FC2ブログ

H24.4.6 藤原岳 ~久しぶりの山の会メンバーで~

「山の会&山行」 いつのまにか参加者も少なくなり解散?廃止?となってしまいました。しかし山の会のメンバーの家に集まり食べたり飲んだり歌ったりそしてシェラフに包まり泊まっていくということは定期的にあります。先月もみんなで集まり4月に藤原岳に福寿草を見に行こうということになり久しぶりの山の会メンバーでの参考となりました。

大貝戸ー藤原山荘(ピストン)

Iさん N夫妻 Mさん 私

しかし 朝 集合場所へ向かう時 小雨がパラパラ いったんやんだものの御在所を過ぎた辺りから雨のふりかたが強くなってきました。本当は木和田尾を登る予定でした。大貝戸から登るより木和田尾のほうが泥道は避けられるし登山者が少ないかなと思ったのです。何よりも木和田尾の自然林の中を歩くのが気持ちいいです。しかし雨は降っているし風も強いので今回は大貝戸から登ることとなりました。大貝戸登山口の駐車場で 登山者が着替えていました。その方は福井からみえた方で今回は天気が悪いので山は登らず予定を変更しますとの事でした。私達も小雨になるまで出発を遅らせることにしました。私達が小屋でいると3人の男性がみえて登ろうかやめておこうか迷っていました。8時20分頃 雨も小雨になり陽もさしてきたので出発しました。5合目くらいまでは時折 陽もさし藤原山荘に着く頃は 青空が見えるかも・・・なんていう声も聞かれました。しかし6合目に着く頃 あられ 雪花が降り出し風も吹いてきました。一度ぬいだ合羽の上着を再度着込みました。今回参加のIさん Nさんご夫妻 Mさんは皆 私の師匠です。Nさんご夫妻 Mさんは私が山の会に入った頃に アルプスの山へ連れて行ってもらいました。5年ほど前より 皆がそろうことができなくなり山の会の山行も少なくなり 私も単独山行をはじめてみたりしましたがそのとき単独山行をやってみようと思ったのは 山へ行きたかった気持ちといままでの山の会の山行が少しは自信となっていたからだと思います。

8合目あたりから雪が積もっていました。いつもこの時期なら登山道も泥道なのですが雪のおかげ?で泥道が雪混じりとなりまだ歩きやすいです。被写体の福寿草を探します。しかし雪で半分ほど花が埋まってしまって曇ってみぞれ混じりの天気で花びらも閉じかけです。花もこころなしか小さく見えます。

DSC05677_convert_20120410200934.jpg

DSC05682_convert_20120410201400.jpg

11時20分 藤原山荘
DSC05687_convert_20120410200127.jpg

私達が山荘の中の入った時 3つのテーブルのうち2つのテーブルがあいていて私達は1つのテーブルに座りました。今日のメニューは 豚しゃぶそしてそのあとにラーメン メニューはNさんが考えてくれました。私も今はやりの塩麹に鶏肉をつけたのを持ってきました。それをキャベツと一緒に火を通します。恒例のアルコールも・・。ビールにワイン 梅酒など。こうやって話しながら食べていると後から続々と登山者が入ってきました。駐車場で登ろうか やめとこうか迷っていた3人の男性もやってきて一緒のテーブルに同席となりました。2階まで満員です。1時間少し食べたり話したりした後 天狗岩に向かい歩きますが少しあるき霊仙山をみて引き返すことになりました。

さっさと引き返す皆さん
DSC05694_convert_20120410202910.jpg

DSC05691_convert_20120410203336.jpg

山荘に戻り下山 
少し陽がさしてきました。

DSC05700_convert_20120410203804.jpg

やはりみんなで行く山は楽しい また月1回登りたいなと話題にあがりました。あの山へ あそこへ・・と話は盛り上がりました。久しぶりの山の会の昼食もおいしかったしまたみんなで山へいけるといいなと思いました。

 
スポンサーサイト



by つくだにちゃん  at 20:50 |  山登り(鈴鹿) |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

つくだにちゃん

Author:つくだにちゃん
FC2ブログへようこそ!
重いザックは担げない弱力 歩くペースは遅い虚弱な自分ですが山登りは大好きです。これから登る山 今まで登った山など思ったこと 感じたことを綴っていきます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター