FC2ブログ

H23.2.6 風折滝 ~天使の翼みました~

前から見たかった風折滝の氷爆 今回 山の会の山行で行ってきました。以前 山の会の山行で2回ほど行ったことがあるそうですが私が山行に参加するようになってからは1度も行っていません。「あの時の風折滝がきれいやった」という言葉を聞き一度 行ってみたいなと思っていました。
今回 行ったことがあるM師匠と行った事がないN師匠 私の3人で行ってきました。

天使の翼を見てきました。
P2060107_convert_20110206213105.jpg

M師匠 N師匠 私

宮ノ谷登山口ー水越谷出合ー風折滝ー水越谷出合ー高滝ー宮ノ谷登山口



宮ノ谷登山口付近の駐車スペースには、車は2台とまっていました。私達がとめ準備をしていると後から車が3台ほどやってきてあっという間にスペースはいっぱいになりました。
P2060042_convert_20110206214728.jpg

8時45分 登山口出発
「本当に久しぶりやな 宮ノ谷から入るの・・・」と話すM師匠 私は、縁あってこのコースは昨年は、春 秋と歩きました。雪の具合はどうだろうと思っていましたが屏風岩までは雪はなく紅葉が終わった晩秋を思わせる雰囲気でした。

9時42分 水越谷出合
P2060054_convert_20110206215205.jpg

P2060055_convert_20110206215508.jpg

私達と同じ頃に出発したグループは3組 和歌山の山の男女6,7人のグループ 男性3人グループ そして私達です。
今までは高滝方面しか歩いたことがなかったのですが今回 水越谷・風折滝方面に歩きます。どこからアイゼンをつけるのかなと思っていましたが谷では凍っている所も少なくアイゼンは風折滝に着くまで装着しませんでした。しかしピッケルは、時々岩や氷 雪にに引っ掛け使用しました。雪があるとはいえここを歩いていると弥山川を思い出します。所々 小さな滝やしみでている水が凍っていたりしました。

まず第1の関門
M師匠が以前 歩いた時は右側の岩にもぐりこむとトンネル状になっていて上に出られるそうなのですが出口がリュックを背負っていてはとてもでられないほどの大きさなのでこれは却下
中央あたりにロープが垂れています。ここから登る人もいました。しかし岩がぬれていて滑りそうです。
私達は左側から上に上がりました。足の置き場もありましたし手の置き場もありました。最後に腹ばい上になり上に上がりました。体が厚い人はちょっと引っかかるかもしれません。
ここが第1の関門ですが私としてはこれより前のロープが垂らしてあった岩場も難儀しました。ロープを垂らしてあった岩場では足の置き場に足が上がらないのです。後ろの人に足を支えてもらいあがりました。
P2060058_convert_20110207074254.jpg

P2060062_convert_20110207075602.jpg

第2の関門
3mほどの垂直岩を登ります。ロープは2本かけてありますが古いほうだけに頼らないほうがいい様です。ここは岩がぬれていて滑りやすかったです。
P2060066_convert_20110207075926.jpg

P2060072_convert_20110207080253.jpg

少し歩き岩をあがると風折滝が見えました。思わず「きれい!」と声を発していました。岩をあがったところで3脚をたて写真をとってみえました。丁度 そこにロープがかけてあり三脚をたててあるところに這い上がるようですが私達はその岩をまいてあがりました。
P2060078_convert_20110207082411.jpg

11時 風折滝
P2060083_convert_20110207082912.jpg

足を滑らせ滝壺にちょっとはまってしまった方
P2060089_convert_20110207083146.jpg

氷爆が折れて滝壺にたくさん落ちています。
氷爆を眺めながらカップラーメンを食べました。時々 氷爆の一部がおちすごい音がします。 
P2060100_convert_20110207083645.jpg

P2060111_convert_20110207084545.jpg

12時7分
1時間ほど氷爆をたのしみもどります。しかし帰りのほうが心配です。まず心配なのは第2の関門
ここでM師匠が持ってきたロープを体に巻いてもらいおります。下りはじめはいいのですが下のほうは岩が垂直で足元が見えず N師匠に「もっと体と岩の間を空ける」「岩に垂直に」など注意され降ります。

第1の関門では下りのほうが楽でした。
そういえば 和歌山の山の会の方も皆 ハーネス ヘルメット着用しています。M師匠もハーネスを持っていることは大事だといいます。本当に本日の山行でもハーネス ヘルメット用意することは大事だったのです。

13時15分 水越谷へ出合へ
N師匠はこの先の小屋にすたこら歩いていきます。M師匠がせっかくなので高滝まで行こうということでリュックを置き高滝へ向かいます。
途中 岩壁から氷がたくさん落ちていました。

高滝
P2060120_convert_20110207090235.jpg

14時55分 宮ノ谷登山口へ

初めて風折滝の氷爆をみました。その時の谷の状態によりすいぶん行程時間も違うようです。きっと もっと気候の寒いところだと ダイナミックな氷爆がみられると思うのですが 何箇所かの関門をこえやっとみた風折滝は 違う世界に入りこんだようでした。滝が落ちる音も心に染み渡るような厳粛な音に聞こえました。先日行った御在所 鈴鹿の山に台高の山 沢や川や海 地産地消という言葉がありますが 地元の自然を守り楽しむこと 素敵なことだと思いました。
スポンサーサイト



by つくだにちゃん  at 09:25 |  山登り(台高) |  comment (4)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments

ブルーアイス!

こんばんは。

コメントありがとうございます。
我々が行った時よりも氷が発達していますね。うらやましい。

山にはこういう楽しみがあるのだな~といったとこですね。

もし興味があればスズハイの山行にも一度遊びに来ませんか?

(冬季は参加者が少なく、さびしいのです)
by たろー 2011/02/07 19:05  URL [ 編集 ]

Re: たろーさん

たろーさん
コメント ありがとうございます。
初めて風折滝をみて声をあげてしまいました。
自然が造るブルーアイス。本当にきれいでした。

たろーさんのレポートをよみ 次はここへ行こうと
計画をたてることが多々あります。鈴鹿や台高ももっと
もっと歩きたいと思っているので本当に参考になります。

スローペースの歩きですがまたよかったらご一緒に
よろしくお願いします。




by つくだに 2011/02/07 21:16  URL [ 編集 ]

この日たくさんの人出だったんですね。

つくだにちゃん、お久しぶりです。
この日宮ノ谷の駐車場に車をとめました。2台目でした。
3台目はわたしが出発しようとした時に入ってきた、M社のP。
わたしの出発は8時前だったけど(^^;、Pにつくだにちゃんは乗ってていたの?
ならば、M師匠ともども1年ぶりのニアミスですた(^^;。
 風折滝、もう遅いかと思ってたけど、間に合ってきれいな青い天使の羽が見えて良かったね♪。
 わたしは、単独で雪の池木屋山しゅうかいでした。しんどかった(^^;
by zipp 2011/02/09 23:27  URL [ 編集 ]

Re: zippさん

zippさん
師匠の車は N社のeです。私達は駐車場に着いたのは8時は過ぎていたので
4台目だったかもしれません。
師匠達が水越谷の出合で ほとんどの人は風折滝方面に向かっていたのに  
高滝に向かう人がいたと話していました。この時期に 池木屋山にむかうなんて
zippさん すごいですね。高滝以降の滝も見てみたいなと思いつつこの時期の
池小屋山までの道のりは手ごわいですよね。
今度は台高の山でバッタリ!できるといいです。




by つくだに 2011/02/10 00:23  URL [ 編集 ]
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

つくだにちゃん

Author:つくだにちゃん
FC2ブログへようこそ!
重いザックは担げない弱力 歩くペースは遅い虚弱な自分ですが山登りは大好きです。これから登る山 今まで登った山など思ったこと 感じたことを綴っていきます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター