FC2ブログ

H24.4.27~29 大峰南奥駈道 3日目(花折塚手前~~熊野川)

4時に出発 まだ暗いですがあと1時間もすれば明るくなってきます。左膝は 痛いな。玉置神社から下山しようか?など考えがよぎりますがゆっくり歩くことにします。再び植林の中の登山道を歩きます。植林の中の道なので危ないところもなく歩きやすくなだらかに登ります。出発してし30分も歩くと花折塚に着きます。再び道路に出てまた登山道に入り そんなことを出発してから2回か3回繰り返し道路にでると世界遺産・大峰奥駈道の記念碑に着きます。 5時 世界遺産・大峰奥駈道の記念碑
DSC06040_convert_20120514085715.jpg

朝日を眺めがんばるぞと思います。
DSC06048_convert_20120514090008.jpg

気持ちいいカツエ坂を登ります。
DSC06052_convert_20120514090451.jpg

5時40分 玉置山山頂
昨日から玉置山まで・・・なんてずーっと考えていたのでやっとついてうれしいです。しかしまだ先はあるのです。
DSC06057_convert_20120514091241.jpg

玉置山から神社へ降りる階段が膝にききます。昨日は誰にも会いませんでしたが今日は神社から登って見える人と何人かと会いました。

玉置神社
ここで水の補給です。
DSC06059_convert_20120514091834.jpg

昨日 ここまできたかった。神社より降りてきたところです。
DSC06065_convert_20120514092402.jpg

玉置辻より林道 登山道に入ります。途中 橋が危なっかしい。ここはまき足跡がついていました。
DSC06067_convert_20120514093917.jpg

はじめは平坦な道を歩いて行きますが目の前にどーんとここを登りなさいと示すように登りになります。我慢 我慢で登ります。

大森山 展望はありません。そこから大森山三角点のある大水ノ森までは平坦ですがそこから篠尾辻までは標高250mほどの下りとなります。落ち葉で滑りそうです。この下りは本当に膝にききました。ここからは標高825mの五大尊岳 573mの大黒天神岳の頂上を踏むのですがこれまた登っては下り また下りが急斜なのです。標高からいえば鈴鹿の山の縦走のようですがちょっと違うのはここは頂上に立つと急斜の下りが待っているのです何度か滑りましたが滑るとリュックの重さもあるのですが左膝に力が入らず立ち上がるのに難儀しました。
DSC06068_convert_20120514100356.jpg

やっとこの趣のある標識があらわれました。ときおり熊野川も見えます。
DSC06071_convert_20120514102254.jpg

これから大峰奥駈道を歩く方でしょうか 3人の男性と出会いました。

五大尊岳 
男性の登山者が休憩してみえました。これから玉置神社 釈迦ヶ岳方面に向けて歩くほうが大変そうです。
DSC06074_convert_20120514102840.jpg

金剛多和ノ宿跡
DSC06079_convert_20120514104055.jpg

大黒天神山
DSC06080_convert_20120514104720.jpg

ここからは尾根伝いに高度を下げていきます。大黒天神山から吹越宿跡まではCT1時間 それほど急な登りもなかったのですがCT時間の倍かかりました。車道に出てまた登山道へ 標高300mあたりを植林帯の中をずっと歩きました。

熊野川が近づいてきました。
DSC06090_convert_20120514113037.jpg

やっと七越峰につきました。しかし延命地蔵と西行法師の歌碑が立っているところはもう少し先です。
DSC06092_convert_20120514110655.jpg

「階段を登るのが苦手な方は 荷物の運搬道を通行下さい」と書かれている標識があったので 左の階段を登らず右の道を歩きました。右の道を歩いて登っていくと反対側から延命地蔵と西行法師の歌碑のある境内に入れるのですが私はそこには寄らず先を急ぐため降りることにしました。しかし境内のツツジや石楠花は花が満開できれいでした。
DSC06093_convert_20120514111844.jpg

下山途中の石楠花
DSC06095_convert_20120514110149.jpg

この七越峰あたりで標高200m しかしここからも長く感じました。穏やかに下っていくものと思っていたら車道に出て再び登りが出現。藤原岳の大貝戸なら200mといえば登山口なのに・・・。膝が痛いためなのか長く歩いているような感じがしました。

18時15分 やっと熊野川に出ました。
DSC06098_convert_20120514105727.jpg

DSC06099_convert_20120514105208.jpg

今回の反省点
 ①私の体力 膝から考えてビスターリさんのように4日で歩くべきでした。ゆとりを持って歩くことで膝への負担  は もちろん精神的な不安も軽減されます。安全登山の基本ですね。
 ②事前の訓練(山歩き)が足りなかったです。
 ③ゆとりもなく単独行で無事 下山できてよかったですが 単独行はやはり責任をもち山行に望まないといけな  いなと反省しました。

たくさんの人が昔から歩いているこの奥駈道 私も歩いてきました。「何度 あーえらっ」て声をあげたでしょうか。3日間晴天の中をあるけてよかったです。




 
スポンサーサイト



by つくだにちゃん  at 12:05 |  山登り(大峰) |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments

やりましたね!

つくだにさん、南奥崖道縦走達成おめでとうございます。それにしても三日で歩きましたか。私も3年前の同じ時期に南奥崖道を3泊4日で歩いたことがあります。私の場合は前鬼口からの出発でしたが。自分が歩いた時の記憶と重ね合わせて、いろいろな思いで読ませていただきました。それにしても、予備日なしの3日間で、しかもひざ痛を抱えながら歩いたんですね。ほんとは4日間で、次の日が湯の峰温泉でのんびり湯治というのが理想ですけどね。私の場合はそうでした(^^;)もう少し年をとって、仕事に余裕ができたら、またそんな山行もしてみてください。ところで私、最近やぶこぎネットにお世話になって、レポを上げさせていただいています。もし時間があったら覗いてみてください。
by シュークリーム 2012/05/16 06:36  URL [ 編集 ]

Re: シュークリームさん

シュークリームさん

私の体力では今回の計画は無茶だったなと反省しています。
これからは余裕をもって計画をたてないとあせってしまって・・・。

シュークリームさん 前鬼口から歩いたのですか?すごいです。
私は、前鬼口から宿坊まで歩いて体力が失われていきます。
シュークリームさんのレポートも読みたかったです。

以前からシュークリームさんの山行レポート代みたいなと思っていました。
「やぶこきネット」見ました。ゴールデンウィークには鈴鹿縦走と台高縦走
だったのですね。池小屋山から大台はまだ未知の縦走路でいつか歩きたいなと
思っています。またシュークリームさんのレポート参考にさせていただきます。
他にも自分がまだ歩いていない山行もありこれから「やぶこきネット」みせて
いただきます。

by つくだに 2012/05/16 21:11  URL [ 編集 ]
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

つくだにちゃん

Author:つくだにちゃん
FC2ブログへようこそ!
重いザックは担げない弱力 歩くペースは遅い虚弱な自分ですが山登りは大好きです。これから登る山 今まで登った山など思ったこと 感じたことを綴っていきます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター