FC2ブログ

H24.11.21~22 大杉谷 1日目 ~10年ぶりの再会~

平成16年9月の台風被害により通行止めとなっていた大杉谷登山道(宮川第三発電所~日出ヶ岳間。宮川第三発電所~シシ渕間は平成22年に復旧)のうち、シシ渕~七ツ釜滝間が4月28日に開通しました。それに伴い山小屋「桃の木山の家」の営業を7年7カ月ぶりに再開しました。 
平成14年ゴールデンウィークに職場の人5人で大杉谷から日出ヶ岳へ歩こうということになり私が桃の木山の家に予約したのですがその日 天候が悪く中止となりました。私はキャンセルするのをその日の夕方まで忘れていて夕方電話して迷惑をかけたことがあります。その年の6月(千尋滝まで) 8月(桃の木山の家を日帰り)で大杉谷を歩いたことがあったのですがそこから先は 歩いたことがありませんでした。大杉谷は、新潟県の清津渓や富山県の黒部渓谷と並び日本三大渓谷の一つと称されるそうですが 自分の住んでいる県にそんなきれいな渓谷があるのにまた来年行こう 機会があったら行こうとのばしていたら平成16年9月の台風被害のため通行できなくなり渓谷も大きな被害にあいました。そんなことを考えていたら いつ復旧するんやろと待ちに待っていたのです。
桃の木山の家が営業する頃 私も膝を痛め8月下旬までは山には行けなかったので秋には絶対 大杉谷を歩きたい桃の木山の家に泊まりたいと思っていたのです。11月23日で今年の桃の木山の家の営業は終わったのですが その日に間に合うように言ってきました。今回 8人にお声をかけたのですが平日とのことで御一種してくれる方は、N師匠とM師匠だったのですがN師匠が仕事のため急遽いけなくなりM師匠が行ってくれることになりました。

11月21日 三発電所ー千尋滝ーシシ淵ー平等嵓ー桃の木山の家ー七ツ釜滝ー桃の木山の家
11月22日 桃の木山の家ー七ツ釜ー桃の木山の家ー平等嵓ーシシ淵ー千尋滝ー三発電所

M師匠 私

DSC07478_convert_20121125210425.jpg


11月21日
8時過ぎにM師匠に迎えにきてもらい出発し大杉谷へ向かいます。M師匠とペアで山へ行くのは初めてのような気がします。地元から大杉谷へ向かうのにはいろんな道があるけど師匠はどの道で行くのかな?最近は 日が短いからということで30分出発を繰り上げたのですがこのまま松阪方面に向かうと帰って遠回りになるのに・・・と思い声をかけると「あー勘違いしとった」とのこと。信号のない交差点で何故進まないのか聞くと「信号があるのかと思った」とのこと。「朝は 頭が働かん・・・」と師匠。運転変わろかなぁとふと思いました。42号線を進み大台警察から大杉谷が近いようで遠いです。しかし大杉谷へ向かうまでの車道の紅葉がすばらしかったです。

10時過ぎに第三発電所に着きました。その手前の駐車場には数台車が泊まっていました。発電所の手前の脇に車をとめました。準備して10時25分 出発しました。三発の脇を歩き登山口へ 石畳の階段をのぼり出発です。10年ぶりなので記憶がおぼろげです。

DSC07344_convert_20121127081559.jpg DSC07345_convert_20121127081926.jpg

桃の木小屋までここから6.2km コースタイム4時間50分です。登山口での高度は250mほど 桃の木小屋は470mなので登りづめということはありません。11月初めから今まで調子がよかった膝が腫れてはいないのですが歩行時痛みを少し感じるようになり今回 行けるかなと心配だったのですが コースタイムが長くなく標高差もないので大丈夫だろうと思ったのでした。

歩き始めから下の廊下のようなクサリが設置された岩を削って作られた道で下の谷をみると足がすくんでしまいそうですがしばらく歩くと河原沿いに出ます。
DSC07352_convert_20121127085004.jpg

11時20分 京良谷出合

紅葉は登山口までの宮川ー登山口間のほうが今が旬というような感じできれいでしたが所々 紅葉がきれいでした。(つり橋の上から)
DSC07360_convert_20121127091050.jpg

12時すぎ 千尋滝前休憩所
ここまで休憩なしに歩きました。ここまでで今日の行程の半分3knあまり歩きました。アップダウンもほとんどなく歩きやすいみちです。朝は天気もよかったのですが谷間なので少し陽が当たらなくなり肌寒い この休憩所で昼食です。家から持ってきたおでんとラーメンを温めて食べました。桃の木小屋の夕食はおいしいということであまりガッツリ食べないようラーメンも1袋を半分づつにしました。
DSC07375_convert_20121127092306.jpg

千尋滝
木々がおおっていて滝の全体をとることが難しいです。
DSC07374_convert_20121127094340.jpg

シシ淵
登山道でクサリが設置されているところが多いです。千尋滝から高低差は少ないですがアップダウン そして岩の登りおりがあります。岩が濡れていると歩きづらいと思います。
DSC07379_convert_20121128130433.jpg

ドラえもんの「どこでもドア」のようです。シシ淵辺りです。H22年には 登山口ーシシ淵開通時はここまでしか歩けませんでした。
DSC07393_convert_20121128125726.jpg

平等嵓
DSC07398_convert_20121128124840.jpg

七ツ釜の滝より上から堂倉吊り橋まで今はまだ通行止めです。しかし桃の木小屋手前にあるこの林道を通り日出ヶ岳まで歩くことはできます。
DSC07409_convert_20121128122931.jpg

15時 桃の木小屋
10年ぶりに桃の木小屋にきました。地図ではCT4時間50分ですが前半は歩きやすいしそれほどかかりません。途中の楽しみ方で時間のかかり方は違ってきますが・・・。10年前 (2002年すなわちH14年)の私の山行状況は、まだ友達と月に1回 県内の山に日帰りで登る位 北岳に友達と始めて登ったのもこの年でした。10年前 この玄関前で休憩させてもらったことを思い出します。8月だったので汗をたくさんかき登山口へ戻った頃は げっそり体重が減っていました。ここの標高は470m 日出ヶ岳は1694m ここから日出ヶ岳を目指すとなるとぐっと高度を上げていくんですね。
DSC07411_convert_20121127095301.jpg

今から 七ツ釜の滝を見に行きます。途中 工事中の橋の外枠だけ完成されていてそこを通ったら工事の人に「登山道は下やよ」と言われました。小屋から20分ほど歩くと七つ釜の滝につきました。きれい! すごい! 天晴れです。10年前は、この滝を見ず引き返しました。もったいないことをしていたものです。
DSC07423_convert_20121127100621.jpg

DSC07427_convert_20121127095650.jpg DSC07428_convert_20121127100108.jpg
七つ釜の滝から戻り小屋へ 手続きをするとお風呂を進められました。石鹸は使えないけどあったまります。暖かい布団のようです。17時より食事をいただきました。宿泊者は 私たちと同じコースを歩き途中 追い越していった単独男性(神奈川の男性で明日は日出ヶ岳ピストンしもう1泊 桃の木小屋に泊まり戻ろうと考えていたそうですが23日は天気が悪いためもう明日 登山口に戻りますということでした) M師匠 自分 そして工事作業の3人でした。工事作業の人は この小屋で寝泊りして作業をしているそうですが23日でこの小屋も閉まってしまうと今度は上流の工事のためそちらに建てた小屋へ移動するそうです。一緒のテーブルになった工事作業の人は 津の方で「早く 家に帰りたい」と言っていました。まだこの上流は 崩落状態だそうでここまできれいな渓谷を見て安全にこれたことを考えると本当に頭が下がります。外は真っ暗!小屋の人が「あっ ライト!」というと外から登山者が着きました。この方は 小屋の方と同じテーブルで食事をされ500ml缶ビールを3本 あけていました。
大杉谷の草花とつづられた冊子がよかったです。この春 この小屋に働いている女性の木村さんが作ったとのこと
また来シーズン訪ねる機会があれば見てください。
小屋の中は 木造で昔の学校みたいな感じでした。照明もほんのり!工事作業の人がここは19時30分には 電気が消えるよと教えてくれましたが私はその前に もう布団に入り寝ていました。
スポンサーサイト



by つくだにちゃん  at 16:27 |  山登り(台高) |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments

こんばんは

紅葉の撮影に行かなければと思っていたのですが、結局、日程のやりくりが出来ず、行けませんでした。つくだにさんを誘っておきながら。一部、林道を使うと日出ケ岳まで行けますが、やはり渓谷を通して歩いてこそ、価値があるわけで、全通してからコースを戻す予定です。三重県の山第3刷は、注意書きを入れておきました。このコースは渓谷の美しさもありますが、なんといっても、魅力的な山小屋が楽しみですね。コースが完成したら、じっくりと2泊3日で取材します。新緑と紅葉の時期が狙い目ですね。
by 隊長 2012/12/02 20:46  URL [ 編集 ]

Re: 隊長さん

隊長さん お久しぶりです。
自分のやりたいクライミング 挑戦したいコースのため課題を確実に自分のものにして
遠征し今年も隊長さん 充実していましたね。
私も2日間の連休くらいと思っていたのですがなかなか勤務が合わなかったのですが
小屋締めまでに間に合いました。歩きたかったコースですから・・・。
まだ歩けない七つ釜滝から堂倉滝間 早く開通して欲しいです。今は崩落して歩けない
コースが歩ける日が早くくるといいなと思います。しかしあの山の中で新しい橋をかけたり
登山道を作っていただいたりたくさんの人の作業に感謝 感謝です。



by つくだにちゃん 2012/12/03 14:31  URL [ 編集 ]
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

つくだにちゃん

Author:つくだにちゃん
FC2ブログへようこそ!
重いザックは担げない弱力 歩くペースは遅い虚弱な自分ですが山登りは大好きです。これから登る山 今まで登った山など思ったこと 感じたことを綴っていきます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター