FC2ブログ

H25.6.14 三峰山から修験行山(ピストン)

重さに慣れようということで 1ヶ月前歩けなかった三峰山~修験行山をピストンで歩いてきました。リュックを重くして若宮八幡宮から登り三峰山をピストンするのは 途中で挫折しそうだったので 今回は三峰山の福山登山口から登り三峰山から修験行山へ歩くことにしました。登山口から三峰山への標高差は500mです。

福山登山口ー三峰山ー修験行山(ピストン)

単独 7時15分 平日だからか登山口の駐車場には1台も車はとまっていません。登山口出発。
私は 三峰山へは飯高側からしか登ったことはありませんがこの福山登山口が植林帯をとおり歩きやすく三峰山へのコースタイムも短いと思いここから登ります。

植林帯を九十九おれに登っていきます。植林帯で歩きやすいです。
この花 朝熊山でも見ました。
DSC08985_convert_20130620082824.jpg

DSC09043_convert_20130621214356.jpg


今回は テント装備+2L(おもし)にしました。4Lだと途中で挫折してしまうかもしれないからです。標高差500mだと朝熊山とそれほど変わらないしアルプスだともっともっと標高差をますことになるのですが今回は 距離を歩きましょうということで・・・。
前回 朝熊山を歩いた時 コースタイム(距離)が短いから一気に登ろうと思って歩いた時 休憩時にガブガブ水分をとってしまい「これはいけないな」と思いました。時間を決めてコンスタントに休憩 そして水分もこまめにとらないといけないなと思いました。私は、まだ歩けると思うとなんだか休んでいるのがもったいなくて歩けるうちに距離を稼ごうっという考え方になってしまっていたのですがこれがかえってばてるんだなと思いました。「八丁平へあと900m」というところで一旦 休憩。喉を潤します。

8時54分 八丁平
DSC08989_convert_20130620085333.jpg

樹林のトンネルをくぐると三峰山の頂上です。
DSC08992_convert_20130620085831.jpg

9時 三峰山頂上
先に鈴鹿からみえた単独男性がいました。
左から古光山・後古山、倶留尊山
DSC08994_convert_20130620101903.jpg

私は目的地に向けてで東に歩きます。
気持ちいい樹林帯の中を歩きます。「わぁ すごい」初めて歩くコースがいい雰囲気だとこんな風に思わず声がでてしまいます。

9時40分 平倉峰
2011年5月にこのコースを歩いた「桃色の鹿さん」の平倉峰の標識はもっと字がはっきりしていましたが3年もたつと標識もあせてしまいます。
DSC08997_convert_20130620103802.jpg
ここは展望がいいです。
DSC08998_convert_20130620104344.jpg
三峰山から修験行山までのコースはあまり展望はないのです。樹林帯だったり尾根道だったり・・・。今の時期 花もほとんど咲いていないのですが気持ちいい登山道を見てはシャッターをきってしまいます。
DSC08999_convert_20130620105036.jpg

10時27分 涸谷山
涸谷山の標識は1つは木にくくられていましたがもう1つはこのように欠けて下に置かれていました。木にくくられている標識も字がうすく見えにくかったです。縦走路を歩いていると標識があると心強いし決して地図に載っていない山でもうれしく思います。なので標識がなくなると困るのです。標識がなくなると決して山はなくならないけれど徐々に山の名前が忘れ去られていくようで・・・。
DSC09005_convert_20130620110631.jpg
涸谷山は修験行山と同じように登山道のわきに標識があるので頂上という感じはありません。
DSC09006_convert_20130620111228.jpg
尾根道を歩き下の看板のところで右方向のなだらかな斜面を下っていきます。イメージ的にはまっすぐ歩く感じなのでこれで大丈夫なのかなと不安がよぎり考えていると後ろから単独男性が歩いてきます。その方に「栗の木方面はこちらですか?」とたずねると「そうです」との事。安心して進みます。
今日の昼からは雨がふりますとの予報でした。その予報よりはやく雨がパラパラふってきたのですがありがたいことに登山道はほとんど樹林帯なので雨が気にならず濡れません。しかしむせるので汗はよくかきます。私は単独だとそうお腹は空かないので水分だけとります。
DSC09007_convert_20130621170559.jpg

10時45分 黒岩山
DSC09008_convert_20130621171610.jpg
黒岩山も山頂という感じがしませんが平坦です。ここまでは 標高1200m~1100mを緩やかに登ったり下ったりでしたが修験行山手前の川俣越登山道分岐あたりは約標高900m位です。
DSC09026_convert_20130621171321.jpg
急な下りがあり峠があり登りきると修験行山というイメージがあったのでここを下るといよいよ修験行へつくのかなと思いますがなかなか着きません。雨は樹林帯のおかげで濡れはしないのですが少し暗くなってくるともうここら辺で引き返そうかな 帰りの時間大丈夫かななんて気弱になりましたが進んでいくと見覚えのある錆びた看板がありました。
12時10分 修験行山
DSC09012_convert_20130621165749.jpg
1ヶ月前に修験行山に来たときは標識がなくこの錆びた看板が修験行山の目印でしたが 今回 こんな風に書かれていました。おちゃらけていますがやっと着いたという安堵感でこの標識が大変ありがたく思えました。
DSC09014_convert_20130621164531.jpg
ここで昼食 あまりお腹が空きませんがご飯にきゃらぶきを上にのせて持ってきたのできゃらぶきだけを食べ引き返します。目的地にも着きゆっくり戻ろうと気楽な気分です。
12時30分 修験行山出発
修験行より下り登り返しているところで左足がつってきました。左ひざのサポーターを締めているのか 水分をお茶しか取っていないからか とりあえず座って足のサポーターを緩め芍薬甘草湯とアミノバイタルを飲みます。しかし飲むとすぐつるのがおさまりました。以前 つった時に隊長さんにこの芍薬甘草湯をもらい飲んだらすぐ症状が治まったのでそれからは携帯するようにしています。しばらく休憩 水分をとり持ってきたご飯をゆっくり食べることにしました。重りの水2Lの半分は捨てることにしました。立ってリュックを背負って歩き出しても大丈夫だったのでゆっくり歩きます。

黒岩山までは少し急な登り下りが2度ほどあります。
DSC09019_convert_20130621220427.jpg
木々の間から栗の木岳 修験行山が見えます。
DSC09020_convert_20130621220910.jpg
DSC09025_convert_20130621222515.jpg

14時   黒岩山
黒岩山を過ぎるとこんな感じのいいところを通ります。
DSC09028_convert_20130621221440.jpg
左は植林帯 右は自然林その間を歩いたりもします。
14時27分 涸谷山
DSC09034_convert_20130621222020.jpg
 
15時24分 平倉峰 
15時54分 三峰山
三峰山から修験行山まで片道3時間ほどです。復路はちょっとアクシデントがありましたが無事かえってこれました。
16時 八丁平
17時 登山口駐車場へ そこで靴下を脱ぎサンダルに履き変えていると虫が寄ってきて足に刺されました。
しかし休むとすぐ虫が寄ってきてこれからは虫除けスプレー 虫さされの軟膏 常備ですね。

三峰山から高見山 高見山から明神平まで歩いてみたいと思います






スポンサーサイト



by つくだにちゃん  at 22:38 |  山登り(台高) |  comment (10)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments

トレーニング?

夏山へ向けてのトレーニングでしょうか?

僕はペットボトルに入った水を担ぎますよ
最悪 棄てる 山に水分をプレゼントすれば良いので

天水に頼っている山小屋へ 差し入れですよ~って渡しちゃえば 帰りは楽チンです
お礼に山バッジ貰った事有りますよ
(^-^)v
by 岐阜ぺんぎん 2013/06/24 15:43  URL [ 編集 ]

トレーニング

夏山に向けたトレーニング頑張ってますね!
こちらは少し怠けすぎています。
そろそろ始動しないと、置いていかれちゃいますね(^_-)
by じんじん 2013/06/25 14:21  URL [ 編集 ]

そのコース

修験業山の東西、つまり高見山から局ヶ岳の縦走は私も狙っています。三峰山~高見山、日程が合えば2台デポパートナーいかがでしょうか。
by utty 2013/06/26 19:14  URL [ 編集 ]

No title

つくだにさん、おはようございます。
着々と線をつないでいますね。三峰山系の稜線はあまり人は歩いていませんが、歩きやすくていいところです。高見山から局ヶ岳までぜひ線をつないでみてください。
それにしても、このあたり昔は人の背丈ほどの笹で覆われていましたが、今はその面影もありませんね。
by シュークリーム 2013/06/27 06:12  URL [ 編集 ]

Re: 岐阜ぺんぎんさん

岐阜ぺんぎんさん

> 夏山へ向けてのトレーニングでしょうか?
そうなんです。日常 トレーニングしているわけでもなく今まで泊まり山行の前日に
リュックを背負いあせってしまうというパターンが多かったので事前に認識しておこう
と思いまして・・・。

重しは、私もペットボトルなどに水を入れています。皆さんが持つ
テント泊のリュックの重量に比べたら随分軽いとは思うのですが
弱力なので大変です。

> お礼に山バッジ貰った事有りますよ
そんなこともあるのですか?うらやましいです。
by つくだに 2013/06/28 00:53  URL [ 編集 ]

Re: じんじんさん

じんじんさん

じんじんさんは 体力があるから大丈夫です。
迷惑をかけないように思ってはいるのですが
元々 弱力で体力はないのでゆっくりついていきます。

てんきがいいといいのですが・・・。今から
楽しみにしています。
by つくだに 2013/06/28 01:16  URL [ 編集 ]

Re: uttyさん

uttyさん

> 三峰山~高見山、日程が合えば2台デポパートナーいかがでしょうか。
よろしくおねがいします。今 高見山の大峠あたり工事中と聞いています。
小峠へ降りるよりCTが短いので大峠へ降りたいなと思っていたのですが
・・・。

uttyさんが歩いた安楽越から柘植まで 霊仙山から時山までも歩いてみたい
のでレポート参考にさせていただきます。
by つくだに 2013/06/28 01:35  URL [ 編集 ]

Re: シュークリームさん

シュークリームさん

若宮峠から局ガ岳まではシュークリームさんのレポート読ませていただきましたが
このコースのレポートは少ないですね。
でも いつか歩いてみたいと思っています。
まだまだ県内の山も歩いていないところが多いです。

by つくだに 2013/06/28 01:44  URL [ 編集 ]

No title

つくだにさんこんばんは!
イナモリソウが咲いているんですね!
山ではまだ出会ったことがないので行ってみたくなりました。
三峰山はヒルは大丈夫でしょうか?
いつも山行の参考にさせていただいています。
by はち 2013/06/28 22:41  URL [ 編集 ]

Re: はちさん

はちさん

この花 イナモリソウとは違うと思うんです。
私も初めて見たときそうかなと思ったんですけど・・・。
この花の名前はわかりませんが 先日登った朝熊山にも咲いていました。
私が登った時は ヒルは大丈夫でしたよ。
蚋かな?には数箇所刺されましたが・・・。


by つくだに 2013/06/28 22:50  URL [ 編集 ]
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

つくだにちゃん

Author:つくだにちゃん
FC2ブログへようこそ!
重いザックは担げない弱力 歩くペースは遅い虚弱な自分ですが山登りは大好きです。これから登る山 今まで登った山など思ったこと 感じたことを綴っていきます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター