FC2ブログ

H23.11.17 羽鳥峰峠から石榑峠へ ~4つの峠を歩いて~




三重県の山 縦走路などまだまだ歩いていないところはあります。最近 まだ歩いていないところに足をのばしています。御在所の本谷 鬼ヶ牙・臼杵岩も今まで歩いていないところでした。鈴鹿の縦走路でもまだ歩いていないところがあります。三池岳から石榑峠 釈迦ヶ岳から八風峠がまだ歩いていないのでそこを含め羽鳥峰峠から石榑峠を歩いてきました。
伊勢平野 伊勢湾を眺め 今まで歩いた道をたどり山を眺め歩いてきました。

三池岳過ぎた辺りで歩いてきた稜線を眺める
DSC05293_convert_20111118001603.jpg

朝明駐車場ー羽鳥峰峠ー釈迦ヶ岳ー三池岳ー石榑峠ー砂山ー宇賀渓

N師匠 私



釈迦ヶ岳の登山口である朝明は、愛知川流域・御在所方面へ足をのばすのに寄ってはいるものの今まで 釈迦ヶ岳 三池岳に登ったのはH19年の春に1回だけです。鈴鹿の山でも 何回か登る山もあれば1回しか登らない山もあります。釈迦ヶ岳・三池岳 4年前に歩いたきりで楽しみでもあります。

朝 高速を走りながら後部から見えた朝日は赤々としてきれいでした。朝明駐車場につくと出発準備をしているグループの車がすでに1台とまっていました。こんな平日 駐車場料金を徴収する人はいないだろうなと思っていたらちゃんとみえました。駐車料金500円を払っていたらこの前の日曜は この駐車場も満車だったようです。「こもの登山マップ(2万5千分の1)」どうですかと言われ1部200円で購入しました。

7時45分 駐車場出発
最近 朝夕は気温も下がり寒く感じます。風が当たると寒く感じます。しかし歩き出すと体が熱くなってきました。空をいると明日からは天気は崩れるようですが青空でいい感じです。
駐車場よりまっすぐすすみ猫谷を通り羽鳥峰峠に向かいます。先に歩くグループは根の平峠方面に向かうようです。ここ朝明からはいろんな方面に歩くことができます。途中 国指定登録有形文化財のなわだるみがあります。DSC05219_convert_20111119195627.jpg
この堰提を過ぎると御在所岳方面の展望も見えます。樹林帯の中を歩き開けると羽鳥峰峠です。

8時55分 羽鳥峰峠 
DSC05226_convert_20111119200401.jpg
峠のザレ場をすぎ県境尾根を歩きます。
振り返ると御在所岳
DSC05239_convert_20111119202151.jpg

稜線あたりは葉が落ちた樹林がめだち秋も終わりだなと感じますが青空の下に 笹原の緑などの萌黄色がそれに混じり彩を添えてくれます。ヤシオのトンネルもあります。
DSC05247_convert_20111120141211.jpg

9時55分 猫岳
DSC05248_convert_20111119201039.jpg

釈迦ヶ岳が見えます。縦走路の突き当たりの右手に釈迦ヶ岳(最高点) 左手に釈迦ヶ岳(三角点)です。今回は、釈迦ヶ岳(三角点)に向かいます。
DSC05250_convert_20111119203754.jpg

10時30分 釈迦ヶ岳
DSC05259_convert_20111119202911.jpg

DSC05254_convert_20111119203213.jpg

画像でははっきりしませんが尾根あたりの紅葉がみられます。
DSC05255_convert_20111120142550.jpg

釈迦ヶ岳より急斜を下ります。
釈迦ヶ岳までの県境尾根を歩いている時は、日が当たり風の強さもさほど感じなかったのですが下っていると日も雲でおおわれて風も当たり寒くなってきたので上着を羽織ります。しかし下り終わり再び登ったりすると暑くなってきました。
今までは釈迦ヶ岳を目標に歩いていましたが 次は三池岳です。しかし県境尾根の向こうに竜ヶ岳 御池岳が見えました。
DSC05264_convert_20111120164253.jpg

11時30分 仙香山
途中 仙香山への表示がありました。「山と高原地図」では記載されていません。少し左手に登るとすぐに仙香山の標識が笹原の中に立っていました。
DSC05273_convert_20111120164722.jpg

11時35分 中峠
このコースは稜線を歩くのも楽しいです。笹原あり ヤシオのトンネルあり 花崗岩のざれた道あり 時々奇怪な岩があります。
DSC05280_convert_20111120165127.jpg

11時53分 八風峠
DSC05284_convert_20111120144240.jpg

5人のグループが昼食をとっていました。このグループはキャンプ場から八風峠へ登って来たとの事。私達も風がよけることができるのでここで昼食をとります。昼食はカップラーメンとおにぎりと甘酒 風に当たると体も冷たくなりラーメン 熱い甘酒 それを交互にすすり飲みます。
12時30分出発 ここから三池岳は10分ほどです。
中央の草木が何も生えていない所が三池岳の頂上です。
DSC05289_convert_20111120165956.jpg

12時45分 三池岳頂上
以前は射撃場から三池岳に登り八風峠から下山しました。4年前のことで頂上に着く前にアルお菊池あたりで登山者と初めて会ったこと 八風峠の風景しかあまり記憶にありません。登山口辺りの射撃場がちょっと私なりのイメージであまり近寄りたくないなという気持ちになるのですが羽島峰峠から釈迦ヶ岳にしろ釈迦ヶ岳から三池岳の県境稜線を歩き頂上へすごくいいコースです。これからも釈迦ヶ岳・三池岳にきたいなと思ったのでした。
DSC05290_convert_20111120165618.jpg

県境尾根にはこういう標識が立っていて黄色の看板はレスキュウーポイントの番号が書かれています。白の看板は200mポイントと表示されていて中峠ー三池岳まで7区間の今どのあたりと言うことがわかります。
石槫峠までは16分割されています。と言うことは3.2キロあるのでしょうか?
DSC05291_convert_20111120195748.jpg

左手に釈迦ヶ岳 歩いてきた道を振り返ります。
DSC05292_convert_20111120201730.jpg

頂上に立つと再びまた急斜を下ります。
竜ヶ岳の姿がどっしり見えてきました。ここを歩いていて楽しいことは伊勢平野 伊勢湾が眺められまた反対側に滋賀県の琵琶湖が見え後を眺めると歩いた山や尾根道が眺められる事です。写真でははっきりしませんでしたが琵琶湖も見えました。
三池岳から石槫峠までの道 はっきりしているのかなと心配でしたし歩く人いるのかなと思っていたらしっかりした道でここでも3人 会いました。

途中 登山道脇に自転車が捨てられていました。
DSC05300_convert_20111120202047.jpg

石槫峠までの道は 展望が始終見れるというより雑木林の中を上り下りで少しづつ峠へ高度を下げていきます。

14時20分 NTT中継所
 DSC05312_convert_20111120205205.jpg

竜ヶ岳の頂上 きっと気持ちよかっただろうな。
DSC05315_convert_20111120204831.jpg

今まで 石槫峠から釈迦ヶ岳方面への登山口はどこにあるのかなとここを歩くたびキョロキョロ眺めていましたがわかりませんでした。登山口は画像の左側の柵が締められ「立入禁止」となっていますので底をガードレールをまたぎ歩いていくとあります。
DSC05319_convert_20111120203209.jpg

ここからは小峠へ そして砂山経由で16時20分頃 宇賀渓に着きました。途中 長尾滝との分岐地点から砂山方面に行くのには尾根道になるので再び登りとなったし尾根道から石のの階段に変わり降りていくのもジグザグとたくさん歩いた気がしました。師匠は私より 10分ほど早く到着し その時 駐車場の管理の方が滝方面を歩いてきたほうが楽やったのにと師匠に話されたようで 師匠は砂山を歩いてきたことですこし機嫌が悪かったのです。確かに石の急な階段をジグザグと降りてきたほうがそれまで歩いた距離より膝にきいたような気がします。

朝明駐車場まではタクシーで戻りました。師匠は今 車待ちなのです。新車が来るのが12月中旬だそうです。今 軽トラに乗っていますが軽トラで高速を走るのが嫌だそうでそれならタクシーということになりました。

私は 羽鳥峰峠から金山・中峠までまだ歩いていないのです。今度歩くのは シロヤシオの花が咲いている時にこの県境尾根を歩きたいです。
スポンサーサイト



by つくだにちゃん  at 21:12 |  山登り(鈴鹿) |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments

晩秋の鈴鹿もいいものです

こんばんは。
峠を越えてミニ縦走ですね。
紅葉も終わり、これから積雪までは、新ルート挑戦にいい季節ですね。見通しが良くなるのでバリエーションもいいと思いますが、猟期が始まっているので、谷などは注意が必要です。
カメラのCCDにゴミが付いていますね。
ブロアーか、スプレーで掃除しましょう。
by 隊長 2011/11/19 22:29  URL [ 編集 ]

Re: 隊長さん

隊長さん

積雪期になると 車のこともありますし単独であちらこちらと出かけられないので
今のうちに歩こうと思い 休みと天気とにらめっこして出かけています。12月末に
職場の引越しがありいろいろ不安もあるのですが こうやって山へ出かけることも
気分的に疲れだけでなく満足感が残るので山に行っています。

秋にいけなかった幕営コースも歩いてみたいコースです。またいつか歩きたいです。

そうですね。これからは猟奇なので気をつけないといけませんね。

カメラのごみの件 ご指摘ありがとうございます。今まで手入れをあまりせず
付着しているほこりに最近 気になってきたところです。末永く使いたいので
手入れします。 

by つくだに 2011/11/20 21:31  URL [ 編集 ]
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

つくだにちゃん

Author:つくだにちゃん
FC2ブログへようこそ!
重いザックは担げない弱力 歩くペースは遅い虚弱な自分ですが山登りは大好きです。これから登る山 今まで登った山など思ったこと 感じたことを綴っていきます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター