FC2ブログ

H24.6.18~22 利尻島・礼文島 (1日目 2日目)

利尻山・礼文島へは昨年 9月に行こうと話しが出たのですが やはり花の時期にということで今年の6月に行こうと言う事になりました。参加者は、Iさん Nさん N師匠 M師匠 YBさん ゆきさんさん M師匠の友人Yさん そして私です。ゆきさんには、宿泊を手配 M師匠は 行程を決めてもらい私は飛行機の予約です。Iさん Nさん N師匠 M師匠はこちらから車で敦賀へ 敦賀からフェリーで苫小牧 そして苫小牧から稚内へ YBさん ゆきさん M師匠の友人Yさん 私は名古屋から稚内まで飛行機へ そして稚内で合流することになりました。しかし Nさんは腰痛のためキャンセル!という私も4月末 南奥駈道を歩いた時の膝の故障がなかなか治らず私もキャンセルしようかどうか出発日 1週間前まで迷いました。どうせ行くなら利尻山の登り 思う存分、礼文島を歩き楽しみたいのです。私の膝の状態は、どう転んでも山には登れないし島を思う存分歩くなんて不可能な状態だったのでキャンセルしようかどうか迷いましたが 皆さんが山は登れなくても楽しもうといってくれた事とこうやって山の会のメンバーでどこかへ行くということが久々だったので参加することにしました。

6月18日 中部空港ー(飛行機)-稚内ー(フェリー)-利尻島(鴛泊港)-利尻北麓野営場(テント泊)
6月19日 利尻北麓野営場ー利尻島観光(皆さんは利尻山)ー利尻島観光ー利尻北麓野営場(キャビン泊)
6月20日 利尻島(鴛泊港)-礼文島(香深港)-西上泊神~散策~鮑古丹神社付近までースコトン岬ー礼文荘(泊)
6月21日 礼文荘ー礼文林道コース(途中 皆さん礼文滝へは通行止めの為ハイジの丘まで散策)-桃岩ーメノウ浜など散策ー民宿知床(泊)
6月22日 民宿知床ー礼文島(香深港)ー稚内港ー中部空港ー自宅

Iさん N師匠 M師匠 YBさん ゆきさんさん M師匠の友人Yさん 私


  6月18日(1日目)
 6月18日 名古屋発10時55分の飛行機に乗り稚内へ 稚内空港には、すでにIさん N師匠 M師匠が待っていてくれました。
DSC06101_convert_20120702132655.jpg

車へ乗り込み フェリーの乗船時間まで時間があるので日本最北端の地「宗谷岬」へ よく晴れていたらサハリンまで見えるそうですが 今日は見えませんでした。
DSC06115_convert_20120702134447.jpg

皆さん ここでラーメンを食していました。私は 飛行機で天むすとサンドイッチを1個食べたので食べませんでした。利尻についてからの夕食が楽しみだったのです。この地でも戦争の悲惨さは語られているようで記念碑や解説されている物がありました。牧場や風力発電の風車を見ながら稚内港に向かいます。

16時 フェリーに乗ります。利尻山が見え出した頃は 墨絵のようでしたがフェリーが島に近づくにつれてはっきりみえてきました。こうやって利尻山を見れただけでも感激です。
DSC06134_convert_20120702135536.jpg

港に着き夕食 「磯焼亭」ここは他の方の利尻山のレポートでも登場していたので是非、行ってみたかったのです。 
DSC06141_convert_20120702140029.jpg
私は今回 山には登らないし今日は初日 何にも動いていない 汗もかいていない そんな私が食べてもいいのでしょうかと迷いながらも楽しみだった「うに丼」をいただきました。このうには「ばふんうに」がのっています。3200円なり。「むらさきうに丼」ならもう少し安かったです。私のほかに YBさん M師匠の友達のYさんも同じものをたのみました。でもあんがい「うに丼」まで うにがたくさんなくてもいいという人もいるのですね。N師匠は海鮮生ものは苦手のようだし・・・。ゆきさんに少しうにをおすそ分けしました。

DSC06138_convert_20120702140528.jpg

これはIさんとM師匠がたのんださしみ定食です。こちらにはむらさきうにがついています。この日はあわびの刺身もついていました。
DSC06142_convert_20120702141543.jpg

店の人のすすめで夕日を見るためぺシ岬展望台に登りました。このペシ岬の登り降り 私としては結構 がんばりました。それほど高くないのですが 階段の登りはなんとかアパートの3階までは柵を持ちながら登れ、下りは1段づつ降りるという私にとってはこのペシ岬の展望台への登り何も考えず登っていました。
DSC06153_convert_20120702142727.jpg

明日 みんなが登る利尻山
DSC06149_convert_20120702143001.jpg

夕日を見て買出しをして20時近く利尻北麓野営場へ 今日はここでテント泊です。しかし管理人室は暗く誰もいないようです。本当はいけないようですがトイレも近いため駐車場へテントを張らせてもらいました。第1日目 利尻山も見れておいしいうに丼も食べきれいな夕日も見れて感激でした。

6月19日(2日目)
最北って本当に夜が明けるのが早いのです。3時頃でも暗くないのです。鳥の鳴き声もして・・・。こんなのなら3時頃から歩き初めてもいいかも・・・。みんな4時出発予定だったのですが携帯用トイレを購入してなかったのです。テント場の管理人室にあるのでは・・・なんて思っていたら閉まっていて購入せずにいたのですが 民宿やペンションから登山客を送ってきた宿の人に聞いてみたら「取りに来てもらうなら宿にありますよ」ということで
N師匠が購入してきました。6人に10個の携帯トイレ でもこれを準備し皆さん安心したようです。
4時30分 皆さん出発 私は皆さんを送ります。まずこうやって靴底をきれいにしてから歩きます。
DSC06172_convert_20120702151029.jpg

携帯トイレです。
DSC06171_convert_20120702151621.jpg

DSC06174_convert_20120702150713.jpg

テント場
DSC06175_convert_20120702152249.jpg

きれいな炊事場 トイレでした
DSC06176_convert_20120702152511.jpg

さて皆さん 出発したしテントも撤収されたし私は車に乗り出発です。昨日 登ったペシ岬へ
こんな天気な日に山に登れてうらやましい!
DSC06177_convert_20120702152900.jpg

オタトマリ沼方面へ向かいます。今日は時計回りで島を1周観光する予定です。
車を走らせると海岸で漁をしています。ウニ漁です。5時から7時30分がウニ漁の時間のようです。昨日食べたうにがこうやって手作業で獲っているんだなぁと思うとおいしさも格別に思えてきました。海の中を覗き手には採取するものを持ち足で魯を引っ掛けているのです。5時になると「漁をはじめてください」7時30分になると「漁を終えてください。小さいものは獲らないように・・・」という放送が流れてきました。
DSC06195_convert_20120702153433.jpg

しかしオタトマリ沼方面へ向かうとだんだん曇ってきて利尻山もほとんど見えなくなり雨もパラパラ降ってきました。オタトマリ沼の駐車場についたのですが当たり前ですがまだ早く店もトイレも開いていないので車の中で少しねてました。7時30分ころトイレも開き店の方も開店準備していたのでオタトマリ沼を眺めていましたが曇っていてこちらからは利尻山を眺めることはできませんでした。そんなところへN師匠から電話が入りました。「今 6合目やけど足の調子が悪いので今から下山する」との事でした。しょうがないので利尻北麓野営場に戻ることにしました。しかしなかなかN師匠が降りてこないので私は 大ポン山へ登ることにしました。大ポン山と利尻山の分岐までで下山するN師匠と会ったら大ポン山へ向かうことを伝えられるしそうでなくても下山して少し待っていてくれるでしょう。

8時45分 野営場から歩き始めました。マイズルソウがたくさん咲いていました。
甘露泉 ここから少し行くと大ポン山と利尻山への分岐です。
DSC06197_convert_20120702155842.jpg
大ポン山頂上
今日はガスがかかっていて利尻山全姿を見ることはできませんでした。
しかし軽装でこの山に登って来る人もみえました。ゴゼンタチバナ ツバメオモトも咲いていました。

DSC06204_convert_20120702160700.jpg

DSC06205_convert_20120702162252.jpg 
ツバメオモト
DSC06206_convert_20120702162436.jpg

ゆっくり降りて野営場に戻るとN師匠がキャビンで待っていました。台風の進路の加減で雨に降られるかも・・・ということで 今日はキャビンに泊まることになりました。今年立てられたようで木の香りというよりニスの匂いがしました。4人用5000円だそうです。2棟借りました。N師匠 こういうところが手際いいのです。
DSC06225_convert_20120702164430.jpg

DSC06224_convert_20120702164635.jpg

さて 昼食を食べに行こう! 山から降りてきた人はきっとご馳走を食べるだろうから私も昼は軽めにラーメンを食べようかななんて考えていたのですが結局 3色丼を食べました。鴛泊港から沓形方面へ向かいます。
DSC06208_convert_20120702161649.jpg

オオセグロカモメ たくさんいました。
DSC06218_convert_20120702164118.jpg

ハマナス
DSC06209_convert_20120702163554.jpg 

センダイハギ
DSC06213_convert_20120702163825.jpg
エゾカンゾウも咲いていました。

15時頃には下山できるとのことなので14時過ぎに野営場へ戻り登山口辺りで待っていると15時ころ皆さん下山しました。9合目からの登りが誰もが言われるように1歩進んで2歩下がる状態だったそうです。下りの道のりが長かったと話していました。皆さんご苦労様 急遽 買った携帯トイレも1人2人使ったようであらかじめ用意していってよかったです。

利尻温泉により 今日も磯焼亭へ 利尻山へ登った人はビールが進みます。私は今日はラーメンをたのみましたがこのラーメン おいしかったです。ほっけもおいしい。Iさんは今日もさしみ定食 単品でもいいそうです。店の方が今日も来てくれたので・・・ということで焼き豚をご馳走になりました。
DSC06226_convert_20120702165003.jpg DSC06227_convert_20120702165221.jpg

利尻山は見る場所により姿が違います。今日は本泊方面よりながめました。しかしIさんはカメラを持ってこなかったようです。ゆいいつアルコールを飲んでいないM師匠の友達のYさんに運転してもらい野営場まで取りに戻ります。「いいわ いいわ」といいながらカメラを取りに帰りいざ戻ると長いこと写真を撮っているIさんでした。
DSC06232_convert_20120702165528.jpg

今日も夕日を眺めて野営場へ戻りました
DSC06241_convert_20120702165754.jpg

台風の進行具合はどうなっているのでしょう。明日からの天気と自分が予定どうり帰れるか心配です。明日は礼文島です。











スポンサーサイト



by つくだにちゃん  at 23:23 |  山登り(北海道) |  comment (4)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments

美味しそう…。

この記録はダイエット中の僕には目に毒ですね。よだれが…。

利尻山にな残念ながら登れなかったようですが、下から眺めた利尻山の写真がよかったですよ。

僕なんて登るだけで、利尻島の事を何も知らずに食べずに帰ってきてしまいましたので、今思うと勿体無い事をしたなぁと思います。

礼文島の記事も楽しみにしていますね。
by 羞怨臼 2012/07/03 00:16  URL [ 編集 ]

Re: 羞怨臼さん

羞怨臼さん

羞怨臼さんってふかやまさんですよね。

この旅行中はカロりーアップ コレステロールアップです。

山は登れませんでしたが十分楽しんできました。
でもやはり利尻山には登りたいです。頂上から眺めると
海が見える 島が見えるっていいですよね。
天気も味方につけて今度は登ってみたいです。


by つくだに 2012/07/03 12:17  URL [ 編集 ]

半分残念でしたね

 つくだにさん、お久しぶりです。

 利尻・礼文島に行って来られたんですね。私も3年前に行ってきました。このときは利尻は天気に恵まれましたが、礼文は雨にたたられました。

 利尻島では、あの「荒磯亭」でうに丼を食べましたか。利尻ラーメンもおいしかったですね。ブログに山レポ掲載しているので見て下さいね。
by kitayama-walk 2012/07/08 00:46  URL [ 編集 ]

Re: kitayama-walkさん

kitayamaーwalkさん

もちろんkitayamaーwalkさんのレポート帰ってきてから読ませてもらいました。
山へ行ったりすると事前にも皆さんのレポートチェックするのですが帰ってきてから
もう一度 読ませてもらっています。そうすると行く前にはピンとこなかった事が
わかったりするし再び思い出が甦ってくるんです。

kitayamaーwalkさんのときは天気がよくて利尻山いい山行できましたね。

>  利尻島では、あの「荒磯亭」でうに丼を食べましたか。利尻ラーメンもおいしかったですね。
そうなんです。ウニ丼はさることながらラーメンもおいしかったです。そしてほっけも・・・。
また食べたいです。

by つくだに 2012/07/09 18:23  URL [ 編集 ]
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

つくだにちゃん

Author:つくだにちゃん
FC2ブログへようこそ!
重いザックは担げない弱力 歩くペースは遅い虚弱な自分ですが山登りは大好きです。これから登る山 今まで登った山など思ったこと 感じたことを綴っていきます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター