FC2ブログ

H23.6.8 八ヶ岳 ~ツクモクサに会いに・・・~

4年前に桜平からオーレン小屋ー夏沢鉱泉ー硫黄岳ー横岳(ピストン)にてツクモクサに会いに行きました。ツクモクサは 思っていた以上にかわいい花でした。昨年 いつも拝見しているまきくまさんのホームページのまきくま山を見ると まきくまさんは、ツクモクサに会うために美濃戸から赤岳鉱泉ー硫黄岳ー横岳ー地蔵尾根ー行者小屋ー美濃戸のコースを歩いてみえます。ツクモクサだけでなく保護されているホテイランにも会えるという事で 今度ツクモクサに会いに行く時は このコースを歩きたいなと思っていました。今回 このコースを歩いてきました。

美濃戸ー赤岳鉱泉ー硫黄岳ー横岳ー地蔵尾根ー行者小屋ー美濃戸

N師匠 自分  


私は、7日 8日と連休でした。久しぶりの長野県遠征なのでまだツクモクサを見た事がないというN師匠を誘いました。7日が晴れ時々曇りなら 8日は曇り時々晴れ 雨は降らないようだけれど 本当は7日に出かけたかったのですが 急遽思いたった山行であり7日はN師匠の都合が悪かったので8日に登る事になりました。美濃戸口から赤岳山荘までの道 私の車だったら底を擦りそうです。しかし4年前行った 桜平までの道も悪かったけど何とか車でたどり着けました。行けない事はないのかな。

DSC03673_convert_20110611005254.jpg

赤岳山荘の駐車場で5時過ぎに山荘の方が 料金を徴収にきます。「日帰りです」というと「早く出発した方がいいよ」といわれ5時20分出発です。まきくまさんは 美濃戸を6時に出発し14時20分に美濃戸へ帰ってきています。自分達は、大丈夫かな?少し緊張してきました。心配なら 人よりはやく出発!なのです。空は曇り 天気予報どうりです。少しでもいいから青空が見えることを願います。しかし N師匠 朝から少し調子悪そうでペースもゆっくりめです。とりあえず私は 自分のペースで歩き 先で所々で待つことにしました。堤防広場で アミノバイタルをのみます。赤岳鉱泉への北沢の登山道 5年ぶりです。こうやって水のの流れる音をききながら見ながら歩くって言うのがいいです。

DSC03678_convert_20110611005809.jpg

7時20分 赤岳鉱泉
ここでN師匠をまちます。着くと師匠にもアミノバイタルを勧めます。
DSC03686_convert_20110611010139.jpg

途中木々の隙間より 赤岳ー中岳ー阿弥陀岳の山々が見えます。ついつい写真を撮ってしまいます。しかし 稜線まであがったら赤岳ー中岳ー阿弥陀岳だけでなく硫黄岳も横岳も見えます。いえいえそれだけではなく北アルプス 南アルプス 富士山まで眺めることができるのです。写真は 稜線へ上がるまで我慢です。赤岩の頭の少し手前で単独男性が追い越していきます。その方は今日1にちで 硫黄岳 横岳 赤岳を回るとのこと 赤岳鉱泉で一緒に出発したN師匠 珍しく間が開いていきます。その男性に 「単独男性の人 いませんでしたか?」ときいてみます。その人が 「お父さんですか?」ときかれたので「いえいえ 山の友達です」と答えました。登山道に雪が所々残っています。

9時10分 赤岩の頭 
師匠をここで待ちます。空は曇りがちですが天狗岳も見えますし 穂高連峰も見えます。硫黄岳から横岳 赤岳 阿弥陀岳がみえます。
DSC03692_convert_20110611011214.jpg

天狗岳方面は青空も見られますが下からガスがあがってきて阿弥陀岳を隠していきます。自分が横岳に着くころはガスガスですか?ひょっとしてツクモグサは花びらが閉じているかも・・・なんて思いながら下から登ってくる人はいないか目をやります。3人組みの男性のグループが登って来ました。この方々私達が出発した頃に駐車所に到着した方々です。「単独男性の人 いませんでしたか?」ときくと「おくさん?」いいえー!私 師匠の嫁ではありませんと説明しようとするも「だんなさんここまでくるのに15分はかかるよ」と言葉が返ってきて勘違いされたままになってしまいました。N師匠 到着。師匠はここで少し休むとの事。私は、硫黄岳の頂上から景色を見たかったので一足先に出発しました。

硫黄岳はもう少し・・・。
DSC03691_convert_20110611010755.jpg

硫黄岳の頂上に立つと徐々にガスでおおわれ下の硫黄小屋もわからない位でした。

硫黄岳 爆裂口
DSC03704_convert_20110610064740.jpg

硫黄小屋の方に下って頂上のほうを眺めるも師匠の姿 見つからず。硫黄岳の頂上までくると後は小屋まで下りなので硫黄小屋で待つことにします。
DSC03708_convert_20110611011544.jpg

DSC03713_convert_20110611011957.jpg

硫黄小屋のトイレは本当にきれいでした。びっくり!硫黄小屋の前で 先ほど会った男性3人組が昼食を摂っていました。そこでも「だんなさん まだ来ないの?」と言われもう訂正するのも面倒なので「はい」と言っておきました。登山道のところでパンを食べながら座って師匠を待ちます。ガスの中から師匠の姿が見えました。手を振ると手を振りかえしてきました。堤防広場で5分 赤岳鉱泉で10分 赤岩の頭で20分 硫黄小屋で30分 師匠を待ちました。私は、そんなに歩くのが早いわけでなくリュックは軽いのにコースタイムを縮めることができません。本当に調子がでないんだなと思いました。ここからはツクモクサ鑑賞になるので師匠のペースで歩きます。

硫黄小屋より登り少し歩き ツクモクサ1株目 発見!4年ぶりの再会です。ガスガスでこんな日に花びら開いているかなと思ってましたが かわいらしく咲いていました。そこからは あちらこちらに咲いていました。ひよこの小さいのがそこにいるようです。産毛が柔らかい。思わず 頬ずりしてペットのように匂いまでかいでみました。周りにだれもいなくてよかったです。N師匠も始めてみるツクモクサで「はぁー これか」と言って撮影していました。
太陽が見えてないので花びらの開き具合90度っといった具合の咲き具合の花が多かったです。
DSC03740_convert_20110609063052.jpg

DSC03787_convert_20110610005317.jpg

DSC03783_convert_20110611012736.jpg

DSC03792_convert_20110611013814.jpg

オヤマノエンドウ はっきりした紫色がまぶしいです。キバナシャクナゲはまだ蕾でした。
DSC03773_convert_20110611013312.jpg

12時10分 横岳 あたりはガスガスです。
今日は、平日 天気も飛びっきりいいことはないので この稜線で会う登山者も少ないです。スーパーの袋にペットボトルの茶 おそらく小さいけど雨具かなを握り歩いている60代くらいの男性が「花を撮りにきたのですが・・」と・・・。「ツクモクサですか?」と聞くとそうだとの事。あそこや ここと指差すと「これですか」と撮影にされていました。

DSC03801_convert_20110610004530.jpg

ツクモクサの撮影と時間を気にしながら歩きました。地蔵尾根まで来たのでここで少し休憩 アンパンを食べました。地蔵尾根は初めて歩きます。
DSC03810_convert_20110610003922.jpg

地蔵尾根の下りは 急ですがハシゴ 階段が設置されています。樹林帯になると残雪がみぞれ状であったり凍っていたり歩く所を考えながら歩きました。

赤岳鉱泉から硫黄岳までの道のり長いんですね。
DSC03811_convert_20110610003523.jpg

15時 行者小屋出発
次の目的は ホテイランを鑑賞することです。まきくまさんやなっきーさんのレポートではロープで囲まれていて数字の札があるとの事 それならばすぐわかると思いながら歩きます。お2人は、ホテイランの存在を ロープで囲まれたり数字の札をおかれる前から知ってみえた様です。私は、昨年 まきくまさんのレポートで知りました。私は 登山口に近いということを知らなかったのでちょっとロープが張ってあるとそこらあたりを眺めながら歩きました。見逃したんかな もうすぐ登山口やのにと思いながらロープの張ってあるところを見るとミヤマカタバミの中にピンクの花が・・・。よく見るとスミレより花も少し大きいし・・・。これです。写真を撮りますが近づくとぼやけてなかなかうまく撮れません。N師匠交互で撮ります。これで満足・・・と思いながら歩いてみるとロープがしっかり張ってあり数字の札があります。そしてホテイランも咲いていました。自然の花に数字の札なんて不似合いですが希少な花を守るためにはいかしかたないのでしょう。鉢の中でなくこうやって自然の中でいつまでも咲いている花を見たいです。

ホテイラン
DSC03824_convert_20110610000336.jpg

DSC03828_convert_20110610000649.jpg

17時20分 美濃戸駐車場
随分 遅くなりました。駐車場には、私達より先に出られた単独女性の車も3人組の男性の車ももうありませんでした。今日は2つの花と対面でき目的達成です。
スポンサーサイト



by つくだにちゃん  at 01:48 |  山登り(八ヶ岳) |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments

つくだにちゃんも

同じトコ 見て 参考にして 山行したんだね
(オヤジギャグすいませんm(_ _)m)
是非とも 足跡 残してあげてくださいませ
by 岐阜ぺんぎん 2011/06/14 12:57  URL [ 編集 ]

Re: 岐阜ぺんぎんさん

岐阜ぺんぎんさん

まきくまさんのホームページ 大好きなんですよ。
丁寧に書かれていて・・・。まきくまさんの仲間達も
楽しそうですよね。いろいろ参考にさせてもらっています。
by つくだに 2011/06/16 11:10  URL [ 編集 ]
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

つくだにちゃん

Author:つくだにちゃん
FC2ブログへようこそ!
重いザックは担げない弱力 歩くペースは遅い虚弱な自分ですが山登りは大好きです。これから登る山 今まで登った山など思ったこと 感じたことを綴っていきます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター