FC2ブログ

H23.3.8 御在所岳 ~おさらい・・・~

先日 久々にブログを通じてお知り合いになったふかやまさんより質問をうけました。「滋賀・三重巡りをされるとのこと 藤原ー御池を歩こうと思っていますがもう1つ どこかありませんか?」ときかれそこで挙げた山名の中に「御在所岳 変化に富んだ岩があり 登山道がいろいろあるのでのぼり下りで中道・裏道など帰ると楽しめます」等コメントしていました。御在所岳ってロープーウェイでいけてせっかく登っても頂上の舗装された道 サンダルやハイヒールの観光客を見ると・・・という方も見えますが私は、好きです。登山道もいろいろありバリェーションに富んでいるし変化に富んだ岩もあり楽しめます。岩を眺めると同時に伊勢平野を眺められます。籐内壁など険しい岩の壁を眺めていると御在所岳がとても大きな山のように思えます。しかし私 中道を最後に登ったのはH21年2月 裏道に関しては、H20年の集中豪雨で災害にあってからは今年藤内沢をあるき5合目あたりまで歩いたもののそれが初めてだったのです。人に勧めておいてこれはいけない!と思い歩いてきました。

中道登山口ー中道ー頂上ー裏道で下るつもりでしたがバリェーションー6合目裏道合流ー藤内小屋ー途中中道への迂回路ー中道登山口

単独



鈴鹿在住の隊長さん RINちゃんは、御在所岳はお庭のようなものだからちょっと足慣らしに・・・ってな感覚で登っています。そういうわけだから私のように「おさらい」をしなくても頭の中に入っていると思いますが・・・。

477号線をすすみY字を右方面のスカイライン方面へ 希望荘をこえるとゲートが閉じられています。ここから裏道登山口まで歩いて15分くらい。裏道ならこの道路のはしに車を置きます。これを確認したら次は道を戻り近鉄御在所駅を通り過ぎ 温泉街を走り突き当りの駐車場へ 今日はここに1台車がとまっていました。進入禁止の看板のほうに進むとそこはスカイラインです。そこから右へ1分もかからずに行くと中道登山口です。

DSC02412_convert_20110309200639.jpg

9時7分 中道登山口出発 
昨日 伊勢では雨でしたがこちらのほうは雪が降ったようで御在所岳も中腹から頂上は雪化粧です。
DSC02414_convert_20110309201429.jpg

途中裏道への迂回路の看板がありました。
DSC02506_convert_20110309202648.jpg

4合目 標高800m おばれ岩 4合目付近から粉砂糖のような雪が積もりだしていました。
DSC02422_convert_20110309202043.jpg

展望のいいところで御在所岳を眺めると雪化粧 気温も低め 陽もささないので頂上での霧氷が楽しみです。ロープーウェイを眺めるも乗客は少ないようで空の車両も多そうです。しかし雪化粧の木々の中で赤いロープーウェイがかわいいです。
DSC02423_convert_20110309203356.jpg

DSC02427_convert_20110309204236.jpg

地蔵岩 地蔵岩を通り左のほうまで行くと裏道を見渡せます。展望もいいです。行く時は 気をつけてください。
DSC02440_convert_20110309204713.jpg

積雪が5センチ~10センチくらいになってきました。お1人先行者の足跡があります。

以前 イブネから見た鎌ヶ岳の姿もかっこよかったけどこの中道から見る鎌ヶ岳もいいです。
雪の白に ロープーウェイの赤がきれいでついつい写真がロープーウェイ入りになってしまいます。写真を撮っていると単独男性が追い越していきました。
DSC02446_convert_20110309205732.jpg

10時25分 キレットを降りる 
DSC02450_convert_20110309210359.jpg

少しいくと今度はさっきの男性が「どうぞ」と道を譲ってくれました。雪山の何もトレースのない道を歩くときのように 「ありがとう」ここからは私がトレースを・・・なんてかっこよく言えたらいいのですが先行者の足跡はあるし積雪は10センチ~15センチくらいかな。
鎖場を通り過ぎると 展望がひらけ霧氷が広がります。
DSC02453_convert_20110309211428.jpg

DSC02454_convert_20110309212208.jpg

11時15分 山頂の道へ到着

11時30分
こんな天気なので観光客も少ないです。4人の女性グループ(春休みの学生さんかな)雪景色ではしゃいでいました。
DSC02464_convert_20110309212810.jpg

天気もいいことはないので今日の目的の「おさらい」のため裏道へ向かいます。
DSC02466_convert_20110309214520.jpg

ここは裏道9合目
DSC02467_convert_20110309215109.jpg

ここから降ります。歩いた跡がありそれをたどります。しかしその跡が下へ下へと急斜面を降りていっています。
雪道特有のショートカットのようです。本日の目的「おさらい」を忘れてしまいその跡をたどってしまい途中から
跡を見失い戻ろうと思うのですが大分 下に降りてきてしまいました。また新雪で滑るように降りてきてしまったのでいざ登ろうとしても雪がへごんでしまい上に行くのが困難です。左に前尾根のやぐらが見えたので下に見える谷は藤内小屋へ続く谷だから谷までおりて歩こうと思いました。
谷まできて下りて来た道を見上げます。右側を降りてきました。
DSC02481_convert_20110309220647.jpg

谷を見下ろします。
DSC02483_convert_20110309221242.jpg

ふと左のほうを見ると赤いマーキングが・・・。裏道6合目の標識がありました。頂上に続く道はしっかり足跡があります。本当はここから降りてくるはずだったのに・・・。しかし小心者の私 少しホッとしました。

岩壁には、氷曝も見られます
DSC02488_convert_20110309222106.jpg

DSC02490_convert_20110309222407.jpg

籐内壁出合から下の河原にはもう雪はありませんでした。ここから歩いてきた方向を眺めます。
DSC02500_convert_20110309222956.jpg

13時20分 藤内小屋 今日は休みです。一度ここのワンちゃんにお会いしたいです。
DSC02503_convert_20110309223321.jpg

少し歩くと裏道から中道への迂回路がありそこに入ります。中道へは登りです。途中 この道に出ます。私はスカイライン方面に少し下ってしまいました。ここでスカイラインにおりてもいいのですがきっと駐車場までスカイラインを歩かないといけないので中道・御在所岳方面に進みます。そうすると中道に合流しそこで下ります。
DSC02504_convert_20110309223752.jpg

登山口に着き駐車場へ

恥ずかしながら自分なりの「おさらい」が出来ました。3月に入りながら霧氷も見れたし・・・。なかなか春のお花にお会いできませんが少しづつ春はやってきているのかな。
スポンサーサイト



by つくだにちゃん  at 22:54 |  山登り(鈴鹿) |  comment (4)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments

ありがとうございます

つくだにさん、こんばんは。

御在所岳に自ら登りレポして頂けるとは。楽しみに待っていますね。
by 深山 2011/03/09 00:23  URL [ 編集 ]

Re: ふかやまさん

ふかやまさん

簡単な「おさらい」です。
「おさらい」山行のつもりが再び雪化粧できれいな雪景色が見れました。
しかし 裏道 どこから道を誤ったのかな。頼りない紹介者ですね。




by つくだに 2011/03/09 23:08  URL [ 編集 ]

No title

帰りは危ない所でしたね。

左手にヤグラが見えていたと言う事は藤内沢を下ったのでは?
(ちょっと違うかな)

それにしても無事で何よりです。
単独の時はお気をつけて。

by たろー 2011/03/14 21:31  URL [ 編集 ]

Re: たろーさん

たろーさん

間違えました。右手にヤグラが見えました。
下りだと藤内沢の左の谷に向かい降りたのです。


御在所を歩きなれている方なら何の不安もないと
思うのですが・・・。私は小心者なので・・・。

雪のトレースは、目印にもなりますが自分の目的と
同じ場所に行くとは限らないから気をつけないと・・・。
by つくだに 2011/03/15 23:24  URL [ 編集 ]
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

つくだにちゃん

Author:つくだにちゃん
FC2ブログへようこそ!
重いザックは担げない弱力 歩くペースは遅い虚弱な自分ですが山登りは大好きです。これから登る山 今まで登った山など思ったこと 感じたことを綴っていきます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター