FC2ブログ

H25.6.22 銚子ヶ峰 ~次回は三ノ峰へ~

そろそろ県外の山にも登ってみたいな・・・と考えふと頭によぎったのが白山でした。白山にもいろんなコースがありますが 以前 計画してなかなか行けなかった石徹白から銚子ヶ峰 一ノ峰 二ノ峰 三ノ峰の避難小屋に泊まり別山ピストンを歩きたかったので行ってきました。と言ってもまたまた事前の情報不足でアイゼンを持っていかず三ノ峰避難小屋手前の雪渓とガスで危なかったので今回も銚子ヶ峰までとなりました。

石徹白登山口ー銚子ヶ峰ー少し下ったところ(ピストン)

N師匠 私 2,3年前 石徹白登山口から銚子ヶ峰へ歩いた時もこの時期でした。銚子ヶ峰付近で前日 三ノ峰避難小屋に泊まった登山者が 「昨日は 避難小屋も人がいっぱいだった」と話していました。同じ時期だから22日 23日は週末だし22日は天気は少し悪いけど23日は天気はよさそうなので宿泊者も多いかなと思っていました。22日のコースタイムは 5時間30分。ゆっくり歩いて夕方までに避難小屋に着けばいいと思い当日22日 5時に家をでて9時前に石徹白登山口に着きました。天気は 曇り 小雨状態なのか?風で水滴が落ちてくるだけなのか?ガスっています。
駐車場には 10台ほど車がとまっています。私達が準備をしてる間にも車が2.3台やってきました。単独の男性は 小さめのリュックで日帰り山行のようです。もう1人の単独男性は、私達と同じ 避難小屋泊まりだそうです。男性お2人も日帰り山行のようです。私達は、みなさんが出発して最後に出発。

9時8分 登山口
DSC09044_convert_20130628092647.jpg

まず 階段を420段登ります。本当に420段なのか・・・?と思い数えながら登ります。「・・・8・9・10・1・2・3・・・・」あれーっ また数がもどってしまいました。また帰りに数えなおすことにします。

9時23分 いとしろ大杉
ここで着てきた合羽を脱ぎます。
DSC09047_convert_20130628160508.jpg

やっぱり虫が多い。虫除けスプレーを顔 上半身にかけます。本当は顔はかけてはいけないのですが思わずシューとスプレーしてしまいました。しかし虫が寄ってきます。いとしろ大杉を過ぎてからの登山道はふと見上げるとブナロードでいい雰囲気です。高度を少しづつ上げ樹林の隙間から南部方面を除くとガスが少し晴れてきた様子です。しかしこれから登っていく先の山々はガスでおおわれています。
N師匠の後をゆっくり歩きおたけり坂手前で休憩です。

10時46分 おたけり坂 おたけり坂は急ですがその分 高度が稼げるのでがんばります。
DSC09048_convert_20130628200814.jpg

11時28分 神鳩ノ宮避難小屋
DSC09049_convert_20130628201129.jpg

登っていくと下山する人と会いました。日帰りの方のようですが「なんにも 景色が見えやんだ」と話していました。
高度を上げていくにつれて咲いている花の種類が増えて行きます。明日は 天気がいいようなので写真は明日撮ろうとこの時は思っていました。
母御石方面はガスがかかっています。
DSC09051_convert_20130628201557.jpg

13時 銚子ヶ峰
ここには先に歩いて行った2人の男性が昼食をとっていました。他に話の内容から伊勢方面からの4.5人のグループがみえました。まだ先はあるので少し休憩して進みます。2.3年前はここから少し歩いたところまでしか進んでいなかったのでこれから先が楽しみです。しかしガスが晴れません。
アップダウンを進んでいきますと前から登山者が来ました。話を聞くとその方たちも三ノ峰まで行きたかったそうですが三ノ峰避難小屋手前に雪渓があり前日 雨がふったこともあり雪渓が固くガスがわいている、先行者のトレースもわからない状態でその方達はアイゼンを持ってこなかった事もありひき返してきましたとのことでした。かくいう私達も アイゼンを持ってこなかったので不安ですがもう少し先まで進んでみることにしました。少し歩くと 登山道に10mほど雪渓が残っていました。キックステップでつま先で蹴ってみますが硬いです。先行者の跡をたどるべき踏み跡を探します。雪渓あともう少しというところで下方の登山道に降りようとしたほんのわずかなところで滑ってしまいました。雪渓の下は笹だったのですぐ笹をつかんで大丈夫でしたが・・・。ここで 前方から歩いて見えた男性も先ほどの方と同じ事を話されていました。その方は6本爪アイゼンを持っていたのにもかかわらずやはり下が硬くピッケルかステッキを持っておらずガスっていてルートがわからず引き返してきたそうです。師匠が 「こんなところで滑っているようではいかん」といい引き返すことにしました。私は避難小屋へ行かないまでも一ノ峰 二ノ峰あたりまで歩きたいなと思いましたが行く手の山々がガスで覆われているのに行っても・・・ということになりそこで引き返すことになりました。引き返すと決めた後で 後を見ては名残惜しそうにしている私に師匠が「いつまでも うだうだ考えたらあかん」と言いました。こんなとき単独だったらもちろん進まないと思いますがこうやって行きたかったなぁっという気持ちを同行者がスパッと切り替えしてくれると助かります。

14時35分 銚子ヶ峰
誰一人いませんが単独ではないので心強いです。朝 あった単独男性はきっとアイゼンを持っていたのでしょう。三ノ峰避難小屋についているだろうなと思いました。

神鳩ヶ宮避難小屋あたりから見た銚子ヶ峰方面 
DSC09091_convert_20130628202439.jpg

DSC09092_convert_20130628202141.jpg

17時30分 登山口
登山口に着いたとたん雨がふってきました。駐車場には3,4台とまっていました。この方達はきっと避難小屋とまりなんだろうな。うらやましい。

自宅に帰りこの時期のコースのレポートを読んでみると三ノ峰避難小屋手前の雪渓がネックのようで引き返しているケースもありました。事前情報の収集が甘いです。この時期 アイゼンの携帯は必須だなと思いました。使わなかったらそれでよし 使うべきところがあれば安全に山行できるのですから・・・。

今日 出会ったお花たち
ヒメイチゲ
DSC09087_convert_20130628203157.jpg
コケモモ
DSC09084_convert_20130628204149.jpg
アカモノ
DSC09080_convert_20130628221754.jpg
ゴゼンタチバナ
DSC09070_convert_20130628222229.jpg
ハクサンチドリ
DSC09068_convert_20130628222453.jpg
DSC09067_convert_20130628222729.jpg
エンレイソウ
DSC09063_convert_20130628222954.jpg
ツバメオモト
DSC09059_convert_20130628223203.jpg
DSC09055_convert_20130628223445.jpg










 
スポンサーサイト



by つくだにちゃん  at 22:37 |  山登り(白山・北陸) |  comment (6)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments

No title

そうですか,それは残念でしたね。この時期,三ノ峰手前には急斜面にまだ残雪が残っていますからね。アイゼンは必要ですね。以前この時期に三ノ峰避難小屋に泊ったとき(つくだにさんに会った時ですけど),避難小屋は満員で大変でした。神鳩ノ宮避難小屋に泊って翌日に別山まで往復するのも一つの手かもしれませんね。白山もそろそろお花畑が見られるようになります。別山はとくにきれいですからぜひ行ってみてください。
by シュークリーム 2013/07/03 18:04  URL [ 編集 ]

Re: シュークリームさん

シュークリームさん

2年前 シュークリームさんと銚子ヶ峰の少し先ですれちがいましたね。
あの時 シュークリームさん達が「昨日 このコースで熊を見かけた」と言っていたのを
覚えています。
白山のあたりは登山道を歩いているとこの時期 夏の花にほとんど会えますよね。
別山からみる白山も好きなんですよ。
銚子ヶ峰から先をまたいつか歩いてみたいです。


> そうですか,それは残念でしたね。この時期,三ノ峰手前には急斜面にまだ残雪が残っていますからね。アイゼンは必要ですね。以前この時期に三ノ峰避難小屋に泊ったとき(つくだにさんに会った時ですけど),避難小屋は満員で大変でした。神鳩ノ宮避難小屋に泊って翌日に別山まで往復するのも一つの手かもしれませんね。白山もそろそろお花畑が見られるようになります。別山はとくにきれいですからぜひ行ってみてください。
by つくだに 2013/07/03 20:04  URL [ 編集 ]

美濃禅定道から別山へ

 つくだにさん、こんばんは。
 私も、今年6/1に、上小池から三ノ峰経由で別山に登りました。三ノ峰までは雪はなかったのですが、三ノ峰から別山までは所々雪渓がありました。ただアイゼン(持参はしました)までは必要ありませんでしたが。

 石徹白から別山へは2011/8に日帰りピストンしたことがあります。山頂での1時間ほどのランチタイムを入れて10時間半かかりました。ちょっとハードですね。
by kitayama-walk 2013/07/04 01:59  URL [ 編集 ]

双門コースの山レポ

 つくだにさん、私のブログにコメントいただきました双門コースですが、今年の分はまだ未投稿です。しかし、2009/7/6の山レポはアップしてありますので、ご覧下さい。ただし、河原小屋は現在は流失してしまっていて、付近の様子が違っています。

 もし、行くとすれば、複数で行くこと、狼平避難小屋か弥山小屋に泊まることをお勧めします。
by kitayama-walk 2013/07/04 02:04  URL [ 編集 ]

双門コース

 今年の双門コース(弥山川遡行)の山レポ、遅ればせながらアップしましたので、ご覧下さい。
by kitayama-walk 2013/07/23 02:06  URL [ 編集 ]

Re: kitayama-walkさん

kitayamaーwalkさん

ありがとうございます。
是非是非 行ってみたいコースです。
早速 印刷していつでも読めるようにしてあります。
やぶこぎねっとのレポートも読ませていただきました。
kitayama-walkさんのレポートは詳しく書かれていて参考にされる方が
たくさんみえると思います。



by つくだに 2013/07/26 15:53  URL [ 編集 ]
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

つくだにちゃん

Author:つくだにちゃん
FC2ブログへようこそ!
重いザックは担げない弱力 歩くペースは遅い虚弱な自分ですが山登りは大好きです。これから登る山 今まで登った山など思ったこと 感じたことを綴っていきます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター