FC2ブログ

H25.1.19 鎌ヶ岳  ~いつか 歩けますように・・・~

 この週末は「鎌尾根」の予定ですとの隊長さんより連絡。昨年も鎌尾根の予定が前日に雪がふり当日 天候が思わしくなかったこと、参加者がN師匠と私でラッセルのお手伝いができず歩みが遅かったことなどもあり鎌ヶ岳へと変更になりました。今回も 週前半に積雪があり山頂付近はどうなかなぁと思いつつ参加しました。
東京でも大雪が積もった成人式の日 伊勢方面は雪がちらつく程度で積雪までは積もりませんでしたが山行前日 窓から畑を見ると雪がまぶしてある程度でしたが夜にふったようです。当日 東名阪を走っていると鈴鹿に入るなり町中の田畑に一面 雪が積もっていました。積雪状態では岳峠へ到達するだけでも大丈夫かなと不安がよぎるのでした。宮妻峡の駐車場に集合なのですがそこに行くのも道が凍っていて途中 隊長さんにひろってももらおうとメールをしているところへじんじんさんの車が通過 私に気づいてくれてひろってもらいました。

宮妻渓駐車場(8:00)~カズラ谷~(9:14)水場(9:26)~雲母峰分岐(10:28)~(11:24)岳峠南のピーク(11:44)~岳峠(11:54)~(12:28)鎌ヶ岳(13:08)~雲母峰分岐(13:54)~駐車場(15:35)

隊長さん うさぎさん じんじんさん 私 駐車場に着くと車は3台とまっていて単独登山者2名が出発するところでした。1名は入道へ もう1名は私達と同じ鎌尾根予定とのことでカズラ谷から入るとのことでした。

P1190200_convert_20130123090745.jpg

8時に宮妻峡駐車場を出発 最初の滝の手前でアイゼンをつけました。1年前にも丁度 同じ頃 鎌尾根の予定でカズラ谷より登りました。この日は曇り 雪が時折チラチラという天候、前日 雪が降り新雪が積もっていて先行者もトレースもなくメンバーが隊長さんの他にはN師匠 私というラッセルするには弱小者ということで鎌尾根をやめて鎌ヶ岳を目指しました。今日も この週は雪が降っているし積雪状態はどうなのかと思いながら歩きました。

水場で休憩
P1190202_convert_20130123091645.jpg

樹林帯の隙間から鎌尾根に続く水沢峠 青い空が見えたり曇ったり・・・。青い空の下 歩いたらきもちいいだろうなという思いもありますが 岳峠から続く岩場が不安です。水沢峠までは距離もあるし・・・と思いながら写真を撮ります。 
P1190210_convert_20130123092143.jpg

雲母峰分岐
この分岐を過ぎる頃から樹氷があらわれました。
単独者が先行者で歩いていますが新雪が積もっていて先頭を歩いていた隊長さん 「あーえらい」という言葉がきかれます。 普段 鈴鹿の山を歩いている時にはそんな言葉をきいたことないのですが新雪で膝の高さま積もってきて傾斜も急となりラッセルも大変です。ここから隊長さん じんじんさん交代でラッセルです。
P1190212_convert_20130123092652.jpg

昨年は このあたりから手が冷たくなってきて困りました。アドバイスにてこの冬よりオーバー手袋の中にウールの手袋をはいていますがこれだと鈴鹿の山位の標高だと手が冷たくて困ることはありません。先に岳峠の南ピークに着いた皆さん 鎌ヶ岳を写真撮影していました。先行者にピークで会いましたがこの方も鎌尾根は断念したとのこと 岳峠へ少しくだったそうですが鎌ヶ岳頂上へは向かわず戻ってきたとの事でした。しばし写真撮影 鎌ヶ岳上空の空が曇っていてなかなか青空が見えません。しかし昨年より目の前の鎌ヶ岳がはっきり見えます。
P1190216_convert_20130123092853.jpg

岳峠南ピークを降り鎌尾根玄関口となる登りの岩場を偵察。隊長さんが果敢に雪を掻き分け進もうとしますが積雪も多く今回も断念。鎌ヶ岳頂上へと目的を変えます。
P1190230_convert_20130123093259.jpg

鎌ヶ岳 今日は誰も登っていない様子
P1190233_convert_20130123110054.jpg

P1190237_convert_20130123093512.jpg

頂上へ向かい前半 隊長さん うさぎさんがラッセル 後半はじんじんさんがラッセルしてくれました。
P1190243_convert_20130123093805.jpg

今年も頂上には誰もいずひっそりとしていましたが 後に武平峠から登って来た人がいました。
ここで鎌尾根を見ながら昼食です。
P1190244_convert_20130123093952.jpg

モノトーンの鎌尾根
P1190245_convert_20130123110527.jpg

頂上より下山 うさぎさんは本当に滑るように降りていき後についていた私から一気に間があいていきあんな下まで下りていました。(鞍部の人影がうさぎさん)
P1190251_convert_20130123094154.jpg

たとえ晴れていなくてもモノトーンの鎌ヶ岳も味があります。鎌ヶ岳だからこそモノトーンが似合うのかもしれません。岳峠南ピークよりまたもや名残惜しく鎌ヶ岳を眺め下ります。下りは苦手です。水場より雪は解けかけていてアイゼンの下に団子状態となりひっついてくるのでアイゼンをはずします。

15時35分 宮妻峡駐車場
道の雪はほとんどとけていました。これで鎌尾根計画2回目の計画変更です。しかし積雪期 鎌ヶ岳頂上に立てることも私にとっては大変うれしいことです。単独なら行けないと思います。鎌尾根は青空の下でも積雪量 状態によって歩けるか 歩けないか左右されます。しかし積雪期の鎌尾根は魅力があります。又いつか私の度量でも歩けるよういろんな条件がそろい鎌尾根を歩ける日が来るのを楽しみにしたいと思いました。皆さん ありがとうございました。
P1190267_convert_20130123094651.jpg


スポンサーサイト



by つくだにちゃん  at 17:18 |  山登り(鈴鹿) |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

つくだにちゃん

Author:つくだにちゃん
FC2ブログへようこそ!
重いザックは担げない弱力 歩くペースは遅い虚弱な自分ですが山登りは大好きです。これから登る山 今まで登った山など思ったこと 感じたことを綴っていきます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター