FC2ブログ

H23.9.14~16 読売新道を登り ブナ立尾根を下る 2日目 ~牛の背中に座ってきました~ 

9月15日

奥黒部ヒュッテ(3:50) ~ 1/8(4:45) ~ 2/8(5:25) ~ 3/8(6:20) ~ 4/8(7:09) ~ 6/8(8:24-8:40) ~ 7/8(9:23) ~ 8/8赤牛岳(10:25-10:55) ~ 温泉沢の頭(13:25-13:40) ~ 水晶岳(15:10-15:15) ~ 水晶小屋(15:58)

うつらうつらしていると同室の奈良の女性がパッと起き布団をたたみザックを部屋の外へ・・・。私達も同じように起き準備します。外に出てみると昨日 黒部ダムから歩いてきた男性3人も出発準備をしていました。 

3時50分 外は薄くらいというわけでなくまだ暗いです。男性3人組みの後に続き出発しました。奈良の女性お2人には、すぐ追い越されてしまいました。
歩き始めから急斜 。谷の流れる音を聞きながらのぼります。ヘッデン使用 こけないよう気をつけて歩きます。この読売新道 赤牛岳頂上まで8等分された箇所に標識が設置されています。
岩や木の根が向き出た登山道 湿った木の根の上に足を乗せると滑って危ないですが このような急斜ではしっかり四方八方に張った根をつかみながら登ります。頼りになる根なのです。

DSC04776_convert_20110920083523.jpg

1/8 2/8 3/8の各地点で少し休憩します。朝一の歩きなので堪えます。今日もじんじんさんに先に歩いてもらいます。樹林帯なので日の出は見えませんが 樹林帯の間から見上げる空の色で太陽が昇ったなと感じます。

4/8付近 展望が開け じんじんさんが待っていてくれました。私は少しパンをかじりたかったので じんじんさんには、先に行ってもらいます。次は6/8で待ってもらいました。
黒部ダムが見え左は雄山あたりでしょうか?
DSC04791_convert_20110920090940.jpg

4/8の途中からは樹林帯が開け青空の下ハイマツの中を歩きました。

DSC04796_convert_20110920092441.jpg

夏に聖岳を登った長次郎さん曰く『下を向いて、足元の足を置く場所をよく見極めながら歩きます。ふっと、上を見上げてみれば、意外と山頂が近くなってるからうれしかったり・・・』 私もそう思います。しんどくてもえらくても少しでもいいから1歩1歩足を進めるようにします。

DSC04799_convert_20110920095559.jpg

6/8 じんじんさんが休憩していました。
DSC04803_convert_20110920093534.jpg

7/8を過ぎ歩いていくと目の前に赤牛岳が見えます。じんじんさんの姿も見えます。今までは1歩づつ1歩づつと足をすすめていましたがあとこれを登りきったら・・・というところで少し足が止まってしまいます。この7/8から頂上までと この先の水晶岳への登りがしんどかったです。頂上から降りてきた人が 「頂上で湯を沸かして待ったいるよ」とか「よく 登ってきたね。」とか声をかけてくれます。こんな言葉掛けがうれしかったりします。

10時25分 赤牛岳
やっと着きました。じんじんさんは10時頃着いたそうです。まず目標だった赤牛岳に立ててうれしいです。快晴で展望も最高!パンと温かいコーヒーを口にします。
DSC04821_convert_20110920094449.jpg

黒部湖を下に見ます。山の頂上から湖が見れるなんて好きな風景です。薬師岳方面 薄茶の山肌にカールがきれいです。まだ歩いていない立山方面から薬師岳 手ごわそうです。雲の平 黒部五郎岳 槍ヶ岳 野口五郎岳ずっと続くパノラマ風景が最高です。いつまでも眺めていたいです。
DSC04827_convert_20110920144303.jpg

10時55分 赤牛岳を後にします。下り始めると今日 奥黒部ヒュッテに向かう人 また水晶からのピストンの方が登ってきました。
DSC04841_convert_20110920144825.jpg


赤牛岳からの下りは 頂上に立てたという思いで気持ちが大きくなっていました。目の前には水晶岳はまだまだはるか向こうですが右を見ても左を見ても前を見ても素敵な展望で 急いで歩くのがもったいなく思いました。しかし私のようなペースの遅い者にはこれが甘い考えだと後から気づきました。こんな体力少しでもあるときに先へ先へと歩いておけば・・・。この先 水晶へ近づくにつれてまたまたばててきたのです。
DSC04863_convert_20110920145222.jpg

下を見ると高天原小屋がみえます。いつか温泉につかりに行きたいです。
DSC04884_convert_20110920145935.jpg

途中 私が赤牛岳を下っている時 水晶からピストンで登ってきた若者にも追い越されてしまいました。あの水晶岳をこえないと・・・。水晶岳への登りはどのように登るのだろう この時だけは水晶岳が好感を持ってみることができませんでした。自分が体力がないだけで 別に水晶岳が悪いわけではないのですが・・・。
DSC04885_convert_20110920150434.jpg

13時25分 温泉沢の頭
ここでもじんじんさんに待ってもらっていましたが先に行ってもらうことにします。16時までには水晶小屋につけるでしょう。今まで6/8 と赤牛頂上以外は単独山行でとる休憩時間より少し少なめでちょっとがんばったのでここでパンを食べ景色を眺め休むことにします。15分ほど休みました。
温泉沢の頭から水晶岳までCT50分 しかし1時間30分かかってしまいました。

15時10分 水晶岳
周りを眺めるとガスがわいてきたようです。水晶小屋が見えます。水晶岳には南峰(標高点 2986m) 北峰(三角点 2977.7m)があります。以前 水晶岳に登った時 南峰から眺めていると北峰にも人がいてその時は 寄りませんでした。次回機会があったらと思っていたのですが南峰の手前で標識みたいなものが立っていた
のを見たのですがばててまぁ いいかと思い通り過ぎてきました。
ここがたぶん 北峰なんだろうな。
DSC04890_convert_20110920183122.jpg

水晶岳をたつ前に今日歩いてきた道を振り返ってみました。
DSC04905_convert_20110920151014.jpg

15時58分 水晶小屋
水晶小屋を予約した時 16時までには着いてくださいと言われました。一応 間に合いました。奈良の女性お2人は 14時頃水晶小屋に着いたとの事 すごい健脚です。30分前に小屋に着いたというじんじんさん ビールを飲むのを待ってもらっていました。外でビールを飲んでいると周りがガスで真っ白になってきました。
夕食は、カレーライス 私は、行動食はパンばかり食べていたので大変おいしくいただきました。本日の宿泊者は、16名でした。
DSC04909_convert_20110920100926.jpg


スポンサーサイト



by つくだにちゃん  at 18:50 |  山登り(北アルプス) |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments

素晴らしい展望ですね!

いやー、素晴らしい展望ですね。

赤牛岳は北アルプスのど真ん中なので、360度の展望を眺めながらの最高の山歩きだったでしょうね。

ところで、九月の平日ともなると水晶小屋も空いているのですね。来年、稜線上でこっそりとテント泊しようかと思っていましたが、これだとその必要もなさそうですね。

色々と参考になりました。ありがとうございました。
by 深山 2011/09/21 08:02  URL [ 編集 ]

Re: ふかやまさん

ふかやまさん

パノラマ写真を撮るには最高の場所ですよ。

健脚なふかやまさんなら余裕を持ち水晶小屋まで行けますよ。
私も7月末だったか8月初めに予約の電話をしたときは、「予約は
受け付けられません」と言われたんです。他の人のレポートを
見ていても 2人に1組の布団とかかかれていたりして心配して
いたんですけど 9月の平日がよかったのかもしれません。

この連休は 山行ですか?

by つくだに 2011/09/23 12:03  URL [ 編集 ]
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

つくだにちゃん

Author:つくだにちゃん
FC2ブログへようこそ!
重いザックは担げない弱力 歩くペースは遅い虚弱な自分ですが山登りは大好きです。これから登る山 今まで登った山など思ったこと 感じたことを綴っていきます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター