FC2ブログ

H23.6.13~14 飯豊山・足の松尾根より頼母木山へ ~花いっぱい~ その1

6月19日で高速代1000円も終わりとなります。13日・14日連休なのでどこか山に登りに行きたいなと思いました。12日の夜から出かけると1000円となります。本当は 上信越方面の山に出かけたかったのですがどうも天気が怪しいので 白山・大峰方面にしようかなとかんがえていました。そんなところへふかやまさんが 11日 12日飯豊山のハクサンイチゲを見に行くとのこと。12日飯豊方面は天気がいいそうなのです。飯豊山は、昨年3日間ガスガスの中を縦走しました。花はたくさん楽しめたけど景色の方は全然見られずなんか不消化気分が残っていました。花も見たいけど シャチ模様というのかマーブル模様というのか残雪の残った山々を見てみたい そうすればちょっと自分なりに消化できるんじゃあないかなと思ったのです。「行ってみようか」と思いました。


奥胎内ヒュッテー登山口ー足の松尾根ー頼母木小屋(泊)(ピストン)

単独

6月10日に先週の4日・5日に朳差岳へ登ったぽっかさんのレポートを読みました。奥胎内ヒュッテに向かう胎内二王字公園羽黒線の林道ゲートが6月に開かれるはずが開かれてなかったそうです。仕様がなくぽっかさんは大石ダム方面から朳差岳に向かったそうですが もしまだ林道ゲートが閉じられていたら私ならこの計画は中止となるのです。11日 奥胎内ヒュッテに電話で聞くと 今日から開通しましたとのこと。一安心です。

しかし天気予報は12日 13日共に曇り! 曇りって雨が降っていないからええやんと思うかもしれないけど 雲っていても景色が見られたらいいけど ガスガスで風が吹いている曇りもあるのです。どうしよう どうしようと悩んでいました。出発 当日の朝6時の天気予報が 12日が晴れに変わった!これは行くしかないと思い 13時名古屋発の高速バスの予約を9時に入れました。駅で電車を待つ間 レンタカー会社に予約の電話を入れます。
今回 歩こうと思っているところは 足の松尾根から登り 朳差岳をピストンの予定でした。このコースは、昨年 夏に飯豊山を縦走した時 登りに利用しました。今の時期 ハクサンイチゲや花を見るため この尾根を歩く人は少なくありません。新潟へ向かう高速バスの中で その下山する日にふかやまさんから下山メールが届き私も明日はそこへ行くんだと思うと心躍ってきました。

6月12日
コンビニの駐車場でひっそり車中泊 

6月13日
胎内川ダム
DSC03830_convert_20110616100439.jpg

5時頃 奥胎内ヒュッテに到着 
DSC03831_convert_20110616100913.jpg

DSC03832_convert_20110616101118.jpg

道路わきの駐車場には数台の車がとまっています。しかしひっそりとしています。水を補給します。水の重要さはわかるのですがあまり多くても私の体力からしてばてるので3.35L(半端な量ですが・・・)持って行きます。
日帰りで登る人も多いのでもう出発しているのかもしれません。奥胎内ヒュッテから足の松登山口まで期間限定でマイクロバスが出ているのですがこの時期は出ていないので登山口まで1時間ほど歩きます。

5時30分 出発
途中 行きは私1人 4,5人の方と会います。大きな三脚 大きなカメラ この方達はこの置く胎内ヒュッテのシンボルマークであるアカショウビンを撮るために朝早くから歩いているそうです。曇っているけど山々の隙間から残雪模様のどこらあたりかわからないけれど飯豊の山が見えます。以前は この区間はバスを利用したので気づきませんでした。車道から林道に変わり水場を過ぎ 橋を渡ると足の松登山口に着きます。今日は、急がない。明日は下山するだけなのでゆっくり行こう 自分のペースで・・・。50分歩き10分休む 休憩には水分を取り糖分 炭水化物 ビタミン 酢酸 何でもいいから補給して・・・。花も楽しんで稜線までがんばろうと思いました。ここでおにぎりを食べます。

6時30分 足の松登山口出発
DSC03838_convert_20110616103134.jpg
飯豊の山々の稜線に登りつめるには、川入から 飯豊山荘から 大石ダムから そして私が登った胎内からといくつかの尾根を登る方法がありますがこの足の松尾根を登るルートがもっとも楽だそうです。足の松尾根の取り付から大石山の稜線まで標高差1100mです。

登山道をすぐ入ると「御用平」の標柱があります。ブナの林になんて気持ちいいんやろなんて思っていると急斜が初めります。
急斜から「御用平」を見下ろします。
DSC03847_convert_20110616104241.jpg

DSC03851_convert_20110616104716.jpg

こんなやせ尾根もあります。
DSC03853_convert_20110616105201.jpg

7時50分 姫子の峰
天気も曇り 稜線付近がガスっています。
DSC03856_convert_20110616105552.jpg

登山道脇には 花のないイワカガミの葉の緑が美しいです。昨日 ここらあたり 雨が降ったのか花や葉にしずくがついています。そろそろ花が目にとまり始めました。

タムシバ 鈴鹿でも春に見かけますがいつも自分の背丈よりも高いところに花があります。今回は目線にタムシバの花がありきれいです。
DSC03863_convert_20110616110219.jpg

イワカガミ このイワカガミは薄いピンクですがこの尾根は白っぽい色のイワカガミがほとんどでした。稜線に咲いているイワカガミはピンクが濃かったです。
DSC03901_convert_20110616144718.jpg

チゴユリ 
DSC03866_convert_20110616140519.jpg


DSC03868_convert_20110616140817.jpg

シャガ 白い花はよく見ますが色つきはあまり今まで見たことがありませんでした。
DSC03869_convert_20110616141211.jpg

9時 滝見場
DSC03872_convert_20110616141526.jpg

滝見場から少し歩くと英三ノ峰
DSC03874_convert_20110616141958.jpg

鈴鹿の山には咲いているのに何故か今年は会う機会がなかったイワウチワ
今年初のご対面でうれしかったです。
DSC03875_convert_20110616142439.jpg

カタクリ イワウチワもカタクリもちょっとリュックを置き斜面に行くとたくさん咲いている写真が撮れたのですがここは体力温存ということで・・・。
DSC03916_convert_20110616142946.jpg

9時55分 ヒドノ峰
DSC03888_convert_20110616143648.jpg

これから向かう大石山方面 ガスがかかっています。
DSC03890_convert_20110616143945.jpg

ツバメオモト
DSC03891_convert_20110616144338.jpg

マイズルソウ 先週行った八ヶ岳ではまだマイズルソウの花は咲いていませんでした。しかしマイズルソウの花を撮るのは難しいです。
DSC03900_convert_20110616145226.jpg

ツツジ アカヤシオやアケボノツツジのような優しいピンク色です。
DSC03905_convert_20110616150118.jpg

拡大してみます。
DSC03906_convert_20110616150421.jpg

11時 イチジ峰
DSC03913_convert_20110616150732.jpg

マンサクの花もありました。

シラネアオイ
DSC03921_convert_20110616204420.jpg

下山する単独男性とすれ違いました。「どこへ 行くの?」と聞かれたので「朳差岳です」と答えました。頼母木山から地神山の間で 花がたくさん咲いていたよ コザクラが咲いていたよ」と教えてもらいました。「もし頼母木小屋に泊まるならそこにおいてある水を使っていいよ」と言ってもらいました。その言葉に コロッとひっくり返り今日は 頼母木山から地神山の間まで歩き頼母木小屋で今日はとまることに決めました。お水は、3.35Lもってきてここまでくるのに1L弱飲みました。お水は切羽詰って困っていることはなかったのですが優しさが売れいく思いました。

12時13分 西ノ峰
DSC03923_convert_20110616204149.jpg

50分歩き10分休み これを繰り返し5回休憩をとりました。この尾根は、急斜 そしてアップダウンを数回繰り返しふつうの登り またまた急斜 そして登りがあり大石山分岐といった具合です。

12時20分 大石山分岐
足の松尾根 花の尾根です。イワカガミ イワウチワ カタクリ タムシバ等 鈴鹿の山では4月に見られる花を堪能し ツバメオモト シラネアオイ マイズルソウといった花も見れました。尾根を歩いている途中 日差しが差し込んだりしましたが曇りっぽい空でした。しかし花観賞ができました。素敵な尾根です。 
分岐に着いた時 あたりはガスでした。稜線を歩くと風もきつかったですがまずはふかやまさんに教えてもらった
ハクサンイチゲのお花畑に向かいました。
DSC03926_convert_20110616203737.jpg

花の名前で間違っていたらご指摘ください。 
その2へ続きます。







 
スポンサーサイト



by つくだにちゃん  at 21:38 |  山登り(上信越) |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments

貴重な情報

アクティブに 動いていますね
素晴らしい

名古屋発の高速バスは ドコ行で 値段は?

自分の山行は ほぼ100% マイカー利用ですが

このような 生きた情報はいつか 役にたつかな と思いますので 宜しくお願いします。


13~14日連休で 12日の 13時名古屋発って
ほぼ3連休ですよね~
うらやましい限りです
by 岐阜ぺんぎん 2011/06/17 10:09  URL [ 編集 ]

Re: 岐阜ぺんぎんさん

岐阜ぺんぎんさん

> 名古屋発の高速バスは ドコ行で 値段は?
新潟行きで往復で14000円です。

単独ですと遠くまで運転は疲れるので 公共交通機関を利用したいと
思っています。

> 13~14日連休で 12日の 13時名古屋発って
> ほぼ3連休ですよね~
> うらやましい限りです
私の仕事は 夜勤もあり不規則なのでこういうこともできます。
12日は夜勤明けで9時に仕事が終わりあわただしく電車に乗り
名古屋に行きました。
by つくだに 2011/06/19 22:24  URL [ 編集 ]
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

つくだにちゃん

Author:つくだにちゃん
FC2ブログへようこそ!
重いザックは担げない弱力 歩くペースは遅い虚弱な自分ですが山登りは大好きです。これから登る山 今まで登った山など思ったこと 感じたことを綴っていきます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター