FC2ブログ

H25.9.2 瑞牆山

7月末にじんじんさんと予定していた雲の平山行 天候が悪く中止になり 今度は9月2日から予定していました。しかし 天候も思わしくなくじんじんさんも都合が悪くなり中止となりました。どうもじんじんさんとの山行を予定すると天気が悪くなります。どちらが雨を誘っているのでしょうか?北アルプスがだめなら南アルプスでもと思いました。私はまだまだ歩いていないコースがあるのでそこを歩こうかと思いましたがどうも芳しくないのです。天気予報をみていると関東方面は晴れマークなのです。埼玉が晴ならその隣の山梨は・・・とみると曇り 曇りのち雨等あまり芳しくないけど日本海側に比べたらまだいいほうです。
4日間も休みがあるので歩きたかった奥秩父の瑞牆山から甲武信岳縦走に決めました。以前から歩きたかったコースなので行程は計画してありました。バスの時間 JRの時間など調べました。が結局 瑞牆山ピストン 日帰りとなりました。 

駐車場ー富士見平小屋ー瑞牆山(ピストン)

単独 
瑞牆山から甲武信岳までテント泊で3日間 朝5時出発と考えていました。当日4時前 登山口に向かう前にコンビニの駐車場で10分だけ眠ろうとアラームをかけて寝たのですがおきると5時30分 それから瑞牆山荘まで迷ってしまい駐車場へ着いたのが7時30分前 出発が8時になってしまい大幅に遅れてしまいました。といっても4日間休みがあるので余裕なのですが・・・。駐車場には車が3台すでにとまっていました。この方達はどのような行程なのでしょう。

天気もよくないし平日だしがらんとした駐車場
DSC09590_convert_20130903163206.jpg

最近 私は 単独山行の場合 出発のぎりぎりまでテント泊か 素泊まりか考えてしまうことがあります。今回もテント泊→素泊まり→テント泊といろいろ考えてしまいました。この時には 瑞牆山から甲武信岳縦走だけでなく 瑞牆山・金峰山を歩いてくるか 瑞牆山のみにするかまでいろいろな案がひろがり 結局 どれにも対応できるようテント泊装備で出発しました。ここから富士見平まで50分ほどです。白樺の中を気持ちよく歩きます。
DSC09593_convert_20130903163933.jpg

登山道には 2,3つの道がありなるべく小又登りができそうな道を選び登って行きます。水の流れる音がすると思ったらそこが水場で富士見平小屋があります。

8時55分 富士見平小屋
DSC09594_convert_20130903164734.jpg

テント場
DSC09618_convert_20130903165341.jpg

小屋は閉まっていて登山者も誰もいません。半月ぶりにテント泊装備を背負いましたがやはり重い。リュックを置きここからは空身で瑞牆山へ。でもサブザックを忘れてきたので手に水筒と合羽をもち出かけます。この時点で今にも雨はふってきそうだったので小屋にリュックを入れさせてもらおうと思い小屋に近づくと鍵が閉まっています。ってことはバッチもここで買えません。もしかしたら金峰小屋も閉まっているかも・・・と思うとテント泊装備を持ってきてちょっと安心しました。
富士見平小屋の標高は確か1812mだったと思うのですがここから少しあがりそこから下っていきます。滑らないよう気をつけて石の道を歩きます。
DSC09595_convert_20130903171826.jpg

木々の間から岩の山が見えます。あれが瑞牆山でしょうか?他に大ヤスリ岩など名前のついている岩が見えるようですが勉強不足 ガスっていてはっきりわかりません。

DSC09599_convert_20130903170825.jpg

鞍部となる天鳥川は標高1800mです。今は水も涸れていました。
DSC09602_convert_20130903171422.jpg

この写真 見たことがあるという木々に支えられている岩をとおり花崗岩を登っていきます。しかし右手にステッキ 左に水筒 合羽を持ちながら歩くのは失敗でした。
DSC09604_convert_20130903172844.jpg

DSC09606_convert_20130903173250.jpg

標高2000m越えたあたりで上からご夫婦が降りてこられました。風も強くなってきて頂上まで行かず降りてこられたとのこと このご夫婦は日帰りだそうです。「頂上は風が強いのかな 私も下山した方がいいかな 危ないかな」と思いながら登っているとコースの右手の樹林帯にも踏みあとがあり私はそちらの方を歩くほうが歩きやすいのでついつい行ってしまいコースを見失いました。そこに上から『男性2人の下山者を見つけルートを修正 「頂上はどうでした?」と聞くと「樹林帯に入るので風は心配いらないですよ。あと20分ほどですよ」と言っていただきがんばって登ることにしました。
不動滝からの登山道との分岐より右へ曲がると樹林帯で風がさえぎられ無風となります。

11時5分 瑞牆山着
DSC09607_convert_20130903230533.jpg

頂上は大きな花崗岩の岩でそこに立っていても風の影響はありません。あたり白一面で展望の見えない頂上の写真をとっていると師匠の「展望のない山へ行って楽しいのかな」という言葉が浮かんできました。私はいつも単独山行のときは師匠に一応連絡していくのですがそのとき師匠が私に言った言葉です。全くと思うと同時に展望もないのに満足感もえられるのは何故でしょう。帰りの下りは慎重に・・・。花崗岩ですので登ってくる時 そう滑らなかったのですが靴の底に砂がついていると滑りやすくなるし 湿った木の根 枝葉持つのには助かりますが足をかけると滑りやすいのです。私が下る時に登ってくるグループも3組ほどいて日帰り山行とのこと。しかしこんな天気の安定しない日に この山に登ってくるなんて・・・。自分と同じで皆さんに親近感がわいてきます。

こんな登山道です。登る時は写真をとる心境ではありませんでした。下山時に写真撮影
DSC09612_convert_20130903231329.jpg

DSC09615_convert_20130903231624.jpg

富士見平小屋に着くと誰もいません。
先に進もうか 日帰り山行でこのまま下山するか・・・。雨も降って来たので今日は下山することにします。又いつか瑞牆山から甲武信岳まで縦走するぞ したいぞ またそのときに瑞牆山のバッチは買うのだと思いながら下山しました。もし同行者がいたなら先に進めたかもわかりません。しかし単独だと不意に決めたりやめたり変更したり・・・ができるので気が楽な時もあります。今回のこの山行も山行日前日にきめました。展望は見れなかったけどなぜか満足で下山できました。駐車場に着くと雨がふってきました。また 来ようと思い駐車場を後にしました。




スポンサーサイト



by つくだにちゃん  at 23:31 |  山登り(秩父) |  comment (8)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments

秩父の山

遠征お疲れさんでした
瑞墻山は晴れた休日には大勢の登山者で賑わいます さすが百名山です
晴れた時にまたお出かけくださいな~
瑞墻山のバッジは瑞墻山荘に有りますよ
富士見小屋は土日には開いております
金峰山小屋はよっぽどでない限り開いていますよ
そこまで行ったのならば 惜しかったなぁ

もう少し東へ行った『大弛峠』から金峰山へは高低差があまり無く人気のコースです
峠から東側の 国師ヶ岳や北奥千丈岳へも楽々山歩きが出来ますよ
大弛小屋(留守が多い)にそちら2座のバッジも有りますよ
石南花の時期はメッチャ混みます
峠には駐車スペース有ります
by 岐阜ぺんぎん 2013/09/04 13:04  URL [ 編集 ]

Re: 岐阜ぺんぎんさん

岐阜ぺんぎんさん

瑞墻山は360度の展望でいい山ですね。
また 晴れた日に行きたいです。

岐阜ぺんぎんさん お詳しいですね。
この情報を知っていたら今回 先に進めたかもわかりませんね。

また次回 金峰山(できたら甲武信岳まで)歩いてみたいです。
その時まで 山バッチは楽しみにしておきます。



by つくだに 2013/09/04 21:53  URL [ 編集 ]

瑞籬に反応しました

今年も天気に恵まれませんね。
私の夏の計画の半分を流しています。強行した北岳バットレスと北穂滝谷ドームではピッチになっています。
瑞籬山は小川山の隣の山で、私にとってはクライミングの対象で、9月の下旬か10月上旬に狙っています。
今週末も天気悪そうですね。今週は八ヶ岳の大同心雲稜ルートの予定でしたが、駄目みたいですね。秋から冬にかけて、みんなが参加できる計画をしますのでよろしく。

by 隊長 2013/09/05 22:43  URL [ 編集 ]

待ってろよ!雲の平

雲の平への山行を計画しては流れ、また計画しては流れ、もう何年になりますかね!
こうなったら、絶対行ってやる!しかも快晴の時に!
こんな風に思うのは僕だけでしょうか?
つくだにさん、流れても流れても計画しましょうね!
by じんじん 2013/09/07 11:05  URL [ 編集 ]

Re: 隊長さん

隊長さん

本当に自然相手なので天気と休日があうのは運としかいいようがないですね。
天気が恵まれない中での隊長さんへのご褒美は チンネ左稜線&八ツ峰6峰Cフェースと
コブ尾根@奥穂高岳ですね。

今回 天候不順で計画変更でこの瑞牆山を歩くきっかけとなりました。
岩でできた山で御在所岳と雰囲気が似ていています。このあたりでクライミングのトレーニング
適地となっているのがうなづけます。私もまた瑞牆山から甲武信山まで縦走したいと思います。 


by つくだに 2013/09/08 19:25  URL [ 編集 ]

Re: じんじんさん

じんじんさん

今年も雲の平 行けませんでしたね。
また 来年 仕切りなおしですね。
自然相手ですからね。なかなかうまく事が運びませんが
いつか行ける日を楽しみにしています。


by つくだに 2013/09/08 19:37  URL [ 編集 ]

奥秩父に詳しいのは

ここ6~7年 越年は甲武信岳で過ごしています 信州から登ったり 甲州から上がったりしています
そこで関東の方々からの情報をもらっていますよ
by 岐阜ぺんぎん 2013/09/12 23:33  URL [ 編集 ]

Re: 岐阜ぺんぎんさん

岐阜ぺんぎんさん

越年を山で過ごせるなんていいですね。今回 初めて奥秩父の山を歩きました。
甲武信岳もいつか登ってみたいです。このあたりの山は 富士山も眺められて
いいですね。またわからないことがあれば教えてください。


by つくだに 2013/09/18 23:00  URL [ 編集 ]
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

つくだにちゃん

Author:つくだにちゃん
FC2ブログへようこそ!
重いザックは担げない弱力 歩くペースは遅い虚弱な自分ですが山登りは大好きです。これから登る山 今まで登った山など思ったこと 感じたことを綴っていきます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター