FC2ブログ

H23.4.28~30 三嶺~剣山縦走 2日目 その2 ~景色が見えるっていいもんだ~

高ノ瀬からは急斜を下ります。途中 50代の女性が単独で登ってみえます。案外 急斜ですがえらそうな表情もなく健脚な方だと思っていたら後方に男性が・・・。ご夫婦だったようでだんなさんの方は息が荒かったです。
振り返ると高ノ瀬。

DSC03226_convert_20110505221319.jpg
前後しますが高ノ瀬から 左が剣山 右が次郎笈 次郎笈により剣へ向かいます。
今までは 左を向くと三嶺が見えましたがこれからはピークから眺めないと三嶺は見えません。しかしこれからは行く手に次郎笈・剣山が眺められます。
DSC03224_convert_20110507230940.jpg

12時 昼食 パンを食べました。休んでいる時 初めて自分と同じ剣方面に歩く人が3人 追い越していきました。20分ほどして出発

かずら橋への分岐 ここから剣山まで4.6kmです。
丸石避難小屋
DSC03231_convert_20110505221904.jpg

ここも窓が小さいので中にいると暗いです。
DSC03230_convert_20110505222235.jpg

樹林帯の中を歩くと丸石です。
DSC03243_convert_20110505222750.jpg

丸石から眺めます。スーパー林道分岐である鞍部まで下りそこから次郎笈まで登ります。あともう少しだけれど次郎笈までの登り えらいなぁと思いました。とりあえず進みます。
DSC03245_convert_20110505223217.jpg

スーパー林道分岐 あと剣山まで3.4km 次郎笈まで1.5km
DSC03252_convert_20110507233255.jpg

行く手に見える頂上は次郎笈
ここからは100歩歩き、行く手を眺めることにしました。
DSC03253_convert_20110507233738.jpg

歩きながら次郎笈は、登らんとこかなと考えがよぎります。後ろを歩いてくる赤の上着の男性はどうするのかな?
もうすぐ次郎笈と巻き道の分岐手前で休憩してその男性に聞いてみようと思いますが結局 声をかけることができませんでした。休憩している間に 男性は通り過ぎ次郎笈へと登っていきました。前方から歩いてくご夫婦に声をかけると是非 登ってくださいとのこと。わかりました。登ってきますといい次郎笈へ向かうことにしました。1年前は 寄りたくても吹き飛ばされそうで迷いもせず巻き道を歩き安心していました。こんな天気のいい日 次郎笈へ寄らないなんてもったいない。そうやって考えている間に赤い上着の男性は、頂上辺りまで進んでいます。
分岐より左へ行くと剣山への巻き道 そのまままっすぐ行くと次郎笈の頂上まで400mです。
私が次郎笈の頂上へ着くころ 赤い上着の男性は頂上より降りるところでした。「巻き道を行くと思っていた」と私に言われました。

分岐から巻き道を経て剣へ向かう道はこんな風です。
DSC03264_convert_20110507235335.jpg

14時25分 次郎笈頂上 標高1929mです。
頂上から今日歩いてきた山々を眺めます。三嶺が小さくなりました。頂上で今まで歩いてきた道を眺めついニッコリ!しばし景色を楽しみます。写真を撮ってもらいますが 朝 寒かったので下は合羽のズボンを履いたままで髪も乱れなんとなくダサい(死語でしょうか?)姿です。
DSC03270_convert_20110508000019.jpg

景色を楽しみ鞍部まで降ります。頂上が剣山です。100歩あるき前を見る 次郎笈頂上で一緒だった2,3のカップルを追い抜き追い越され結局は追い越されました。木製の階段にたどり着くと頂上です。
DSC03285_convert_20110508001248.jpg

15時30分 剣山
DSC03293_convert_20110508002034.jpg

剣山頂上ヒュッテでひと休み あと一ノ森ヒュッテまでもう少し歩かないといけません。お腹が空き喉が渇きました。頂上ヒュッテでオレンジジュースを買いゴクゴクと飲みました。昨年 縦走時 ここを予約しようと思っていたのですがその時 たまたま休みだということで一ノ森ヒュッテを紹介してもらいました。でも山バッチが欲しかったのでその旨を頂上ヒュッテの方に話すと一ノ森ヒュッテに預けておくから・・・といってもらバッチを手にすることができました。覚えているかどうかわからないけど御礼を・・・と思っていましたが本日 頂上ヒュッテも宿泊者が多いようで夕食の準備で忙しそうです。ここで熊鈴を買い一ノ森ヒュッテに向かいました。

一ノ森山頂経由で一ノ森ヒュッテに行きます。
DSC03310_convert_20110508003648.jpg

16時50分 一ノ森ヒュッテ 遅い到着になって少し気がとがめましたが管理人さんは、「いらっしゃい。今日は天気がよく景色も楽しめたでしょう」と言って下さいました。管理人さん お変わりないです。
DSC03316_convert_20110504191054.jpg

今日の宿泊者は 愛媛の男性2人組み 野鳥の会の家族3人 ヒュッテのお手伝いのIさん 管理人さん 私です。みんなここへ泊まるのは 初めてでないそうです。昨日 OPENしたそうですが本日が今年度初めての宿泊ということもありワインもご馳走になりました。愛媛の男性がおつまみ 芋焼酎をテーブルにおいていただき それぞれ自己紹介したり ゆっくり食べ飲み楽しい時間でした。昨年 ヒュッテに泊まった時 Iさんの山行写真をいろいろ見せてもらい今回 お会いできてよかったです。Iさん 20代の女性ですがジャンダルムも単独で縦走し 東北・北海道に長期間山行し話しを聞くと20k~30kのザックも担げるそうです。本当に山が好きな女性で単独山行も多く山バッチも集めているそうで重いザックは担げない私ですが似たところがあり話していても楽しかったです。
昨日とは違って毛布に包まり暖かく眠りました。
スポンサーサイト



by つくだにちゃん  at 10:07 |  山登り(四国) |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

つくだにちゃん

Author:つくだにちゃん
FC2ブログへようこそ!
重いザックは担げない弱力 歩くペースは遅い虚弱な自分ですが山登りは大好きです。これから登る山 今まで登った山など思ったこと 感じたことを綴っていきます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター