FC2ブログ

H24.9.24~27 針の木~烏帽子縦走 3日目 ~泊まりたかった小屋に行ってきました~

5時までなら食堂兼談話室を使ってもいいですよと言われそこで軽くパンを食べ準備をしました。小屋の前でスパッツをつけていると 木の机に霜が降りています。今日 歩くコースを視線で追ってみます。気を引き締め5時出発の予定でしたが5時20分出発。小屋のお母さん バイトの女の子とが鐘を鳴らして見送ってくれました。テント場までは急な下りです。板さんには先に歩いてもらいます。あっという間に見えなくなりました。 ここを下るとテン場です。
DSC06820_convert_20121008075233.jpg

少し私より遅れて出発した新潟の女性にこのあたりで追いつかれました。新潟の女性は 今から水場に行き水を補給していくそうです。テント場からは少し緩やかな下りを歩いて行きますが 左側はズバッと崩壊していてそこから下ってきた山 これから歩く山をながめます。

6時18分 船窪乗越
DSC06832_convert_20121008080949.jpg

針の木岳と蓮華岳がみえます。
DSC06836_convert_20121008081518.jpg

6時40分 船窪岳
DSC06842_convert_20121008081757.jpg

ロープ ハシゴなど何箇所かありますがきちんと整備されています。慎重にいきます。
DSC06848_convert_20121009122338.jpg DSC06849_convert_20121009122801.jpg

8時17分 船窪第二ピーク 
DSC06873_convert_20121009092140.jpg
不動岳への登りは、穏やかですがその分時間がかかるような気分になります。そして樹林帯の中を歩くので自分が今 どこらあたりを歩いているか高度計で数値はわかるのですが目でかんじられないので余計 長く感じます。不動岳の登りで烏帽子方面から歩いてきたと登山者と初めてすれちがいました。頂上付近まであと高度100m位・・・というあたりで樹林帯をぬけハイマツの中を歩きます。
振り返ります。ざれた斜面の稜線を今日 歩いてきました。奥が針の木岳と蓮華岳
DSC06898_convert_20121009100957.jpg

稜線手前の岩を越えると岩の木陰で単独男性が休んでいました。トレラン装備で野口五郎より今日は歩いてきたとの事。南沢岳へは東斜面の崩落している脇に登山道がついているので気をつけるようアドバイスを受けました。
稜線に出ると頂上標識まであと少しです。今まで歩きながら不動岳を眺めましたが 左斜面が崩壊している姿しかイメージがなかったのですが稜線に出ると展望もよくいい山だなと思いました。
私が稜線を歩き始めた頃 板さんは不動岳を下り始めていました。
DSC06904_convert_20121009095010.jpg

11時48分 不動岳
DSC06906_convert_20121009093027.jpg
360度 展望が見渡せるためここでセルフタイマーで何回か撮ってみました。

立山・剱方面
DSC06900_convert_20121009105248.jpg

槍ヶ岳方面
DSC06910_convert_20121009104710.jpg

不動岳より鞍部へおります。ハイマツ帯からガレ場を下り鞍部へそして南沢岳への登りとなります。南沢岳への登りは、不動岳の登りと違いガレ場の脇を歩いていくので今どこら辺を歩いているのかわかります。不動岳の登りより南沢岳の登りのほうがあっという間に登れた感があるのかもしれませんが 私はくたくた状態!5歩歩いて上を見上げる 5歩歩いて上を見上げるの連続でなかなか頂上へ着きませんでした。頂上のハイマツ帯をぬけると花崗岩の砂地の頂上がひろがっていました。
DSC06915_convert_20121009102700.jpg

14時25分 南沢岳
DSC06925_convert_20121009114557.jpg

頂上と思えないようなだだっ広い所に頂上の標識が立っていました。ここも展望がよく疲れた体に気が大きくなるような頂上の雰囲気でした。後から女性2人組が到着。誰かなと思っていると今日は七倉へ下山しますと話していた横浜の女性でした。小屋の方に勧められて歩いてみえたようで少し一緒に山座同定をしていたのですが私より先に出発されました。歩く姿を後ろから見ているとさっさと歩いてみるみるうちに私との差が広がっていきました。
DSC06929_convert_20121009120411.jpg

烏帽子岳に池があってこの風景を楽しみにしていました。蓮華岳~烏帽子岳間って船窪小屋でも話が出ましたが縦走路をつなぐ時も最後の方に残される区間です。裏銀座を縦走する人もブナ立尾根を登り烏帽子岳は登ってもそれから南沢岳方面へ歩く人は少ないと思います。烏帽子岳~南沢岳間も池あり岩あり花崗岩の砂地ありで素敵なところです。今日は 烏帽子岳は登らず小屋へ向かいます。横浜の女性お2人は、烏帽子に向かったようで分岐にザックが置いてありました。私 ばててきて前烏帽子の登りさえもえらかったです。
DSC06932_convert_20121009121001.jpg

16時30分 烏帽子小屋
受付を済ませビールを買いそばにある椅子に座りますが疲れて体が動きません。ぼちぼちスパッツをはずし靴を脱ぎながらビールを飲みくつろいでいると 新潟の女性が現れました。新潟の女性は 14時過ぎに着き、時間があるというのでサブザックを背負い三ッ岳付近まで登ってきたそうです。板さんは 16時頃 小屋についたそうです。17時過ぎに 横浜の女性2人も小屋に着きました。今日 宿泊は、私達4人くらい 新潟の女性と私は素泊まりで手続きしました。神奈川の女性2人も今からだと夕食の用意ができないとの事で 素泊まりにしていました。食堂で夕食を食べていたのは板さんだけでした。4人で自炊室で食べて話をしました。新潟の女性は、南沢岳で 1時間弱 スパゲティで昼食を待ったりしたとの事。うらやましいなぁ。私も南沢岳の頂上でもっとまったりしたかったなぁと思いました。
板さんをのぞく私達4人は 明日 ブナ立尾根を下ります。板さんは野口五郎岳を回り湯俣方面へ下山するとの事です。私の膝も大丈夫!一番心配だった今日の行程を終えられてホッとしました。

スポンサーサイト



by つくだにちゃん  at 07:15 |  山登り(北アルプス) |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

つくだにちゃん

Author:つくだにちゃん
FC2ブログへようこそ!
重いザックは担げない弱力 歩くペースは遅い虚弱な自分ですが山登りは大好きです。これから登る山 今まで登った山など思ったこと 感じたことを綴っていきます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター