FC2ブログ

H25.11.2~3 宮川第三発電所から日出ヶ岳へ 1日目

隊長さんからの大杉谷山行のお誘いがありました。今回は宮川第三発電所から日出ヶ岳までを歩くということ。私は このコース、自分が住んでいる三重県のコースでありながら一度も通して歩いたことがないのです。初めて大杉谷を歩いたのは、H14年でした。この年は、シシ淵までと桃の木山の家までと2回日帰りで歩きました。地元だからいつでもあるける・・・と思っていたらH16年の台風で登山道が崩壊しH22年シシ淵間開通、そして昨年桃の木小屋営業され少しづつ大杉谷コースが復旧されました。日本有数の渓谷美を見ながらの大杉谷コース 自分の住んでいる県にありながら見ることができなかった・・・という思いがあり私にとって大杉谷コースは、ある意味思い入れが強いコースなのです。本来の七ツ釜滝から堂倉滝間の開通はまだ時間はかかるようですが今回 桃の木山の家から林道コースをはさみ日出ヶ岳へ歩いてきました。

11月2日 自宅(8:20)~近鉄~松阪~JR~三瀬谷(登山バス)(10:30)~第三発電所登山口(12:00)~千尋滝(13:30)~シシ淵(14:20)~ニコニコ滝(15:00)~桃の木小屋(15:55)
11月3日  桃の木小屋(6:50)~大台林道出合(8:25)~堂倉谷(9:40)~粟谷小屋(10:35)~日出ケ岳(13:13)~大台ヶ原バス停(13:45)~奈良交通バス~近鉄上市駅~近鉄~自宅(20:00)


隊長さん じんじんさん uttyさん Kさん Wさん 私 11月2日
自宅より近鉄で松阪駅へ そこでKさん Wさんと待ち合わせです。Kさん Wさんは今は活動していない山の会に私が入る前より入っていてそこで知り合ったのでもう10年近くのお付き合いになります。しかし最近はお2人と一緒に山へ行く機会がなく(忘年会やら定期的に集まって飲み会では会いますが・・・) Kさん Wさんも仕事が忙しいやら腰痛やらで山行はいっていないようです。そんなお2人が この大杉谷山行へ行きたいといってくれて私はなんかうれしくなりました。ホームへ下る階段の上でKさんと一緒にWさんをまっていたら 「テント泊山行ですか?」と思うようなリュックをしょってWさんがあらわれました。私 小屋泊まりで何もいらないとメールしましたよねと念押ししたくなりました。Wさんのリュックには シェラフや防寒着など入っていて重さにすると重量はないそうですが松阪駅のコインロッカーにとりあえず入らないものは置いていくようにしました。松阪駅のホームにじんじんさんもすでに待っていてこの夏 2回計画したじんじんさんとの山行が中止となったので久しぶりに会いました。

9時16分 ワイドビュー南紀 自由席のある4両目に乗り込みますがこの車両 満員!乗れるのかなと思いましたが乗客の合間から隊長さん uttyさんの姿を見つけこれから山へ行くんだなという気持ちになりました。連休なんだから自由席車両をもう少し増やせばいいのに・・・と思ったりしましたがそうなると指定席より自由席を選ぶ人が増えて利益的にはどうなんだろうと経営を考えたりしました。

三瀬谷で下車 そこからグルリと周り大台道の駅へ。線路をわたり直進コースで歩けたらもっと早く着けるのですが・・・。

DSC00209_convert_20131106203642.jpg

10時30分 予約していた登山バスへ 途中 大杉谷山の家の近くのトイレで登山届けを出します。1時間30分ほどで登山口に着きます。私はバスに乗り込むとすぐ昼食用に握ってきたおにぎりと道の駅で買ったハムカツを食べます。

DSC00210_convert_20131106203916.jpg

12時前に登山口に着き出発です。登山口辺りに車が数台とめられるスペースがあるのですがそこもほとんど車が駐車していました。

DSC00211_convert_20131106204315.jpg

登山口辺りで昼食をとっていた10数名のグループがいましたがこの団体は下山してきた様です。さぁ 気を引き締めて出発です。
DSC00212_convert_20131106204608.jpg

階段を登り桃の木小屋まで6.2kmです。
DSC00214_convert_20131106205036.jpg

下の廊下や欅平へ続く水平道のような岩をくりぬいた道があらわれます。この道 1つの岩でなっていてもし滑ったら谷に落ちてしまいます。バスで見た宮川は 水色が乳白色に混ざったような色でしたが 登山道に入る頃になるとエメラルドグリーンにかわりました。uttyさん 腰のほうは万全なのか先頭を颯爽と歩いていきます。私 着いていけな~い!1年前にも歩いたので次はこんな道 あんな所とか記憶が甦ってきます。鈴鹿の山々の様に毎年歩きたいコースです。今年も歩けてうれしいです。

DSC00216_convert_20131106211439.jpg

まず大日嵓吊橋 能谷吊橋 地獄谷吊橋と橋をわたります。しっかりした橋です。今日は天気はいいのですがやはり渓谷 雨がおおい宮川の渓谷だけあり常に登山道の石がわいている水で湿っていて滑らないように要注意です。鎖が設置してある所はそれを持ち歩くようにします。落ちたら谷へというところが少なくありません。

千尋滝
DSC00239_convert_20131108125412.jpg

シシ淵の手前は下りとなるので滑らないよう注意です。
DSC00248_convert_20131108130146.jpg

14時 シシ淵
DSC00254_convert_20131108093231.jpg

休憩
DSC00263_convert_20131108092654.jpg

シシ淵からは濡れた岩を登って行きます。鎖の補助はありますが気をつけなければいけないところです。
DSC00265_convert_20131108094333.jpg

シシ淵から見えたニコニコ滝
DSC00271_convert_20131108094655.jpg

平等嵓吊橋を過ぎた辺りで Kさんが「足がつりそうでゆっくり歩くわ」と言います。Kさんは 前から頂上付近になるとというかあともう少しで頂上というころに足がつってきます。みんなが「アミノバイタル 芍薬甘草湯を飲みな」といい差し出します。この吊橋を渡ると平等嵓が見渡せます。他の方のレポートを見ると隣の岩もあわせて平等嵓というのだそう。この岩 1枚岩です。隊長さんは岩を見ると登れやんかなとつぶやきます。隊長さん uttyさん 熱中してのめりこむタイプのようです。そんな姿勢を見ていると私も自分がしたい事をがんばろうとか やってみようとか意欲がわいてきます。
DSC00279_convert_20131108095428.jpg

15時50分 桃の木山の家
登山口から小屋まで標高差200m CT5時間少しですが 出発が12時 アップダウンあり危険箇所もありこの時期で日の入りも早いのでちょっと緊張して歩いていたで小屋を目にするとうれしいものです。
この小屋は 内部は改装したとしても外装は昔から変わっていないと思います。渓谷の際に建ちいいロケーションです。
DSC00286_convert_20131108081659.jpg

Kさんも10分ほど後で小屋に到着。アミノバイタル 芍薬甘草湯が効いたかどうかは不明ですが・・・。
食事は17時30分からです。それまでお風呂で汗を流し少しつまみを食べkさんがもってきてくれたブランデーをいただきました。

夕食
DSC00288_convert_20131108090231.jpg

昨年 泊まった時は 食堂のそばの大きな部屋でしたが今回は2階の部屋です。たたみもひいてあります。中央の台に荷物は置けます。夕食後も飲みながらおしゃべりしました。それぞれの山行 山の道具の事等をききまた来年の山行の参考にさせてもらいます。
DSC00289_convert_20131108092237.jpg

スポンサーサイト



by つくだにちゃん  at 13:04 |  山登り(台高) |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments

桃の木山の家で

こんばんは。
さっそくおじゃま致します。(笑

桃の木山の家ではつくだにさんとはかなりのニアミスだったようです。夕食の席は隣でしたが背中を向けていたので、残念ながらつくだにさんのお顔を拝見していません。

翌日はみなさん大台ケ原へ向かわれたのですね。ちょうど紅葉の時期できっと堂倉谷の黄葉が綺麗だったのではないでしょうか。わたしたちは今年は桃の木山の家のピストンだけです。

登山口の写真でうちの赤い車が一番手前に写っていました。登山口で自分の車を写すことがないのでちょっとうれしいです。^^
by りゅうちゃん 2013/11/11 21:12  URL [ 編集 ]

Re: りゅうちゃん

りゅうちゃん

コメントありがとうございます。

私は 初めて大杉谷から日出ヶ岳を歩きました。
りゅうちゃんは昨年 歩かれましたね。
紅葉 渓谷をみながらの林道歩きで楽しく歩けました。
また七ツ釜滝ー堂倉滝間が歩けるようになったら
絶対歩きたいと思っています。

奥駈道を歩く時 りゅうちゃんのレポートは参考にさせて
もらいました。今年春には 鍋倉山・藤倉山にも行ってきました。
これからも ブログ楽しみにしています。


by つくだに 2013/11/14 22:35  URL [ 編集 ]
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

つくだにちゃん

Author:つくだにちゃん
FC2ブログへようこそ!
重いザックは担げない弱力 歩くペースは遅い虚弱な自分ですが山登りは大好きです。これから登る山 今まで登った山など思ったこと 感じたことを綴っていきます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター