FC2ブログ

H23.9.14~16 読売新道を登り ブナ立尾根を下る 1日目 ~牛の背中に座ってきました~ 

「赤牛岳」の名前を初めてきいたのは、5,6年前でした。誰かが「赤牛へ行きたい」と言っていたので 家に帰り地図を見てみるとなんと登りが7時間 山頂付近には小屋もないし・・・水場もありません。私には到底 無理だ!なんて思っていました。ここ2.3年 私がよくみるホームページの方も読売新道を歩いていて いつか歩きたいなと思うようになりました。
 今年は ことごとく7月 8月の山行計画が 変更・中止となり 9月こそはどこかアルプスを歩きたいと思っていました。とりあえず3日間休みをとり どこへ行こうと思った時 「行きたい」と思ったところが読売新道を歩き赤牛岳に立つというコースでした。自分が頭の中で計画を繰り広げていると たまたまじんじんさんもその日に休みが取れるということで一緒に行くこととなりました。

9月14日 扇沢ー(トロリーバス)-黒部ダムー平の小屋ー(船)-針の木谷ー奥黒部ヒュッテ(泊)
9月15日 奥黒部ヒュッテー赤牛岳ー温泉沢の頭ー水晶岳ー水晶小屋(泊)
9月16日 水晶小屋 野口五郎岳ー烏帽子小屋ー(ブナ立尾根)-高瀬ダム

小屋泊

じんじんさん 私   9月14日
扇沢(7:30) ~ 黒部ダム(7:45) ~ 黒部湖駅(8:00) ~ ロッジくろよん(8:22-25) ~ 平の小屋(11:32-12:00) ~ 針の木谷(12:20) ~ 奥黒部ヒュッテ(14:30)


扇沢でのトロリーバスチケット販売は6時50分 9月で平日なのでそれほどチケット売り場に並ぶ人も多くはありません。大町駅から到着するバスの乗客も少ないです。大きなザックにヘルメットをぶら下げて室堂まで往復チケットを購入する人 40リットルほどのザックを背負っている人 登山者のスタイルはさまざまですが この週は天気もいいというだけあり皆の表情も明るいような気がしました。

DSC04704_convert_20110919143900.jpg

7時30分 扇沢発 トロリーバスは15分ほどで黒部ダムに着きました。ダムをとっとと歩きまずはロッジくろよんに向かい歩き出したいところですが なんか観光客気分がぬけません。展望台方面に向くのはやめたものの放水写真を撮ったり 下の廊下方面を眺めたり ダムの写真を撮ったり 赤牛岳を眺めたり 気がつけばダムを歩いている登山者は私達が最後でした。黒部湖ダム駅には、先に向かう乗客の人が並んでいましたがその手前に左方面に向かう通路があります。こんなところに通路があるなんて今まで気づきませんでした。

DSC04710_convert_20110919145054.jpg

赤牛岳がみえます。
DSC04712_convert_20110919145407.jpg

ロッジくろよんまでの道は誰のレポートにも書かれてあるように歩きやすい散策道です。今回は じんじんさんに先に歩いてもらうことにしました。私は歩くペースが遅いので・・・。じんじんさんの速いペースには合わせられませんが じんじんさんを目標に歩こうと思いました。

8時22分 ロッジくろよん
ロッジくろよんに着くと3人の男性グループが休んでいました。この方達も本日は奥黒部ヒュッテに泊まり明日 赤牛へとの事 少しして男女のカップルが着きました。この方達は大きなザックを背負っていて上の廊下へ向かうそうです。
平ノ小屋までの道は 標高差はほとんどなくアップダウンは多少ありますが長くないので息が切れることなく歩けます。ほとんど樹林帯 ブナ林の中を歩き黒部湖を眺めながら歩きます。
DSC04738_convert_20110919152507.jpg

11時32分 平の小屋着
DSC04749_convert_20110919151955.jpg

ここで50代の女性2人が休憩していました。奈良の方でロッジくろよんから今日は出発してきたとの事 この方達も同じコースで赤牛を目指します。

DSC04752_convert_20110919151621.jpg

12時発の船に乗るため乗り場へ向かいます。乗車数は9人 乗船時間は10分ほど その間 釣りさおを垂らしながら針の木谷へ向かいます。のどかです・・・。

針の木谷へつき奥黒部ヒュッテに向けて歩きます。ここからは平の小屋までの道とは違い 木製のハシゴなどダイナミックです。今回 歩くにはきちんと整備されて不安なく歩けます。本当は、このコース7月29日に歩こうと思っていました。海の日の連休に歩いたまきchinさんのレポートを読むとこの時期にはまだ登山道の整備がされていなかったようだし 水晶小屋では読売新道を下るのは「不通」としていたようです。私も山行予定日である7月29日の2.3日前に奥黒部ヒュッテにお聞きすると まだ未整備箇所が3箇所ほどあります。7月29日に整備完了する予定だそうですが その日までの天候によって完了するかどうかはわかりませんということでした。結局 天候がよくなかったので計画変更となりましたが・・・。本当に登山道を整備していただき頭が下がる思いです。
DSC04754_convert_20110919154207.jpg

雄山方面がみえます。いつの間にかダム湖からダム湖へ注ぐ川に変わっています。水の流れがきれいです。
DSC04760_convert_20110919154646.jpg

奈良のお2人の女性 さっさと歩かれます。健脚です。時々 流れている水を飲みながら 「さっきより冷たい」「おいしい」と味見をしながらあるきます。河原の砂地の道に変わったと思ったら東沢谷の橋をわたり砂地のテント地を過ぎ奥黒部ヒュッテに着きました。
私の2001年エアリアマップでは針の木谷から奥黒部ヒュッテまでCT3時間なのですが管理人さんの話によると2時間少しで着きますとの事でした。

DSC04769_convert_20110919153351.jpg

この小屋にはお風呂があります。到着順に入浴できます。じんじんさんは運よくすぐお風呂に入れたので私はその間 ビールと飲んで待っていました。山行途中でお風呂に入れるなんてうれしいです。汗を流しさっぱりしました。夕食は豚カツ 食べることができなかった百間洞の小屋の豚カツを思い出しました。部屋は奈良の女性の方と同室でした。明日は4時に出発されるそうで私達も4時出発としました。 
  
スポンサーサイト



by つくだにちゃん  at 15:52 |  山登り(北アルプス) |  comment (4)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments

お疲れさまでした

お疲れさまでした。
平日で、好天に恵まれた最高の山行でしたね。
でも赤牛は遠かった、水晶も遠かった。
その分達成感は100%です。
あと残された雲の平と、烏帽子から蓮華の間をどのようにつなぎますかね?
by じんじん 2011/09/19 18:34  URL [ 編集 ]

Re: じんじんさん

じんじんさん

ありがとうございました。

遠かったですね。私は7/8からの赤牛までの頂上と温泉沢の頭から
水晶岳までが本当に遠かったし足が進みませんでした。
じんじんさんはまだまだ 余力有り余っているような感じでしたよ。

本当にいい天気でよかったです。
赤牛から水晶までの稜線 裏銀座の稜線 最高の展望が
眺められました。
いい山行でした。

じんじんさん レポート仕上げ早いですね。私も最終日のレポート
がんばります。


by つくだに 2011/09/20 18:48  URL [ 編集 ]

ぐるっと周回ハイキング、ご苦労さんでした

いい天気に恵まれ、手応えのある周回だったようですね。北アルプスも、穂高周辺は岩ばかりだけど、双六あたりから北にいくほど山がきれいになってきますね。山深いところなので、それなりの心の準備も必要だし、思い出に残る山行になったのではないでしょうか。さて、今年のアルプスの紅葉をどこで決めるかですが、さてどこでしょうか?今週末も天気がいいし、もうそろそろ色付き始めますよ!
by 隊長 2011/09/21 22:25  URL [ 編集 ]

Re: 隊長さん

隊長さん

9月にして今年初アルプス(8月に赤石小屋までは行きましたけど・・・)
 いい天気に恵まれて思い出に残る山行になりました。

もう今年も3ヶ月 アルプスにいける時期もわずかとなりました。
気分 一新して秋の紅葉 楽しみたいです。しかし膝が・・・。




by つくだに 2011/09/23 12:17  URL [ 編集 ]
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

つくだにちゃん

Author:つくだにちゃん
FC2ブログへようこそ!
重いザックは担げない弱力 歩くペースは遅い虚弱な自分ですが山登りは大好きです。これから登る山 今まで登った山など思ったこと 感じたことを綴っていきます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター