FC2ブログ

H25.5.2  五番関から吉野山へ

歩いていないルートを歩こうの第二弾 今回は五番関から吉野へ歩きます。本当はこのルートは4月28日に予定していました。しかし前々日タクシーの予約をしたのですがとれませんでした。当たり前ですね。この時期 大峰を歩く人は多いしこのあたりにタクシーを経営しているところは1つしかないのです。そのとき 「5月2日はタクシーどうですか?」とたずねたら2日だったらいいとの事でい願いしました。今回も 前日仕事が夜勤で睡眠時間は2時間 しかし本日は公共交通機関を利用して自宅から出発します。

自宅ー(近鉄電車)-下市口ー(バス)-天川川合ー(タクシー)-五番関トンネル(登山口)ー五番関ー大天井ヶ岳ー四寸岩山ー青根ヶ峰ー金峯神社ー吉野山駅ーゴンドラー近鉄吉野駅ー(近鉄電車)ー自宅

単独


自宅を5時20分に出て駅に向かいます。天気予報でも言っていたけれど肌寒いけど空は青い。テンションもあがります。自宅から中川 大和八木 橿原神宮前と3回乗り換えて下市口へ向かいます。公共交通機関を利用するからと言ってもおちおち眠っていられません。寝過ごしが怖い!それに寒い!電車が奈良方面に近づくにつれて寒くなってきます。暖房入れてくださいと思うくらいでした。橿原神宮前で乗り換えの時 吉野方面への乗り換えホームがわからず4分ほどしか移動時間がなく乗り遅れてしまいました。大和八木を下車する前にには電車内で「〇〇方面 〇番ホームへ」とアナウンス案内があったのに橿原神宮前で下車する前に電車内での案内アナウンスがなく迷ったのです。自分がもう少し下調べをしたらよかったのですが・・。次の電車では下市口のバスに間に合わないのでタクシーで下市口へ向かいました。30分ほどで料金4530円 バス乗り場では15人ほど登山者がならんでいました。最後にならびました。バスは小型で最後にあいていた後部座席中央に座れました。(補助席もあります)
DSC08493_convert_20130507005700.jpg

天川川合でほとんどの人が下車しました。みたらい渓谷を散策されるようです。ここでタクシーの方が待っていてくれて五番席トンネルまで送ってもらいました。ここで標高1100mほどあるので随分高いところまでタクシーで送ってもらいました。タクシーの窓から山々を見ていると霧氷がついています。寒いはずです。
DSC08496_convert_20130507005350.jpg

10時7分 登山口出発 植林の中を15分ほど登ると山上ヶ岳への女人結界手前の奥駆道にでます。
DSC08502_convert_20130507004933.jpg

ここから吉野山まで13.8km 木々の霧氷がきれいです 湿った木の根で滑らないよう気をつけます。  
DSC08511_convert_20130507004541.jpg

11時16分 大天井ヶ岳 
DSC08523_convert_20130507004217.jpg

ここを通過する頃からバラバラと霧氷が落ち登山道が白くなりました。
ここからはレールに沿って急斜を降ります。
DSC08537_convert_20130507003827.jpg

下りきったところから大天井ヶ岳方面を見上げる
DSC08540_convert_20130507003208.jpg

ここからは霧氷もなかったです。樹林帯の中を歩いても心地よく歩けます。

ハシリドコロ
DSC08546_convert_20130507002818.jpg

12時20分 二蔵宿小屋
DSC08552_convert_20130507002541.jpg

行者装束の方が3人 ここへ着く前に法螺貝の音が聞こえました。
この小屋の中は囲炉裏があり天窓から光が差してとてもいい雰囲気の小屋でした。この小屋に入り昼食
DSC08554_convert_20130507001154.jpg

行者の方を見送ります
DSC08555_convert_20130507000847.jpg

一旦 車道に出て再び登山道へ入ります。昨年歩いた玉置山へ向かうまでの雰囲気に似ています。そこも登山道を歩き車道に出てを何回か繰り返しました。

13時25分 足摺宿 ここは宿となっていますが中央に祭られています。
DSC08565_convert_20130507000051.jpg

13時47分 四寸岩山
DSC08574_convert_20130506234947.jpg

歩いてきた大天井ヶ岳が見えます。八経ヶ岳方面は空もまだ曇っていて霧氷ものこっています。
DSC08573_convert_20130506235730.jpg

どんどん下っていくとまた車道に出ます。車道を歩き少しこのままあるていていいのかなと心配になったころ「金峯神社」の標識がでて再び登山道に入ります。

15時19分 青根ヶ峰
DSC08589_convert_20130506233350.jpg

以前 吉野から青根ヶ峰まで歩いたことがあります。ここまでこれた事でちょっと安心。ここから奥千本 上千本 中千本と進みます。奥千本の雰囲気が好きです。桜も散りひっそりしています。
桜の時期は吉野も観光客でにぎわいますが今日は、会う人も少ないです。若いカップル(カップルだったいらどこでも楽しいでしょう)、単独の若い男性、明日から奥駈道を歩くのでしょう。登山者(金峯神社で会い今日はここで泊まりますと話していました。)と会いました。ニリンソウ オドリコソウ シャガ など花が咲いていました。時間も16時過ぎ 今日は平日 桜の時期も過ぎ店も閉じていたり もう閉めようとしていたり少し静かな雰囲気でした。
上千本から吉野山駅のケーブル駅に向かうまでが下り坂で私の膝にきたし 足の爪も痛くなりました。あとから歩く人に次々追い越されました。しかし今日私が歩いたコース 吉野から歩くほうがたいへんです。

17時 吉野山駅 私が乗ろうとすると大きなリュックを背負った若い女性が1人 ケーブルを降りていきました。明日から奥駈道を歩くのでしょうか?たくましいです。
DSC08603_convert_20130506232209.jpg
 
ここからケーブルに乗り近鉄吉野駅へ あっという間に吉野駅へ着きます
DSC08604_convert_20130506231454.jpg

大峰奥駈道 一度で縦走される人もいます。すごいなと思います。私も何度か分け歩きましたがあと残すところ1箇所です。いつ歩けるかなぁ。次 歩くのが楽しみです。
スポンサーサイト



by つくだにちゃん  at 00:58 |  山登り(大峰) |  comment (6)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments

No title

つくだにさん、久しぶりです。いつもレポ楽しく読ませてもらっていますよ。大峰は数年前に2回に分けて縦走したことがあります。その時に通った場所の写真を懐かしく拝見しました。ゴールデンウイークは縦走している人も多くて、ある意味安心して歩ける季節ですね。大峰は避難小屋が充実していますので、テントを担がなくても縦走ができていいですね。機会があったら通して縦走してみてください。きっと楽しいですよ。
私は連休前半は台高(迷岳~池木屋山~大台ケ原)を3泊4日で縦走してきました。結構タフなコースでしたけど、その分達成感もあって楽しい縦走でした。
by シュークリーム 2013/05/08 06:22  URL [ 編集 ]

未知の世界

大峰 吉野 全く未知 無知です

山遊に公共交通は良いですよね アクセスさえ良ければ

今回の関東で初めて電車移動しましたが楽でした

今までは 登山口と下山口が同じでしたが 情報をしっかり知れば 縦走も出来ると思いました
by 岐阜ぺんぎん 2013/05/08 08:12  URL [ 編集 ]

Re: シュークリームさん

シュークリームさん

昨年 南奥駈道を歩きました。私にとって日程に余裕がなかったのし途中 膝も痛くなり
大変でした。しかし3日間 いい天気でまたいい思い出です。
あと1箇所 まだ歩いていないところがあるので歩きたいと思います。
シュークリームさんは 迷岳~大台ケ原でしたか?
私が歩きたいところなので興味を持ってレポート読ませてもらいました。
いつか歩きたいです。

by つくだに 2013/05/10 07:00  URL [ 編集 ]

Re: 岐阜ぺんぎんさん

岐阜ぺんぎんさん

大峰 吉野 また歩いてみてください。
こちらの方は 岐阜ぺんぎんさんの住んで見える岐阜とはまた違った
山の雰囲気が味わえると思います。

北アルプスと違って公共交通機関がよい訳ではないのですが事前に
公共交通機関を調べたりするのも楽しいものです。



by つくだに 2013/05/10 07:09  URL [ 編集 ]

奥駆つなぎ

つくだにはん、大峰はこの時期でも霧氷になったりするんでんなぁ。

五番関から吉野駅。わいも奥駆つなぎたいと思て、りゅうちゃんずと歩きました。わいもなかなか一気には歩かれへんもんで^^

静かな吉野は、またええ感じなんでしょな^^
by わい 2013/05/21 20:13  URL [ 編集 ]

Re: わいはんさん

わいはんさん

5月に霧氷って・・・とびっくりしました。
私も吉野に着いたらお店に入り何か食べようと思っていたの
ですが 16時過ぎで人が少なかったので我慢して駅に
向かいました。しかし静かな吉野もいいですね。
あと奥駈道 大普賢岳~阿弥陀ヶ森を歩くとつながります。



by つくだに 2013/05/23 23:42  URL [ 編集 ]
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

つくだにちゃん

Author:つくだにちゃん
FC2ブログへようこそ!
重いザックは担げない弱力 歩くペースは遅い虚弱な自分ですが山登りは大好きです。これから登る山 今まで登った山など思ったこと 感じたことを綴っていきます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター