FC2ブログ

H23.9.14~16 読売新道を登り ブナ立尾根を下る 3日目 ~牛の背中に座ってきました~ 

夜中 小屋の外に出てみると 日の暮れ小屋の周りがガスで真っ白だったのとうって変わり 雲海となり山々の稜線が黒く写りだされていました。満月よりすこしかけた月の光がきれいでした。

9月16日
水晶小屋(4:00) ~ 東沢乗越(4:40) ~ 真砂岳分岐(6:13) ~ 野口五郎岳(6:55-7:15) ~ 野口五郎小屋(7:30) ~ P2792(8:50-9:00) ~ 烏帽子小屋(10:15-25) ~ たぬき岩(11:10) ~ 三角点(11:20) ~ ブナ立尾根登山口(13:25) ~ 高瀬ダム(14:25) ~ 扇沢

昨日 奥黒部ヒュッテを出てきた男性3人組み(竹村新道を降りる予定の様子) 奈良の女性お2人(ブナ立尾根を下山予定)と私達 この日もみなさん4時に出発です。
水晶小屋からの下り ざれて滑りやすくよくみないと浮石もありヘットデンでよく照らして歩きました。後からライトが当たったような気がしたので振り返ると月の光でした。やさしい光です。

日の出の時間が近づき 少し高台で展望をながめます。20分ほど日の出を待ちながら展望を眺めていました。
DSC04917_convert_20110921092448.jpg

槍ヶ岳のシルエットが黒から少し赤く染まってきました。
DSC04923_convert_20110921093926.jpg

鷲羽岳・マリモ岳の山々にも日が当たってきました。
DSC04946_convert_20110921101037.jpg

野口五郎岳にむかう緩やかなのぼりです。
DSC04959_convert_20110921095738.jpg

DSC04968_convert_20110921100200.jpg

水晶岳と自分
DSC04967_convert_20110921100654.jpg

6時58分 野口五郎岳
野口五郎岳って平坦で 「やっと 頂上やーっ!」という感じではないけど私はこの頂上が好きです。ここからみる展望はいいです。ここだけでなく裏銀座を歩いていて各場所から見る展望がいいです。ここでも20分ほど展望を楽しみました。天気はいいけど やはりテント禁止だけあって風は吹いてきます。
昨日 赤牛岳をピストンし水晶小屋に泊まった若い男性は、今日は 竹村新道をおり晴嵐荘に泊まり温泉につかるそうです。私ももう1日休みがあればそれもいいななんて思いました。360度の北アルプスの展望を楽しみ下山し硫黄においのする温泉につかる いいなぁ。
DSC04970_convert_20110920204836.jpg

7時30分野口五郎小屋
DSC04992_convert_20110920203953.jpg

昨日歩いた赤牛岳から水晶への稜線
今回 じんじんさんがまだ歩いていない水晶から烏帽子までの裏銀座コースを歩きたいということもあり裏銀座を歩きました。私も 以前歩いた裏銀座を逆に歩くのもいいなと思ったし こうやって昨日歩いた赤牛岳から水晶岳を眺めながら歩くのもいいなと思いました。山を歩いて眺めた山や稜線を眺め次はあそこを歩きたいと思ったり もう1度 行きたいなと思ったりします。
DSC04998_convert_20110920204423.jpg

山って午後になるとガスってきます。私が以前 裏銀座を歩いた時もそうで三つ岳から野口五郎小屋に向かう途中から雲が上がってきました。途中 お花見コース 稜線コースと分かれていましたが展望ないなら疲れていたのもあってお花見コースを歩いていました。今回は展望コース 烏帽子までの道がずっと見渡せてまた新鮮な感じ歩けました。
DSC04995_convert_20110921101942.jpg

三つ岳をまき少し下ったところのザレ場に猿の群れがいました。高瀬ダムの湖面が見えました。
いつかは歩きたい烏帽子ー蓮華岳間 しかしだいぶアップダウンがあり手ごわそうです。
DSC05015_convert_20110920203157.jpg

三つ岳をまいて烏帽子のテント場までは案外下ります。以前 烏帽子小屋から三つ岳方面を眺めているだけで疲れた気持ちになりました。

10時10分 烏帽子小屋
じんじんさんはこれから烏帽子岳によります。歩くペースの早いじんじんさんに私も同行すると 下山でますます遅れてしまうので今回は じんじんさんが烏帽子岳に寄っている間 先にブナ立尾根を降りることにします。少し左ひざも痛くなってきたし・・・。同じように歩いていても右膝は大丈夫なのにやはり古傷のある左膝は同じように対応できないようです。
DSC05018_convert_20110920202700.jpg

烏帽子小屋でパンを食べジュースを飲み 最後に登った読売新道 赤牛岳を眺めます。
DSC05020_convert_20110920202224.jpg

途中2回ほど休み 13時25分 登山口に到着  番号12です。

橋を渡る途中で風がそよそよ吹いて心地よい ダムまで行かずここでじんじんさんを待ちました。

ダムに到着 タクシーがいてすぐ乗ることができました。奈良の女性お2人はすでに下山しているとしても男性3人組はもうダムに到着したのでしょうか?
DSC05037_convert_20110920201312.jpg

タクシーの運転手さんにたのんで高瀬ダムの写真を撮るために車をとめてもらいました。  
DSC05038_convert_20110920200906.jpg
 
数年前から行きたくてやっと歩けました。自分には無理だと思いながらも時間はかかったけど歩けました。じんじんさんは 体力が有り余っているかのようで 常に私とじんじんさんの間の差はありました。今回の2日目は CTが長いので じんじんさんのペースには合わせられないけど目標にして1歩づつ1歩づつという思いで歩きました。
この夏は 天候と自分の休みが本当に合わず 他の方のレポートをみては楽しんで山にいけずともがんばっとるやん 自分!なんて思っていたら思いがけなくいい天気で山も歩けてよかったです。山行中にみた展望は本当に忘れられないなと思いました。
スポンサーサイト



by つくだにちゃん  at 11:51 |  山登り(北アルプス) |  comment (6)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments

レポ完成しましたね

おはようございます
この3連休も良い天気ですね
僕は用事があって山はお休みです
本当は北岳へ行きたかったんですが・・

充実した3日間、本当に良く歩きましたね だからレポ作成にも力が入っているのが解かりますよ

次回の山行は紅葉と合わせて歩きたいですね
裏銀座を歩いている途中、東沢谷の紅葉が見たいなぁと思いました
by じんじん 2011/09/24 09:09  URL [ 編集 ]

Re: じんじんさん

じんじんさん

3連休も終わりましたね。天気はよく私も山行を予定していましたが
どうも膝の調子がよくありません。気長に膝を治そうと思います。

紅葉も楽しみたいです。近場の山でもいいので膝が早くなおったら
歩きたいと思います。



by つくだに 2011/09/25 20:57  URL [ 編集 ]

No title

遅ればせながらレポ拝読しました
長かったでしょ~、水晶が見えてからが、本当に長いですよね
敢えて”登り”の読売新道の走破おめでとう!
ブナ立尾根、私もいつかチャレンジしますよ
膝はゆっくり直してくださいませ
by スロートレック 2011/09/27 15:56  URL [ 編集 ]

素晴らしい3日間でしたね。

水晶岳から烏帽子岳の間は素晴らしい稜線歩きが続きますよね。

つくだにさんがずっと赤牛岳に登ってみたかったように、僕は野口五郎岳にずっと登ってみたくてお盆に歩いたので、何だか凄く共感出来るレポでした。

膝は大丈夫ですか?お大事にしてくださいね。
by 深山 2011/09/27 23:41  URL [ 編集 ]

Re: スロートレックさん

スロートレックさん

赤牛岳の頂上に立つとホッとしてしまいました。水晶へ
続く稜線を歩いていたら360度のすばらしい展望に張っていた
気持ちが緩んでしまって水晶岳には責任はないのになんか恨めしく
思えてきました。
3日目の 2日目歩いた稜線を眺めながらの歩きもよかったです。

来年はスロトレさんがすでに歩いて見える 五色ガ原から薬師岳を
歩き赤牛の稜線を眺めたいななんて思っています。




by つくだに 2011/09/28 18:27  URL [ 編集 ]

Re: ふかやまさん

ふかやまさん

いい天気にめぐまれていい山行となりました。

3日目は、竹村新道を降りようと思っていたのですがふかやまさんの
レポートを見ていて裏銀座を歩くのもいいなと思いました。

ふかやまさんは、野口五郎岳にずっと登ってみたかったんですか?
野口五郎岳って頂上って感じはないんですけどすごく展望が
いいですよね。展望はいいけど派手さはないという点で双六岳に
なんか似ていますね。私は、そんな山も好きです。




by つくだに 2011/09/28 18:49  URL [ 編集 ]
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

つくだにちゃん

Author:つくだにちゃん
FC2ブログへようこそ!
重いザックは担げない弱力 歩くペースは遅い虚弱な自分ですが山登りは大好きです。これから登る山 今まで登った山など思ったこと 感じたことを綴っていきます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター