの空には雲が多いです。しかしうす暗い中 どっしりと雲にまったく隠されていない富士山を見たとき言葉が出ないくらい神々しく思えました。本栖湖へ入りすぐの駐車場へ車をとめました。そこだとすぐ近くにきれいなトイレがあります。車は3,4台しかとまっていませんでした。

5時前に車を登山口に移動します。この駐車場には車が十数台泊まっていて今から歩き始める方も多かったです。
私達は5時20分駐車場 出発 今回はN師匠 フイルムカメラ 大きな三脚をもっています。
キャンプ場に入って行きます。まだ暗いです。竜ヶ岳登山口という標識をたどり歩きますがあたりが暗いので見失ってしまいます。キャンプ場なのでどこでも自由自在に歩けるのでそれも要注意なのです。
10分ほど歩き竜ヶ岳登山口に着きました。
来た道よりヘアピンカーブのようにクルリと方向転換し登りはじめます。
整備された落ち葉さえあまり落ちていない登山道です。ヘッドライトが霜柱を照らすと光ってきれいです。ここを「クリスタルロード」と名づけましょう。登り始めは久々の山歩きで少しえらいです。雑木林のつづれ折れの登山道を25分ほど歩きます。
ベンチのあるところで富士山が見えました。
DSC01646_convert_20101221063235.jpg

雲はゆっくり流れています。しかし 方面に富士山の頂上を覆い隠すほどの雲が待ち構えています。ダイヤモンド富士は無理かなというと N師匠が「大丈夫!」と言いますがどう考えても大丈夫ではないです。師匠の脳天気はどこから来るのか・・・と一瞬思いました。

石仏からまたまたつづら折れに登ります。この登り ずーつと富士山を眺めながら歩けるのです。
周囲の山が朝日に焼けてきれいです。
DSC01658_convert_20101221224626.jpg
 
7時20分 頂上
DSC01666_convert_20101222225846.jpg


皆さん 日が昇る時間を待ちながら雲が晴れるのを待っています。ここは この時期 常連の方が多いようです。
「もう 日が昇る~」「日がでやんな」「あと5分ある!」と皆さん 思いは一緒ですがさまざまな声が飛び交います。
DSC01667_convert_20101221064359.jpg

結局 雲に覆われてダイヤモンド富士を見ることはできませんでした。少したってから雲の隙間から太陽が少し見えました。竜ヶ岳を歩いている間 富士山の山頂が見えたのは、登りの最初のベンチで見たときだけでした。
しかし 寒くなってきました。下山します。帰りは、違う道で下山する方法もあったのですが暗くって登ってきた道もどんな風だったのかわからなかったのできた道を戻る事にしました。所々 土が凍っているので要注意です。
DSC01670_convert_20101221215807.jpg

頂上は見えずともすそ野に日差しが差し込んでいます。
DSC01681_convert_20101221221608.jpg

石仏の傍の東屋で朝食を・・・といってもカップラーメンですが・・・。温まりました。
石仏から竜ヶ岳をのぞむ
DSC01684_convert_20101221225849.jpg

右から北岳・間の岳・農鳥岳
DSC01686_convert_20101221221947.jpg

こんな道をあるいたのかと思いながら・・・。
DSC01685_convert_20101221230924.jpg

9時40分 下山 ここが登山口です。
DSC01688_convert_20101221215029.jpg

本栖湖畔より竜ヶ岳を眺めます。
DSC01689_convert_20101221231556.jpg

竜ヶ岳は、なだらかな山容 頂上も広く360度の展望です。富士山が眺められ優しい山でした。
スポンサーサイト



by つくだにちゃん  at 23:33 |  山登り(富士山周辺) |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

つくだにちゃん

Author:つくだにちゃん
FC2ブログへようこそ!
重いザックは担げない弱力 歩くペースは遅い虚弱な自分ですが山登りは大好きです。これから登る山 今まで登った山など思ったこと 感じたことを綴っていきます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター