FC2ブログ

H24.3.3 タテ谷  ~初めて捜索に参加して~

明日(3月3日)は、久しぶりに山へ行こう!天気もいいし・・・。でも行き先は・・・・?当日 決めたらええやん。N師匠と前日 そう打ち合わせをしました。前日は夜勤で 隊長さんのメールに気づいたのは23時 「明日 予定ありますか?もしよければ 捜索のお手伝いをしてほしいのですが・・・」との事 歩くのが遅い私なんかでかえって足手まといにならないのかなぁと少し緊張しながら寝ました。

2月11日~12日藤原岳(大貝戸)より御池岳の山行で下山されていない登山者の捜索が今もされています。詳細は たろーさんのブログでご覧下さい。


タテ谷(8:53)~P708下(9:29)~タテ谷登山道合流(10:30)~峠道合流(11:47)~鈴北岳山頂(12:00)~県境稜線北斜面捜索~タテ谷登山道(13:12)~コル(14:00)~コグルミ谷登山道(14:24)~コグルミ谷登山口(14:42) 隊長さんの記録より

隊長さん 遭難対策委員長 I さんと奥さん、御在所クライミングスクールMガイドと精鋭2人、へべれけ隊のTさん、N師匠 自分

当日7時30分 藤原岳登山休憩所で打ち合わせ 8時よりそれぞれ受け持つ場所へ向かうとの事です。藤原パーキングで隊長さんと待ち合わせ 隊長さんの車で 今日分担場所のタテ谷まで送ってもらいました。ゲートをあけてもらいコグルミ谷登山口を少し過ぎたところへ車をとめました。今日 一緒に行動する遭難対策委員長のIさんとその奥さん 御在所クライミングスクールMガイドと精鋭2人 へべれけ隊のTさんと顔をあわせました。

この時期に 御池方面へ向かう時はいつも木和田尾を歩くのでこうやってゲートをこえ306号線に立つのは初めてです。国道より本谷に入ります。石灰岩 残雪 倒木の中を谷を進んでいきます。御在所クライミングスクールの方は 見渡しながら先を歩きます。遭難対策委員長のIさんは ルートの案内 後に続く私達に注意をはらいながら続きます。いつもならまだまだ続く登りを辛抱しながらただ下を向き歩いたり 花の季節には、花を探しながら下を向いて歩いたりしますが 今日は下を向いていてはだめです。顔を上げ右に左にながめながら歩きます。
時折踏み抜いたり 雪がとけ土の斜面は水分を含み泥のようで滑りそうです。

見上げると真っ青な空が広がっています。急斜の谷は雪におおわれをミニアルプスのようです。今日は、ガスもなく見渡せます。Iさんの奥さんが 「目は多い方がいい」とおっしゃいました。何人かの目で見落とすことないように進みます。急斜でN師匠少し遅れ気味 
P3030176_convert_20120307092524.jpg

コグルミ登山道より入るタテ谷登山道に合流すると傾斜が緩くなります。
P3030181_convert_20120307094142.jpg

あともう少し登ると鈴北岳 私達は左へ遭難対策委員長のIさんご夫婦は左へ 御在所クライミングスクールの方々は直進 3方向に分かれて歩きます。 
P3030188_convert_20120307095046.jpg

稜線にあがります。こんないい天気でこの時間でもまだ霧氷が残っています。
P3030199_convert_20120307100157.jpg


P3030198_convert_20120307100538.jpg

鈴北岳頂上付近の雪はとけています。
他の捜索隊も稜線上についたとの事 無線で連絡を取り合いますが新たな情報はありません。
休憩をとりながら360度の景色を眺めます。2月12日の天候は雪も降っていて風も強く視界も悪かったとのこと 私だったら御池から鈴北岳のほうにはこず昨日 来た道を戻ります。雪山の視界の悪いルートを歩く自信がないこととこの時期 積雪量が多いからです。体力的にも登山技術・経験に自信がない私とでは参考にはなりませんね。この方はどうだったのでしょうか?しばし絶景を眺め御池岳方面を眺めては推測をたて話します。
P3030219_convert_20120307101944.jpg  P3030221_convert_20120307102152.jpg

P3030217_convert_20120307100906.jpg

ふつうの山行ならもう少しゆっくり景色を眺めようか もう少しあそこまで足をのばそうか等と計画は自由に立てられますが 今からは県境稜線からタテ谷までの斜面の捜索をすることになりました。斜面をおりタテ谷登山道ルートをおりコグルミ登山口へ
その後 藤原岳登山休憩所へよりました。この日は藤原岳へもたくさん登山者が歩いていましたが新たな情報はありませんでした。家族の方でしょうか?ホットコーヒーをいただきました。ゆっくり歩いただけなのに申し訳ないです。
昨年は、私がいつも楽しみに山のレポートを読ませてもらっていた方も遭難されて単独で歩き始めた時よりも ここ数年の方が山の怖さというか危険さがわかったような気がします。自分もこれから何が起こるかわからないから慎重に行動しないといけないと思いました。下山するまでが登山です。
ゆっくり歩いて先行の方に待っていただき私が捜索というにはおこがましいですが 自分の視界が少しでも役立つならまた休みがあえば参加したいと思います。それよりも早く皆の思いである発見されるといいです。

スポンサーサイト



by つくだにちゃん  at 11:34 |  山登り(鈴鹿) |  comment (4)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments

お疲れさまでした

捜索,お疲れさまでした.私も個人的に捜索を兼ねて御池に行きたいと思っているのですが,なかなかタイミングが合わず,まだ一度も行けていません.遭難された方のブログを読むと,私と山行パターンが似ていてとても他人ごとには思えません.早く見つかってくれるといいのですが.
シュークリーム
by シュークリーム 2012/03/07 18:40  URL [ 編集 ]

Re: シュークリームさん

シュークリームさん

山・自然はきれいであり美しいけど時に厳しく危険を伴いますね。
どんなに注意をしていても不意に何かが起こることもありますね。
私も単独行のときもあり気を引き締められる思いです。
健脚ではないのでかえって迷惑をかけるんじゃあないのかなと
思いながら参加しました。早く見つかりますように・・・。


by つくだに 2012/03/07 23:06  URL [ 編集 ]

No title

つくだにさん、こんばんは。

3月3日は私も捜索に参加していました。隊長さんの姿を見かけたので、きっとすれ違っていたかもしれませんね。

早く見つかるといいですね。
by たろー 2012/03/08 22:08  URL [ 編集 ]

Re: たろーさん

たろーさん

たろーさんも3日 参加されていたのですね。

日ごろ 鈴鹿の山を歩いている方が よく参加されてて
私は、皆さんの行動に感心します。

鈴鹿の山が好きな人は皆 仲間という意識を感じます。

本当に早く見つかるといいです。



by つくだに 2012/03/13 23:46  URL [ 編集 ]
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

つくだにちゃん

Author:つくだにちゃん
FC2ブログへようこそ!
重いザックは担げない弱力 歩くペースは遅い虚弱な自分ですが山登りは大好きです。これから登る山 今まで登った山など思ったこと 感じたことを綴っていきます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター