FC2ブログ

H23.4.17 稲村ヶ岳 

鈴鹿の山を縦走路でつなぐと同じように 台高・大峰の山も縦走路でつなぎたいなと思うようになりました。歩ける時は少しづつ歩いているのですがなかなか交通が不便で単独だと大変なものです。大峰(北部)というと今まで八経ヶ岳・大普賢岳・吉野山・釈迦ヶ岳等登りました。そして奥駈道も部分部分のトビトビの歩きですが少し歩きました。そこで4月の山の会の山行は まだ歩いたことがない「稲村ヶ岳」を自分で選びました。 稲村ヶ岳というと観た事はないけど「稲村ジェーン」湘南 サザンなんて言葉が浮かんできます。一応 4月の山の会の山行に選んだけどもし参加者がN師匠と私だけだったらこの時期です。鈴鹿の花巡りに変更してもいいなと思っていたらM師匠も参加することになり3人で稲村ヶ岳に行って来ました。
やはり前日の夜から出発した方がええやろということで前夜に出ましたが伊勢から3時間弱で道の駅に着きました。

17日6時前に起床 道の駅を出発し登山口へ向かいます。私は、観音峰経由で法力峠に出て稲村ヶ岳に登るという計画をたてていたのですが師匠達が時間がかかるといい母子堂から法力峠へ出て稲村ヶ岳へ向かうコースになりました。母子堂のところに駐車場があり参拝者は駐車料金無料ですが他の方は駐車料金500円と書かれていました。
7時 母子堂出発
DSC02967_convert_20110420232040.jpg

植林地を登っていきます。途中水場がありました。朝方 少し肌寒かったけど登っていくと暑くなってきました。

8時5分 法力峠 ここで少し休憩です。もし観音峰から歩いてきたらこの道と合流したんだなと思いながら休憩
 DSC02968_convert_20110420232535.jpg

母子堂あたりが標高900mくらいです。徐々に標高を上げていきます。
標高1300mあたりから植林帯から自然林に変わってきます。落葉樹林の下を歩いているとM師匠が「気持ちいいな」と言います。しかしまだ早いのか 花が咲いていません。
こんな階段 橋もいくつかあります。歩いていて師匠方お互いが気づいたのですがM師匠 N師匠 上着が偶然 おそろいでした。
DSC02972_convert_20110420233355.jpg

雪も残っていました。
DSC02975_convert_20110420233802.jpg

9時40分 稲村小屋
さぁ バッチ!と思いきや小屋が締まっていますぅー。残念!気を取り直し稲村ヶ岳へ・・・。
DSC02976_convert_20110420234144.jpg

稲村ヶ岳へ向かいます。案外 まだ雪が残っています。なんせ稲村ヶ岳は標高1700あまり そしてここは大峰
 ちょっと計算がたりずアイゼンを持ってきませんでした。大丈夫でしょうか?
DSC02981_convert_20110420234729.jpg

こんな気持ちいい道もあるのに・・・。前は大日岳
DSC02983_convert_20110420235305.jpg

こんなトラバース道が出てきました。最初 岩がつかみにくくて少々不安でしたがそれ以後は 雪は凍っているわけではないのでアイゼンなしでも歩けました。前を歩く師匠がしっかりステップをきってくれたので歩きやすかったです。時折 ズボッと踏み抜けてしまいました。
DSC02984_convert_20110420235659.jpg

10時55分 稲村ヶ岳頂上 
丁度後ろから大阪の若い単独のお兄さんが歩いてきました。1人だったこれたかどうか・・・と話していました。
師匠が途中で頂上があと少しというところで「ここまでで ええやろ 引き返そうか」と言い出しました。
初めての山で 滑り落ちていくようなトラバース道でちょっと怖気づいてしまうところでした。
大天井ヶ岳~小天井ヶ岳~山上ヶ岳がみえ大普賢岳は木々で隠れて見えず 弥仙・八経ヶ岳が見えました。
稲村ヶ岳の頂上というと三角点がありその上の展望台に標識があります。展望が見えるようにという配慮だとは思いますがなんか少し味気ないような感じがしました。しかし三角点付近も平らな部分はあまりないのでしょうがないのでしょうか?
DSC02993_convert_20110421000422.jpg
師匠が 「さっさと小屋までもどろう 雪が腐ってくるで・・・」といいます。私が「大日岳はどうするの?」と聞くと「今日は寄らん」と言います。そんなこんなで私も慎重にトラバース道を歩き小屋まで戻ります。
大日岳を振り返ると岩壁が白く凍っているのが見えます。

小屋に着き 昼食 今日は伊勢うどんです。小屋ではご主人が小屋明けの準備をしていてバッチを買うことができました。
M師匠が「今度は 秋にきて大日岳へ行こ」といいます。私も「うん」と答えます。今までが単独山行が多かったのでこうやって誰かと歩けることが安心というか 今日は心地よく感じ素直にうなずくことができました。
下山し洞川温泉に入り帰宅 帰る途中 吉野あたりで大渋滞 吉野を過ぎるのに1時間ほどかかりました。車の窓から吉野方面を眺めると桜がみえてきれいでした。
しかし高見トンネルを過ぎ 波瀬あたりまでの166号線沿いの桜もきれいでした。


スポンサーサイト



by つくだにちゃん  at 00:32 |  山登り(大峰) |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

つくだにちゃん

Author:つくだにちゃん
FC2ブログへようこそ!
重いザックは担げない弱力 歩くペースは遅い虚弱な自分ですが山登りは大好きです。これから登る山 今まで登った山など思ったこと 感じたことを綴っていきます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター