FC2ブログ

H25.9.30~10.3 池の平 念願の小屋で裏剱を見る 3日目

今日は、阿曽原温泉へ そして明日欅平らへ下りることになりました。昨日 池の平小屋に泊まったのは、13,4人 そのうち阿曽原温泉へは私たちも入れて11人 ほとんどの人が阿曽原温泉へ向かいますが私達が一番早く 小屋での朝食はとらず5時30分くらいに出発しました。

昨日 みんなで飲んでおしゃべりしてこの小屋の方々のあたたかさが伝わってきました。小屋のスタッフの八千代さんの絵も素敵でした。また来たいな 今度は池の平小屋に登ってもっと裏剱に近づきたいなと思いました。

少し薄暗い中で見る裏剱は少し怖い感じがします。仙人峠まで来ると鹿島槍方面が明るくなってきています。裏剱にも少しづつ陽があたってきています。
DSC00088_convert_20131024142943.jpg

DSC00091_convert_20131024142254.jpg

ふたたび仙人池で裏剱を眺めます。昨日より陽の当たるところ 当たらないところでメリハリがあってきれいな感じがします。
DSC00093_convert_20131024141930.jpg


DSC00116_convert_20131024141214.jpg


7時 仙人池ヒュッテ出発
仙人小屋からはガレの急くだりです。後から人の気配・・・と思ったら 池の平小屋で宿泊していた女性お2人でした。「仙人温泉で温泉につかります」と言って追い越していきました。
雪渓のトンネルをくぐります。
DSC00120_convert_20131024134213.jpg
  
9時 仙人温泉小屋
ここでひと休み 途中追い越していったお2人はお風呂に使っているのでしょうか?
DSC00123_convert_20131024133738.jpg

10時 尾根頂上 ここでもブルーベリーを食べ休憩
尾根頂上を越えると痩せ尾根を下り急な階段を数回おります。
DSC00136_convert_20131024140031.jpg

やがてつづら折れに下ります。ぶなの林をおりていきます。また 後から人の気配がするなと思ったら 仙人温泉に入りますと追い越していった女性お2人でした。
このお2人年齢60代位の方なのですがとても歩くのが早いのです。私達をまた追い越してたったっと歩いて行きました。
この雲切新道 急です。私が以前歩いた時はつくられて間もなかったからなのか道の脇の木々につかまり登った気がするのですが 池の平小屋の方の話によるとたくさんの人が歩き道もしっかりして歩きやすくなったと話してみえました。急斜ですが以前の道より事故も少なくなったとの事です。

12時55分 仙人ダム 
DSC00144_convert_20131023112732.jpg

関電人見平宿舎で 先に歩いた女性2人が休んでいました。そこに関電の方がいて自動販売機でコカコーラを購入させてもらい3人で飲みました。炭酸で喉がすっきりします。阿曽原温泉までひと登りし歩きます。ひと登りすると阿曽原峠までは水平道 途中 道が崩落していましたが歩けるようになっていました。阿曽原温泉への下りで キャツ キャッと何か鳴いているなと思ったら猿でした。
DSC00151_convert_20131023114351.jpg

14時過ぎに阿曽原温泉に到着
ここにまたこれるなんて思ってもいませんでした。
DSC00154_convert_20131023104036.jpg

温泉!温泉!手続きをして女子の温泉時間は14時30分~15時30分 丁度いい。部屋に案内され早速 温泉へ行く準備です。昨日に続き また お風呂に入れるなんてうれしい!さっぱりして疲れがふっとびます。温泉への下り 小屋への登りはありますけど・・・。
温泉に入っている方は 外国の方。「遠くから写しますので・・・」と温泉の写真を撮りたかったので了承を得て撮らせてもらいました。この方 男性の方ときていて下の廊下を歩いてきたとの事 この日はテント泊でしたが夕食は 小屋の食事を食べてました。小屋の方が「これ みょうが・・・」とか説明していました。
DSC00153_convert_20131023104610.jpg

私がお風呂から部屋に戻り今度は師匠方がお風呂に入りに行きます。同室者は、池の平小屋で一緒だった女性2人
 おつまみを交換しながら飲んで話をしました。この女性の方々 東京からきたそうです。1人の女性は60代 普段はトライアスロンもしていてマラソンにも参加の予定だとの事 もう1人の女性は 71歳 とても70代とは思えないお2人とも健脚です。60代の方が 「今年夏にいった朝日岳 朝日小屋はよかったよ まずは夏に行くといいよ それに朝日小屋もいいよ お母さんの食事もおいしいよ」と話してくれました。私は昨日とまった池の平小屋と同じようにあたたかい昨年 行った船窪小屋の話をしました。「船窪小屋もあたたかいし烏帽子岳の手前の南沢岳 不動岳もいい山ですよ」と話をしました。そんな話をしていると師匠達もお風呂から帰ってきて夕食です。
以前この阿曽原温泉小屋へ来たときは 10月の連休付近だったので 小屋の宿泊も多く夕食もカレーでした。私は 阿曽原温泉の夕食はカレーライスが定番なんだと思っていたのですが 今日は アジのフライトか天婦羅小屋の方が取った山菜もあります)とかポテトサラダ(このジャガイモは小屋番さんの家でとれたものだそうです) 豪華です。宿泊者も 20人もいない感じです。夕食を食べている時も これからの宿泊予約の電話がかかってきて小屋の方が対応におわれています。「その日は もう宿泊者が多くてご飯を食べるところに寝てもらうことになります。・・・・」と話しています。そのあと 以前 NHKで放映されたこのビデオをみんなで見ました。このあたりの登山道の整備をシーズン前 シーズン中は点検して修理し 小屋の準備 小屋閉めなど大変な仕事です。私達登山者は 山での事故を起こさないよう そしてマナーを守って山を楽しみたいものです。

スポンサーサイト



by つくだにちゃん  at 14:47 |  山登り(北アルプス) |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

つくだにちゃん

Author:つくだにちゃん
FC2ブログへようこそ!
重いザックは担げない弱力 歩くペースは遅い虚弱な自分ですが山登りは大好きです。これから登る山 今まで登った山など思ったこと 感じたことを綴っていきます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター