FC2ブログ

H25.9.30~10.3 池の平小屋 念願の小屋で裏剱を見る 2日目

前日 3人で話し合いました。私は、池の平小屋から裏剱を見ることが目的だったので池の平小屋に泊まったあとは 再びこちら(室堂)へ戻ってくる計画でした。室堂から立山方面への最終バスの時刻は、17時 もし間に合わなかったら剱沢小屋 剣御前小屋 また室堂周辺の小屋に泊まったらいいと思っていました。しかし1日目の I師匠の歩き方を見ていると 二股から剱沢小屋そして剣御前小屋への登り返しが大丈夫かなということになりました。丁度 剱沢小屋に泊まった50代~60代の男性2人 女性4人の滋賀からみえたグループも翌日は池の平小屋に向かうとの事、その方達は 阿曽原温泉に向かい欅平に降りるとの事。立山から車を代行してもらい欅平に運んでもらっているとの事でした。代行は12000円で 欅平から立山に戻ることを考えると6人ならそう変わらないとの事でした。そのことを聞いて M師匠は、阿曽原温泉に行った事はあっても欅平方面へ行ったことがないのでそっちの計画に興味津々でした。私は 以前 雲切新道を登ったことがあります。 そのときはまだ雲切新道はできたばかりでした。まだ登山道がしっかり踏まれてないためかこんな急な道 私は下りるほうが嫌だ!っという印象が強かったので私はどちらかというと室堂のほうへ戻りたかったのです。 5時に起床 5時30分出発です。もったいないほど下ります。昨日 小屋の方に剱沢雪渓の歩き方を教わりました。2つ目のロープを越したあたりから雪渓におり 平蔵谷を越え長次郎谷をこえたところの左岸から夏道を歩くとの事です。
6時前に 谷あいにも陽がさしこんで来ました。
DSC09932_convert_20131018102321.jpg

雪渓を降ります。
DSC09939_convert_20131018102827.jpg

平蔵谷
DSC09944_convert_20131018103323.jpg

長次郎谷
私は剱のロッククライミングのコースには詳しくないのですが よくロッククライミングをされる隊長さんのレポートにでてくる谷の名前が出てくるので興味深いです。この剱沢雪渓をおり谷を登り岩につめていく・・・。
DSC09970_convert_20131018104109.jpg

左岸の夏道に取り付き下ります。しかし剱沢小屋よりだいぶ高度を下げてきました。明日 再びここを登るのかと思うと大変だなと思うと雲切新道へ降りる方がいいかなと考えが変わってきました。

7時40分 真砂沢ロッジ
男性2人が作業をしていました。
DSC09980_convert_20131018105821.jpg

8時55分 二股吊橋をわたり休憩です。真砂沢ロッチで見かけた男性が 「近藤岩の傍の岩から三ノ窓雪渓よく見れるよ」と教えてくださり行ってみます。
三の窓雪渓
DSC09994_convert_20131018120830.jpg

9時23分 仙人新道を登ります。
今日も剱沢小屋より標高をだいぶ下げて下ってきたのでこれからの登りは気を引き締めて登ります。急登で暑いし樹林帯で風も通らず。しかし時折 見える裏剱の展望は疲れを癒してくれました。標高をあげると裏剱も迫力があります。三の窓雪渓も大きく見えます。以前 ここを歩いた時は 雨でガスガスだったので今回 初めてこの景色を見ます。
DSC00005_convert_20131020150857.jpg

私は決して登りは早くなく1番手をあるくM師匠と2番手を歩く私 歩く歩幅 スピードの差で間はあいてしまいますが自分のペースで歩きます。しかし3番手をあるくI師匠 体がしんどいのでしょうか?カメラが重いでしょうか?いつもなら私より登るペースは速いのに私がまちます。剱沢小屋から二股まではそう水も飲まなかったのに仙人新道を登り始めてから700mlの水が少なくなってきました。ブルーベリーの実を1粒 2粒口の中へ 乾いている口の中がすっぱさで少し潤います。

11時45分 仙人峠
仙人小屋の赤い屋根が見えます。今度はあそこまで降りて行きます。とりあえず仙人池を見に行きます。
DSC00026_convert_20131020144508.jpg

12時 仙人小屋 
私はまず ジュースをたのみます。師匠はビール
そして仙人池を見に行きます。
DSC00032_convert_20131020152722.jpg

m師匠 I師匠は小屋でラーメンをたのみます。私は持ってきたパンを食べましたが ラーメンを1口いただきました。ラーメンの汁がおいしい。しかし口の渇きがジュースではいまいちすっきりしません。小屋で700ml分の水をいただきました。この水が冷たくておいしかった。口もさっぱりしました。師匠方にも進めると一気に 残り400mlほどになりました。私達が休憩していると滋賀のグループもやってきました。さぁ 池の平小屋に向かい出発です。

仙人峠の方を見ると 木々が黄色く色づいています。
仙人峠より
DSC00040_convert_20131020154041.jpg

13時30分 池の平小屋
仙人峠より少し下り30分ほどで池の平小屋へ ほどなくして滋賀のグループの人もやってきました。本当は池の平山へ登ってみたかったのですが(裏剱にもっと近づけそうです)手続きやらなんやらしてたら14時になってしまいました。往復2時間との事ですが余裕をみて3時間 私の足だと陽が沈みそうなのであきらめ池散策にしました。
滋賀のグループは 3名の方が池の平山へ登っていきました。

午後からだと逆光になってしまいますが 険しい裏剱の岩稜といくつかの池の様はまたいいものです。
M師匠と私は池散策 I師匠はお風呂です。
DSC00045_convert_20131020154754.jpg

DSC00058_convert_20131020161237.jpg

この小屋には2つ お風呂があります。1つは囲ってあるお風呂 もう1つは裏剱を見ながらの露天風呂です。
DSC00061_convert_20131020162918.jpg

DSC00062_convert_20131020163157.jpg

やはり裏剱を見ながらの露天風呂は人気のようです。露天風呂は、入浴中でそのあと1人待っていたので私は 囲ってあるお風呂に入りました。私が入った後 お風呂のそばの椅子にかけながら景色を見ていたら 丁度露天風呂を入り終えた女性が 私に「あいたよ。露天風呂いいよ」というのでもう1回 露天風呂にも入りました。ただ湯につかるだけですが湯につかるだけで疲れもとれます。それも景色を見ながら・・・。なかなかできません。

DSC00060_convert_20131020171905.jpg

ビールを飲みつまみを食べ景色を見ながら「こんな昼間から携帯がかかってこんっていいなぁ」と仕事の電話が多いM師匠はいいます。16時頃 小屋の方が 「食事どうですか」と聞かれましたがまだ景色をみていたくって「もう少しあとで・・」と答えたのですが 16時30分近くになると少し寒くなってきたので小屋に入り食事の用意をしていただきました。 
食事のこんだての説明をいていただきましたがはっきり覚えていないのですが 山菜の料理等もあっておいしかったです。
DSC00063_convert_20131020163937.jpg

17時前に 滋賀の方 池の平山より下山でした。
17時30分頃 食事がすんで また外の景色を見るためベンチに座っていたら上より2人おりてきました。この男女は剱岳から降りてきたそうで今日 6時頃剱山荘をでたそうです。今日はここへとまるのかなと思っていたら仙人小屋へ泊まるそうです。昨日 東京から同じバスできた 今日 池の平小屋に泊まっている女性2人に 無事 下山した事を伝えて欲しいと言われ足早に仙人小屋へ歩いていきました。

DSC00065_convert_20131020170547.jpg

再び小屋にいると 小屋の方が宿泊者の人に「飲みませんか?」と誘ってもらい 日本酒 焼酎を飲みながら団欒となりました。この小屋の方で愛知県の方がいて その方は御在所の藤内小屋の建築も手伝われたようで私達が三重県から来たということで話しかけてくれました。若い頃は 製鉄会社にも勤め 厨房も入っていたとの事 この小屋のホームページも作って見えるとの事でした。小屋の方が書いた絵を見せてもらったり小屋での話を聞かせてもらったりあっという間に時間がすぎました。20時30分 団欒を終えて皆 就寝の準備をしました。
スポンサーサイト



by つくだにちゃん  at 17:20 |  山登り(北アルプス) |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments

裏剱、天気に恵まれましたね

仙人池はいつも、八ッ峰やチンネから見下ろしていますが、いい季節に行きましたね。事後とがリタイヤしたら、仙人池に滞在してじっくりと撮影に興じたいですね。
長次郎谷この季節の雪の状態がよくわかりました。ここを毎年、登って八ッ峰やチンネに行きます。2時間ほど登ったところが熊の岩のビバークサイトです。
大杉谷、いい天気になるといいのですが、楽しみですね。
by 隊長 2013/10/20 22:01  URL [ 編集 ]

Re: 隊長さん

隊長さん

いつか裏剱を・・・・と思っていたら 隊長さん クライミングをされて
毎年 ここに通われてルートに興味を持っていました。
天気がよくてよかったです。もう1泊してもっと眺めていたかったです。
長次郎谷を登りクライミング そしてまた下って剱沢まで
登りかえすんですね。
池の平より裏剱を見上げるとすごく猛々しくここを登ってみたいという
気持ちがわかるような気がします。池の平小屋の八千代さんは 「剱 大好きです」
と言っていました。
大杉谷 楽しみです。




by つくだに 2013/10/23 12:35  URL [ 編集 ]
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

つくだにちゃん

Author:つくだにちゃん
FC2ブログへようこそ!
重いザックは担げない弱力 歩くペースは遅い虚弱な自分ですが山登りは大好きです。これから登る山 今まで登った山など思ったこと 感じたことを綴っていきます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター